渡邊雄太とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
スカウティング・レポート『渡邊雄太』(後編)2018年のNBAドラフトで指名 ...
2017年4月19日 - ジョージ・ワシントン大の先発ガードとして活躍する渡邊雄太。『NCAA1部』で一定の結果を残している彼が最終学年を迎え、次のステップを考えるにあたり、最高の舞台であるNBAからどんな評価をされているのかは気になるところ。NBAのスカウティング事情に精通する人物に、ジョージ・ワシントン大の今シーズン最後の5試合をフルゲームで見てもらい、NBAで活躍できる可能性を持つ素材なのかどうか分析してもらった。(前編はこちら) ...

■2019年4月28日
ナゲッツが『GAME7』に勝利、10年ぶりにカンファレンス・セミファイナルに進出
観客の大歓声にかき消されたポポビッチの指示 プレーオフシリ…

■2019年4月28日
レバンガ北海道を残留に導いた『鉄人』桜井良太「気が緩んだら涙が出てきました」
「このままB2に落ちてしまったら自分の責任」 4月27日に…

■2019年4月28日
復帰を目指すビクター・オラディポの決意表明「絶対にリーグベストの選手になる」
気持ちを切り替え「ケガは神様からの恵み」 右足大腿四頭筋腱…

■2019年4月28日
45得点でラプターズを牽引したレナード「守備に集中できれば攻撃もついてくる」
エンビードも脱帽「彼らを尊敬している」 セブンティシクサー…

■2019年4月28日
ウォリアーズvsクリッパーズの激闘、ディフェンス担当コーチが繰り広げた知恵比べ
1試合ごとに対抗手段を練るディフェンス戦略の戦い レギュラ…

■2019年4月28日
強敵の千葉ジェッツに大敗、巻き返しを誓う大塚裕土「ネガティブにならず挑戦を」
スミスが抑えられる状況、大塚は6得点と不発 昨日行われた千…

■2019年4月28日
秋田を率いた指揮官ペップ・クラロスが退団「これまでで一番の愛情を感じられた」
家族と離れて暮らすことの懸念から、2年で区切り 秋田ノーザ…

■2019年4月28日
『大魔神』アームストロングの本領発揮で琉球撃破「チーム一体となり戦い続ける」
「いつもと同じようにハードにプレーするだけ」 4月27日、…

■2019年4月28日
評価を一変させたクリッパーズ、指揮官は「タレントだけがすべてではない」を証明
「ウォリアーズとのシリーズは刺激になった」 プレーオフのフ…

■2019年4月28日
鬼門の第3クォーターに失速、栃木の堅守を攻略できなかった川崎のシーズンが終了
前半は拮抗するも、第3クォーターに試練 4月27日、川崎ブ…

[宮地陽子コラム第78回]渡邊雄太&八村塁――NBAを目標に掲げる ...
大学最後のホームゲームで自己最多の31点。いろいろな思いがよ...
怒りの涙(ジョージ・ワシントン大学 #12 渡邊雄太選手) | バスケットボール ...
2月28日のフォーダム大戦は、渡邊雄太にとって4年間ハードワークを続けた体育館でのラストゲーム。試合前には日本から駆けつけた両親と一緒にコートへと入場し、大学から感謝の意を込めた背番号12のジャージ...- Yahoo!ニュース 個人- 13時間前

■2019年4月27日
プロの環境を垣間見られるインターンシップ=特別指定選手 part1
ドンピシャのタイミングだった3部降格   Bリーグが誕生して3シーズンが経つ。ファーストシーズンから設けられた特別指定選手制度を唯一、3年連続行使したのが法政大学の中村太地だ。この制度は卒業

■2019年4月26日
youthful voice part6
バスケットボールスピリッツvol.30は特別指定(アーリーエントリー)選手特集。チームを活性化させるルーキーであると同時に、卒業したての新社会人でもある彼・彼女たちに、今後の抱負を聞くとともに自己紹介

■2019年4月26日
4年目のスマイル宣言
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年9月末発行vol.25からの転載 今シーズンのロスター12名のうち5人が移籍選手という名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(以下、名古屋D)。

■2019年4月25日
【ベストトランスファード】喜多川修平(栃木ブレックス)
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年7月末発行vol.23からの転載 『ベストトランスファード』とは、移籍したチームでもっとも輝いた選手に贈る賞である。『移籍』には当然のご

■2019年4月25日
進化するエース
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年9月末発行vol.25からの転載 昨シーズン、田中大貴はプロ4年目にして初のリーグ優勝という栄冠を手にした。エースとしての喜びと安堵を感

■2019年4月25日
youthful voice part5
バスケットボールスピリッツvol.30は特別指定(アーリーエントリー)選手特集。チームを活性化させるルーキーであると同時に、卒業したての新社会人でもある彼・彼女たちに、今後の抱負を聞くとともに自己紹介

■2019年4月25日
千葉ジェッツを変えた男
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年4月末発行vol.20からの転載 日本を代表するフォワードからコーチの道へ。就任して2年目、『強い千葉ジェッツ』を育て上げた大野篤史ヘッ

■2019年4月24日
【ベストハードワーカー】古川孝敏(琉球ゴールデンキングス)
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年7月末発行vol.23からの転載 シーズンが終了すると全選手のスタッツが集計され、その中から得点、アシスト、リバウンド、スティール、ブロ

■2019年4月24日
【MIP】竹内譲次(アルバルク東京)
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年7月末発行vol.23からの転載 MIPとは、最も成長した(Improved)選手に与えられる賞である。少しずつ経験値を積み上げながらプ

■2019年4月24日
youthful voice part4
バスケットボールスピリッツvol.30は特別指定(アーリーエントリー)選手特集。チームを活性化させるルーキーであると同時に、卒業したての新社会人でもある彼・彼女たちに、今後の抱負を聞くとともに自己紹介

■2019年4月24日
【アイアンマン賞】五十嵐圭(新潟アルビレックスBB)
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年7月末発行vol.23からの転載 この賞は「オーバー35」、つまり35歳以上を対象に、強靭な身体とタフなメンタルを持つと認められた選手に

■2019年4月23日
【BEST5】橋本竜馬、田中大貴、小野龍猛、桜木ジェイアール、アレックス・カーク
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年7月末発行vol.23からの転載 それぞれのポジションからベストプレーヤーを選ぶのは非常に難しい。どこにフォーカスするかによって浮かぶ顔

■2019年4月23日
【MVP】ギャビン・エドワーズ(千葉ジェッツ)
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年7月末発行vol.23からの転載 Bリーグのスタッツ表の一番右側に表示される『EFF』という数字に注目したい。弊誌Vol.12にて、小宮

■2019年4月23日
youthful voice part3
バスケットボールスピリッツvol.30は特別指定(アーリーエントリー)選手特集。チームを活性化させるルーキーであると同時に、卒業したての新社会人でもある彼・彼女たちに、今後の抱負を聞くとともに自己紹介

■2019年4月23日
名選手が歩む名監督への道
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年4月末発行vol.20からの転載 ヘッドコーチ1年目の惨敗 名選手、名監督にあらず――スポーツの世界でよく聞かれる格言である。現役時代「

■2019年4月22日
youthful voice part2
バスケットボールスピリッツvol.30は特別指定(アーリーエントリー)選手特集。チームを活性化させるルーキーであると同時に、卒業したての新社会人でもある彼・彼女たちに、今後の抱負を聞くとともに自己紹介

■2019年4月19日
youthful voice part1
バスケットボールスピリッツvol.30は特別指定(アーリーエントリー)選手特集。チームを活性化させるルーキーであると同時に、卒業したての新社会人でもある彼・彼女たちに、今後の抱負を聞くとともに自己紹介

■2019年4月18日
明日はきっといい日になる
WEBマガジンでも編集後記、書いていいよ。と言われましたので、このコーナーもフリーペーパーから引き続き継続となりました。また、とりとめもなく書いていけたらなと思っておりますので、オフショットのついでに

■2019年4月18日
どんなときも、僕は、僕らしく part3
より続く 大学のバスケットシーズン開幕が近づき、盛實は4月10日をもってサンロッカーズ渋谷を退団することになった。在籍期間中20試合に出場(3月30日の北海道戦で足をケガしたことで以後退団までの5試合

■2019年4月17日
どんなときも、僕は、僕らしく part2
より続く 昨年の12月に行ったバスケットのメディア座談会のテーマは『未来のスターを探せ』――現役大学生として、唯一名前が挙がった盛實には「のびのびとしていて華がある」、「(ディフェンスに対する)上下の

■2019年4月17日
プロ意識は「bjリーグ」の方が、比べものにならないほど高かった
60試合に及ぶレギュラーシーズンも、残すところあと2試合になった。チャンピオンシップや残留プレーオフに絡まないクラブは、今週末が今シーズン・ラストゲームになる。ワイルドカード争いをしていたサンロッカー

■2019年4月16日
どんなときも、僕は、僕らしく part1
『盛實海翔(専修大学3年)が特別指定選手してサンロッカーズ渋谷に入団』というニュースが流れたのは昨年の12月25日だった。大学バスケットに詳しいファンなら「おお、やったな盛實、ついにプロチームに呼ばれ

■2019年4月15日
しらすとあさりのミネラルパスタ
シーズンを戦い抜く身体をつくる 長かったシーズンもすでに最終盤に入っています。怪我が多くなり疲労も溜まってくる時期でもあります。最後まで集中力を切らさず、悔いを残さずに戦える身体をつくりましょう。 し

■2019年4月14日
ステップ・バイ・ステップ part3
より続く これからも小さな一歩を積み重ねていく   アルバルク東京に移籍した年、シーズン開幕前に取材した小島はこんなことを語っていた。 「ルカ(パヴィチェヴィッチヘッドコーチ)の指導は質が高

■2019年4月13日
自らの道を進む覚悟 part3
part2より続く 日本一のエースになるために   2019年3月17日、千葉ポートアリーナでおこなわれた千葉ジェッツ戦。シーホース三河の岡田侑大は5得点に終わっている。前日の試合は3得点だ

■2019年4月12日
ステップ・バイ・ステップ part2
part1より続く ケガに泣き、ケガを乗り越えた先に『プロの道』があった   東海大に入り、ベンドラメ礼生と初めて顔を合わせた日のことを小島は今もよく覚えている。「あいつは延学(延岡学園高校

■2019年4月11日
自らの道を進む覚悟 part2
part1より続く プロとしてファンを楽しませる   2018年11月16日、つまりシーホース三河の入団発表があった翌日、岡田侑大は名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦でB.LEAGUEデビュー

■2019年4月10日
ステップ・バイ・ステップ part1
小島元基選手の取材をしたのは3月20日。インタビューの音源を起こし、原稿を書き始めた3月25日、小島選手の父、基浩さんの訃報が届きました。先ほどまで聞いていたテープには父を語る小島選手の声があります。

■2019年4月09日
自らの道を進む覚悟 part1
大学を辞め、プロの世界へ   2018年11月15日、突然のニュースに驚かされた。拓殖大学2年(当時)の岡田侑大がB.LEAGUEのシーホース三河に入団すると発表されたのだ。これまでも大学卒

■2019年4月08日
【予告】youthful days
4月ももうじき10日を過ぎ、桜の花も関東では満開から少し散り始めたころでしょうか。たいへんご好評をいただきました3月期の特集「来し方、行く末。-B元年のルーキーたち-」ではありますが、ここでいったん一

■2019年4月04日
ワクワク感がある最強の仕事人軍団
選手が選ぶ理想の5人(と、もう1人)。バスケファンならば誰しも一度は考えたことのある「理想のチーム」。今回は京都ハンナリーズの岡田優介選手に「ベスト5とシックスマン」を選んでいただきました。 ※本記事

■2019年4月03日
自分の中のオールスターチーム
選手が選ぶ理想の5人(と、もう1人)。バスケファンならば誰しも一度は考えたことのある「理想のチーム」。今回は川崎ブレイブサンダース(掲載当時・現栃木ブレックス)の栗原貴宏選手に「ベスト5とシックスマン

■2019年4月02日
もし、自分がヘッドコーチだったら
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年3月末発行vol.19からの転載 バスケットファンなら誰しも一度は考えたことがある『理想のチーム』。今回はそれを琉球ゴールデンキングスの

■2019年3月29日
アリーナでファーストクラスのおもてなし!?Bリーグ初!座席までデリバリー「ダイニー」導入
【プレスリリース】 アースフレンズ東京Zでは3⽉30⽇(⼟)と3月31日(日)、大田区総合体育館(東京都大田区東蒲田1-11-1)のホームゲームで、株式会社dinii(代表取締役社⻑:⼭⽥真央)と提携

■2019年3月29日
自分のスピード、自分のやり方で
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2016年10月発行vol.2からの転載 「自分にはプライドとか野心とかがあまりないんです」――。 のっけからそんな言葉が飛び出したので驚いた。だ

■2019年3月29日
狙うはBリーグ初代新人王
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2016年10月末発行vol.2からの転載 まるでボールに対する特別な嗅覚が備わっているかのごとく相手の動きを読み、翻弄する。「予測不能」と言われ

■2019年3月29日
マスコットはみ~んな『うちの子』
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年6月末発行vol.22からの転載 年間を通して活躍した選手、チームなどを表彰するB.LEAGUE AWARD SHOW2017-18でひ

■2019年3月29日
ジャンボくん(千葉ジェッツ)マスコットオブザイヤー受賞記念インタビュー!!
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年6月末発行vol.22からの転載 2018年5月29日に行われたB.LEAGUE AWARD SHOW 2017-18において、栄えある

■2019年3月28日
小さいからお前は無理だ── それでも諦めず、努力を続けたことでつかんだ夢
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年10月発行vol.26からの転載 B1において、コンボガードも含めてポイントガードと記されている選手は59名いた。その平均身長は178.

■2019年3月27日
やさしいパスでゴールへ導くコンダクター
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年10月発行vol.26からの転載 ボクシングバンタム級王者の井上尚弥の身長は165cmだが、世界最強の呼び声は高い。身長なんか関係ないと

■2019年3月26日
小さな選手にしかできないプレーは必ずある。それをアドバンテージにできるかは自分次第。
※本記事は2018年10月発行、バスケットボールスピリッツvol.26からの転載 スタートした3年目のB.LEAGUE、伊藤達哉は開幕2連戦でいずれも約30分コートに立ち、持ち前のアグレッシブなプレー

■2019年3月25日
今は先輩、後輩を超えた最高の友だちです
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2016年12月末発行vol.4からの転載 今年(2016年当時)のリオデジャネイロ・オリンピックで日本チームを牽引し、現在はWJBLのトップを走

■2019年3月22日
日常を“強み”に昇華させたファイナリスト~三菱電機コアラーズ
20周年という節目のシーズンを終えたWリーグ。そのセミファイナルでトヨタ自動車アンテロープスを破った三菱電機コアラーズのエース、渡邊亜弥が初戦の記者会見でこんな発言をした。 「私たちはハドルが強みなの

■2019年3月22日
B元年ルーキーたちの現在地 part3
3月のバスケットボールスピリッツは3年目の選手にスポットを当てて、リーグの開幕からこれまでを振り返っています。2016年9月22日に開幕したB.LEAGUE。開幕当時ルーキーだった選手たちは。この2年

■2019年3月21日
次の扉を開く準備はできている part3
part2より続く 求めるのは、ミスをしない安定力とミスを恐れない積極性 Bリーグが発足して3年、初代新人王のベンドラメもプロ選手として同じだけの時間を重ね、今ではサンロッカーズ渋谷を牽引する“主軸”

■2019年3月21日
サバの蒲焼き丼
アスリートを目指すジュニア世代のために ジュニア期(5~18才)までの身体は「働きかけ」次第で大きく変化していきます。特に「運動」「食事」「睡眠」の3つは大きな影響を与えます。その中でも「食事」を摂る

■2019年3月20日
次の扉を開く準備はできている part2
part1より続く バスケットに苦しみ、バスケットに救われた1年 進学する大学として東海大を意識したのは高校3年になって間もないころだ。 「これを言うと笑われるかもしれないんですけど、きっかけは東海大

■2019年3月19日
次の扉を開く準備はできている part1
努力で開花した天性の能力 言わずと知れたBリーグ元年の新人王である。延岡学園高校3年次にチームを3冠(インターハイ、国体、ウインターカップ)に導き、進んだ東海大では1年からスタメンの座を奪取した。切れ

■2019年3月18日
世代を超えた最強日本代表(後編)「目指すは教科書のようなバスケットスタイルだが…!?」
選手が選ぶ理想の5人(と、もう1人)。バスケファンならば誰しも一度は考えたことのある「理想のチーム」。今回はサンロッカーズ渋谷の清水太志郎選手に「ベスト5とシックスマン」を選んでいただきました。 前編

■2019年3月18日
BEST SHOT 募集中!
皆さんこんにちは。フォトグラファーの安井麻実です。 Webでリニューアルしたバスケットボールスピリッツでは引き続き、皆さんの思いのこもった熱い1枚をお待ちしています!今回も、私が撮影した中で「フォトリ

■2019年3月15日
YouTuber「ともやん」こと、嶋津友稀選手が「OSAKA DIME」と2019シーズン契約基本合意
大阪府をホームタウンとする3人制バスケットボール“3×3(スリー・バイ・スリー)”のプロチーム「OSAKA DIME」(運営:株式会社 Cloud-Innovation)は、3人制プロバスケ

■2019年3月15日
世代を超えた最強日本代表(前編)「世界を知るレジェンドたち」
選手が選ぶ理想の5人(と、もう1人)。バスケファンならば誰しも一度は考えたことのある「理想のチーム」。今回はサンロッカーズ渋谷の清水太志郎選手に「ベスト5とシックスマン」を選んでいただきました。 学生

■2019年3月15日
B元年ルーキーたちの現在地 part2
3月のバスケットボールスピリッツは3年目の選手にスポットを当てて、リーグの開幕からこれまでを振り返っています。2016年9月22日に開幕したB.LEAGUE。開幕当時ルーキーだった選手たちは、この2年

■2019年3月15日
3.8 サンロッカーズ渋谷vs新潟アルビレックスBB @青山学院記念館
皆さんこんにちは。フォトグラファーの安井麻実です。 第26節、青山学院記念館で行われたサンロッカーズ渋谷vs新潟アルビレックスBBの一戦。この日の渋谷は、チーム発足以来初となる“3rdユニフォーム”を

■2019年3月14日
これまでも、これからも僕は挑み続ける part3
part2より続く 常に自分に矢印を向けながら、チームを勝利に導きたい アメリカで実感した“本気”を広島ドラゴンフライズの岡本飛竜は今も日々の練習で実践している。取材がおこなわれたのはホームに山形ワイ

■2019年3月13日
これまでも、これからも僕は挑み続ける part2
part1より続く ベンドラメ礼生のひたむきさに触れて 岡本飛竜(広島ドラゴンフライズ)にとってベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷)との出会いは、バスケットに向き合う気持ちをより高めるものとなった。大

■2019年3月13日
群馬県の郷土料理「おっ切り込み」
成長期の栄養を郷土料理でサポート 「おっ切り込み」は幅広の生麺を旬の野菜やきのこなどと一緒に煮込んだ群馬県の郷土料理です。具だくさんで野菜に火が通っているので消化がよく、食欲がないときでもたくさんの栄

■2019年3月13日
ガーリックチキンとひじきとごぼうの炊き込みご飯
エネルギーを蓄える食事 試合の数日前からは食事のテーマは「エネルギー」になります。十分なエネルギー源を確保するため、糖質を食事量の約7割になるように献立を考えます。 糖質を穀類(ごはん・豆類)などタン

■2019年3月12日
これまでも、これからも僕は挑み続ける part1
B.LEAGUEで活躍する誰よりも応援席での時間は長かった 広島ドラゴンフライズの岡本飛竜は幼いころから常に何かに挑み続けてきた。宮崎・延岡学園高校に進学し、3年時に「高校3冠」を達成しているが、彼自

■2019年3月08日
B元年ルーキーたちの現在地 part1
3月のバスケットボールスピリッツは3年目の選手にスポットを当てて、リーグの開幕からこれまでを振り返っています。2016年9月22日に開幕したB.LEAGUE。開幕当時ルーキーだった選手たちは、この2年

■2019年3月08日
3.3 三遠ネオフェニックスvs栃木ブレックス @浜松アリーナ
  皆さんこんにちは。フォトグラファーの安井麻実です。 前節、浜松アリーナで撮影した2連戦。1戦目に続き、今回は第2戦での選手たちの表情をお届けします。   【フォトグラファーあと

■2019年3月07日
ケガから復帰した今シーズン 「もらったプレータイムを裏切らない仕事をしたい」 part3
Bリーグが誕生して3年。リーグ発足時にプロ選手としてデビューした選手たちはいわばBリーグと同い年だ。Bリーグとともにプロのキャリアを積んできた彼らを訪ね、コートに立つ“今”と歩んできた道のりについて話

■2019年3月07日
3.2 三遠ネオフェニックスvs栃木ブレックス @浜松アリーナ
皆さんこんにちは。フォトグラファーの安井麻実です。 久しぶりのフォトリポートは、約1ヶ月の休みを経て再開したB.LEAGUE、三遠ネオフェニックスと栃木ブレックスの2連戦をお届けします。  

■2019年3月07日
ルーキー4人娘の共通点は『明るさ+たくましさ』
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年8月末発行vol.24からの転載 それぞれ異なる武器を持ち、新戦力として期待される羽田の4人のルーキー。シーズン開幕間近の座談会では「不

■2019年3月06日
ケガから復帰した今シーズン 「もらったプレータイムを裏切らない仕事をしたい」 part2
Bリーグが誕生して3年。リーグ発足時にプロ選手としてデビューした選手たちはいわばBリーグと同い年だ。Bリーグとともにプロのキャリアを積んできた彼らを訪ね、コートに立つ“今”と歩んできた道のりについて話

■2019年3月06日
大学は“次代の選手”が育つ場所
昨シーズン5年ぶり5回目の全日本大学バスケットボール選手権(インカレ)優勝に輝いた東海大の優勝祝賀会が2月21日東海大学校友館(東京・霞が関)で開かれた。 式典には大河正明チェアマンをはじめとするリー

■2019年3月05日
ケガから復帰した今シーズン 「もらったプレータイムを裏切らない仕事をしたい」 part1
Bリーグが誕生して3年。リーグ発足時にプロ選手としてデビューした選手たちはいわばBリーグと同い年だ。Bリーグとともにプロのキャリアを積んできた彼らを訪ね、コートに立つ“今”と歩んできた道のりについて話

■2019年3月04日
男子バスケ日本一丸!W杯出場決定記者会見
こんにちは。フォトグラファーの安井麻実です。先日アップされた男子バスケ日本代表凱旋記者会見のレポート。そこではお届けしきれなかった選手たちの喜びの表情をご覧ください!   2月25日、男子バ

■2019年3月01日
【予告】来し方、行く末。-B元年のルーキーたち-
昨年末に発行しましたvol.28を最後に、フリーペーパー・紙媒体としては充電期間に入ったバスケットボールスピリッツ。充電中はWEBサイトのリニューアルや、今までのフリーペーパー掲載記事のWEB化対応な

■2019年2月28日
ここからまた“新たな世界”をめざす
2月25日、ワールドカップアジア地区最終予選でイラン(96-87)、カタール(96-48)を連破し13年ぶり(自力出場は21年ぶり)のワールドカップ出場を決めた男子日本代表が凱旋帰国した。200人を超

■2019年2月25日
AKATSUKIを告げる
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2017年5月発行vol.9からの転載 2003年に男子日本代表候補として初選出されて以来、その中心へと着実に歩を進めてきた竹内譲次。一昨年(20

■2019年2月22日
栄養満点ワンプレート
シーズン後半もコンディションを維持して、故障なく乗りきるために。 シーズンも半分が過ぎ、後半戦が始まっています。2018-19シーズンの残りを乗りきるために、まずは栄養満点の食事から!この時期は炭水化

■2019年2月22日
3W代表、矢野良子スペシャル対談 part2
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年11月発行vol.27からの転載 日本のバスケを盛り上げたい、と毎回熱いコラムを寄稿するNATIONS平将貴氏。今回は3×3で

■2019年2月21日
3W代表、矢野良子スペシャル対談 part1
※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年11月発行vol.27からの転載 日本のバスケを盛り上げたい、と毎回熱いコラムを寄稿するNATIONS平将貴氏。今回は3×3で

■2019年2月20日
メディアより愛を込めて -スタア誕生!- part4
※本記事は2018年12月発行、バスケットボールスピリッツvol.28からの転載 これだけは言っておきたいことは? 山上 ここまでいろんなご意見が出ましたが、ここで「これだけは言っておきたい」というよ

■2019年2月19日
メディアより愛を込めて -スタア誕生!- part3
※本記事は2018年12月発行、バスケットボールスピリッツvol.28からの転載 今後、新しいスターになり得る選手は? 秋元 遅れてすみません。今日は新しいスターを探す話ですよね。次代のスターと言えば

■2019年2月19日
かくて“エース”はWindow6に挑む ~男子日本代表 比江島慎~
ワールドカップ・アジア地区予選Window6まで1週間を切った。4連敗から6連勝というV字回復を辿り、2006年以来のワールドカップ出場まであと一歩に迫ったAKATSUKI FIVE男子日本代表。最終

■2019年2月15日
咲け、咲け、大輪のひまわり part2
※本記事は2018年11月発行、バスケットボールスピリッツvol.27からの転載 ――アンダーカテゴリーでの日本代表は経験済みですが、今年(2018年)は初のフル代表に選出され、ワールドカップ(9月2

■2019年2月15日
咲け、咲け、大輪のひまわり part1
※本記事は2018年11月発行、バスケットボールスピリッツvol.27からの転載 バスケット選手だった両親の下に生まれた赤穂家の4人の子どもたちは全員が将来を嘱望されるバスケット選手に成長した。中でも

■2019年2月14日
メディアより愛を込めて -スタア誕生!- part2
※本記事は2018年12月発行、バスケットボールスピリッツvol.28からの転載 “変化”を感じる選手は誰ですか? 丸山 これはちょっと違う話になるんですけど、たとえば野球の新庄(剛志)とかサッカーの

NBAを目指し、シュートは譲らない。渡邊雄太が戦う大学での最後の1年 ...
渡邊雄太(ジョージワシントン大)は、先日まで行なわれていたNCAAトーナメントはあまり見なかったという。大学に入ったときから目標としてきた舞台だが、今年も手が届かないまま、3年目のシーズンが終わった。 「しかも、最後、僕のミスでA10 トーナメント(所属のアトランティック10カンファレンス優勝を決めるトーナメント大会)を終わらせてしまったので、悔しさが残ったシーズンだった」と振り返る。 今シーズンのジョージワシントンはレギュラーシーズンの成績が特別よかったわけではなく、NCAA トーナメントに出場するに ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも渡邊雄太に関連のある画像ばかりではありません。
渡邊雄太の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

渡邊 雄太(わたなべ ゆうた、1994年10月13日 - )は、日本の男子バスケットボール選手。
香川県木田郡三木町出身。
ポジションはSF。
ジョージ・ワシントン大学卒業。
メンフィス・グリズリーズ所属。
*父・英幸は熊谷組、母・久美(旧姓久保田)はシャンソン化粧品に所属し日本代表経験も有する元選手。
姉・夕貴もWリーグ・アイシン・エィ・ダブリュに所属した元選手バスケットボールスピリッツVOL1 39ページ。
*努力家であり、尽誠学園高校時代の色摩拓也監督は「努力の上に才能が乗っかっている」と評している。
*ジョージ・ワシントン大学でチームメイトだったパトリシオ・ガリーノは、2016年7月にサンアントニオ・スパーズに入団したが開幕ロスターには残らなかったが、その後2017年4月にオーランド・マジックと契約し、念願のNBA入りが実現した。
神奈川県横浜市に生まれ、4歳の時に香川県木田郡三木町へ移住(日刊スポーツ、2018年12月6日)。
小学1年時に三木スポーツ少年団で本格的にバスケットボールを始める。
高松市立牟礼中学校2年生時の2009年3月に香川県選抜チームのメンバーとして第22回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会に出場。
2010年4月、尽誠学園高等学校に進学。
1年次よりスターターとして全国大会に出場し、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会では2011年および2012年の2年連続で準優勝し、大会ベスト5に選出されている。

引用:Wikipedia:データベース

渡邊雄太のツイート

渡邊雄太に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも渡邊雄太に関連のある動画ばかりではありません。

渡邊雄太に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング