無人偵察機 横田基地とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
無人偵察機グローバルホーク、横田基地に到着 - 産経ニュース
15時間前 - グアムの米空軍アンダーセン基地に所属する無人偵察機「RQ-4グローバルホーク」1 機が1日、横田基地(東京都福生市など)に到着した。10月まで日本から運用する。米 …
米空軍の無人偵察機「グローバルホーク」、横田基地に | マイナビニュース
大型無人偵察機、横田飛来=北朝鮮ミサイル・核監視―10月末ま...

■2017年11月09日
日本に専売店60店舗? 「ジュリア」発表のアルファロメオが強気な理由
アルファロメオが強気だ。フィアットやアバルトなどを手掛けるFCAが持つブランドの1つだが、このほど日本で専売店60店舗を整備する方針を打ち出した。新車「ジュリア」の発表と同時に強気の姿勢を鮮明にしたア

■2017年11月08日
まるで違う「AIBO」と「aibo」 - ソニーの変化を表す「クラウド」
過去最高益が予想される今期のソニー。好調な事業環境の中で、唯一課題視されるのが「商品力」だ。しかし、その中でも「ソニーらしさ」の復活の象徴となりそうなのが「aibo」だ。好意的な反応が多く見られる中で

■2017年11月08日
多摩川の河川敷にオフィスが出現!? アウトドアにおける働き方改革の新提案
11月初頭に迎えた小春日和。東急田園都市線の二子玉川と二子新地の至近にある多摩川の河川敷で、ユニークな試みが行われた。広々とした河川敷で、野球でもなくバドミントンでもなく、ゴルフでもなく、ビジネスを行

■2017年11月08日
モバイクはシェアサイクルで日本をどう変えるか
ここ最近シェアサイクル事業への注目が急速高まっている。とりわけ世界的にシェアサイクル事業を運営しているモバイクが日本での事業展開を始めたことで、一気に注目が高まった。モバイクは日本人の生活をどう変えう

■2017年11月07日
VAIOにはまだブランド価値がある - 新社長に聞く「これから」
VAIOの新リーダーに着任したのは日本ビクターなどで社長を歴任した吉田 秀俊氏。PC事業だけでなく、ロボティクス開発などの新領域へと一歩踏み出したVAIOの舵取りについて、話を聞いた。

■2017年11月06日
レノボ傘下でも独立運営、富士通PC事業の行く末は?
富士通とレノボ・グループ、日本政策投資銀行は11月2日、PC事業における富士通とレノボとの戦略提携について正式契約を締結したと発表した。

■2017年11月06日
KDDIが「ブロックチェーン+スマートコントラクト」に取り組む理由
ブロックチェーンの派生技術の1つとして注目を集めるスマートコントラクトだが、なぜKDDIが業界他社に先んじてこの取り組みを発表したのか。その実際について話を聞いた。

■2017年11月06日
ペッパーに100万円使って「がっかり」しても、aiboに期待するワケ
復活したソニーのエンタテインメントロボット「aibo」。ロボホンとペッパーを購入した筆者が、ロボットに対して幻滅したポイントと、aiboがその課題をどのようにクリアするのか解説する。

■2017年11月06日
店舗数2.5倍が目標! フレッシュネスは急拡大と独自性を両立できるか
ハンバーガーのフレッシュネスが店舗数を現状比2.5倍に増やす方針を示している。商品や店の雰囲気など、独特な立ち位置が売りの同店だが、規模拡大と独自性は両立できるのか。船曵社長に聞いた。

■2017年11月06日
知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第10回 大手携帯電話キャリアが低価格のサブブランドを持つ理由
大手携帯電話キャリアはメインのブランドとは別に、低価格のサブブランドを用意する。なぜ、その必要があるのだろうか。

■2017年11月03日
大統領のクルマがモーターショーに! 「DS」が魅せた“フランス車”の粋
一時期に比べると輸入車の出展が減っている今回の東京モーターショー。そんな中で、2年前に登場した新しいブランドがある。フランスの「DS」だ。初めて目にする人も多いだろうこのブランドの魅力を、日本初上陸の

■2017年11月03日
好調決算の数値より重視すべきKDDI田中社長の所感
KDDIの2018年3月期第2四半期(4-9月)の連結決算において、売上は2兆4161億円で通期目標に対する進捗率は48.8%、営業利益は5425億円で同57.1%だった。順調な進捗と評価する同社だが

■2017年11月02日
今さら聞けないビジネスIT用語集 第13回 "働き方改革"実現に向けて--「テレワーク」
日本政府の働き方改革実現会議は、経済社会の足踏み状態を改善するため、処遇改善や時間や場所といった制約の克服、労働者のキャリア構築を可能にする社会変革をうながす取り組みだ。その"いつ・どこでも働ける"環

■2017年11月02日
富士通、レノボらとPC事業の合弁会社設立で合意
富士通、レノボ・グループ、および日本政策投資銀行は2日、グローバル市場に向けたPCおよび関連製品の研究開発・設計・製造・販売を行う合弁会社を設立する戦略的な提携について、本日、正式に合意したと発表した

■2017年11月02日
上期好調も、創業100周年へ向け「テスラリスク」が残るパナソニック
パナソニックが第2四半期の決算説明会を行い、2017年度上期(2017年4月~9月)の連結業績は売上高、営業利益ともに10%前後の伸びを記録した。しかし、通期業績予想の上方修正はなし。その裏に潜むのは

■2017年11月02日
モーターショーに次期モデル、「いつかはクラウン」のこれからを探る
最新技術を盛り込んだコンセプトカーが先進性を競う東京モーターショーだが、一方で、近く市販が予定されるクルマにも注目が集まる。トヨタの次期「クラウン」もそのひとつだ。憧れのクルマ「クラウン」は今後、どん

■2017年11月02日
実は売れてた新型「シビック」、ホンダが次に期待するクルマは?
日本での復活発売については賛否両論だったホンダの新型「シビック」だが、蓋を開けてみると販売状況は好調のようだ。2017年9月の発売以来、受注は月間販売目標の6倍となる1万2,000台に達しているという

■2017年11月01日
どうやら昨年並みの予感、おぼろげながら見えてきた新iPhoneの評価
iPhone Xが11月3日に発売日を迎える。9月に発売されたiPhone 8の販売量が前モデルに比べ弱いと見られているが、iPhone Xを加えた国内の新iPhoneの売れ行きはどうなりそうか。

■2017年11月01日
開発メンバーは若手主体、イチから生まれ変わったソニー「aibo」の可能性
11月1日、「ワンワンワン」の日に発表されたソニーの犬型ロボット「aibo」。かつてのAIBOとは異なり、クラウドに常時接続し、飼い主の応対に合わせて個性豊かな愛犬へと進化する。開発したのは30代のA

■2017年11月01日
かっぱ寿司、全店で食べ放題企画「食べホー」を始めた深い理由
かっぱ寿司は11月1日より全国の店舗で食べ放題「食べホー」を開始した。11月22日までの平日14時から17時までの期間・時間限定の食べ放題企画となる。表向きはアイドルタイムの解消が目的だが、探れば深い

■2017年11月01日
ソニーが過去最高益予想、ゲーム・半導体など好調も課題は「スマホ」
ソニーは10月31日、2017年度第2四半期決算を公開した。注目は、5000億円の目標を掲げていた連結業績の営業利益目標を6300億円へ大きくアップさせた点だ。ほとんど死角がないように見える好決算だが

■2017年11月01日
働き方改革に新しい波! 心地よいオフィス環境を実現する“緑”とは
国を挙げて叫ばれている働き方改革。多くの企業がノー残業デーなどを導入して、社員の健康増進や余暇増加に取り組んでいる。ただ、ノー残業デーは働き方改革の基本中の基本。ただ、ここにきて、新しいカタチの働き方

■2017年11月01日
モーターショーに「エボリューション」、三菱自が選んだ“生きる道”
今年の東京モーターショーに出展された三菱自動車のコンセプトカーは「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」と名付けられた。これは、電気自動車のクロスオーバーSUVである。同社が「

■2017年11月01日
「インスタ映え」する写真でフィルムの消費は増えるか
富士フイルムはスマートフォンで撮影した写真をチェキフィルムに出力できるプリンター「スマホ de チェキ」シリーズの最新モデル「Instax SHARE SP-3」を11月17日より発売する。

■2017年11月01日
同じKDDI傘下の「UQ mobile」と「BIGLOBEモバイル」、なぜ戦略が違うのか
「UQ mobile」を展開するUQコミュニケーションズと、「BIGLOBEモバイル」を展開するビッグローブは、共にKDDI傘下のMVNOである。しかしながら戦略は大きく異なる。それはなぜか。

■2017年10月31日
「ビジョン・クーペ」が登場、モーターショーでデザインを語るマツダ
10月28日から一般公開された「東京モーターショー」で異彩を放っているのがマツダだ。電動化の流れに反旗を翻すような「夢のエンジン」を発表するとともに、新世代の「魂動」デザインも展示。これまでと何が違う

■2017年10月30日
東急電鉄はなぜ池上線で「無料乗車イベント」を実施したのか
2017年10月9日(祝日・体育の日)、東急電鉄は、池上線に終日、無料で乗車できるというイベント「開通90周年記念イベント 10月9日池上線フリー乗車デー」を開催した。日常の利用客数が多い首都圏の大手

■2017年10月30日
サムスンは「Galaxy Note8」でiPhone Xに対抗できるか
サムスン電子ジャパンは10月26日、「Galaxy Note8」の発売記念イベントを開催した。ペン入力が特徴の「Note」シリーズは、日本では実に3年ぶりの新機種になる。最大のライバルは、同じく大画面

■2017年10月30日
シャープが通期予想を上方修正、不振脱却もディスプレイ事業は安泰?
シャープが発表した2017年度上期(2017年4~9月)の連結業績は、同社の順調な回復ぶりを示すものとなった。大幅な増収と黒字転換。そして、すべてのセグメントで増収となり、すべてのセグメントで黒字化す

■2017年10月30日
ペーパーレス化進んでも大容量インクプリンタが好調、エプソンに死角は?
セイコーエプソンの大容量インクタンクプリンタの販売が好調だ。同社は、2017年10月26日に発表した2017年度上期(2017年4月~9月)の連結業績発表にあわせ、大容量インクタンクプリンタの販売計画

■2017年10月29日
スズキが東京モーターショーで新提案、SUVの選択肢を広げる存在に?
スズキは「第45回 東京モーターショー2017」でSUVに関する新たな提案を行っている。「ジムニー」や「エスクード」など、SUVには長く取り組んでいるスズキだが、今回のモーターショーで提示するのは“S

■2017年10月28日
クルマの未来に対照的な提案? 東京モーターショーのトヨタとアウディ
東京モーターショーでトヨタとアウディが展示している2台のクルマは、自動車での移動時間が今後、どのような意味を持つのかを考えさせる、興味深い対比を示していた。その2台とは、トヨタのオープンスポーツコンセ

■2017年10月27日
1964年の渋谷が3Dで甦る!? ノスタルジーとVRが融合したプロジェクト始動
東京の再開発が加速している。品川・田町地区、大手町地区、日本橋地区、上野・御徒町地区……以前取材させていただいただけでも、結構な数に上る。そして、やはり大がかりな再開発が進められている地区がある。東京

■2017年10月26日
ドコモの営業減益に驚きなし - 2017年度第2四半期決算
NTTドコモが26日公表した2017年度第2四半期連結決算(4-9月)は、営業利益が5,488億円で前年同期比6.3%減となった。数値上は不調に映るが、償却方法の変更等による影響が主因で計画どおりのよ

■2017年10月26日
かっぱ寿司の「食べ放題」が全国展開へ、ようやく解禁になったワケ
かっぱ寿司は26日、「食べホー」と命名した食べ放題企画を来月11月1日より全国展開すると発表した。話題を集めた食べ放題企画が遂に全店舗で実施される。

■2017年10月26日
なぜ今、ソニーはAIBOを再生するのか?
11月1日の発表が予告されているソニーの新製品。AIBO撤退から11年のこのタイミングでなぜロボットに再参入するのか。

■2017年10月26日
世界シェア7割、中国ドローンメーカーが大切にする3つのコア
世界で販売されている個人向けドローンの実に7割のシェアを握る会社、DJI。アジアのシリコンバレーとも呼ばれる中国・深セン発の企業としても有名だが、彼らが大切にする企業理念は、意外なことに「多様性」と「

■2017年10月25日
LINEは思う以上に広告依存、第3四半期連結決算から見えるもの
LINEは25日、2017年12月期第3四半期連結決算を公表した。第3四半期のみの営業収益は430億2,800万円で前年同期比19.2%増、営業利益は58億5,000万円で同18.8%と好調だった。

■2017年10月25日
マックフルーリーとパナップが“禁断のコラボ”に踏み込んだ理由
マクドナルドと江崎グリコが共同開発した「マックフルーリー パナップグレープ」が本日、発売となる。本格的な冬の到来を前に始まったアイスとアイスの“禁断のコラボ”だが、この商品はマックが進めるカフェタイム

■2017年10月25日
ソフトバンクも参入、ホワイトカラーの仕事を自動化する「RPA」とは
10月20日、ソフトバンクが「RPA」ソリューション事業への取り組みを発表した。これまで工場労働者の仕事がFAによって自動化されてきたように、RPAによってホワイトカラーの仕事も自動化できるという。

■2017年10月24日
ファーウェイが「Mate 10」を発表、iPhone Xに対抗できるか
10月16日、ファーウェイはドイツ・ミュンヘンにおいてスマートフォンの最上位機種「Mate 10」シリーズを発表した。ベルリンで発表した最新SoC「Kirin 970」を搭載した最新端末になる。

■2017年10月24日
三菱自動車が中期計画、野心的な数値目標より注目すべき「自律」の姿
三菱自動車が3カ年の中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」を発表した。2019年度のグローバル販売と売上高を2016年度比で30%以上増加させる野心的な計画だが、注目すべきは企業として「自律

■2017年10月24日
マツダの新エンジン「SKYACTIV-X」が画期的な理由
マツダが今年の東京モーターショーに展示し、再来年に発売する新世代エンジン「SKYACTIV-X」が注目されている。夢のエンジンという噂は本当なのか。テストコースで試したら、エンジン以外も凄かった。

■2017年10月23日
知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第9回 今でも影響が残る、携帯キャリア3G通信方式の違い
大手キャリアが採用するモバイル通信方式は、4Gに関しては同じ通信方式で一本化されているものの、3Gに関してはKDDI(au)だけ、他の2キャリアと異なる通信方式を採用している。それにはかつて、通信方式

■2017年10月21日
「AQUOS sense」が示す、大手キャリアの"格安"に対する意識
シャープが10月13日に発表した新機種の1つ「AQUOS sense」は、フルHDのIGZO液晶ディスプレイを搭載しながらも、3万円台と比較的安価なのが特徴だ。そのAQUOS senseを販売するキャ

■2017年10月20日
特別仕様車が発売前に完売! ランボルギーニが重視する日本という市場
ランボルギーニが日本に輸入され始めてから今年で50周年。記念行事「Lamborghini Day 2017」には、「カウンタック」や「ミウラ」など往年の名車が大集合し、日本におけるランボルギーニ人気の

■2017年10月20日
いよいよ発売のレクサス新型「LS」は高級車のイメージを変えられるか
フルモデルチェンジを経ていよいよ発売となったレクサスの旗艦セダン「LS」。開発担当の旭利夫チーフエンジニアは「高級車の概念を再定義すべく、全てを根本から見直した」と語る。それでは、新型LSは既存の高級

■2017年10月20日
最初から日本はどうでも良かった - 20人で世界を取ったスマホゲーム会社
パズドラやモンストなど、スマホゲームが大きく盛り上がる日本。しかしその日本ではあまり名前を聞かない会社ながら、グローバルで5000万ダウンロードを記録したゲーム会社がある。脳トレゲーム「Brain W

■2017年10月19日
iPhone含むスマホへの不満! 2画面スマホ「M」海外販売のいきさつ
NTTドコモの2018年冬春モデルで注目すべきは、2画面スマホの「M」だ。ドコモが企画、ZTEが製造するこの端末は国内のみならず、海外でも販売される。ドコモは通信の会社であり、スマホメーカーではない。

■2017年10月19日
ドコモが2画面スマホを復活させた理由
NTTドコモが18日に都内で開催した2017―2018冬春新商品発表会で、一際目を引いたのは、2画面スマホの「M」だった。姿形はかつてドコモが販売していた「MEDIAS W」と瓜二つ。なぜ今になって復

米軍の無人偵察機が横田飛来|ニフティニュース - niftyニュース
米空軍の大型無人偵察機「グローバルホーク」1機が1日夜、横田基地(東京都福生市など)に飛来した。 10月末まで同基地に暫定配備され、北朝鮮の弾道ミサイルや核施設などを監視し、情報収集するとみられる。- 時事通信- 2時間前
横田に米無人偵察機 北監視へ | 2017/5/2(火) 5:39 - Yahoo!ニュース
米空軍の無人偵察機「グローバルホーク」、横田基地に- TBS系(JNN)- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも無人偵察機 横田基地に関連のある画像ばかりではありません。
無人偵察機 横田基地の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

無人航空機(むじんこうくうき、)は、人が搭乗しない(無人機である)航空機のこと。
通称として、短くドローンと呼ばれることもある。
固定翼機と回転翼機の両方で軍用・民間用いずれも実用化されている。
無人航空機には全幅30メートルを越える大型から手投げ式の小型機まで存在するが、国によっては一定以下の重量は模型航空機として扱っている。
操縦は遠隔操作(無線有線を問わず)、プログラムによる自律飛行、一部を自動化する半自律飛行があるが、多くは無線による操縦であるが採用されている。
衛星回線を利用すれば目視できない遠隔地でも操縦できるが、タイムラグが大きくなる。
プログラムによる飛行では単に設定された航路を辿るだけでなく、GPSなどの援用で位置を修正する機種も実用化されている。
姿勢や航路を維持したり衝突する前に静止する半自律飛行や、人工知能などを利用し外界を認識することで人間が関与しない完全自律飛行は研究段階である。
有人機に比べ信頼性に劣り衝突回避も難しいため、運航管理や衝突回避の研究が行われている - JAXA。
動力は大きな機体ではガスタービンエンジンやレシプロエンジンなど有人機と同じ物を搭載するが、軽量機には電動航空機も存在する。
巡航ミサイルや弾道ミサイルは技術的に類似しているが、通常は無人航空機には含まない。
旅客機に採用されているオートパイロットは技術的に重複する部分が多い。
この他にも研究用として有人機に無線操縦装置を搭載した機体が多数開発されている。
固定翼機では離着陸時に地上を滑走するものが多いが、小型の機体ではトラックの荷台に載せたカタパルトから打ち出すものや、さらに小さな機体では手で投げるものもあり、回収方法も小型のものではネットで受けたり地上のワイヤーに機体のフックを引っかけて回収する機種もある石川潤一著 『米4軍無人機部隊の全貌』、軍事研究2005年3月号、(株)ジャパン・ミリタリー・レビュー。
例としてRQ-2 パイオニアはネットで回収する。

引用:Wikipedia:データベース

無人偵察機 横田基地に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも無人偵察機 横田基地に関連のある動画ばかりではありません。

無人偵察機 横田基地に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング