江波杏子 死去とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
女優の江波杏子さん死去 76歳 | 2018/11/2(金) 14:45 - Yahoo!ニュース
女優の江波杏子さんが、先月27日に肺気腫の急性増悪のため亡くなったことが2日、 分かった。76歳だった。26日に体調不良を訴え、都内の病院に緊急入院していたという。
江波杏子さんが肺気腫のため死去 76歳 - ライブドアニュース
女優の江波杏子さんが肺気腫のため死去 76歳

■2018年11月09日
【侍ジャパン】劇的逆転サヨナラ!柳田がバックスクリーンに2ラン
◆日米野球日本7x―6全米(9日・東京ドーム)侍ジャパンがソフトバンク・柳田のバックスクリーンへの逆転サヨナラ2ランで初戦を劇的勝利した。最後にドラマが待っていた。2点を追う9回の攻撃。1死から代打の

■2018年11月09日
指原莉乃プロデュースアイドルの齊藤なぎさ、映画「ナツヨゾラ」で初出演&初主演
HKT48の指原莉乃が代々木アニメーション学院の協力でプロデュースした12人組アイドル・=LOVE(イコールラブ)の齊藤なぎさ(15)が、19年公開予定の映画「ナツヨゾラ」の主演を務めることが分かった

■2018年11月09日
“おネエすぎるお坊さん”水無昭善さん、先輩僧侶の言葉に涙で感謝
“おネエすぎるお坊さん”として人気を博した水無昭善(しょうぜん)さんが9日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜・後7時)に出演。人気絶頂の頃に、テレビの世界から姿を消した真相を明かした。水無

■2018年11月09日
【鹿島】メディアバスが緊急停車、走行不能に…選手は別移動のため無事 ACL決勝前日
◆ACL決勝▽第2戦ペルセポリス(イラン)―鹿島(10日、イラン・テヘラン)悲願のアジア制覇を目指し、イランでの第2戦に臨む鹿島は9日、会場のアザディスタジアムで最終調整を行う。日本メディアや一部のク

■2018年11月09日
【侍ジャパン】ソフトバンクのサブマリンルーキー高橋礼が2回無失点好投
◆日米野球日本―全米(9日・東京ドーム)ソフトバンクのルーキー右腕・高橋礼がメジャー打戦を相手に2イニングを無失点と好投した。7回から4番手としてマウンドに上がったサブマリン。1イニング目は安打と死球

■2018年11月09日
勝ち越しの2ランのソト、東京ドームで一発打てて「気持ちが高まります」
◆日米野球日本―全米(9日・東京ドーム)MLB選抜の先発、ブルワーズ・ゲラ投手コメント「いい感じで投げられました。良いボールが投げられたと思います。日本チームの打線はすごい。みな辛抱強く、非常にプロフ

■2018年11月09日
鉄人という言葉が似合わない男の鉄人記録 G大阪MF遠藤が10日に通算600試合出場へ
G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(38)が、10日の湘南戦(パナS)でフィールドプレーヤー初のJ1リーグ通算600試合出場を迎える。元日本代表GK楢崎正剛(42)=名古屋=が持つ歴代最多の631試合に次

■2018年11月09日
【侍ジャパン】走者一掃の秋山「菊池や甲斐のおかげ」
◆日米野球日本―全米(9日・東京ドーム)5回に西武・秋山の走者一掃のタイムリー二塁打で一時同点とした侍ジャパン。秋山は「とにかく前に飛ばして打点になるよう、速い球に合わせていった。いいところに飛んでく

■2018年11月09日
宇野92・49点首位発進 4回転転倒に「回りすぎてしまった」
◆フィギュアスケートGPシリーズ第4戦NHK杯第1日(9日)男子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が92・49点でトップに立った。3位以内なら12月

■2018年11月09日
瀧川ありさの新曲「わがまま」がアニメ「ドメスティックな彼女」のエンディングテーマに
「第30回日本ゴールドディスク大賞」新人賞も獲得した、シンガーソングライター・瀧川ありさ(27)の新曲「わがまま」が、19年1月よりTBS、BS-TBS“アニメイズム”枠で放送されるアニメ「ドメスティ

女優の江波杏子さんが肺気腫のため死去 76歳(スポーツ報知) - goo ニュース
映画「女賭博師」シリーズの「昇り竜のお銀」などで知られる女優の江波杏子さんが、先月27日に肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため亡くなったことが2日、分かった。76歳だった。所属事務所が公式サイ...- スポーツ報知- 44分前
【訃報】女優の江波杏子さん死去 肺気腫のため 76歳 : まとめダネ!
江波杏子さん死去 76歳、肺気腫…「女賭博師」シリ...- デイリースポーツ- 30分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも江波杏子 死去に関連のある画像ばかりではありません。
江波杏子 死去の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

江波 杏子(えなみ きょうこ、本名;野平 香純、1942年10月15日 - 2018年10月27日)は、日本の女優。
東京都渋谷区千駄ヶ谷出身。
アルファエージェンシー所属。
天秤座。
曾祖父は、最後に沖田総司を匿った植木職人の柴田平五郎週刊文春 2008年9月4日号 132~136ページ『阿川佐和子のこの人に会いたい』。
母・江波和子は戦前に東宝で活躍した映画女優。
子供の頃はシャイで自意識が強く、本ばかり読んでいた子だったというキネマ旬報 2007年12月上旬号 148~151ページ『これがはじまり 第21回・江波杏子』。
小学生の頃にキャロル・リード監督の『落ちた偶像』を観たのがきっかけで、本人曰く「現実逃避的に」女優になろうと思ったことや、また幼い頃に亡くなった母の仕事を継ぎたい一心で中学生の頃から女優を志し、1959年に大映に入社。
ニューフェイスのオーディション時、まだ16歳の宝仙学園高等学校在学中の高校生だった彼女は年齢を1歳上にサバを読み、母親が女優だったことは言わなかった。
『日本映画俳優全集・女優編』(1980年 キネマ旬報社)1960年、『明日から大人だ』でデビュー。
芸名は、母親の芸名と室生犀星の新聞連載小説『杏っ子』に由来している。
長く助演が続いたが、負傷した若尾文子に代わり主演した1966年の『女の賭場』で出演本数58本目にして初の主役の座を獲得。
女賭博師ぶりがうまくハマり、「昇り竜のお銀」として親しまれた(1971年の『新女賭博師・壺ぐれ肌』まで、全17本が制作された)。
新幹線の中でヤクザに「姐さん、きょう西成(釜ヶ崎)で賭場が開いてます」と言われたほどの当たり役となった。
大映倒産後の1973年、『津軽じょんがら節』に主演してキネマ旬報主演女優賞を獲得。
B89・W57・H90(1969年当時)という豊満な肢体の持ち主だったことから、新鋭写真家達の人気の的となり1960年代から1970年代にかけてはモデルとしてヌードも披露し、グラビアでも活躍していた。
2018年10月26日に体調不良を訴え、東京都内の病院に入院。
翌27日21時6分、肺気腫の急性増悪のため、同所で死去 - スポーツ報知 2018年11月2日。


引用:Wikipedia:データベース

江波杏子 死去に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも江波杏子 死去に関連のある動画ばかりではありません。

江波杏子 死去に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング