田口良一 引退とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
田口良一が引退発表 元2団体統一世界王者 - ボクシング : 日刊 ...
28分前 - 元WBA&IBF世界ライトフライ級王者田口良一(33=ワタナベ)が20日、都内で現役引退を発表した。2階級制覇を狙って3月にWBO世界フライ級王者田中恒成(2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・ ...
田口良一が引退表明、元WBA&IBF世界ライトフライ級統一王者 ...
元統一王者の田口が引退 「やり切ったという思い」―ボクシング
田口良一“後ろ盾”になった尚弥戦「あの試合があったから世界王者 ...
世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)元ライトフライ級統一王者の田口良一(32)=ワタナベ=が20日、東京都内で引退を発表し、会見で「満足にボクシング人生をやり切ったという思い」...- 時事通信- 4分前
田口良一が引退発表会見「前みたいにモチベーションを上げること ...
引退の田口良一「世界王者の夢を実現。やりきった」- 日刊スポーツ- 4分前

■2020年5月26日
NTC、通常稼働へ前進 26日から条件付きで屋内施設の利用解禁
 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が25日、全面解除され、東京五輪を目指す選手が強化拠点とする東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)や国立スポーツ科学センター(JISS)は本格

■2020年5月26日
井上康生監督「モチベーション上げる」 オンラインで柔道五輪代表決起集会計画
 全日本柔道連盟は25日、書面決議による臨時理事会で、新型コロナウイルスの感染拡大により1年延期となった東京五輪代表13選手の維持を正式に承認したと発表した。日本代表の井上康生男子監督(42)が電話で

■2020年5月26日
鶴竜、7月場所へ「皆さんに元気な姿を見てもらいたい」
 大相撲の十両以上の関取で構成する力士会の会長を務める横綱鶴竜(34)は25日、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が全面解除されたことを受け、「7月場所(19日初日、東京・両国国技館)では皆さんに元

■2020年5月26日
芝田山広報部長が見通し「6月中旬か下旬、7月初めにはなんとか出稽古解禁に」
 日本相撲協会の芝田山広報部長(57)=元横綱大乃国=は25日、緊急事態宣言が全面解除されたことを受けて、7月の本場所へ向けて「コロナが全面的になくなったわけではない」と、現行の予防策を継続していくこ

■2020年5月26日
フランス・テニス連盟、困窮選手支援に10億円準備
 フランス・テニス連盟は25日、新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮した選手ら向けに、900万ユーロ(約10億5300万円)の支援金を準備すると発表した。

■2020年5月25日
トルソワがギネス認定 「競技会で女性初の4回転フリップ」/フィギュア
 ギネスワールドレコーズ社は25日までに、フィギュアスケート女子でロシアのアレクサンドラ・トルソワ(15)が昨年12月にイタリア・トリノで行われたグランプリ(GP)ファイナルのフリーで成功させた4回転

■2020年5月25日
レスリング、本格練習は再開2週間後に 協会が指針発表
 日本レスリング協会は25日、新型コロナウイルス対策のガイドラインを発表し、練習再開などへの指針を示した。

■2020年5月25日
ホッケーのバルビル・シン氏死去、95歳 インドの五輪3連覇に貢献


■2020年5月25日
NTC、宣言解除で屋内施設の利用可能に


■2020年5月25日
阿部詩「努力していくだけ」原沢「今できることを」/柔道


■2020年5月25日
強化再開へスポーツ界に朗報、不安も 五輪へブランク取り戻す


■2020年5月25日
米国籍元バスケ選手を起訴、大麻密輸罪


■2020年5月25日
バスケ男子日本代表・篠山主将「まだ油断できない」宣言解除も慎重な姿勢崩さず


■2020年5月25日
世界アルペン、22年3月に延期 北京五輪の翌月に開催


■2020年5月25日
日本スポーツ協会、事務局での業務再開へ


■2020年5月25日
相撲協会、引き続き感染防止徹底 芝田山広報部長「世間一般と同じというわけにはいかない」


■2020年5月25日
佐賀、中止の県高総体代替大会は野球も合同で


■2020年5月25日
横綱鶴竜「自分のペースで徐々に」長期の調整も動じず


■2020年5月25日
全柔連、13選手の東京五輪代表を維持 臨時理事会で承認


■2020年5月25日
朝乃山、トランプ大統領に「大関に昇進したことを伝えたい」


■2020年5月25日
奥原希望、山岳王者の本紹介「目標設定の仕方がわからない方は…」/バドミントン


■2020年5月25日
高藤直寿、向翔一郎との対談動画を公開 高校総体中止の学生にエール/柔道


■2020年5月25日
中止インターハイ、31都府県で代替大会を検討


■2020年5月24日
朝乃山「焦らずしっかりいい準備を」中止の夏場所初日に心境


■2020年5月24日
為末大氏、木村花さんの死に「自分が間違えていたなと思うことがあった」


■2020年5月24日
鶴竜、第3子となる次女誕生「この子のために頑張る」


■2020年5月24日
中谷潤人、世界戦は8月開催へ コロナで無観客の予定/BOX


■2020年5月24日
北の富士氏「籠城してます、もう年ですから」夏場所中止には肯定的


■2020年5月24日
中谷潤人のWBO世界フライ級王座決定戦は8月1日に開催


■2020年5月24日
デアリングタクトが無敗2冠!63年ぶり史上2頭目の偉業達成/オークス


■2020年5月24日
那須川天心「誹謗中傷、俺にしてくれ」 木村花さん死去で


■2020年5月24日
【リスタート・東京五輪】“最もついていない男”クレー射撃元日本王者・石原敬士さん「神様がくれた機会、しっかりやれ」


■2020年5月24日
NBA、7月下旬再開か フロリダ州施設で集中開催


■2020年5月24日
ソチ冬季五輪金のアナ・ファイト引退/アルペン


■2020年5月24日
大坂なおみ、女子アスリート史上最高年収40億円 シャラポワ、セリーナ超え/テニス


■2020年5月24日
バスケ男女日本代表主将が高校総体など中止の“後輩”激励


■2020年5月24日
奥原希望、ユーチューバーに!競技の魅力発信&ファンと交流を/バドミントン


■2020年5月23日
カイリ・セイン、木村花さんの投稿見て関係者に連絡も「間に合いませんでした」


■2020年5月23日
高田の“秘策”に篠山が苦笑し脱帽 男女代表主将対談/バスケ


■2020年5月23日
山中慎介氏が東京五輪代表らへオンライン講座/BOX


■2020年5月23日
元世界王者の山中慎介氏、五輪代表らにオンライン講座/BOX


■2020年5月23日
篠山&高田、男女代表主将が全国大会中止の若き選手にエール/バスケ


■2020年5月23日
篠山「女子は世界の強豪」 バスケ男女代表主将が対談


■2020年5月23日
木村花さん死去にプロレス界から悲しみの声…中西学「まだ22歳やぞ」


■2020年5月23日
ジョコビッチ、チャリティー大会開催/テニス


■2020年5月23日
ワタナベジムのクラウドファンディング、目標の600万円に/BOX


■2020年5月23日
ワタナベジム、クラウドファンディングが目標の600万円到達/BOX


■2020年5月23日
大リーグなどの海外選手に米入国制限適用せず


■2020年5月23日
日本選手権は新潟で10月に開催、国立は断念/陸上


■2020年5月23日
スーパーボウル優勝リングが1億円超で落札/NFL


田口良一 引退の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

田口 良一(たぐち りょういち、1986年12月1日 - )は、日本の元プロボクサー。
第35代日本ライトフライ級王者。
元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者。
東京都大田区出身。
ワタナベボクシングジム所属。
* 大田区立大森第七中学校の同級生に「SEKAI NO OWARI」ピアノのSaoriがいる。
* KAT-TUNの上田竜也と親交があり、田口は入場曲に上田のソロ曲「ART OF LIFE」を使用していた スポニチSponichi Annex 2016年12月29日が、メリンド戦以降はEUROPEの "The Final Countdown"を使用している。
いじめられっ子で、強くなりたかった事から、大田区立大森第七中学校3年の秋頃、地元の大田区体育館(現・大田区総合体育館)のボクシング教室に通いはじめ、芝商業高校1年の時に横浜光ボクシングジムに通うも、遊びを優先してすぐやめてしまう。
高校卒業直後にワタナベジムに入門し本格的にスタート。
2006年7月19日、後楽園ホールにて瀬尾智宏(川島)を初回TKOで降しデビュー。
2007年東日本ライトフライ級新人王として、西軍代表中澤翔(大鵬)を判定で退け全日本新人王獲得。
2009年8月1日、後楽園ホールで瀬川正義(横浜光)と対戦し、プロ初黒星となる0-3(74-78、75-77、76-77)の判定負けを喫した。
2009年12月28日、後楽園ホールで 田中教仁(ドリーム)とノンタイトル6回戦を行い、2回にクリンチの離れ際の田中の加撃で田口がダウンし、田中に減点1が言い渡され、1分間のインターバル後も田口のダメージは深く試合続行不可能と判断され2回2分58秒失格勝ちを収めた ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月28日。
2011年、最強後楽園にエントリー。
準決勝で日本ランカーの久田哲也(ハラダ)を判定で降し、決勝まで進み木村悠(帝拳)を6回TKOで倒し優勝。
黒田雅之(川崎新田)が持つ日本ライトフライ級王座挑戦権を獲得。
2012年3月12日、後楽園ホールで日本ライトフライ級王者黒田雅之と対戦し、10回1-1(95-96、96-95、95-95)の判定で引き分けに終わり、王座獲得に失敗した 日刊スポーツ 2012年3月13日。
2012年7月16日、ウイング・ハット春日部でペッダム・ロンリエンキーララムパン(タイ)と対戦し、初回1分58秒KO勝ちを収めた。
ペッダムに体重超過があった為、ペッダムはJBCから1年間の招へい禁止となった 2012年7月16日。
2013年4月3日、黒田雅之の王座返上に伴い知念勇樹(琉球)と日本ライトフライ級王座決定戦を行い、10回3-0(99-91、98-92、97-93)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。
試合後は井上尚弥(大橋)との対戦を希望した。
2013年8月25日、スカイアリーナ座間で井上尚弥と対戦し、10回0-3(92-98、93-98、94-97)の判定負けを喫し日本王座の初防衛に失敗、王座から陥落した ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月25日。
2013年12月31日、大田区総合体育館でライアン・ビト(UNITED)と49.5kg契約8回戦を行い、ボディブローを軸に攻撃し、試合を優位に進め、8回3-0(2者が78-74、78-75)の判定勝ちを収め再起に成功した。
2014年7月5日、後楽園ホールで元IBF世界ミニマム級王者のフローレンテ・コンデスと対戦し、2回にダウンを奪われるも、的確にパンチを当てポイントを稼ぎ、8回3-0(77-74、77-75、76-75)の判定勝ちを収めた Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月5日。
2014年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級王者アルベルト・ロッセルと対戦し、序盤から攻勢に出た田口を前にロッセルは老獪さを見せたが、8回と9回にダウンを奪い田口のKO奪取の期待が高まるもロッセルに12回終了まで凌がれKO奪取こそ逸したが、12回3-0(116-111、116-110、117-109)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月31日 WBA公式サイト 2014年12月31日。
2015年5月6日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級王者でWBA世界ライトフライ級14位のクワンタイ・シッモーセンと対戦し、8回36秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した WBA公式サイト 2015年5月6日 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月6日。
2015年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級7位のルイス・デ・ラ・ロサと対戦し、デ・ラ・ロサが9回終了時に棄権した為、2度目の防衛に成功した Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月31日。
2016年4月27日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級暫定王者でWBA世界ライトフライ級7位のファン・ランダエタと対戦し、9回に2度、10回に1度、11回に2度の計5度のダウンを奪い11回終了時にランダエタが棄権した為、3度目の防衛に成功した WBA公式サイト 2016年4月27日 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月27日。
2016年8月31日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級王者でWBA世界ライトフライ級1位の宮崎亮と対戦し、12回3-0(116-112、117-111、119-109)の判定勝ちを収め、4度目の防衛に成功した Fightnews.com 2016年8月31日 WBA公式サイト 2016年8月31日 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月31日。
9月15日、WBAは田口を2016年8月度の月間優秀選手賞に選出した WBA公式サイト 2016年9月15日 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月17日。
2016年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級3位のカルロス・カニサレスと対戦し、12回1-1(116-112、112-116、114-114)の判定で引き分けたが、5度目の防衛に成功した Fightnews.com 2016年12月31日 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月31日。
2017年7月23日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級1位の指名挑戦者ロベルト・バレラと対戦し、9回24秒TKO勝ちを収め、6度目の防衛に成功した Fightnews.com 2017年7月23日 WBA公式サイト 2017年7月23日 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月23日。
8月19日、WBAは田口を2017年7月度の月間MVPに選出した WBA公式サイト 2017年8月19日 WBA公式サイト 2017年8月19日 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月25日。
2017年12月31日、大田区総合体育館でIBF世界ライトフライ級王者ミラン・メリンドと王座統一戦を行い、12回3-0(117-111×2、116-112)の判定勝ちを収め王座統一に成功、WBA王座の7度目の防衛と共にIBF王座の獲得に成功した Fightnews.com 2017年12月31日 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月31日。
またこの勝利により田口はリングマガジン認定王座を獲得した。
同日、WBAは田口を2017年12月度の月間MVPに選出した WBA公式サイト 2017年12月31日 WBA公式サイト 2018年1月1日 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月3日。
2018年5月20日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級スーパー王者でIBF世界ライトフライ級6位のヘッキー・ブドラーと対戦し、12回0-3(3者とも113-114)の判定負けを喫しWBA王座は8度目の防衛に失敗、IBF王座の初防衛にも失敗し王座から陥落した Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月20日。
2019年3月16日、岐阜メモリアルセンターで愛ドームでライトフライ級王者時代に統一戦が期待されていたWBOフライ級王者の田中恒成に挑戦し、12回0-3(111-117×2,109-119)で判定負けを喫し、王座獲得とはならなかった Boxing News(ボクシングニュース)。
同年11月20日、会見を開き現役引退を表明した。
会見において田口は、印象に残る試合として井上や田中との一戦などを挙げ、特に井上戦については「あの試合があったから世界チャンピオンになれた。
あれ以降、(対戦相手が)井上選手より強くはないだろうと思えたし、自分の“後ろ盾”になってくれた。
逃げずに戦って良かったと感じています」と話した。
将来の目標としてはボクジングジムの経営と語っている。
2019年12月10日、後楽園ホールで引退式が行われた。
式では、ジムの先輩で元WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志と引退スパーリングを披露した。
引退セレモニーではラーメン好きということにちなみ、ラーメン1年分が贈呈された。
そして、最後に10カウントゴングが打ち鳴らされ、足掛け13年に及んだ現役生活に別れを告げた Boxing News(ボクシングニュース)2019年12月10日。

引用:Wikipedia:データベース

田口良一 引退に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも田口良一 引退に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング