流行語大賞 発表とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
新語・流行語大賞
現代用語の基礎知識選ユーキャン新語・流行語大賞2017ノミネート語. ノミネートされた 30語の中から「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」トップテンならびに年間大賞を、来 たる12月1日(金)午後5時に発表します。 No.01. アウフヘーベン. No.02. インスタ映え.
2017年新語・流行語大賞を発表 大賞は「インスタ映え」「忖度 ...
その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」が先ほど発表され、年間大賞は「インスタ映え」と「忖度」のダブル受賞となった。- 日本テレビ系(NNN)- 25分前

■2017年12月08日
スマホを安く使うのも、高く売るのも、SIMロック解除を知っておくのがカギ
今や生活になくてはならないスマホ。当然、スマホには毎月の通信料が発生する。毎月かかる費用だからこそ、できるだけ抑えたい。そこで登場したのが、格安SIMだ。格安SIMは、・機種変後の古いモデルを2台目と

■2017年12月08日
スマートフォンの更新とアップデートはどこが違う? 今更聞けない「更新」のなぜ
スマートフォンを使っていれば一度は見たことがあるのが・アップデート・バージョンアップといった、スマートフォン本体の更新のお知らせです。頻繁にこのお知らせを見る機種もあれば、買ってから全く見たことがない

■2017年12月08日
AIをカメラに活かした「HUAWEI Mate 10 Pro」の登場で、日本企業が学ぶべきこととは?
ファーウェイ・ジャパンは12月1日、SIMフリースマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」を発売した。このMate 10 Proはビジネスパーソン向けのフラグシップモデル。大画面やスタイリ

■2017年12月07日
マックや吉野屋など、アプリのクーポンを使い倒せ! 師走から年末年始の賢い節約術
12月に入り、外食の機会も増えている。また年末年始は、飲食店の休みも増える。そんなときにも、便りになるのがファーストフード店だ。日頃からお世話になっているが、師走から年末年始は、いつも以上のお世話にな

■2017年12月07日
高田純次、マクドナルドCMオファーで「もう有頂天、お赤飯を炊いた」
タレントの高田純次が、7日の都内で、マクドナルドの2商品「超グラコロ/熟グラコロ」の発表会に出席。来週12日に公開となる新CM「"どっちも本命。"グラコロ」編を披露した。出演オファーを受け取ったときの

■2017年12月07日
篠原ともえ、ハンドメイド雑貨の魅力発信「一緒の仲間になりましょう」
タレントの篠原ともえが、7日の都内で、minne(ミンネ)による授賞式『ハンドメイド大賞』にゲスト参加した。そこでは「ステージ衣装も手掛けるなど、デザイナー兼アーティストして活動されています」と紹介さ

■2017年12月07日
iPhoneも例外ではない!2018 年はワイドディスプレイに対応しなければ生き残れない?
2017年も数多くのスマホが登場したが、夏以降の新製品の製品には大きなトレンドがあった。それはディスプレイサイズのスリム化だ。従来のスマホのディスプレイは縦横のサイズ比が16:9であった。これに対し2

■2017年12月07日
子どもとシニアは今後の最大の金脈! 「トーンモバイル」は独自サービスでドコモや大手キャリアに勝つ
スマートフォンの2017年秋冬モデルとして、アップルの「iPhone X」やサムスン電子の「Galaxy Note8」、ファーウェイの「HUAWEI Mate 10 Pro」など、海外メーカー製のハイ

■2017年12月06日
筧美和子、異性に告白する際は「どんなところを好きになってくれたか、きちんとプレゼンしてね」
タレントの筧美和子が、6日の都内で、年末ジャンボ宝くじ『イルミネーションバスツアー』のPRイベントにゲスト参加。現在発売中の宝くじ発売を記念して誕生した特別仕様のロンドンバスを報道陣に公開した。あす7

■2017年12月06日
足が冷えて仕方ないを解決するハイテクスリッパ!3段階で温度を調整できる「USBカーボンヒータースリッパ」が欲しい
面白くて役に立つグッズを販売するサンコーから、足元が冷える人に嬉しいハイテクグッズ「USBカーボンヒータースリッパ」が発売された。価格は2,980 円(税込)スリッパとしては少し高いが、これが暖房機で

『新語・流行語大賞』ノミネート30語発表 今年は“不作”「勢いがなく低調な ...
<新語・流行語大賞>「インスタ映え」「忖度」が年間...- まんたんウェブ- 28分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも流行語大賞 発表に関連のある画像ばかりではありません。
流行語大賞 発表の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

新語・流行語大賞(しんご・りゅうこうごたいしょう)は、自由国民社がその年1年間に発生した「ことば」のなかから、世相を軽妙に映し、多くの人々の話題に上った新語・流行語を選び、その「ことば」に関わった人物、団体を顕彰するとされている賞である。
2004年(平成16年)より、ユーキャン新語・流行語大賞(ユーキャンしんご・りゅうこうごたいしょう)に改称している。
1984年(昭和59年)に創始された。
毎年12月1日に発表される。
なお、同日が土曜日・日曜日の場合は次の平日に発表となる。
候補となる言葉は『現代用語の基礎知識』(自由国民社・刊)の読者アンケートの結果から編集部によって選出された50語が候補としてノミネートされ、その中から新語・流行語大賞選考委員会(選考委員7名)によってトップテンと年間大賞が選定される。
創始当初は、新語部門と流行語部門に分かれて、それぞれ金賞を筆頭として各賞が選ばれていたが、8回目の1991年(平成3年)からは年間大賞が設けられ、11回目の1994年(平成6年)からは両部門を合わせて選定されるようになった。
2003年(平成15年)には株式会社ユーキャンと提携し、翌2004年(平成16年)より現代用語の基礎知識選「ユーキャン新語・流行語大賞」に改称された。
受賞式典の司会には元TBSアナウンサーの生島ヒロシが担当する。
2017年は元NHKアナウンサーの宮本隆治が担当した。
日本漢字能力検定協会の「今年の漢字」、第一生命の「サラリーマン川柳」、住友生命の「創作四字熟語」、東洋大学の「現代学生百人一首」と並んで、現代の世相を反映する一つの指標として取り上げられている。

引用:Wikipedia:データベース

流行語大賞 発表に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも流行語大賞 発表に関連のある動画ばかりではありません。

流行語大賞 発表に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング