瀬戸大也 報告とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
競泳・瀬戸大也 6月にパパに | 2018/1/13(土) 17:45 - Yahoo!ニュース
瀬戸大也、「6月にパパになります」優佳夫人の妊娠を明かす
瀬戸大也 報告 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
競泳男子でリオデジャネイロ五輪400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(23)=ANA=が13日、自身のインスタグラムで、「6月にパパになります!」と、妻・優佳さんの妊娠を報告した。 瀬戸は昨年...- デイリースポーツ- 1時間前
瀬戸大也の関連情報 - フォロー - Yahoo! JAPAN
瀬戸大也、6月にパパ「新しい命を優佳が授かり本当に...- スポーツ報知- 41分前
水泳界のカップルが結婚…瀬戸大也&馬淵優佳SNSで報告 - Naverまとめ
瀬戸大也、妻・優佳さんの妊娠発表「can’t wa...- THE ANSWER- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも瀬戸大也 報告に関連のある画像ばかりではありません。
瀬戸大也 報告の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

瀬戸 大也(せと だいや、1994年5月24日 - )は、日本の競泳選手である。
埼玉県入間郡毛呂山町出身。
全日本空輸に所属している。
毛呂山町立毛呂山中学校 広報もろやま2013年6月号からさいたま市の埼玉栄高等学校と進学。
小学生の時から水泳の全国大会に出場経験があり、萩野公介とは少年時代からの好敵手であり、憧れであったとのこと。
個人メドレー、バタフライ、自由形、平泳ぎ、背泳ぎといった全ての泳法で全国大会優勝経験を持つ。
イアン・ソープ、マイケル・フェルプス、ライアン・ロクテを目標とし、泳法を参考にすることも多い トビウオジャパン オフィシャルブログ 2013年5月15日付 サンケイスポーツ 2013.8.10閲覧。
毛呂山町立毛呂山中学校2年次に全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会男子400m個人メドレーにて萩野に競り勝ち、当時の日本中学新記録で優勝している。
埼玉栄高等学校時代は、インターハイで400m個人メドレーの三連覇を達成した。
2012年4月、高校3年次のロンドンオリンピック出場を賭けた第88回日本選手権水泳競技大会では400m個人メドレー・200m個人メドレー共に決勝で派遣標準記録を突破するも萩野らに敗れて3位に終わり、オリンピック出場を逸してしまった。
その後、モチベーションは低下し、言葉もマイナス発言が多かったが、萩野の銅メダルの獲得により再び立ち上がる。
5ヶ月後の国民体育大会で4冠を達成した。
その年の暮れに出場した世界短水路選手権(・イスタンブール)では400m個人メドレーを短水路日本新記録で制し、200m個人メドレーでは短水路日本新記録で準優勝を果たした 日本水泳連盟。
2013年には早稲田大学スポーツ科学部に進学。
第15回世界水泳選手権大会(・バルセロナ)出場を賭けた第89回日本選手権水泳競技大会では200m・400m個人メドレー共に萩野に次いで2位に入り、世界水泳選手権日本代表に選出された。
その世界水泳選手権大会では200m個人メドレーで7位に終わったものの、最終日の男子400m個人メドレー決勝レースで萩野らに競り勝ち、自己記録を更新して優勝。
この種目では日本人選手として初めての金メダルを獲得した スポーツニッポン 2013年8月4日閲覧。
彩の国功労賞を受賞。
2014年の長水路の大会における成績は個人メドレーよりもバタフライでの活躍が目覚ましかった。
オリンピックや世界水泳選手権といった長水路の世界大会が行われない年であったものの、200mバタフライでは日本選手権・ジャパンオープン・パンパシフィック選手権・アジア競技大会といった主要競技大会にて国内外無敗を誇った。
特にアジア競技大会の金メダルタイムはこの年の世界ランキング1位の記録である。
個人メドレーでも金メダルは獲得できなかったものの、パンパシフィック選手権では200mでアジア競技大会では400mでそれぞれ銅メダルを獲得している。
また、アジア競技大会では800mフリーリレーにも出場し金メダルを獲得している。
短水路の大会に目を向けると、12月に行われた世界短水路選手権においては400m個人メドレーで短水路日本新記録を樹立したうえで2連覇を達成している。
朝日新聞デジタル 2014年12月5日閲覧。
200m個人メドレーでは短水路日本記録保持者の萩野や短水路世界記録保持者のロクテには及ばなかったものの、自己記録を更新して銅メダルを獲得した。
スポニチ 2014年12月8日閲覧。
そして200mバタフライでは短水路日本新記録で銀メダルを獲得した 毎日新聞 2014年12月8日閲覧。
2015年4月に行われた第91回日本選手権の200mバタフライで優勝。
200m・400m個人メドレーでは共に萩野に次いで2位となり、3種目で世界選手権の代表メンバーに選出された。
8月の世界水泳(・カザン)では、200mバタフライ(6位)と200m個人メドレー(14位で準決勝敗退)でメダルを逃したものの、最終日の400m個人メドレーで自己ベストを更新して優勝。
この大会では日本人初の2連覇を達成し、この種目でのリオデジャネイロオリンピック代表権を獲得した。
2016年、リオデジャネイロオリンピック男子400m個人メドレーで銅メダルを獲得。
同種目で萩野が金メダルを獲得し、競泳でのダブル表彰台は60年ぶりの快挙となった。
2017年、早稲田大学を卒業。
同年4月より実質的な“プロ選手”として、全日本空輸(ANA)と所属契約を結ぶ毎日新聞 2017年3月29日。
練習拠点は早大から国立スポーツ科学センター(JISS)に移す。
2017年5月24日、飛び込み選手の馬淵優佳と入籍したことをそれぞれのSNSで報告。
この年に開催された世界水泳では、200mバタフライと400m個人メドレーの2種目で銅メダルを獲得した。
ユニバーシアードにも出場し、400m個人メドレーと800mフリーリレー(予選のみの出場)で金メダル、200mバタフライと200m個人メドレーで銀メダルという結果に終わった2017年10月1日、都内の式場にて挙式披露宴を行った。

引用:Wikipedia:データベース

瀬戸大也 報告のツイート

瀬戸大也 報告に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも瀬戸大也 報告に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング