泉ピン子 ベッキーとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
泉ピン子 ベッキー祝福も食事の誘いは“拒否”「私は阪神ファン」(デイリー ...
女優の泉ピン子が1日、TBS系「アッコにおまかせ!」に出演。タレント・ベッキー.
泉ピン子、ベッキーを叱る「失礼だろ、色々フォローしたのに…」会食も断る
泉ピン子 熱愛報告なかったベッキーに直接電話 食事誘われるも...
泉ピン子、ベッキーを叱る「失礼だろ、色々フォローしたのに…」会食も断る ...
女優の泉ピン子(70)が1日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に出演。巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチ(35)と熱愛が発覚したタレントのベッキー(34)からの報告遅れに苦言を...- スポニチアネックス- 11分前

■2018年7月08日
【長野】堂安律の兄・憂がホームでプロ初ゴール!
◆明治安田生命JリーグJ3第17節長野―富山(8日・長野Uスタジアム)AC長野パルセイロは、ホームでカターレ富山と対戦。前半9分、先発のMF堂安憂(22)が先制ゴールを決めた。弟は東京五輪世代のMF堂

■2018年7月08日
三遊亭円楽、笑点で涙「じじい早すぎるんだよ!」大喜利で歌丸さん見送る
今月2日に慢性閉塞性肺疾患のため死去した落語家の桂歌丸さん(享年81)が終身名誉司会を務めていた日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)は8日、大喜利で歌丸さんを見送った。1966年の番組スター

■2018年7月08日
【9日の予告先発】静岡はヤクルト・カラシティーVS巨人・ヤングマン
【セ・リーグ】◆ヤクルト・カラシティー―巨人・ヤングマン(18時・静岡)◆DeNA・バリオス―中日・笠原祥太郎(18時・横浜)【パ・リーグ】◆西武・今井達也―ロッテ・渡辺啓太(18時・メットライフドー

■2018年7月08日
【セ・パ公示】(8日)DeNAが井納、飛雄馬を登録
◆セ・リーグ公示(8日)【出場選手登録】▽広島下水流昂外野手▽DeNA井納翔一投手、飛雄馬内野手▽巨人今村信貴投手▽中日藤嶋健人投手【同抹消】▽広島野村祐輔投手▽中日ガルシア投手◆パ・リーグ公示(8日

■2018年7月08日
鶴竜、3場所連続Vへ白星発進
◆大相撲名古屋場所初日(8日・ドルフィンズアリーナ)3場所連続Vを狙う横綱・鶴竜(32)=井筒=は、西小結・松鳳山(34)=二所ノ関=を突き出しで下し、盤石のスタートを切った。立ち合い頭からぶつかった

■2018年7月08日
【楽天】借金20、平石監督代行「勝ち越すことが出来ず悔しいです」
◆楽天3―4西武(8日、楽天生命パーク)=延長11回=楽天が延長戦に突入した死闘に競り負けて、借金が今季ワーストの20に並んだ。楽天・塩見、西武・菊池の両先発左腕が好投し、1―1で延長に突入。10回に

■2018年7月08日
元巨人選手、柿沢貴裕容疑者を逮捕 ユニホームを盗んだ疑い
神奈川県多摩署は8日、元巨人選手の柿沢貴裕容疑者(23)を逮捕した。逮捕容疑は6月21日午後7時ごろ、ジャイアンツ球場(川崎市多摩区)のロッカールームで、2軍選手の試合用ユニホームの上着1枚(2万円相

■2018年7月08日
白鵬、玉鷲をすくい投げで下す
◆大相撲名古屋場所初日(8日・ドルフィンズアリーナ)横綱・白鵬(33)=宮城野=は東小結・玉鷲(33)=片男波=をすくい投げで下した。立ち合い左を張った白鵬は、もろ差しを取られ後退するも最後はすくい投

■2018年7月08日
松岡修造氏、錦織圭にゲキ「早く俺のベスト8を抜け!」
元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏(50)が8日、都内で著書「弱さをさらけだす勇気」(講談社刊)の出版記念トークイベントを行い、テニス四大大会の1つ、ウィンブルドン選手権男子シングルスで

■2018年7月08日
ダニエル・コーミエがヘビー級奪取でUFC2階級制覇…ブロック・レスナーと対戦へ
◆UFC226▽ヘビー級タイトルマッチ(5分5回戦)〇ダニエル・コーミエ(1回4分33秒KO)スティペ・ミオシッチ●(7日、ネバダ州ラスベガスT‐Mobileアリーナ)「UFC226」が7日(日本時間

泉ピン子 熱愛報告なかったベッキーに直接電話 食事誘 ... - au Webポータル
泉ピン子、ベッキーを叱る「失礼だろ、色々フォローし...- スポーツ報知- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも泉ピン子 ベッキーに関連のある画像ばかりではありません。
泉ピン子 ベッキーの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

泉 ピン子(いずみ ピンこ、1947年9月11日 - )は、日本の女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手。
東京都中央区銀座出身。
静岡県熱海市在住。
所属は。
血液型はB型。
身長154cm。
戸籍名:武本 小夜(たけもと さよ)、旧姓:江口(えぐち)。
デビュー直後の芸名は三門 マリ子(みかど マリこ)。
;歌謡漫談家時代:歌謡漫談家のネタの中にコント55号が作成したものもある。
ある日、街角でキャバレーの呼び込みに「うちで働かない?」と声をかけられたが、「はばかりながら、こっちはもっといい商売やってんだよ!」と一蹴した。
キャバレーの呼び込みは、「いけね。
トルコ嬢に声かけちまった」と言ったという『ここだけのおしゃべり』12ページ。
;芸名について:「泉ピン子」の芸名は芸能人であることをずっと反対した父親が「芸人にはピンからキリまであるのだから、志しの一番なピンの芸人になれ」と、泉に話したことから。
本人によると、他の理由として「顔が丸くて麻雀牌のイーピンみたいだから」「泉の部分は『過去に泉という名前で売れた芸能人がいないので、お前で試す』と言われた」とのことで牧伸二に名付けられたとも語っている『ここだけのおしゃべり』55ページ、『四年目のラブレター』151ページ。
これ以前に駈け出しの前座歌手時代に泉 小百合(いずみ さゆり)の芸名を名乗っていたことがあり、『泉』を芸名にしていたのはこの時が初めてである『ここだけのおしゃべり』68ページ。
;元芸人として:元々はコメディエンヌ(コメディアン)であり、歌謡漫談家時代を基にした本人主演の自伝的ドラマ「おんなは一生懸命」が制作されたこともあったが、一時期『ウィークエンダー』に出演した過去をなかった事にして自身を「女優」と公言する姿にレギュラーとして共演した桂ざこばなどから「生意気だ」と批判された。
泉とざこばは不仲で関係が修復せず、彼女のドラマ以外の発言では否定的である2014年7月1日 日本経済新聞 夕刊『こころの玉手箱「落語家 桂ざこば」』より。

一方では、元々漫談家としてデビューした当時の先輩芸人とのエピソードを嬉々として語る『みんな悩んでる -ピン子のツンデレ人生相談』「Part8・告白ピン子のどん底(4)・不遇の時代」など。
など、後に自身がお笑い出身であることを全く隠さなくなった。
東京の品川区立日野第二小学校泉ピン子著『四年目のラブレター』(スコラ)200ページ、品川区立日野中学校卒業泉ピン子著『ここだけのおしゃべり』(立風書房)48ページ。
日本音楽高等学校中退後の1966年、牧伸二に師事し三門 マリ子(みかど まりこ)の芸名で歌謡漫談家としてデビューするがキャバレー回りが続く。
その後、1975年に日本テレビ『テレビ3面記事 ウィークエンダー』の番組リポーターを担当したのを機に泉ピン子と改名。
『ウィークエンダー』は出演者に欠員が生じたところ、その話しぶりの面白さに目を付けられて起用された泉ピン子著『みんな悩んでる -ピン子のツンデレ人生相談』(光文社)147-148ページ。
この番組で初めてのレポートは豚のセックスであり(本人は「牛のオッパイも嫌なほど可憐な女の子だった」と言っていた)、以後もゲイバー、ストリップなどレポート内容が下ネタ中心になっていた時も一時期あった週刊文春 2009年8月13日・20日号 148ページことから、新日本婦人の会が選ぶ「ワーストタレント1位」に選ばれたこともあったAERA 2003年6月9日号 54-59ページ。
同じ1975年にTBSの演出家・鴨下信一に「美人でなく、知的でもなく、金もない“3ナイ女優”を探していた」とのことからドラマに誘われ、鴨下演出のテレビドラマ『花吹雪はしご一家』に出演。
この頃から女優業に乗り出し、1980年に『手ごろな女』(日本テレビ)でドラマ初主演。
歌手としても1977年に「哀恋蝶」が10.9万枚(オリコンチャート最高位37位)のヒットを記録した。
NHK『NHK紅白歌合戦』への出場を狙ったが、落選した。
以後、紅白に対しては「歌手としての意地がある」と何度も応援出演依頼を断り、紅白出演歴は長らくなかった次述する『おしん』が放送された1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』では、ヒロイン役の田中裕子と共に紅組司会の候補に挙がっていたという(合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』)。

ただし、NHK連続テレビ小説『マッサン』が放送される2014年に紅白出演を希望する発言を行い デイリースポーツ(2014年9月4日)、初出演を果たした。
1983年4月 - 1984年3月放送のNHK連続テレビ小説『おしん』の母親役で女優として評価を得る。
加えて同作の脚本を書いた橋田壽賀子にも高く評価され、以降は橋田作品に数多く出演。
1990年に『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)が放送開始。
以後20年以上にわたりシリーズ化され、泉の代表作の一つとなる。
長い台詞にも動じない安定した演技で、以後橋田ファミリーの旗頭的な存在である(後述「橋田ファミリー関連」参照)。
女優業の傍ら『渡る世間』での大人しい嫁役とは相反し、バラエティ番組では元コメディエンヌとしての才を活かし、テンションも高く時に辛口なコメントも交えたトークを展開している。

引用:Wikipedia:データベース

泉ピン子 ベッキーに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも泉ピン子 ベッキーに関連のある動画ばかりではありません。

泉ピン子 ベッキーに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング