獺祭 26万本 自主回収とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
「獺祭」26万本を自主回収、表示と異なるアルコール ... - 読売新聞
5時間前 - 山口県岩国市の旭酒造は9日、表示と異なるアルコール度数の日本酒「獺祭(だっさい) 」を出荷したとして、11日から1升瓶と4合瓶の計約26万本を自主回収すると発表した。 同社によると、回収対象は、4、5、7月に第2蔵で製.
「獺祭」4製品26万本自主回収へ アルコール度数ばらつきで旭酒造 ...
「獺祭」4製品26万本自主回収へ アルコール度数ばらつきで旭...
獺祭26万本を回収 度数異なる | 2019/9/9(月) 20:27 - Yahoo ...
人気の日本酒「獺祭(だっさい)」を製造する旭酒造(本社・山口県岩国市)は9日、製造ミスにより本来のアルコール度数とは異なる製品を出荷したとして、4製品計約26万本(小売金額で約6億5000万円分)を...- 毎日新聞- 41分前
「獺祭」26万本を自主回収、表示と異なるアルコール度数で出荷 ...
「獺祭」26万本を自主回収、表示と異なるアルコール...- 読売新聞オンライン- 48分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも獺祭 26万本 自主回収に関連のある画像ばかりではありません。
獺祭 26万本 自主回収の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

獺祭魚(だっさいぎょ)、獺魚を祭る(たつうおをまつる)とは、カワウソ(獺)が、捕らえた魚を供物に並べ先祖を祭る様を指す。
カワウソは捕らえた魚を川岸に並べる習性があり、これを祭儀になぞらえた。
転じて多くの書物を調べ、引用する人の様を指す。
また、七十二候の一つ(雨水初候)で、立春末候の魚上氷の後、雨水次候の鴻雁来の前にあたる。
出典は、礼記月令孟春の条の「東風凍を解き、蟄虫は始めて振く。
魚冰に上り、獺魚を祭り、鴻雁来る」。
春になってカワウソが漁をはじめ魚を捕らえることを言った。
晩唐の政治家、詩人である李商隠は作中に豊富な典故を引いたが、その詩作の際に多くの参考書を周囲に並べるように置いた。
上記の比喩から、自ら獺祭魚・獺祭と号した。
またそれ以降、その様を指して用いられるようになった。
正岡子規は自らを獺祭書屋主人と称した。
子規の命日である9月19日を獺祭忌と呼ぶこともある。

引用:Wikipedia:データベース

獺祭 26万本 自主回収に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも獺祭 26万本 自主回収に関連のある動画ばかりではありません。

獺祭 26万本 自主回収に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング