渡辺麻友 11年とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
渡辺麻友 11年 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
まゆゆ AKBに全て捧げた11年…リセットして次に進まなくち...
渡辺麻友【11月22日発売のシングルでセンター】 | AKB-FAM
AKB48の渡辺麻友(23)が年内に卒業する。06年の加入後、ファンの人気を集めた「元祖・神セブン」の一人。14年の総選挙で初戴冠して名実ともにエースとなり、グループを支えてきた。今月31日にさいた...- スポニチアネックス- 29分前
渡辺麻友、11年目のAKB48は「踏ん張りどき」 横山由依 ... - モデルプレス
まゆゆ卒業公演、かぶりつき席「むちちプレミアムシー...- スポニチアネックス- 1日前
まゆゆ語る AKBに捧げた11年 | 2017/10/1(日) 10:18 - Yahoo!ニュース
2017年9月10日 - 渡辺麻友、50枚目のシングルでセンターです。11月22日発売となっています。みんなの 反応などまとめです。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも渡辺麻友 11年に関連のある画像ばかりではありません。
渡辺麻友 11年の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

渡辺 麻友(わたなべ まゆ、1994年3月26日 - )は、日本の女優、歌手。
女性アイドルグループAKB48の元メンバーで、愛称はまゆゆ。
埼玉県出身。
プロダクション尾木所属。
自己紹介のキャッチフレーズは、デビュー当初は「ハートフルに、ピースフルに、ビューティフルに、フルパワーで頑張ります。
」だったが、後に「み〜んなの目線を、いただきまゆゆ〜。
まゆゆこと渡辺麻友です」となった。
「麻友」は祖母が名付けたもので「の木のようにスクスク育ち、友達をたくさん作る子になってほしい」という願いに由来する。
「名づけ親がおばあちゃんなのは、私は3人目だったんで、両親はもう興味なかったからみたいですね(笑)」『duet』2009年11月号「人にぷぷぷぷな歴史があります!? ヒミツ大公開♡思い出ぷちアルバム 渡り廊下走り隊」p.174。

小学6年生の時に『銀魂』の猿飛あやめを意識して買った赤いフレームのメガネを持っている。
2014年10月20日の第27回日本メガネベストドレッサー賞表彰式で「サングラス特別賞」に本人(2011年にメガネ特別賞受賞)を含むAKB48のメンバー8人が選ばれた際に「小学校6年の時から8年間メガネを愛用しています。
メガネ無しの人生は考えられないほどお世話になっています」と語った。
好きな飲み物は、日清ヨークの乳酸菌飲料「ピルクル」である。
好きな食べ物はキノコ(ハウス食品から『まゆゆ大好き きのこづくしカレー』を発売したのも、それにちなんでいる)だが、野菜を食べるのは苦手だと以前は公言していた。
2013年ごろになると、蒸したキャベツやニンジンならば食べられるようになった『月刊AKB48グループ新聞』2013年6月号、日刊スポーツ新聞社、5面。

2017年には、「野菜がニガテだったのですが、先日、AKB48のお仕事で行った神戸のステーキ屋さんで出たサラダがおいしくて、残さず食べられたんです。
その日を境に生野菜が食べられるようになりました。
最近では、サラダだけではなく青汁も飲むようになって、23才ですし、身体のために食生活を改善しようと心がけています」『duet』2017年8月号、ホーム社、p92 と語った。
また、同年のインタビューでは、太りにくい体質だと語っており、健康のために、高麗人参の栄養ドリンクを飲むようになったという『月刊AKB48グループ新聞』2017年8月号、日刊スポーツ新聞社、13面。

体育は全般的に苦手と発言していたが、2012年以降は「1年で100個の苦手克服」を目標とし、水泳ではプールで5メートル泳げるようになり、トラック走やバスケットボールにも初挑戦した『月刊AKB48グループ新聞』2013年6月号、日刊スポーツ新聞社、5面。

10歳代半ばには、ブログのコメントなどで「やびゃあ」という言葉を度々使用していた。
ピーネストジャパンが発表した2010年度女子中高生ケータイ流行語大賞の12位に、この言葉がランクインした際には、渡辺の名も挙げられアナウンスされた。
絵を描くことが得意で、AKB48に入る前は、将来の夢を聞かれると、ずっと「漫画家」と答えていた『週刊ヤングジャンプ』2010年9月23日「まゆゆ漫画家計画 第1回」p.233。

2014年2月21日放送の『AKBと××!』で、漫画家のあんど慶周の似顔絵を描いたが、その出来栄えが非常に良かったため、あんどは「ちゃんと絵を描いてる子の絵です。
しかも実物より男前な仕上がり!」と称賛した DNAFACTORY『あんど慶周オフィシャルブログ』。
雑誌『ViVi』2015年6月号のインタビューで、もし芸能界に入っていなかったら、どんな仕事をしていたと思うかとの質問に対して、「芸術系、かなあ。
小さいころ絵を描くのが好きだったから、なんとなく、美大に行きたいなって思っていたんです。
それくらいしかとりえがなかったし」と答えている『ViVi』2015年6月号、p.335。

『週刊ヤングジャンプ』では、2010 - 2011年に、AKB48メンバー4人(渡辺、北原里英、指原莉乃、柏木由紀)が交代で登場する企画『AKB48当番連載ぐるぐる4』を連載していた。
有名な童話をパロディーにして渡辺が描いた漫画『まゆゆ童話劇場 2次元しか愛せない』見開き2ページの漫画が毎回掲載された。
漫画の直前のページには、「まゆゆ漫画家計画」と題して、本人の写真やインタビューも掲載されていた。
は、2010年9月23日号(9月9日発売)から月1回のペースで掲載された。
「ぐるぐる4」は2011年2月24日号で終了し、その後は他のAKB48メンバーも登場する「ぐるぐる48」へと移行したが、渡辺の漫画は、原則として6週間に1回のペースで、2012年1月22日号まで掲載された現時点では、この連載は単行本化されていない。

他にも、『有吉AKB共和国』のマスコットキャラクター作成のためのイラスト化も担当した。
10歳代の頃は、自他共に認めるアキバ系で、アニメや特撮番組を好んでいた。
10歳代半ばごろには、主に深夜アニメを録画して観ており、特に『Axis powers ヘタリア』、『デュラララ!!』、『黒執事』を好む。
登場人物では『ヘタリア』の「フランシスお兄ちゃん(フランス)」が好きだと語っていた。
また、特撮ではスーパー戦隊シリーズの『炎神戦隊ゴーオンジャー』の逢沢りな演じる楼山早輝/ゴーオンイエローを好み、コスプレもしていた。
しかし、2012年時点では自身の活動が忙しくなりアニメを視聴する時間も少なくなってきたことから、自らアニメの話題を取り上げるのを控えるようになった『月刊AKB48グループ新聞』2012年10月号、日刊スポーツ新聞社。

自分の部屋がアニメグッズで溢れ、リビングルームで就寝せざるをえなくなったため、2011年1月にはグッズの大半を処分した。
アニメなどのキャラクターをもとにしたフィギュアも多数収集していた。
2011年の『週刊ヤングジャンプ』のインタビューによると、100体以上のフィギュアを所有しており、「2次元という本来手に触れることができないものが、現実に形を持って、触れるものとして存在するわけですよ!!! 素晴らしい!! メーカーや原型師さんによってクオリティーも変わってくるんですけど、私が特にこだわるのは、服の質感とか、髪の毛の曲線とか…」『週刊ヤングジャンプ』2011年10月6日号「まゆゆマンガ家計画 第11回」p.349。
と語っていた。
映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』では、アニメイトの開店前の店舗を貸し切って、渡辺が店内のフィギュアを見る光景が撮影された『FLASH 2011年9月1日増刊号 AKB48スペシャル2』特別綴じ込み付録BOOK②(この付録にはページ番号の表記は無い)。
小学校3年生の頃に、池袋サンシャインシティで開催された『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』のイベントにおいて、南楓役の中原麻衣と握手した経験がある。
好きな声優として、堀江由衣を挙げていた。
小学生の時に見たアニメ『シスター・プリンセス』とそのオープニングテーマ曲である「Love Destiny」にて堀江の存在を初めて知り、以後、出演作品やCD、ライヴDVDをチェックするようになった。
渡辺の14歳の生誕祭が行われた劇場公演を堀江が観覧しており、公演終了後に渡辺の元にあいさつに行ったものの、スチール撮影などで現場が慌ただしかったこともあり、ちゃんとしたあいさつはできなかった。
その4年後の2012年にテレビアニメ『AKB0048』で共演することが決まり、雑誌の対談で初めて顔を合わせることとなった。
後年「アニメを好きになる延長線で声優も好きになっていった」と堀江や声優が好きになったことについて語っている一方、声優としての仕事にも興味があって、『AKB0048』で声優に挑戦した時は嬉しかったものの、実際に経験してみて声だけで演技をすることの難しさを痛感し、プロの声優を一層尊敬するようになったという。
なお、2017年のインタビューでは、「最近、アニメはご無沙汰です。
」と語っており、アニメへの関心は低下したようだ。
小学生の時に『ふたりはプリキュア』を見てからのプリキュアシリーズの大ファンであり、現在もカラオケで「DANZEN! ふたりはプリキュア」などプリキュアシリーズの主題歌を歌うほか『月刊アニメージュ』2016年11月号P.77、東京駅一番街にある公式ショップ「プリキュア プリティストア」に行ってグッズを買うこともあるという,日刊スポーツ,2016年7月14日。
強く印象に残っているシリーズとして『ふたりはプリキュア』を挙げているほか、一番好きなシリーズは『ハートキャッチプリキュア!』で、中でも明堂院いつき(キュアサンシャイン)が普段は男装の麗人というのも相まってお気に入りとしている。
映画館でも『映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』を見に行ったことがあるものの、既に高校生だったため中学生以下の小人への来場者特典であるミラクルライトをもらえず、子供たちに混じって腕だけ振ってプリキュアを応援したことがあるという。
こうした経緯があったためか、『映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』でテーマソング「正しい魔法の使い方」を担当すると決まった時には「聞いた時はうれしくて、夢かと思うぐらいでした」と感激のコメントを出している。
また、この関係で2016年10月10日に行われた「AKB48グループユニットシングル争奪じゃんけん大会in神戸ワールド記念ホール」では同作に登場するキュアミラクルのコスプレをしてプリキュアの着ぐるみたちと入場した,日刊スポーツ,2016年10月10日。
さらに、同年10月23日放送のテレビシリーズ本編では、渡辺をモデルにした「魔法つかいのマユ」役としてゲスト出演した,映画ナタリー,2016年10月13日。
友人の勧めにより、宝塚歌劇団のDVDを観たことがきっかけで、2011年夏に、宝塚歌劇団・花組の蘭寿とむによるトップお披露目公演『ファントム』を東京宝塚劇場で姉と一緒に初観劇した『朝日新聞』2014年1月1日、関西版第7部、1面。
東京宝塚劇場だけでなく、宝塚市の宝塚大劇場に行くことも回数が数え切れないほど多く、「タカラヅカ・スカイ・ステージ」(宝塚歌劇専門チャンネル)にも加入していると2014年の毎日新聞のインタビューで答えている。
『読売新聞』2015年1月1日付の正月特集では、蘭寿とむと対談した。
元宙組トップスターの朝夏まなとについては、「まぁ様」と呼んでいた。
『月刊AKB48グループ新聞』2013年8月号の表紙では、指原莉乃と一緒に、花組のスター女優がポスターなどで披露する片手を後頭部に回す「花組ポーズ」をしている写真が掲載された。
AKB48で同じく宝塚歌劇団のファンである後輩の小林茉里奈と「ヅカ部」活動をしていた時期もあり、2014年4月13日の全国握手会で行われたゆるゆるカラオケグランドチャンピオン大会でペアで優勝した 2014年4月13日の発言。
男装喫茶に通ったり、番組で男装を披露したりと、男装にも興味がある。
2011年のインタビューでは、「男装した女子は、普通の男性より、キレイっていうか透明感があるっていうか・・・。
要するに2次元世界の男子に近いんですよ! 特に少女マンガの男子に!!」『週刊ヤングジャンプ』2011年8月25日号「まゆゆマンガ家計画 第10回」p.375。
と語っていた。
AKB在籍時代には、男性との交際をマスコミで報じられたことは一度も無かった。
2017年8月28日深夜に放送された『Momm!!』(TBS系)で、AKB48の恋愛禁止ルールを約10年間守ってきてよかったと思うか聞かれると、渡辺は「AKB48の1メンバーとしてはよかったんじゃないかなと思いますけど、人としての大切な何かを失ったみたいな」と答えた。
また、初恋の思い出を聞かれると、「思い返してみたら、小学校のころとか幼稚園とか、男の子に好意抱いたことあんまなかった。
男の子この子好きとかあんまなくて。
中1の最後に(AKB48)入っちゃったんで」「趣味人間というか、小学校のころとか漫画とかが好きでそういうのに没頭してた」と答えた。
2012年の時点では、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、BUMP OF CHICKEN、東京事変を好きな日本のロックアーティストTOP3として挙げた。
2010年には、Sound Horizonのコンサートに行ったこともあった。
サンリオのキャラクター「ポムポムプリン」のファンである。
「幼稚園児だった5歳ぐらいの時に、園内でブームが来てそれで好きになりました。
そして、また2年前ぐらい(引用者注:2014年ごろ)から本格的にハマりました!幼稚園の時、プリンくんのお弁当箱を使っていて、恐らくそれが初めて買ってもらったプリンくんグッズかなあ」と述べている『ポムポムプリン 20th anniversary BOOK』宝島社、2016年、p10。
2015年9月16日の第6回AKB48シングル選抜じゃんけん大会では、ポムポムプリンの着ぐるみと一緒に、ポムポムプリンを模したコスプレ衣装を着て登場した。
自身の睡眠時間の短さについて、過去に何度か発言してきた。
2011年の雑誌インタビューでは、「(中学生時代は)漢字テストはいつも満点。
テスト前の期間は、家に帰ってから毎日6〜7時間、夜中の3時まで勉強して、ほとんどの教科が100点に近い点数を取っていました」と語った『FLASH 2011年9月1日増刊号 AKB48スペシャル2』特別綴じ込み付録BOOK②(この付録にはページ番号の表記は無い)。
2012年1月のインタビューでは、「最近3、4時間睡眠が続いてて〜」と語った『週刊ヤングジャンプ』2012年1月22日号「まゆゆマンガ家計画 第12回」p.345。
2015年春のテレビドラマ『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)の出演時には、撮影が深夜にも及んだこともあり、睡眠時間が1 - 2時間だった日もあったとされる。
2017年のインタビューでは、「睡眠時間はどれくらい?」との質問に対して「4、5時間くらい」と答えていた「BRUTUS」2017年3月1日号(2月15日発売、No.841)p100。
一方で、時には長時間眠ることもあるようで、2014年4月には「この間、20時間寝ました」「前日の16時くらいには眠りについて、次の日のお昼くらいまで約20時間、1回も起きないで熟睡しちゃいました」と語った。
2015年8月27日放送の「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)出演時では、深夜の生放送中にスタジオで寝てしまったことがあった。
以前は、頭髪を染めることに抵抗感を持っており、2013年6月のインタビューでは、「周りが茶髪にしているのを見ても、染めたいと思ったことがないんですよ。
一度も。
自然体でいるのが好きなので、黒い髪が私らしいのかな、と思って。
”髪がいいね”ってほめていただくことも多いですし、そうなるとますます、この黒い髪が自分のチャームポイントなのかな、と」「パーマやカラーをしていない分、ダメージを受けにくいのかもしれません。
」『朝日新聞』大阪版、2013年6月9日、32面、ロクシタン「(広告特集)渡辺麻友さん(AKB48) 自然体でいたいから健康な黒髪をキープします!」と語っていた。
しかし2015年6月のインタビューでは、「最近ちょっと染めたらどうなるのかな?って思うことはあります。
黒だと重たいなってたまに思う時があって。
明るい色とまではいかなくても、光が当たるとちょっと茶色っぽく見えるようにしてみたい(笑)。
でも黒髪が好きですし、これまで染めてこなかったこともあって、もったいないという気持ちもある。
しばらくは黒髪ですね。
」と語り、心境は変化してきた。
2016年7月ごろからは何度か、髪を茶色に染めるようになった。
2017年1月2日放送の「それゆけ!ミュージカル応援し隊 井上芳雄の小部屋」(WOWOW)での対談では、髪を染めたことについて「なんかちょっと殻を破りたいというか。
」「逆に黒に飽きちゃったというか、何か変化が(欲しくて)。
」(ファンの)「一部の人は嫌がっている方もいたんですが、嫌がっていた方も見慣れたらこっちの方が好きかなって。
」と語った。
2016年10月13日放送の『秘密のケンミンSHOW×ダウンタウンDX合体3時間スペシャル』(日本テレビ系)では、自身がグループで一番の潔癖症だと発言した。
手を洗わずに食事する男性は、それだけで恋愛対象外であり、「手を洗わずに食事する人は考えられなくて…。
雑菌も一緒に食べていることになるじゃないですか」「私は常に消毒のハンドジェルを持ち歩いていて、塗らないと気が済まない」と語った。

引用:Wikipedia:データベース

渡辺麻友 11年に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも渡辺麻友 11年に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング