甲斐拓也 捕手用具とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
甲斐拓也を支える捕手用具の匠。大阪の下町メーカーの技術とは。 - プロ野球
広島を破った今年の日本シリーズで、最も評価を上げたソフトバンクの選手は甲斐拓也 捕手だ。

■2018年11月15日
若き侍が次々とメジャーに適応!日米野球で見せた急成長の中身。
最後は“甲斐キャノン”の発動だ。9回1死一塁。ミッチ・ハニガー外野手(シアトル・マリナーズ)の放った遊撃へのゴロを源田壮亮内野手(西武)が捕ると二塁ベースカバーの山田哲夫内野手(ヤクルト)に送るった。

■2018年11月15日
「『やりきった』という感覚がない」西武・外崎修汰が悔しさ募らせる理由。
2018日米野球において、11月11日の第3戦から6番・サードでスターティングメンバーとして起用されている外崎修汰。

■2018年11月15日
ラミレスはやはり名監督なのでは?得失点-70で4位を維持する能力。
今オフ、3年前に就任した3人のセ・リーグ球団の監督が明暗を分けた。巨人の高橋由伸監督と、阪神の金本知憲監督が退任。

■2018年11月14日
WBCでは得られない東京五輪対策。日米野球で秋山翔吾が体得した技。
怒涛の逆転劇だった。2点を追いかける9回、先頭の代打・田中和基外野手(楽天)が四球で出塁すると、すかさず二盗し上林誠知外野手(ソフトバンク)の適時打で1点差。

■2018年11月14日
悲劇のエース・山下亜文は諦めない。トライアウトを経て吉報は届くか。
今年のトライアウトは例年にも増して華のあるメンバーが揃った。元大リーガーでWBCやオリンピック出場経験もある西岡剛(前阪神)が2打席目で対戦したのは成瀬善久(前ヤクルト)だった。

■2018年11月14日
ベテラン3人の引退と藤原恭大。ロッテ22歳、香月一也が思うこと。
その意味を、痛切に感じているのは彼なんじゃないだろうか。千葉ロッテ・香月一也のことである。

■2018年11月14日
中継ぎの盟友・須田幸太が戦力外。DeNA田中健二朗は無念を背負う。
いるべき場所に、いられなかった――。今季のDeNAが大崩れせずAクラス争いができたのは、言うまでもなくリリーフ陣の踏ん張りがあったからに違いない。

■2018年11月13日
松山竜平、早々にカープ残留決断。新井さんの“いじられキャラ”継承?
チームに必要とされるのは、速い球を投げるだけでも、遠くへ飛ばす打力だけでも、ダイヤモンドを疾走する走力だけでも、チームをまとめる統率力だけでもないようだ。

■2018年11月13日
悪夢のドラフト指名漏れから2年。日本ハム3位・生田目翼と武田久。
名前が読み上げられるまでの時間が随分と長く感じた。北海道日本ハムからドラフト3位で指名を受けた社会人野球・日本通運の生田目(なばため)翼のことである。

■2018年11月12日
岸孝之と上沢直之がMLBを翻弄。カーブの有効性と五輪での使用球。
連勝で沸いた日米野球の東京ラウンド。第1戦のサヨナラ弾に第2戦の2戦連発を含む4安打というソフトバンク・柳田悠岐外野手の活躍はもちろん、初戦で3点二塁打、第2戦でも3安打を放った西武・秋山翔吾外野手の

■2018年11月12日
松中信彦が語る柳田悠岐への畏敬。「自分とは違うタイプの4番」とは。
『今年の日本シリーズは面白かった』そういう声をよく聞く。

■2018年11月12日
無名の高校生が4年でドラフト1位に。成功体験の少なさをメリットにする。
「2018ドラフト」でちょっと面白い現象があった。大阪桐蔭高・根尾昂などの5人の「高校生1位」がすべて甲子園のスターたちで占められていたのに対し、6人の「大学生1位」はことごとく甲子園出場経験のない高

■2018年11月12日
ドラフト1位の大学生6人の共通点。甲子園不出場の彼らがなぜ成長?
「2018ドラフト」をにぎやかに彩ったのは、ドラフト1位の「高校生」たちだった。根尾昂(内野手・大阪桐蔭)に4球団からの指名が重複し、球友・藤原恭大(外野手・大阪桐蔭)には3球団。さらに、小園海斗(内

■2018年11月09日
原監督が3度目の就任初戦で見せた巨人再建への“2つの道”とは?
巨人の原辰徳監督には2つの道がある。1つは勝つための道。そのために10月22日の監督就任以来、激しく動いてチームの補強を進めているのは、すでにスポーツ紙等でも大きく報道されている。

■2018年11月09日
日本ハム栗山監督、選手も待望の新球場構想と関係者の切なる思い。
沖縄に滞在して、今回はキーボードに向かっている。本島北部の国頭村で、主力を含めた若手選手たちが秋季キャンプの真っ只中である。第2クール途中からの合流となったが、1つのトピックが今、熱い。

■2018年11月09日
「えっ、捕手の年俸安すぎ……?」プロ野球のポジション格差を大調査。
人は結局のところ、他人のお金の話が大好きなんじゃないか。「何をいきなり身もふたもないこと書いてんだ」との声をもらうことは承知である。

■2018年11月08日
日米野球ではこのサムライに注目!岡本和真は東京五輪の主砲狙う。
稲葉篤紀監督率いる日本代表「侍ジャパン」の台湾との強化試合が11月7日、ヤフオクドームで行われた。

■2018年11月08日
甲斐拓也、午前3時の素顔。日本一当夜のインタビュー裏話。
「いや、ちょっとびっくりしましたね。僕とは思えなかったので、本当に嬉しく思います」

■2018年11月07日
甲斐拓也を支える捕手用具の匠。大阪の下町メーカーの技術とは。
広島を破った今年の日本シリーズで、最も評価を上げたソフトバンクの選手は甲斐拓也捕手だ。

■2018年11月06日
ソフトバンクはなぜ勝ったのか。「強さ」と「恐怖」の相関関係。
今年の日本シリーズが始まる前、私の頭の中にあったのはソフトバンクホークスの大竹耕太郎という投手のことだった。いや、正確には彼の涙だった。

■2018年11月06日
モスバーガーのバイトで始まった超人ギータ伝説と王会長の「夢」。
旧広島市民球場の最寄駅「原爆ドーム前」から路面電車で2駅隣の「十日市町」。そこから程近いモスバーガーで、柳田悠岐は、高校3年生の終わり頃にアルバイトをしていた。

■2018年11月04日
日本シリーズを制したホークスは、完璧なる世代交代までやってのけた!
真っ赤に染まったマツダスタジアムで、平成最後の日本シリーズを制したソフトバンクの工藤公康監督が舞った。15回。「本当に幸せです。シーズン終盤から満身創痍の中で突っ走ってくれた。選手のみんな! 本当にあ

■2018年11月02日
カープが何としても生き残るため、緒方監督に迫られる“決断”とは。
激闘4時間25分。4対4の同点で今シリーズ2度目の延長戦にもつれこんだ、直後の10回裏ソフトバンクの攻撃だ。広島の守護神・中崎翔太投手がソフトバンクの4番・柳田悠岐外野手に投じた2球目だった。

■2018年11月02日
あなたにとって最も印象的な“強肩捕手”は?
今年の日本シリーズで一躍全国区となった選手と言えば……甲斐拓也です。

■2018年11月02日
佐藤世那、3年目21歳での戦力外。トライアウトは上手投げで勝負。
今年もドラフト会議が行われ、夢のプロ入りをかなえた選手たちの、初々しく希望に満ちた笑顔と言葉が連日報道されている。

■2018年11月02日
根尾昂が捕手になるのは本当にナシ?ぜひ一度試してほしい数多くの理由。
ドラフトが終わって、日本シリーズだ。その先は、いわゆる「ストーブリーグ」になって、今年の野球の季節も終幕に近づく。今年のドラフトは興味深かった。

■2018年11月01日
“甲斐キャノン”が広島ベンチを縛る。「機動力のカープ」がもう走れない?
阻止率100%。“甲斐キャノン”がまたもカープの足を封じた。2点リードの5回2死、広島の攻撃だった。田中広輔内野手のカウント1ボール2ストライクからの4球目に、一塁走者の安部友裕内野手がスタートを切っ

■2018年11月01日
池田純が語るドラフト会議の考え方。大切なのは、外れ1位と成功の基準。
10月25日(木)、プロ野球ドラフト会議が行なわれるちょうどこの日に、私にとっての「THE監督」、中畑清さんがまさかNumber Sports Business Collegeにお越しいただけるとは思

■2018年11月01日
西武の熱男・山田遥楓の憧れ。松田宣浩は「常に目標とする人」
現在、熱い戦いが繰り広げられている日本シリーズ。10年ぶりにリーグ優勝を果たしたものの、クライマックスシリーズ・ファイナルステージでソフトバンクホークスに敗れ、日本シリーズへの出場が叶わなかった西武ラ

■2018年11月01日
根尾昂にトーチュウが狂喜乱舞し、金本監督辞任にデイリーは激怒した。
ドラフト会議当日のスポーツ新聞は推理小説でもある。今年は横浜DeNAの1位指名予想が割れていた。根尾昂(大阪桐蔭)が2紙、上茶谷大河(東洋大)が2紙、吉田輝星(金足農)が1紙。正解は小園海斗(報徳学園

■2018年10月31日
ロッテ根元俊一、35歳での引退。その原点は花咲徳栄時代にあった。
ベンチから空を見上げると蒼穹がそこに広がっていた。2018年10月7日、ZOZOマリンスタジアム。千葉ロッテ・根元俊一が、13年に及ぶ現役生活に別れを告げた。

■2018年10月31日
丸佳浩は“逆シリーズ男”なのか?復活のカギは三振と四球にアリ!
9対8の壮絶な乱打戦。「いや……もう本当に凄いと思います」本拠地・ヤフオクドームでシリーズ通算10連勝、今シリーズの初勝利を手にしたソフトバンク・工藤公康監督は、お立ち台で広島の粘りにこう胸を撫で下ろ

■2018年10月31日
ドラフト順位は意外と学歴社会?大阪桐蔭は高校で1番多いが……。
読者各位にとって、今年のドラフトはいかがだっただろうか? 球団から指名の連絡はあっただろうか? 私は昨年のドラフトでは、重力に逆らわないへろへろフォークで、下位指名を狙ったが果たせなかった。今年も期待

■2018年10月30日
DeNA濱口遥大の勇敢さは折れず。「苦しんだけど濃い2年目だった」
濱口遥大に今シーズン前半の不調の原因について尋ねると、頭の中でいろいろなことを反芻するような表情で首を傾げた。

■2018年10月29日
ジョンソンの103球を導いた石原慶幸。カープに先勝をもたらした布石とは。
延長12回引き分けに終わった第1戦。ソフトバンクが6安打、広島が8安打で奪った得点がそれぞれ2点ずつという内容に、両チームともに「打てなかった」という印象が強く残った。

■2018年10月29日
吉田輝星を1位指名した日本ハム、緊迫と高揚のドラフト当日舞台裏。
1日にすべてを賭ける。北海道日本ハムファイターズの無数の思いが、その時に注がれる。それを背負って1年に1度だけのステージへと向かう者たちが、瞬時の判断でチームの将来像を描いていく。

■2018年10月28日
カープ大瀬良大地「残像を残せた」。柳田悠岐の第4打席に、その効力が。
「ただ勝つだけじゃなくて、次の日に影響を与えるピッチングをする」シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が、日本ハムで絶対エースとして君臨していた頃によく言っていた言葉だ。

■2018年10月27日
赤く染まる熱狂の広島の地で、高橋由伸監督のラストゲームに沈む。
「崖っぷち4位転落」「由伸監督辞任」「岡本連発でCS!」「上原魂の17球」「菅野ノーヒットノーラン」10月のスポーツ新聞の見出しを追うだけでも、巨人のドライブ感が半端ない。毎日何かが起きる。

■2018年10月27日
カープは苦手ホークスを倒せるか。一軍未対戦の助っ人が“キラー”に?
広島の4番・鈴木誠也がネクストバッターズサークルに入ると、すぐにマスコットバットや滑り止めのスプレーを並べる。素振りをするのはそれからだ。

■2018年10月26日
2018年プロ野球ドラフト会議、最も的確な指名ができた球団はどこ?
10月25日、プロ野球ドラフト会議が開催されました。

■2018年10月26日
世代交代のホークス、円熟のカープ。日本Sはベンチワークの暗闘に注目。
短期決戦はグラウンド上の勝負はもちろんだが、もう1つ、監督が主導権を握った戦いという見方ができる。

■2018年10月26日
小関順二が2018年ドラフトを斬る!全球団の採点と注目点を徹底検証。
史上初、11球団が高校生野手を1位で入札した。

■2018年10月26日
楽天・岩見の24打数0安打14三振。「慶應のバレンティン」のもがき。
楽天から2位で指名され、脚光を浴びたドラフトから1年。ルーキーイヤーの今季、岩見雅紀(慶應大出身)は苦しんだ。

■2018年10月25日
広島カープ、34年ぶりの日本一へ。原動力は「歩く力」と「厚き矛」。
セ・リーグのCSファイナルステージは、あっけなく3戦で決着がついた。巨人はファーストステージではエースの菅野智之がノーヒットノーランの快投を演じ、敵地での連勝で2位・ヤクルトを下していた。

■2018年10月24日
原監督、就任会見の発言を分析する。「管理野球」と「のびのび」の共存。
それはちょっと矛盾した言葉に聞こえたかもしれない。10月23日。東京・千代田区大手町の読売新聞東京本社で行われた巨人の高橋由伸前監督の退任と原辰徳新監督の就任会見。新旧監督が顔を揃えての会見は、巨人で

■2018年10月24日
SB下剋上、陰のMVPは武田翔太。「ベースに当てる意識」で西武封じ。
シーズン2位のホークスが球団初の下剋上を成し遂げた。パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルは4勝2敗で決着。やはり猛打を誇るライオンズとの戦いは、壮絶な打ち合いとなった。

■2018年10月23日
プロ野球のリプレー検証、来季以降も続けてほしい?
2018シーズンのプロ野球は日本シリーズを残すのみとなりました。その中で今季から導入された新制度は、リクエストによるリプレー検証でした。

■2018年10月23日
西村健太朗、15年間おつかれさま。ガンコで一途な高3春の思い出。
10月に入って、各球団がいっせいに戦力外通告を発表する中、自ら現役引退を表明する選手が、今年はいつもよりとても多いのではないだろうか。

■2018年10月22日
浅村がこぼした「力の差を感じる」。西武とソフトバンクは何が違ったか。
主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。「力の差を感じる。ソフトバンクとの」どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村栄斗は俯いていた。

■2018年10月22日
斎藤佑樹らを逃しても山田哲人。ドラフト「外れ1位」の味わい深さ。
CSファイナルステージが終わると、日本シリーズ開幕まで数日のブランクがある。最近はこの期間にドラフト会議が開かれるようになった。

■2018年10月20日
巨人が原新体制に託す巨大な宿題。指導者も、育てる必要があるのだ。
一瞬にして魔法は解けた。セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは、広島の3連勝という圧勝で決着がついた。

■2018年10月19日
巨人の下剋上を許さぬカープの凄み。四球数とベンチワークが両者の差。
同じような負け方をシーズン中に何度も見た。終盤の逆転劇は今季の広島の得意芸であることはいうまでもない。だからこそ巨人・高橋由伸監督は思い切った決断で、試合の主導権を握ろうとしたのである。

■2018年10月19日
一瞬で空気を変えた西武・栗山巧。打席に「思考」は持ち込まない。
畏怖。ただそれしか思い浮かばなかった。パ・リーグCSファイナル第2戦。17年目になるベテラン・栗山巧がパ・リーグCSタイ記録となる1試合6打点をマークして存在感を見せつけた。

■2018年10月19日
阪神・矢野新監督誕生に潜む矛盾。金本路線は継続か、断絶なのか。
タイガースは一体、どこに向かっているのでしょうか。10月10日の甲子園最終戦翌日、金本知憲監督が電撃辞任してから、わずか4日で矢野燿大新監督が誕生しました。

■2018年10月19日
西武・増田達至を変えた配置転換。「中継ぎで周りが見られるように」
つくづく、中継ぎ投手というのは、ハードな仕事だと思う。毎試合、ベンチ入りし、試合展開を見ながら準備する。登板に備えて肩を作り、集中力を高めていく。

■2018年10月18日
巨人打線を「プラン通り」に抑えた。エース大瀬良大地、勝利以上の仕事。
リーグ優勝を果たした1位チームがクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージを戦う難しさを、かつての巨人・原辰徳監督はこんな風に表現していた。

■2018年10月18日
菊池雄星がSBに打たれる理由とは。キーワードは「カットボール」。
CSファイナルのために用意されたメットライフドームに隣接するプレスルームのモニターで試合を眺めていると、この日の殊勲となった川島慶三のコメントが聞こえてきた。

■2018年10月18日
10年前のドラフトから考える楽天。球団3年目の勢いが見えた下位指名。
分離ドラフトでその後の大黒柱、田中将大(駒大苫小牧高校)、銀次(盛岡中央高校)、嶋基宏(国学院大学)、渡辺直人(三菱ふそう川崎)、聖澤諒(国学院大学)を獲得し、2009年にはチーム初のAクラス、2位に

■2018年10月18日
オリ新監督、西村徳文が打ち出す「積極性、アグレッシブ」って?
今年、4位でシーズンを終えたオリックスは、福良淳一監督の辞任にともない、西村徳文ヘッドコーチが新監督に就任した。

■2018年10月17日
10年前のドラフトから考える中日。落合監督指名のドラ1野本圭の引退。
'08年は落合博満氏が監督になって5年目の年で、'07年にはCSを勝ち上がって日本シリーズを制覇している。

■2018年10月17日
広島の中心は鈴木誠也と大瀬良大地。昨年戦力になれなかった2人の逆襲。
クライマックス・シリーズ(以下CS)ファイナルステージが17日、初戦を迎える。3連覇した広島がファーストステージを2連勝で突破した巨人を、本拠地マツダスタジアムに迎える。

■2018年10月16日
10年前のドラフトから考えるロッテ。あやうく全滅……を救った育成枠。
かつてロッテは、指名した選手の入団拒否が多かった。

■2018年10月16日
菊池雄星が明かすドラフトの真実。N・ライアンの「世界一を目指そう」。
錯覚かなぁ……。頷きながら車の後方座席に向かった菊池雄星の表情を見て、ふと違いを感じた。

■2018年10月15日
ラミレス監督だから4位になれた?DeNAが悩んだケガ人、先発、打順。
3年ぶりにAクラス入りを逸した神宮球場の夜。ゲーム後、グランドに出てきたラミレス監督をはじめ横浜DeNAベイスターズの面々は、ライトスタンドと三塁側に陣取ったファンに向かい一礼をした。

■2018年10月15日
絶妙な高橋采配で巨人がヤクルト撃破!第1ステージ突破を導いたある盗塁。
圧巻のピッチングだった。9回2死。ヤクルトの坂口智隆外野手の打球がセンターに飛んだ瞬間に、マウンドから振り返った巨人のエース・菅野智之投手は大記録を確信して万歳した。

■2018年10月15日
2501打席ホームランなしで引退。岡田幸文が試合に出続けられた理由。
引退試合を4日後に控えた10月4日。千葉ロッテマリーンズ・岡田幸文は、思い出が詰まったロッテ浦和球場で最終調整していた。打撃練習で5球目のボールを強く右に引っ張ると、打球は右翼フェンスをダイレクトで越

■2018年10月15日
10年前のドラフトから考える阪神。クジ運最悪、選手の成長も難しく……。
NumberWebではドラフト会議のすべてを知るスポーツジャーナリスト・小関順二氏に依頼し、全12球団の10年前のドラフトを振り返って今を検証する、「2008年のドラフト会議、その後」という短期集中連

■2018年10月14日
山田哲人にセカンドを奪われても、田中浩康は才能を讃える器があった。
「あいつは素晴らしい。出てきてくれて良かった。そう思います」今から4年前、彗星のごとく現れた10歳下のスーパープレーヤーに、田中浩康はこうこぼしました。

■2018年10月14日
10年前のドラフトで考えるオリックス。才能の大小より球団との相性が大事!?
NumberWebではドラフト会議のすべてを知るスポーツジャーナリスト・小関順二氏に依頼し、全12球団の10年前のドラフトを振り返って今を検証する、「2008年のドラフト会議、その後」という短期集中連

■2018年10月13日
負けると観客が減るのはどの球団?12球団の成績と観客数を調査する。
先日、DeNAの広報の人と横浜スタジアムの周辺を歩いていたら、増設工事が進む観客席を見上げて「新しい観客席もいっぱいにするためは、うちはもっと強くならないと」つとぶやいた。

■2018年10月13日
10年前のドラフトから考える巨人。逃した大田泰示は大きかったか?
NumberWebではドラフト会議のすべてを知るスポーツジャーナリスト・小関順二氏に依頼し、全12球団の10年前のドラフトを振り返って今を検証する、「2008年のドラフト会議、その後」という短期集中連

■2018年10月13日
矢野謙次と石井裕也の恩人を訪ねて。日本ハムでの引退、寂しさと喜び。
寂しさは募るが、秋には役得な任務がある。日ごろ、接している選手たちの源流に、触れることができる。広報として、引退セレモニーの準備に少しだけ携わっている。

■2018年10月12日
高橋由伸監督の雰囲気が変わった!巨人が一体となって狙うCS下剋上。
こういう戦いは相手もやりにくいはずである。13日から始まるプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)。その大きな注目の1つはセ・リーグ3位から下克上を狙う巨人の戦いとなるはずだ。

■2018年10月12日
荒木雅博引退に思う。中日黄金期を支えたアライバの「最高傑作」とは。
合わせて4000安打近く打っているのに、なぜか今でも2人で1人かのように語られる。現役引退を表明した中日の荒木雅博と、内野守備走塁コーチとして巨人を支える井端弘和。

■2018年10月12日
10年前のドラフトで考える日本ハム。ハズレ年でもなんとかする育成の雄。
NumberWebではドラフト会議のすべてを知るスポーツジャーナリスト・小関順二氏に依頼し、全12球団の10年前のドラフトを振り返って今を検証する、「2008年のドラフト会議、その後」という短期集中連

■2018年10月12日
「ぶっちゃけ僕は弱い人間」だが。内川聖一が大舞台にやたら強い理由。
「このボールを、こんな風に打てばホームランになりやすい。あの時自分の中では見えていたんです。だから打った瞬間も別に驚かなかった。あ、やっぱりそうなったかって」

■2018年10月12日
阪神17年ぶりの最下位……来季浮上へ最優先してほしいものは?
阪神タイガースにとって、2018年は苦しみ抜いた1年でした。

■2018年10月11日
10年前のドラフトから考えるDeNA。即戦力欲しさで迷走した辛い時代に。
この年の横浜のドラフト獲得選手の中には、私がプロ野球選手としての成功の目安にしている「投手は300試合登板、50勝(1セーブ、1ホールドは0.5勝)、野手は1000試合出場、500安打」をクリアした選

■2018年10月10日
10年前のドラフトから考えるソフトB。育成指名を重視するきっかけの年に。
この年、ソフトバンクはダイエーから球団を引き継いで4年目のシーズンにして初めて最下位に沈んだ。

■2018年10月09日
慶應野球部の後輩視点で見た退任。高橋由伸、初めての「わがまま」。
「あれだけの実力があるのに、チームの意向に必ず従う……それが由伸さん」これは、僕たち慶應義塾大学野球部の後輩たちが共通して持っている、高橋由伸への印象です。

■2018年10月09日
10年前のドラフトから考えるヤクルト。失敗でもなく成功でもないその戦略。
'08年のヤクルトのドラフトは成功とは言えないが、大失敗と言うほどひどくはない。4位までの選手がその後、どういう成績を挙げていったのかを見てみると……。1位の赤川克紀(投手・宮崎商)は14勝20敗、防

■2018年10月08日
10年前のドラフトから考える西武。浅村栄斗の爆発と坂田遼の貢献。
2008年にドラフトで入団を果たした選手たちを見ると、その後の活躍度は比較的低調であると言わざるを得ない。その中で、埼玉西武ライオンズは最も成功した球団と言えるだろう。

■2018年10月08日
技術屋・中村剛也の見事な復活劇。「振り遅れるなら強制的に……」
おそらく技術屋なのだと思う。10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武のホームランアーチスト中村剛也のことだ。「一番大事なのは身体ですかね。身体が動けば、技術も心も安定すると思っています」

■2018年10月07日
10年前のドラフトから考える広島。優勝は分離ドラフトのおかげ!?
2016年からリーグ3連覇をしているが、1998~2012年までの15年間Bクラスの底で喘いでいたのはドラフトの失敗があったからだ。それがいい方向に向かい始めたのは'05~'07年の3年間だけ行われた

■2018年10月07日
10.8前夜の特濃ミスター伝説。槙原・斎藤・桑田の証言がバラバラ?
「今年はジャイアンツが優勝できませんでしたので、後半の景気がかなり落ち込むと思われます」'90年代に放送された人気テレビドラマ『ラブジェネレーション』の中で、木村拓哉と松たか子が働く広告代理店の中で交

■2018年10月06日
プロ野球選手の昔の風格が凄かった!衣笠祥雄の秘蔵写真とカメラマン秘話。
なんだこの写真。フィルムを見て、のけぞってしまうほどだった。全員お揃いの白の上下スーツに黒の開襟シャツ。とても野球選手に見えない。全日空の旧ロゴもシブい。平成生まれの若者に「これ、昔の映画のワンシーン

■2018年10月06日
由伸巨人は革命的に面白かった。ありがとう、またいつか必ず。
高橋由伸、巨人監督を辞任表明。しかし……。

■2018年10月06日
中日・荒木雅博は、なぜ「さよなら」を言わないのか。それぞれの引き際。
「さよなら」を言うのはいつだって難しい。もちろん、感傷的になってしまう自分を見られたくないという照れや恥じらいもあるのだが、それよりもタイミングだろうと思う。

■2018年10月05日
あなたが応援する球団で、ドラフト1位で指名してほしいのは?
2018年のドラフト会議が10月25日に迫ってきました。

■2018年10月05日
批判を恐れず実行しきる男・原辰徳。なぜ今、この名将が呼ばれたのか?
まだクライマックスシリーズ進出を賭けた戦いが残る中で、巨人・高橋由伸監督の今季限りでの辞任が明らかになった。

■2018年10月05日
西武・松井稼頭央の引退と気配り。うれし涙は日本一までとっておく。
9月27日、松井稼頭央が日米通算25年間の現役生活にピリオドを打つことを発表した。「現役をやめる年にライオンズに声をかけていただいたのは、運命だと思っています。『最後はここで』と自分ではずっと思ってい

■2018年10月04日
小谷野栄一は引退表明後も全力で。松坂世代とオリックスに送る感謝。
引退記者会見を行った翌日の9月28日、オリックスの小谷野栄一は、ユニフォームを着て、舞洲の二軍施設にいた。10月5日の引退セレモニーに備えるため、数日間離れていたグラウンドに戻ってきた。

■2018年10月01日
前人未到の1000試合登板。不世出の鉄腕・岩瀬仁紀を生んだ奇跡の数々。
愛知県で生まれ、ごく普通の公立高校である西尾東で野球を続け、愛知大学からNTT東海に進み、中日ドラゴンズに入団する。王道だとは言わないが、愛知県の野球少年にとって幸せを絵に描いたような経歴である。

■2018年10月01日
「あーっ、ムカつく!」から7年。西武・秋山翔吾はリーダーになった。
「あーっ、ムカつく!」室内練習場に姿を見せたルーキーの秋山翔吾がすれ違い様に吐き捨てる。2011年10月1日の出来事だ。

■2018年9月30日
1年前はテスト生、今や本塁打王争い。DeNAの救世主ソトが覚醒した理由。
今季、横浜DeNAベイスターズにおいて打線の救世主となったプエルトリコ出身のカリビアンは、約1年前、日本では“無名”だったころの自分を思い出す――。

■2018年9月30日
たびたび出るCS不要論に物申す!ファンの愛を増幅させる装置なのだ。
広島東洋カープがセ・リーグ3連覇を達成しましたが、その裏で恒例行事のごとく「CS不要論」が巻き起こっています。

■2018年9月29日
新井さんの笑顔は涙でできている。若きカープの4番打者が号泣した日。
ああ、やっぱりな……。真っ赤に染まったマツダスタジアムに、カープ3連覇の輪ができる。その歓喜の一番外で、仲間の肩を抱き、笑っている新井貴浩を見て、そう思った。

■2018年9月28日
今季のセ・リーグ、ダブルヘッダーしてでも全日程を消化すべき?
今年の日本列島は豪雨や台風などの悪天候に見舞われ、各競技で延期・中止が相次ぎました。その中で最も影響を受けているのはプロ野球セ・リーグの阪神タイガースです。

■2018年9月28日
巨人・畠世周にもっと修羅場を!CS3位争いの鍵となる24歳右腕。
いまを見て、未来を思う。セ・リーグのペナントレースは広島の3連覇が決まり、残るは熾烈を極めるAクラス争いへと焦点は絞られてきた。

■2018年9月28日
カープ優勝のために外したブレーキ。鈴木誠也が戦う「あの日」の記憶。
あの日から399日――。広島の鈴木誠也は、すべて解放されたような表情を見せた。

甲斐拓也捕手 ミットや防具・マスクのブランドやモデルは?購入方法も! |
甲斐拓也を支える捕手用具の匠。大阪の下町メーカーの技術とは。

■2018年11月14日
Aqours 紅白歌合戦の出演時間や披露曲は?衣装は超かわいい特注仕様?
第69回NHK紅白歌合戦(2018年)の出場者が続々と決まっていますね! そんな中で、驚きなのが2.5次元アイドルって表現になると思うんですが、ラブライブサンシャインの「Aqours(アクア)」が出演

■2018年11月14日
純烈 紅白2018の出演時間・順番は?本番前に人気&ヒット曲まとめ!
毎年のようにせわしない年の瀬ですがいかがお過ごしでしょうか? 今年2018年も例年通りNHK紅白歌合戦が開催される予定ですね。 平成最後のイベントで今回で第69回という数字を数えるようですから数字だけ

■2018年11月14日
刀剣男士の紅白出演メンバーは誰?演目の時間帯はいつ?世間の反応は…
2018年も残すところあとわずかですね! この時期になると気になり始めるのはやはりNHK紅白歌合戦ですね! そんな第69回紅白歌合戦の出場者として「刀剣男士」が選出されました! ミュージカルメンバーの

■2018年11月13日
BTS Tシャツ騒動とは?ジミンはいつ着た?問題は防げた、黙認画像を発見…
音楽番組の代表格であるMステ(ミュージックステーション)の2018年11月9日の出演が見送られた、BTSのTシャツ騒動がこの年末において終息する気配がありませんね… 年末は『FNS歌謡祭』

■2018年11月12日
BTS Tシャツ騒動!ブランドがデザインした意味は?商品名にあ然…
BTS(防弾少年団)のTシャツ問題がかなり尾を引いていますね。。。 2018年年末においてこのままだと、みんなが楽しみにしていた音楽番組に大きな影響が出そうです。 とりあえずBTSの出演見送りは全番組

■2018年11月12日
草刈麻有と紅蘭は似てない?かわいいのはどっち?すっぴんが激似の真実www
2018年芸能界でも話題となった親子がいますね!それは父親・草刈正雄さんと娘・紅蘭さんです! 父・正雄さんはバラエティー番組(イッテQ)で爆笑を巻き起こし、紅蘭さんは妊娠しても結婚しないという破天荒キ

■2018年11月10日
吉岡里帆 父親はカメラマンで経営者!会社名&場所は京都のどこ?
女優の吉岡里帆さんの父親の職業について噂がありますが、何やらその一部の噂が明確に否定されたようです! さらに、じゃあ一体何が正しいのかに迫ってみたいと思います!     吉岡里帆.

■2018年11月10日
モリーナのエアジョーダン・プロテクターの秘密!なぜ野球用品にロゴが…いつから入った?
日米野球2018!めちゃくちゃ盛り上がってますね! やはり相手はメジャーリーガーのスーパースター軍団なんで全く気が抜けない試合展開ですよね。 そんな中、MLBキャッチャーのプロテクターに違和感を感じて

■2018年11月09日
BTSジミンの彼女・まゆみって誰やと?日本人好きの噂検証するばい!
いや~、BTS(防弾少年団)の勢いが半端ないっちゃんね~! ホントに韓国アーティストって綺麗な顔立ちしとるもんね。日本人的にもドストライクやろうね~。 なんなら女子よりも綺麗じゃなか?ってのは言い過ぎ

■2018年11月08日
メリフィールドの年俸推移や成績!ロイヤルズ・盗塁王の神業に脱帽!
プロ野球、日米野球2018が注目されていますね! 特に、日本シリーズでMVPも獲得し一躍時の人となった甲斐拓也選手も出場しているため、いつも以上に盛り上がっています! その卓越された技術と強肩から放た

甲斐拓也 捕手用具 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
広島を破った今年の日本シリーズで、最も評価を上げたソフトバンクの選手は甲斐拓也捕手だ。 第1戦で代走の切り札・上本崇司の二盗を阻み、第2戦では鈴木誠也、第3戦では田中広輔、第4戦では安部友裕、第6戦...- Number Web- 2時間前
甲斐拓也 甲斐キャノンを支えたキャッチャー用具のブランドは?日本 ...
2018年11月4日 - そこで、甲斐拓也選手がどんなベースボールアイテム=『防具(プロテクター・マスク・ レガース)やミット』を使っているのか非常に気になりましたので調査してみ ... 甲斐拓也 捕手(福岡ソフトバンクホークス)の野球アイテムへのこだわりが凄い!

■2018年11月15日
南野拓実 青いスパイクが判明。ハットトリックを決める
南野拓実 スパイク(青色)をベネズエラ戦でも着用か? サッカー日本代表でザルツブルク(オーストリア)所属の南野拓実(みなみの たくみ)選手が絶好調。 2018年11月12日(日本時間)に行われた試合で

■2018年11月15日
浦和レッズ グッズに新商品。2018年11月17日から発売
浦和レッズ オフィシャルグッズに新ラインナップ 浦和レッズは、2018年11月17日(土)からレッズファン必見の新オフィシャルグッズを発売することを発表しました。 販売場所は、浦和レッズオンラインショ

■2018年11月14日
甲斐キャノン グッズが発売!ガンキャノン?受注販売方式にて
甲斐キャノン グッズが販売。受注期間に注意 福岡ソフトバンクホークスは、2018年11月14日(水)より”甲斐キャノングッズ”を受注販売方式にて販売することを発表しました。 甲

■2018年11月14日
大谷翔平 デサントが着用モデルのジャージ特集ページを公開
デサント 大谷翔平の特集ページでジャージ、ジャケット、パンツなどを公開 DESCENTE(デサント)は、MLBロサンゼルス・エンゼルス所属で2018ア・リーグ新人王を獲得した大谷翔平(おおたに しょう

■2018年11月14日
平野歩夢 ユニクロと契約。コンテンツページを公開
平野歩夢 ユニクロと契約。着用しているアパレルは? UNIQLO(ユニクロ)は、2018年11月13日(火)にスノーボード競技の平野歩夢(ひらの あゆむ)選手とグローバルブランドアンバサダー契約を結ん

■2018年11月13日
ニューバランス ゴルフシューズ MG996TB 発売。全世界に500足限定
ニューバランス ゴルフシューズ 全世界にわずか500足限定モデル New Balance golf(ニューバランスゴルフ)は、全世界に500足限定のゴルフシューズ MG996TBを発売しました。 ニュ

■2018年11月13日
大谷翔平 新人王の限定記念グッズ発売開始
大谷翔平 新人王受賞を記念した限定グッズの販売が開始 Majestic(マジェスティック)は、日本時間2018年11月13日(火)にアメリカメジャーリーグ ロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平(おお

■2018年11月12日
錦織圭 ラケット,シューズ,シャツはこれ。2018ATPファイナルズのフェデラー戦で使用
2018 ATPツアー・ファイナルズで錦織圭選手が使用した迷彩のラケット、シューズ、シャツは? 日本時間2018年11月12日にプロテニスプレーヤー 錦織 圭(にしこり けい)選手がロジャー・フェデラ

■2018年11月11日
チャンピオン トレーナー ジャケットにPOLARTEC Wind Pro ファブリックを搭載したモデルを発売
チャンピオン POLARTEC Wind Pro ファブリック搭載モデルを公開 Champion(チャンピオン)は、2018年11月9日より”POLARTEC Wind Pro ファブリッ

■2018年11月11日
鹿島アントラーズ AFC優勝記念グッズを期間限定で受注開始
鹿島アントラーズ ファン必見のAFC優勝記念グッズが登場 鹿島アントラーズは、サッカーAFCチャンピオンズリーグ2018優勝を記念し、優勝記念グッズの販売受付を期間限定で行うことを発表しました。 販売

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも甲斐拓也 捕手用具に関連のある画像ばかりではありません。
甲斐拓也 捕手用具の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

甲斐 拓也(かい たくや、1992年11月5日 - )は、大分県大分市出身のプロ野球選手(捕手)。
右投右打。
福岡ソフトバンクホークス所属。
2016年までの登録名は「拓也」。
* 守備につく際には必ず、ホームベース付近のグラウンドをしっかりと慣らし、最後に指でグラウンドに「心」の一文字を記すことを毎イニング続けている。

引用:Wikipedia:データベース

甲斐拓也 捕手用具に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも甲斐拓也 捕手用具に関連のある動画ばかりではありません。

甲斐拓也 捕手用具に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング