浅利陽介とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。

浅利 陽介(あさり ようすけ、1987年8月14日 - )は、日本の俳優。
東京都出身。
ビーコン・ラボエンターテイメント所属。
特技は乗馬、野球、スキー、バスケットボール。
趣味は映画観賞、カバディ、ベース、スポーツ全般。
2005年にテレビドラマ『タイガー&ドラゴン』に出演したことをきっかけに落語に興味を持ち始め、30歳を前に春風亭正太郎(現:9代目春風亭柳枝)について習うようになる。
『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズで共演した山下智久、比嘉愛未、戸田恵梨香、新垣結衣(通称「コード・ブルー会」)とは交流を続けており、特に山下とは2人で旅行にも行く仲。
撮影開始当初、他の4人に圧倒されて現場から帰りたくてしょうがなかった自分に山下が声をかけ、車に乗せてくれたことが突破口のきっかけになったと感謝の意を述べている。
幼い頃から手拍子に合わせて踊ったり、チャップリンの映画を好んで見ていた姿を見た両親が劇団東俳に入団させ、1991年、4歳でCMでデビューし、以降子役として活動する。
その後、ビーコン・ラボ エンターテインメントへ移籍。
1999年、連続テレビ小説『あすか』でヒロインの相手(速田俊作=ハカセ)役の少年時代を、2000年には『永遠の仔』ではメインの登場人物であるジラフの少年時代を演じるなど、子供の頃からドラマなどで活躍。
2001年、『キッズ・ウォー3』で不良少年の一平役で出演し注目される。
その後、2004年の『新選組!』、2008年の『ROOKIES』など、話題作に立て続けに出演。
2008年からスタートしたテレビドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』にメインキャストの1人として出演。
シリーズ開始時は大学生で、子役から脱皮して俳優として生きていけるか攻めあぐねていた頃だったが、「『コード・ブルー』と出会っていなければ僕は俳優をやめていました」「役者としても人としても成長できた」転機になった作品であると後に振り返っている。
2010年公開の映画『手のひらの幸せ』で映画初主演、2011年のテレビドラマ『ひとりじゃない』でドラマ初主演を務める。
2015年12月17日、大正大学時代の同級生の一般人女性と結婚したことを報告。
2020年8月、第1子女児が誕生。

引用:Wikipedia:データベース

浅利陽介のツイート

浅利陽介に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング