田口良一 引退とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
田口良一が引退発表 元2団体統一世界王者 - ボクシング : 日刊 ...
28分前 - 元WBA&IBF世界ライトフライ級王者田口良一(33=ワタナベ)が20日、都内で現役引退を発表した。2階級制覇を狙って3月にWBO世界フライ級王者田中恒成(2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・ ...
田口良一が引退表明、元WBA&IBF世界ライトフライ級統一王者 ...
元統一王者の田口が引退 「やり切ったという思い」―ボクシング
田口良一“後ろ盾”になった尚弥戦「あの試合があったから世界王者 ...
世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)元ライトフライ級統一王者の田口良一(32)=ワタナベ=が20日、東京都内で引退を発表し、会見で「満足にボクシング人生をやり切ったという思い」...- 時事通信- 4分前
田口良一が引退発表会見「前みたいにモチベーションを上げること ...
引退の田口良一「世界王者の夢を実現。やりきった」- 日刊スポーツ- 4分前

■2019年11月27日
金原会長「すがすがしい気持ち」会長退任で心中語る/テコンドー
 強化方針を巡ってトップ選手との対立が続く全日本テコンドー協会の新理事選定を担う検証委員会は27日、金原昇会長を推薦しない方針を明らかにした。同会長は退任することになる。

■2019年11月27日
川井梨紗子に石川県特別賞 世界選手権優勝/レスリング
 石川県は27日、9月のレスリング世界選手権女子57キロ級で優勝し、東京五輪代表に内定した同県津幡町出身の川井梨紗子選手(25)=ジャパンビバレッジ=に、県スポーツ特別賞を贈った。谷本正憲知事から記念

■2019年11月27日
錦織圭、身近な“ヒーロー”は「熱い方…」/テニス
 男子テニスで世界ランキング13位の錦織圭(29)=日清食品=が27日、東京都内で行われた「LIXIL 東京2020パラリンピック聖火ランナー募集」記者会見にゲストとして登場。「スポーツ選手だけでなく

■2019年11月27日
金原会長ら退任へ 検証委が結論、新体制は年内にも/テコンドー
 強化方針などをめぐってトップ選手が反発している全日本テコンドー協会の運営体制などを検証してきた外部有識者による検証委員会は27日、関係者への聞き取り調査を終了。金原昇会長(65)ら現在の理事15人を

■2019年11月27日
地元メディア、八村は「ボールを持たないところでも素晴らしい動き」/NBA
 米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁(21)は26日(日本時間27日)、敵地デンバーでのナゲッツ戦に開幕から15試合連続で先発出場したが、7得点に終わった。チームは104-117で敗れ、

■2019年11月27日
スケボー五輪予選大会、4月に初の日本開催も
 ワールドスケートは26日、スケートボードの東京五輪予選対象大会の詳細を発表し、今季はストリートが9戦、パークは5戦の実施となった。ストリートは唯一の日本開催として「アークリーグ」が4月下旬に神奈川県

■2019年11月27日
金原会長退任へ 全日本テコンドー協会、体制刷新を決断
 強化方針を巡ってトップ選手との対立が続く全日本テコンドー協会の新理事選定を担う検証委員会は27日、金原昇会長を推薦しない方針を明らかにした。同会長は退任することになる。

■2019年11月27日
八村塁は7得点 ウィザーズは連敗/NBA


■2019年11月27日
高安ら9人が冬巡業休場 鶴竜は参加


■2019年11月27日
スポーツ発展へ「財源の維持、充実が必要不可欠」 議連提言案、バスケくじも


■2019年11月27日
桃田、ナガマツらが出場 ワールドツアー・ファイナル/バドミントン


■2019年11月27日
照ノ富士、異例の関取復帰に意欲新た「改めて気が引き締まる」


■2019年11月27日
モビンケルが今季絶望 練習中、膝の靱帯断裂/アルペン


■2019年11月27日
付け人暴力問題の貴ノ富士ら10人が引退


■2019年11月27日
【GO TO TOKYOパラリンピック】パラカヌー・瀬立モニカ、目標は「地元で金」


■2019年11月27日
元大関の照ノ富士ら5人が十両復帰、新十両なし 貴ノ富士ら10人が引退


■2019年11月27日
東京五輪もロシア除外へ…WADAが4年間の国際大会追放案


■2019年11月27日
【記者とっておきの話】少しチャラい外見と裏腹、北村友一騎手の実直さ


■2019年11月27日
目標は史上最多の金30個!五輪選手団団長に福井烈氏


■2019年11月27日
平岡アンディ、米トップランク社と契約/BOX


■2019年11月27日
【五輪を語る 産経新聞特別記者・佐野慎輔】ロシアのおごりが招いた結論


■2019年11月27日
美宇「おしゃれになりたい」 ブランドと契約、ドレス姿披露/卓球


■2019年11月27日
森、世界選手権向け公式練習「ここで五輪やるんだ」/トランポリン


■2019年11月26日
IOC、厳格な処分を支持 ロシア問題で非難の声明


■2019年11月26日
見延「冷静に分析する」世界3位後退で巻き返しへ/フェンシング


■2019年11月26日
香川が14勝目 Bリーグ2部/バスケ


■2019年11月26日
29日に札幌で実務者会議 東京五輪マラソンコース


■2019年11月26日
川内優輝、100度目のマラソンへ!12月15日の防府読売に出場


■2019年11月26日
選手の被災地訪問を提案 JOC、東京五輪後に


■2019年11月26日
緑川、斎藤組が2戦とも圧勝で本戦へ/バドミントン


■2019年11月26日
高橋、1日4試合に疲れの色/バドミントン


■2019年11月26日
女子の高橋らが本戦へ 全日本総合選手権第1日/バドミントン


■2019年11月26日
UFCで待望の大一番が4月に実現へ…ヌルマゴメドフ対ファーガソン


■2019年11月26日
22歳QBジャクソンが大暴れ、5TD&新記録樹立でレーベンズ7連勝/NFL


■2019年11月26日
岩手競馬が当面のレース中止を決定 禁止薬物、新たに2頭から


■2019年11月26日
平岡アンディ、トップランク社と契約「叫びたいぐらいうれしかったです」/BOX


■2019年11月26日
2次抽選645万アクセス 五輪チケット「強い関心」


■2019年11月26日
レーベンズが7連勝/NFL


■2019年11月26日
南一輝「五輪が近づいたと思った」 体操W杯Vから帰国


■2019年11月26日
レイカーズ8連勝、レブロンが33得点&12アシストの活躍/NBA


■2019年11月26日
福井団長「心一つに臨みたい」 東京五輪の日本選手団


■2019年11月26日
渡辺雄太は22得点、馬場雄大5得点/NBA


■2019年11月26日
平野美宇「おしゃれな人間になりたい」 ファッションブランドと契約/卓球


■2019年11月26日
米CBS、八村は安定性を欠くも「チームは攻撃の重要な役割を与えている」/NBA


■2019年11月26日
ロシア五輪委、陸連に「管理体制の完全なる改革」求める ドーピング問題で


■2019年11月26日
ホリフィールド氏の息子、プロデビュー2戦目で3回KO勝ち 父も見守る/BOX


■2019年11月26日
東京五輪、ロシアは個人資格参加へ ドーピングで


■2019年11月26日
小平奈緒「レース重ねながらいい収穫があった」/スピード


■2019年11月26日
五輪後も現役続行に意欲!九州場所Vの白鵬、優勝「50回」目指す


■2019年11月26日
新浜、男子500で今季初V&通算4勝!レース内容は不満/スピード


  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも田口良一 引退に関連のある画像ばかりではありません。
田口良一 引退の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

田口 良一(たぐち りょういち、1986年12月1日 - )は、日本のプロボクサー。
第35代日本ライトフライ級王者。
元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者。
東京都大田区出身。
ワタナベボクシングジム所属。
* 大田区立大森第七中学校の同級生に「SEKAI NO OWARI」ピアノのSaoriがいる。
* KAT-TUNの上田竜也と親交があり、田口は入場曲に上田のソロ曲「ART OF LIFE」を使用していた スポニチSponichi Annex 2016年12月29日が、メリンド戦以降はEUROPEの "The Final Countdown"を使用している。
いじめられっ子で、強くなりたかった事から、大田区立大森第七中学校3年の秋頃、地元の大田区体育館(現・大田区総合体育館)のボクシング教室に通いはじめ、芝商業高校1年の時に横浜光ボクシングジムに通うも、遊びを優先してすぐやめてしまう。
高校卒業直後にワタナベジムに入門し本格的にスタート。
2006年7月19日、後楽園ホールにて瀬尾智宏(川島)を初回TKOで降しデビュー。
2007年東日本ライトフライ級新人王として、西軍代表中澤翔(大鵬)を判定で退け全日本新人王獲得。
2009年8月1日、後楽園ホールで瀬川正義(横浜光)と対戦し、プロ初黒星となる0-3(74-78、75-77、76-77)の判定負けを喫した。
2009年12月28日、後楽園ホールで 田中教仁(ドリーム)とノンタイトル6回戦を行い、2回にクリンチの離れ際の田中の加撃で田口がダウンし、田中に減点1が言い渡され、1分間のインターバル後も田口のダメージは深く試合続行不可能と判断され2回2分58秒失格勝ちを収めた ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月28日。
2011年、最強後楽園にエントリー。
準決勝で日本ランカーの久田哲也(ハラダ)を判定で降し、決勝まで進み木村悠(帝拳)を6回TKOで倒し優勝。
黒田雅之(川崎新田)が持つ日本ライトフライ級王座挑戦権を獲得。
2012年3月12日、後楽園ホールで日本ライトフライ級王者黒田雅之と対戦し、10回1-1(95-96、96-95、95-95)の判定で引き分けに終わり、王座獲得に失敗した 日刊スポーツ 2012年3月13日。
2012年7月16日、ウイング・ハット春日部でペッダム・ロンリエンキーララムパン(タイ)と対戦し、初回1分58秒KO勝ちを収めた。
この試合はペッダムのデビュー戦だったが、ペッダムに体重超過があった為、ペッダムはJBCから1年間の招へい禁止となった 2012年7月16日。
2013年4月3日、黒田雅之の王座返上に伴い知念勇樹(琉球)と日本ライトフライ級王座決定戦を行い、10回3-0(99-91、98-92、97-93)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。
試合後は井上尚弥(大橋)との対戦を希望した。
2013年8月25日、スカイアリーナ座間で井上尚弥と対戦し、10回0-3(92-98、93-98、94-97)の判定負けを喫し日本王座の初防衛に失敗、王座から陥落した ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月25日。
2013年12月31日、大田区総合体育館でライアン・ビト(UNITED)と49.5kg契約8回戦を行い、ボディブローを軸に攻撃し、試合を優位に進め、8回3-0(2者が78-74、78-75)の判定勝ちを収め再起に成功した。
2014年7月5日、後楽園ホールで元IBF世界ミニマム級王者のフローレンテ・コンデスと対戦し、2回にダウンを奪われるも、的確にパンチを当てポイントを稼ぎ、8回3-0(77-74、77-75、76-75)の判定勝ちを収めた Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月5日。
2014年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級王者アルベルト・ロッセルと対戦し、序盤から攻勢に出た田口を前にロッセルは老獪さを見せたが、8回と9回にダウンを奪い田口のKO奪取の期待が高まるもロッセルに12回終了まで凌がれKO奪取こそ逸したが、12回3-0(116-111、116-110、117-109)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月31日 WBA公式サイト 2014年12月31日。
2015年5月6日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級王者でWBA世界ライトフライ級14位のクワンタイ・シッモーセンと対戦し、8回36秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した WBA公式サイト 2015年5月6日 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月6日。
2015年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級7位のルイス・デ・ラ・ロサと対戦し、デ・ラ・ロサが9回終了時に棄権した為、2度目の防衛に成功した Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月31日。
2016年4月27日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級暫定王者でWBA世界ライトフライ級7位のファン・ランダエタと対戦し、9回に2度、10回に1度、11回に2度の計5度のダウンを奪い11回終了時にランダエタが棄権した為、3度目の防衛に成功した WBA公式サイト 2016年4月27日 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月27日。
2016年8月31日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級王者でWBA世界ライトフライ級1位の宮崎亮と対戦し、12回3-0(116-112、117-111、119-109)の判定勝ちを収め、4度目の防衛に成功した Fightnews.com 2016年8月31日 WBA公式サイト 2016年8月31日 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月31日。
9月15日、WBAは田口を2016年8月度の月間優秀選手賞に選出した WBA公式サイト 2016年9月15日 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月17日。
2016年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級3位のカルロス・カニサレスと対戦し、12回1-1(116-112、112-116、114-114)の判定で引き分けたが、5度目の防衛に成功した Fightnews.com 2016年12月31日 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月31日。
2017年7月23日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級1位の指名挑戦者ロベルト・バレラと対戦し、9回24秒TKO勝ちを収め、6度目の防衛に成功した Fightnews.com 2017年7月23日 WBA公式サイト 2017年7月23日 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月23日。
8月19日、WBAは田口を2017年7月度の月間MVPに選出した WBA公式サイト 2017年8月19日 WBA公式サイト 2017年8月19日 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月25日。
2017年12月31日、大田区総合体育館でIBF世界ライトフライ級王者ミラン・メリンドと王座統一戦を行い、12回3-0(117-111×2、116-112)の判定勝ちを収め王座統一に成功、WBA王座の7度目の防衛と共にIBF王座の獲得に成功した Fightnews.com 2017年12月31日 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月31日。
またこの勝利により田口はリングマガジン認定王座を獲得した。
同日、WBAは田口を2017年12月度の月間MVPに選出した WBA公式サイト 2017年12月31日 WBA公式サイト 2018年1月1日 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月3日。
2018年5月20日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級スーパー王者でIBF世界ライトフライ級6位のヘッキー・ブドラーと対戦し、12回0-3(3者とも113-114)の判定負けを喫しWBA王座は8度目の防衛に失敗、IBF王座の初防衛にも失敗し王座から陥落した Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月20日。
2019年3月16日、岐阜メモリアルセンターで愛ドームでライトフライ級王者時代に統一戦が期待されていたWBOフライ級王者の田中恒成に挑戦し、12回0-3(111-117×2,109-119)で判定負けを喫し、王座獲得とはならなかった Boxing News(ボクシングニュース)。
< />
引用:Wikipedia:データベース

田口良一 引退に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも田口良一 引退に関連のある動画ばかりではありません。

田口良一 引退に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング