永野芽郁 自虐とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
永野芽郁「顔」で自虐連発 - Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN
1時間前 - 女優の永野芽郁がイベントに登場し、「本当に自分の顔が好きじゃない。極力見たくないんです」とコンプレックスを告白。「あら探しをしちゃって『ブス!』って思っちゃう」。
永野芽郁「自分の顔が好きじゃない」 朝ドラヒロインが自虐連発 | ORICON ...
永野芽郁「自分の顔が好きじゃない」 朝ドラヒロインが自虐連発
永野芽郁「ブス」と自虐連発|BIGLOBEニュース
女優の永野芽郁(18)が6日、都内でフォトブック『永野芽郁 in 半分、青い。』(東京ニュース通信社)の発売記念イベントを行った。、会場から何度も「かわいい~」と歓声があがっていたが、「本当に自分の...- オリコン- 1時間前
永野芽郁「自分の顔が好きじゃない」 朝ドラヒロインが自虐連発 | 千葉日報 ...
女優の永野芽郁(18)が6日、都内でフォトブック『永野芽郁in半分、青い。』(東京ニュース通信社)の発売記念イベントを行った。、会場から何度も「かわいい〜」と歓声があがっていたが、「本当に自分の顔が好きじゃない。極力見たくないんです」とコンプレックスを ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも永野芽郁 自虐に関連のある画像ばかりではありません。
永野芽郁 自虐の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

永野 芽郁(ながの めい、1999年9月24日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。
東京都出身。
スターダストプロモーション制作1部所属。
雑誌『Seventeen』(集英社)専属モデル。
趣味は、写真を撮ること、ギター、ランニング。
小学5年生でウクレレを習ったことをきっかけに弦楽器に興味を持ち、中学2年生のころからアコースティック・ギターの練習を始めてやがてエレキギターも弾くようになった。
好きなミュージシャンとしてレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、スティーヴィー・ワンダー、ウルフルズ、長渕剛、安室奈美恵などの名を挙げる。
夏フェス『未確認フェスティバル2016』の応援ガール就任会見では、自身が出演するカルピスウォーターのCM曲であるBUMP OF CHICKEN「宝石になった日」の演奏を披露した。
同事務所所属のアーティストのライブを見に行ってドラムにも目覚め、ドラム演奏がストレス発散法ともなっている。
小学生の時に琴、高校1年時に三味線を学んだ経験もある。
また、運動が好きで、時間があるときにランニングをしている。
友人と一緒に駅から駅まで走ったり、長い時には20kmほど走ることもあるという。
特技は、スポーツ、ものまね。
好きな食べ物は塩ラーメンで、少なくとも週2回は食べる「元気の源」であり、1人ラーメンも「全然平気」と語っている。
3歳年上の兄がいる。
小学校3年の時に東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。
子役として2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』でデビュー。
2010年のドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日)では主人公・芳賀稲子(吉瀬美智子)の小学生時代の役、2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』では山川常盤(佐藤みゆき)の少女期を演じた。
2010年からファッション誌『ニコ☆プチ』(新潮社)でレギュラーモデルを務め、2013年6月から2016年3月までは姉妹誌『nicola』(新潮社)のモデル(ニコモ)として活動した。
ニックネームは「メイ©」。
2016年8月から雑誌『Seventeen』(集英社)のモデルとして活動している初登場は2016年9月号。

2015年公開の映画『俺物語!!』でオーディションを勝ち抜きヒロイン役に抜擢されて脚光を浴びる。
同年11月には「女優登竜門」と目される「全国高等学校サッカー選手権大会」の11代目応援マネージャーに就任。
翌2016年には13代目「カルピスウォーター」CMキャラクターに起用され、UQ mobileのCMに深田恭子、多部未華子とともに三姉妹役で共演し「あの子はだれ?」と注目を集める。
2016年の連続ドラマ『こえ恋』(テレビ東京)で、ドラマ初主演、同年のNHK大河ドラマ『真田丸』で豊臣秀頼の正室・千姫役を演じる。
2017年3月公開の『ひるなかの流星』で主人公・与謝野すずめ役を演じて映画初主演。
2018年3月に高校を卒業。
同年4月より放送の同年度前期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。
』でヒロインオーディション初参加ながら応募者2,366人の中からヒロインに選出され、主人公・楡野鈴愛役を演じる。
幼少時の病気により左耳を失聴したという設定の難役で、永野は左耳に耳栓をつけたり失聴者から話を聞くなど入念な役作りをして撮影に臨んだ。
私生活では、『半分、青い。
』の前作、『わろてんか』のヒロインで、所属事務所の同僚にあたる葵わかなと。
初めて知り合ったのは小学生のころだが1年に1回事務所で偶然会う程度で共演経験もなく、2017年になってたまたま同じ日に宣材写真を撮りに行ったのをきっかけに連絡先を交換し親しくなったという。

引用:Wikipedia:データベース

永野芽郁 自虐のツイート

永野芽郁 自虐に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも永野芽郁 自虐に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング