琵琶湖 深呼吸とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
琵琶湖ピンチ、初の「酸欠」 冬の「深呼吸」今年起きず:朝日新聞 ...
2019年5月11日 - 「琵琶湖の深呼吸」が今年、1979年の観測開始以来初めて確認できなかった。酸素を多く含んだ湖面近くの水と湖底の水が混ざり合う自然現象で、いつもなら冬に起きる。 生態系への影響や水質悪化が懸念されるため…
今年の琵琶湖は深呼吸をしないのか。酸素不足は何を引き起こす ...
琵琶湖、台風19号の強風で「深呼吸」 接近後に酸素濃度一時回...

■2019年11月22日
【日本に必要】実践的な「持続可能な開発のための教育」がインドにあった(橋本淳司)
インドの教育機関セクモルでは気候変動を緩和、適応する術を試行錯誤しながら編み出し、その成果はすべて無料公開されている。ここで学んだ若者たちは、地元に帰り、これらの技術を普及する仕事を行うことができる。

■2019年11月10日
羽田空港の断水 考えられる原因(橋本淳司)
過去に水道水中の塩分濃度が上がったケースはある。原因は主に4つ。原水に海水などが混入すること、水道管の誤接続、水道に亀裂などが入って海水など混じるケース、受水槽などの掃除中に起きるトラブルだ。続きを読

■2019年10月21日
【断水長期化】なぜ浄水場の復旧が遅いのか?(橋本淳司)
台風19号によって浄水場が水没し、復旧までに時間がかかりそうだ。復旧が遅れている事情は、各浄水場によって異なるが、共通しているのは、人と金の不足、気候変動対応の不足である。続きを読む

■2019年10月18日
「八ッ場ダムが氾濫を防いだ」は本当? 次の台風に備える5つの課題(橋本淳司)
台風19号後の課題を考える。豪雨に対しどのような治水施設が機能したか、ダムの事前の放流、緊急放流はどのように行われたか、ダム情報の共有は十分だったか、気候の変動に対してどのように対応すべきか。続きを読

■2019年10月15日
【台風19号の教訓】これまでの天気予報ではダメ! 流域の天気予報でタイムラグ水害を防げ(橋本淳司)
水戸市に水があふれたのは13日の午後3時過ぎだった。水戸市や茨城県の天気予報を見ていただけでは、洪水の予測は不可能。自分の住む流域の天気を見る必要があった。続きを読む

■2019年10月12日
土地の高さと川の水位だけではダメ! 地形と水の流れを確認し、命を守れ(橋本淳司)
首都圏の12日~13日の雨量は400~600ミリの可能性と報道されており、鶴見川、多摩川、荒川、利根川が越水・決壊・氾濫する可能性。自分の住む近くだけでなく上流の様子にも目を配り対策を進めるべき。続き

■2019年10月02日
水道法が施行。3年後にコンセッション開始か(橋本淳司)
10月1日に改正水道法が施行された。宮城県では法改正で実施できることになったコンセッション方式導入が準備されるが、県議会での議論は平行線をたどり、多くの県民はコンセッションの内容を知らない。続きを読む

■2019年9月24日
小泉環境相がステーキを食べたことの何が問題か(橋本淳司)
小泉進次郎環境相が国連気候行動サミットに出席し、ニューヨークでステーキ店に入店したことが話題になっている。気候変動対策を議論しにきた大臣が「ステーキを食べる」ことが非難を浴びたが、その理由は主に3つ。

■2019年9月11日
断水時に水をいかに確保するか、いかに利用するか(橋本淳司)
台風15号の影響で、千葉県など各地で断水が続いている。水を確保する方法、少量の水で最低限の衛生、健康を確保しながら生活するにはどうしたらよいか。続きを読む

■2019年8月14日
オリンピック水泳会場への汚水流入をどう防ぐか(橋本淳司)
東京オリンピックに向け、水泳のオープンウォータースイミングのテストイベントが、お台場海浜公園で行われたが、選手から「トイレのにおい」がするなど、糞尿の流入を示唆するコメントが聞かれた。対策はあるのか。

■2019年8月06日
8月6日「雨水の日」。命がけで雨乞いした古代王、雨に無関心すぎる日本の政治家(橋本淳司)
8月6日は「雨水の日」。「雨と共生する都市づくりの決意を確認する」目的で1995年に東京都墨田区が制定。古代の王にとって雨は統治の重要な要素だった。気候危機に備え、雨との付き合い方を見直すべき。続きを

■2019年8月04日
ASEAN外相会議で米国務長官指摘「ダム建設でメコン川の流れを支配する中国」(橋本淳司)
ASEANと中国の外相会議が7月31日、バンコクで開かれた。関連会合で米国のポンペオ国務長官が「中国はダム建設を通じてメコン川の流れを支配しようとしている」と発言。その背景をひもとく。続きを読む

■2019年8月01日
「関東の水がめ」群馬でのナショナル・トラストは水源林の荒廃を止められるか(橋本淳司)
公益財団法人奥山保全トラストが群馬県多野郡上野村の森林(15.7ヘクタール)をナショナル・トラストしたことを7月31日、群馬県庁で発表した。首都圏の水源県である群馬でのトラスト成功は大変意義深い。続き

■2019年7月30日
「無意識節水」と「見えない水利用」の広がりで水道経営ピンチ(橋本淳司)
無意識のうちに節水できていることがある。それは節水機器が浸透したことや生活習慣の変化による。一方で、数字には表れない地下水利用が進んでいる。続きを読む

■2019年7月29日
水道法改正「知らない」63.1%だが水道の疲弊は進む(橋本淳司)
昨年12月成立した「改正水道法」は今年10月施行される。施行を前にパブリックコメントが募集されている。「改正水道法」の趣旨は水道経営の基盤強化だが、小規模事業者は人材、資金不足から身動きがとれない。続

■2019年7月22日
「油を台所から流さない」49.9%と3000匹の魚大量死は関係あるか(橋本淳司)
隅田川でコノシロやコイなど約3000匹の魚が大量死した。原因は水中の酸素量が激減し「貧酸素水塊」が発生したこととされる。発生原因はさまざまあり原因を特定するのは難しいが私たちの生活との関係を探る。続き

■2019年7月19日
ガンジス川上流部の異変で流域国の水紛争の可能性(橋本淳司)
8月1日は「水の日」。水の日の前に、世界の水事情を考える。ガンジス川の源流では雪の降り方が変わっている。続きを読む

■2019年7月02日
G20で「水素水」提供。外務省の「意図」が伝わらなかった理由(橋本淳司)
G20で「水素水」が提供されたことが話題になっている。外務省の真意はプラスチックフリーのアピールだったようだが、水素水という賛否両論ある水に注目が集まってしまったようだ。続きを読む

■2019年6月28日
サステナブルな浄水装置が「日本水大賞」受賞 アジア、アフリカに貢献する日本発の技術とは(橋本淳司)
「第21回日本水大賞」で「国際貢献賞」を受賞した「生物浄化法」は国内外で安価、安全に浄水が行える技術として注目されている。続きを読む

■2019年6月25日
水出し飲料は水の違いで味が変わり、水質は水出し飲料で変わる(橋本淳司)
夏になるとクーラーポット、水筒などに、「水出し飲料」を入れて飲む人も多いだろう。水出し飲料は使用する水によって味に差が出る。どのような水を選ぶとどんな効果があるのか。定番の「麦茶」で考えた。続きを読む

琵琶湖、台風19号の強風で「深呼吸」 接近後に酸素濃度一時回復 ...
昨冬初めて「全層循環」が完了せず、低酸素状態が続いている琵琶湖の深部「第一湖盆」(滋賀県高島市今津沖、水深90メートル)で、10月の台風19号接近後、一時的に前年並みの状態に回復していたことが、滋賀...- 京都新聞- 7分前
「琵琶湖の深呼吸」確認されず 暖冬影響か - 産経ニュース
琵琶湖の酸素濃度、一時回復 台風19号通過で水循環- 産経新聞- 6時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも琵琶湖 深呼吸に関連のある画像ばかりではありません。
琵琶湖 深呼吸の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

琵琶湖(びわこ)は、滋賀県にある湖で、日本で最大の面積と貯水量を持つ。
湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。
ラムサール条約登録湿地。
河川法上は一級水系「淀川水系」に属する一級河川であり、同法上の名称は「一級河川琵琶湖」で、滋賀県が管理している例えば、琵琶湖岸に構築物を無許可で設置すると、河川法に基づいて滋賀県から撤去命令が出される。
例:。
10万年以上前から存在する古代湖の1つである。

引用:Wikipedia:データベース

琵琶湖 深呼吸に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも琵琶湖 深呼吸に関連のある動画ばかりではありません。

琵琶湖 深呼吸に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング