泉ピン子 ベッキーとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
泉ピン子 ベッキー祝福も食事の誘いは“拒否”「私は阪神ファン」(デイリー ...
女優の泉ピン子が1日、TBS系「アッコにおまかせ!」に出演。タレント・ベッキー.
泉ピン子、ベッキーを叱る「失礼だろ、色々フォローしたのに…」会食も断る
泉ピン子 熱愛報告なかったベッキーに直接電話 食事誘われるも...
泉ピン子、ベッキーを叱る「失礼だろ、色々フォローしたのに…」会食も断る ...
女優の泉ピン子(70)が1日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に出演。巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチ(35)と熱愛が発覚したタレントのベッキー(34)からの報告遅れに苦言を...- スポニチアネックス- 11分前

■2019年1月05日
【巨人】岸田が結婚…大阪ガス時代から交際約2年「一番に応援してくれ一緒にいて楽しい」
巨人の2年目、岸田行倫(ゆきのり)捕手(22)が結婚したことが4日、分かった。お相手は大阪府出身の一般女性(22)。大阪ガス時代から約2年の交際を経てゴールインを果たした。「今年は本当に勝負の年。より

■2019年1月05日
神田うの、ジャージー姿で高級中華へ「まあいいかと(笑)」初もうで&墓参り後に舌鼓
タレントの神田うの(43)が4日夜、自身のインスタグラムを更新し、旅行先のハワイから帰国後、初もうでと墓参りに行ったことを報告した。さらにその後、ジャージー姿のままで高級中華料理店へ行き、舌鼓を打った

■2019年1月05日
小林陵侑がレジェンド葛西超えのシーズン7勝! 史上3人目のジャンプ週間完全Vにも王手
◆W杯スキー(オーストリア・インスブルック4日)ジャンプ男子は、オーストリアのインスブルックでジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦(HS130メートル)が行われ、今季個人総合首位の小林陵侑(22)=

■2019年1月05日
SANADA、EVIL組、IWGPタッグ奪取で2冠「このベルトを来年のドームまで持っていく」
◆新日本プロレス「WRESTLEKINGDOM13in東京ドーム大会▽IWGPタッグ選手権試合60分1本勝負〇SANADA、SANADA(10分15秒ラウンディングボディプレス→体固め)ニック・ジャク

■2019年1月05日
棚橋弘至、オメガ下し4年ぶり8度目のIWGPヘビー戴冠…新日・東京D大会全成績
◆新日本プロレス「WRESTLEKINGDOM13in東京ドーム大会(4日、東京ドーム、観衆3万8162人満員)挑戦者の「100年に1人の逸材」棚橋弘至(42)が王者・ケニー・オメガ(36)を下し、4

■2019年1月04日
折茂は通算1万得点まで残り6点「刻んでいるわけではないけど…」 5日の三河戦で達成目指す
◆プロバスケットボールB1リーグ第18節(4日、愛知・ウィングアリーナ刈谷)東地区のレバンガ北海道は、中地区のシーホース三河に77―84で競り負けた。今戦前までに通算9992得点していた元日本代表シュ

■2019年1月04日
最強アマチュアの金谷拓実が、箱根駅伝の同級生の力走に刺激を受け自身初の米男子ツアーへと出発
男子ゴルフの金谷拓実(東北福祉大2年)が4日、2019年初戦となる米男子ツアーのソニーオープン(10日開幕・ワイアラエCC)へと成田空港から出発した。昨年10月、男子ゴルフのアジア・パシフィック・アマ

■2019年1月04日
箱根駅伝1区で捻挫の大東大・新井康平 復帰まで半年かかる見込み
第95回箱根駅伝往路(2日)1区(21・3キロ)の200メートル手前で左足首をひねって転倒しながら、その21キロ以上を走り続けた大東大の新井康平(4年)について、奈良修監督(47)は4日、競技復帰まで

■2019年1月04日
RENA、フォトブック発売記念イベントが中止 所属事務所が発表
女子格闘家のRENA(27)=シーザージム=の所属事務所は4日、1月6日に東京・浅草九劇で行う予定だったファーストフォトブック「RE:NA」(集英社)の発売記念イベントの中止を発表した。所属事務所は「

■2019年1月04日
【西武】炭谷抜けて「責任感」岡田が日本一に向けて奮起
西武の岡田雅利捕手(29)が4日、埼玉・飯能市の「西武飯能ペペ」で行われた新春トークショーに出席し、抽選で選ばれたファン約50人の前で「日本一」を目標に掲げた。昨季の出場は52試合にとどまったものの、

泉ピン子 熱愛報告なかったベッキーに直接電話 食事誘 ... - au Webポータル
泉ピン子、ベッキーを叱る「失礼だろ、色々フォローし...- スポーツ報知- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも泉ピン子 ベッキーに関連のある画像ばかりではありません。
泉ピン子 ベッキーの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

泉 ピン子(いずみ ピンこ、1947年9月11日 - )は、日本の女優、コメディアン、漫談家、歌手。
東京都中央区銀座出身。
静岡県熱海市在住。
所属は。
血液型はB型。
身長154cm。
戸籍名:武本 小夜(たけもと さよ)、旧姓:江口(えぐち)。
デビュー直後の芸名は三門 マリ子(みかど マリこ)。
;歌謡漫談家時代:歌謡漫談家のネタの中にコント55号が作成したものもある。
ある日、街角でキャバレーの呼び込みに「うちで働かない?」と声をかけられたが、「はばかりながら、こっちはもっといい商売やってんだよ!」と一蹴した。
キャバレーの呼び込みは、「いけね。
トルコ嬢に声かけちまった」と言ったという『ここだけのおしゃべり』12ページ。
;芸名について:「泉ピン子」の芸名は芸能人であることをずっと反対した父親が「芸人にはピンからキリまであるのだから、志しの一番なピンの芸人になれ」と、泉に話したことから。
本人によると、他の理由として「顔が丸くて麻雀牌のイーピンみたいだから」「泉の部分は『過去に泉という名前で売れた芸能人がいないので、お前で試す』と言われた」とのことで牧伸二に名付けられたとも語っている『ここだけのおしゃべり』55ページ、『四年目のラブレター』151ページ。
これ以前に駈け出しの前座歌手時代に泉 小百合(いずみ さゆり)の芸名を名乗っていたことがあり、『泉』を芸名にしていたのはこの時が初めてである『ここだけのおしゃべり』68ページ。
;元芸人として:元々はコメディエンヌ(コメディアン)であり、歌謡漫談家時代を基にした本人主演の自伝的ドラマ「おんなは一生懸命」が制作されたこともあったが、一時期『ウィークエンダー』に出演した過去をなかった事にして自身を「女優」と公言する姿にレギュラーとして共演した桂ざこばなどから「生意気だ」と批判された。
泉とざこばは不仲で関係が修復せず、彼女のドラマ以外の発言では否定的である2014年7月1日 日本経済新聞 夕刊『こころの玉手箱「落語家 桂ざこば」』より。

一方では、元々漫談家としてデビューした当時の先輩芸人とのエピソードを嬉々として語る『みんな悩んでる -ピン子のツンデレ人生相談』「Part8・告白ピン子のどん底(4)・不遇の時代」など。
など、後に自身がお笑い出身であることを全く隠さなくなった。
東京の品川区立日野第二小学校泉ピン子著『四年目のラブレター』(スコラ)200ページ、品川区立日野中学校卒業泉ピン子著『ここだけのおしゃべり』(立風書房)48ページ。
日本音楽高等学校中退後の1966年、牧伸二に師事し三門 マリ子(みかど まりこ)の芸名で歌謡漫談家としてデビューするがキャバレー回りが続く。
その後、1975年に日本テレビ『テレビ3面記事 ウィークエンダー』の番組リポーターを担当したのを機に泉ピン子と改名。
『ウィークエンダー』は出演者に欠員が生じたところ、その話しぶりの面白さに目を付けられて起用された泉ピン子著『みんな悩んでる -ピン子のツンデレ人生相談』(光文社)147-148ページ。
この番組で初めてのレポートは豚のセックスであり(本人は「牛のオッパイも嫌なほど可憐な女の子だった」と言っていた)、以後もゲイバー、ストリップなどレポート内容が下ネタ中心になっていた時も一時期あった週刊文春 2009年8月13日・20日号 148ページことから、新日本婦人の会が選ぶ「ワーストタレント1位」に選ばれたこともあったAERA 2003年6月9日号 54-59ページ。
同じ1975年にTBSの演出家・鴨下信一に「美人でなく、知的でもなく、金もない“3ナイ女優”を探していた」とのことからドラマに誘われ、鴨下演出のテレビドラマ『花吹雪はしご一家』に出演。
この頃から女優業に乗り出し、1980年に『手ごろな女』(日本テレビ)でドラマ初主演。
歌手としても1977年に「哀恋蝶」が10.9万枚(オリコンチャート最高位37位)のヒットを記録した。
NHK『NHK紅白歌合戦』への出場を狙ったが、落選した。
以後、紅白に対しては「歌手としての意地がある」と何度も応援出演依頼を断り、紅白出演歴は長らくなかった次述する『おしん』が放送された1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』では、ヒロイン役の田中裕子と共に紅組司会の候補に挙がっていたという(合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』)。

ただし、NHK連続テレビ小説『マッサン』が放送される2014年に紅白出演を希望する発言を行い デイリースポーツ(2014年9月4日)、初出演を果たした。
1983年4月 - 1984年3月放送のNHK連続テレビ小説『おしん』の母親役で女優として評価を得る。
加えて同作の脚本を書いた橋田壽賀子にも高く評価され、以降は橋田作品に数多く出演。
1990年に『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)が放送開始。
以後20年以上にわたりシリーズ化され、泉の代表作の一つとなる。
長い台詞にも動じない安定した演技で、以後橋田ファミリーの旗頭的な存在である(後述「橋田ファミリー関連」参照)。
女優業の傍ら『渡る世間』での大人しい嫁役とは相反し、バラエティ番組では元コメディエンヌとしての才を活かし、テンションも高く時に辛口なコメントも交えたトークを展開している。

引用:Wikipedia:データベース

泉ピン子 ベッキーに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも泉ピン子 ベッキーに関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング