渡辺淳一とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
作家・渡辺淳一の妻とはどのような人物なのでしょうか | LAUGHY [ラフィ]
激しい性描写が売りの性愛小説を世に送り出してきた大御所作家が、小説さながらの 下半身履歴をさらけ出す。あの日経新聞に「オナニー」「堕ろす」「浮気」といった文字が 次々と登場したものだから、読者はさぞかし目...(1/2)
渡辺淳一お別れ会で 黒木瞳と川島なお美鉢合わせ心配された ...
作家、渡辺淳一の妻は渡辺敏子です。渡辺淳一が奔放な女性遍歴があった人だったの その妻にスポットを当ててみました。
渡辺淳一文学館 トップページ
7月28日、4月30日に前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80 )の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 この日、渡辺さんとの最後の別れを 惜しんで、文壇をはじめ映画、出版...
渡辺氏略歴
札幌市。ニュース、施設の概要、フロアガイド、作家の略歴。
渡辺淳一の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。
北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。
1958年札幌医科大学医学部卒業。
同講師。
医学博士。
初め医療現場を舞台とした社会派小説や伝記小説、恋愛小説を数多く手がけて人気を博した。
その後、『化粧』『ひとひらの雪』『化身』『うたかた』『失楽園』(1997年度新語・流行語大賞)『愛の流刑地』など濃密な性描写の恋愛小説で、特に1980年代から90年代にかけて一大ブームを巻き起こした。
エッセイも多く、『鈍感力』も流行語になった。
活動・主張1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。
医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。
同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。
後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。
1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。
直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去 毎日新聞 2014年5月5日。
80歳没。
法名は「愛楽院釋淳信」、墓所は杉並区の築地本願寺和田堀廟所。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「」を創設。
第1回の表彰は2016年3月に行われた。

引用:Wikipedia:データベース

渡辺淳一に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング