武田信玄 織田信長とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
長篠の戦いからみる、武田信玄と織田信長の関係と ... - 歴史プラス
戦国時代にその名を轟かせた武将「武田信玄」と「織田信長」。正反対のタイプといえる2 人は、お互いに注目し長い間友好的な関係を築いていました。対決を避け続けた武田 信玄と織田信長は、結局一度も直接戦うことはなく、決着がついたのは信玄の死後「 長篠 ...
【独自】武田信玄から織田信長への感謝状発見「お味方 ... - 読売新聞
上杉謙信との戦いに備える武田信玄(1521~73年)からの、織田信長(1534~82年)宛て書状が見つかった。信長の協力姿勢への謝意を伝える内容だ。書式などから信長が権力を確立した後、1570年頃に書かれたものとみられ.
織田信長と武田信玄 | 3分でわかる織田信長の歴史
織田信長が生まれるよりも10年ちょっと前に偉大なる戦国武将がこの世に誕生しています。それは「甲斐の虎」と呼ばれた武田信玄です。そんな武田信玄と織田信長はどういった関係だったのでしょうか?今回は甲斐の虎・武田信玄と織田信長の関係について ...

■2019年8月01日
沢彦宗恩と織田信長
沢彦宗恩は信長の教育係 沢彦宗恩(たくげんそうおん)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての臨済宗妙心寺派の僧で織田氏の家臣・平手政秀(信長の御世話担当で信長を諌めるために切腹したという噂がある人)に依

■2019年7月15日
信長とジョルダーノ・ブルーノ
本能寺の変によって自害したとされている織田信長ですが、その後遺体が発見されなかったため、噂となったのが「織田信長の生存説」です。 当時の本能寺は、大伽藍をもつ大きな寺院で周囲には高い塀があり、堀も巡ら

■2019年7月05日
織田信長の戦術・戦略
戦国時代の武将、とくに大将は自分の配下に戦闘を任せて安全な場所で、戦況報告を受けながら指示を出すというのが一般的なスタイルでした。 ドラマや映画で「殿!大変でございます!」と本陣に駆け込んでくるシーン

■2019年6月24日
稲生の戦い
稲生の戦い(いのうのたたかい)は、織田信秀の死後に織田信長と弟・信勝の間で起きた家督相続争いで信長の青年期の中で有名な戦いの一つです。 稲生とは尾張国春日井郡で現在の名古屋市西区にあたります。 稲生の

■2019年6月10日
桶狭間の戦い
当時、駿河・遠江・三河の三国に渡って権力を誇っていた今川氏と織田信長による決戦が「桶狭間の戦い」です。 信長の奇襲攻撃によって、今川の大軍を少人数の軍勢で打ち負かしたとされる三大奇襲としても有名ですね

■2019年5月24日
姉川の戦い
信長系の映画・ドラマでも演じられることが多い「姉川の戦い」は、織田・徳川連合軍と浅井・朝倉の連合軍による戦いになります。 この戦いをきっかけに延暦寺が焼き討ちにされ、信長の残虐非道なイメージが定着した

■2019年5月13日
長篠の戦い
長篠の戦いは、信長が鉄砲隊で甲斐国の武田勝頼の騎馬隊を討ち破ったとしてとても有名な戦いです。 織田の鉄砲隊が「三段撃ち」をしたと授業で聞いた人も多いと思いますが、近年では三段撃ちはされていなかったとい

■2019年5月01日
信長の美濃攻略
1541年、斎藤道三(斎藤利政)が美濃国守護・土岐頼芸の弟・頼満を毒殺したことから頼芸と道三の対立抗争が始まりました。 1542年には道三は頼芸の居城・大桑城を攻め、頼芸父子を尾張へと追放すると事実上

■2019年4月23日
信長の本願寺攻略
石山本願寺は、元々京都市山科区にあった浄土真宗の寺院「山科本願寺」が細川晴元らによって火を放たれた後、当時大坂にいた浄土真宗の僧侶・証如が、現在の「大坂城二の丸」あたりに山科本願寺にあった仏像などを鎮

■2019年4月15日
織田信長と斎藤道三
織田信長の正室・濃姫の父上で「美濃の蝮」と恐れられた斎藤道三。元々は長井氏の出で美濃国守護・土岐頼芸に仕えている武士の一人でした。 道三の父は京都妙覚寺の僧侶であったと言われており、右大臣藤原不比等の

【独自】武田信玄から織田信長への感謝状発見「お味方くださること ...
上杉謙信との戦いに備える武田信玄(1521~73年)からの、織田信長(1534~82年)宛て書状が見つかった。信長の協力姿勢への謝意を伝える内容だ。書式などから信長が権力を確立した後、1570年頃に.
織田信長と武田信玄を祖父に持つ御曹司 武田信勝 -1100記事
2019年7月1日 - 甲斐武田家の最後の当主は?と聞かれると誰もが一番初めに武田勝頼を思い浮かべると思います。しかし、甲斐武田家滅亡直前に勝頼は当主を降りており、息子の武田信勝( たけだのぶかつ)に家督を譲っていました。今回はあまり知られてい ...

■2020年1月14日
上野清信とは 足利氏の一族で室町幕府の奉公衆
上野清信(うえの-きよのぶ)は、戦国時代に備中・鬼邑山城主である上野信孝の子として生まれました。 備中・上野氏は、足利氏の一族で室町幕府の奉公衆を務めた家柄です。 1493年、明応の政変のあと足利義稙

■2020年1月13日
損し続けて最後に天下をとった【徳川家康】
 戦国期最後の勝利者となり、約260年という長きに渡る武家政権(江戸幕府)を築いた徳川家康(1542~1616)が、日本最大の平野部(つまり発展有望な地)を有し、鎌倉期以来、精強な兵馬が産出される関東

■2020年1月11日
水野信元 24万石を有した三河の戦国大名
水野信元(みずの-のぶもと)は、三河・緒川城主である水野忠政の次男として戦国時代に生まれました。 母は松平信貞の娘(松平昌安の娘)で、兄に水野近守がいます。 また、1528年に生まれている異母妹・於大

■2020年1月09日
北条政子とは【尼将軍と呼ばれた御台所】
北条政子(ほうじょう-まさこ)は、平安時代末期の1157年に、伊豆の平氏豪族である北条時政の長女として生まれました。 母は正室である伊東祐親の娘です。 兄に北条宗時、弟に北条義時、北条時房、北条政範、

■2020年1月09日
北条義時とは 鎌倉幕府の第2代執権の生涯
北条義時(ほうじょう-よしとき)は、北条時政の次男として、平安時代の末期である1163年に、伊豆にて生まれました。 母は正室である伊東祐親の娘です。 幼名は江馬小四郎。 兄に北条宗時、姉に北条政子がお

■2020年1月05日
三淵藤英とは 足利義昭の擁立に尽力し最後まで再興を試みた幕臣
三淵藤英(みつぶち-ふじひで)は、室町幕府の申次衆で、山城・大法寺城主である三淵晴員の子として戦国時代に生まれました。 そもそも和泉・細川家の一族であり、弟は養子に出されて細川藤孝(細川幽斎)となって

■2019年12月31日
江戸の開発には都市モデルがあった 徳川家康の城下町整備
日本の首都にして、世界有数の大都市である東京。近年では2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの舞台として、(最近はマラソン開催地問題でも揺れていましたが)、都市再開発によって更に進化し

■2019年12月16日
夏目吉信 徳川家康の命を救った忠臣
若き頃の徳川家康を苦しめた戦「三方ヶ原の戦い」と夏目吉信・・・。 この戦いで家康は武田信玄に完膚なきまで攻められ、死を覚悟したほどと言われています。 それでも家康は家臣たちが命を懸けてまで逃がしてくれ

■2019年12月07日
織田信秀 名将が乗り越えられなかったもの
織田信秀(おだ-のぶひで)といえば、天下人に近づいた武将織田信長の父として有名です。 ただ、織田信秀の政策と織田信長の政策には類似点もあり、織田信長に大きな影響を与えた人物の一人とも言えます。 今回は

■2019年11月27日
曲直瀬道三とは 戦国の世を治療した医聖
戦乱の時代ともなると傷付いたり、それから来る病に苦しむ人も多く、様々な医学が発達しました。 本項で紹介する曲直瀬道三(まなせ-どうさん)は、そうした医学を学んで多くの人を治療した、戦国時代の我が国にお

■2019年11月18日
織田信忠とは 本能寺の変のもう一つの謎
権力者たちが一堂に会することは、大変なリスクがあります。 その場を襲撃された場合、各機関のリーダーを一度に失うわけですから。 どうしても一所に権力者が集まる場合は、強固な護衛が必要になります。 なのに

■2019年10月31日
毛利元就 謀神ならぬ優秀な経済戦略家
明治~大正期かけて活躍した土佐国(高知県)出身の詩人・随筆家の大町桂月(1869年~1925年)が著した『伯爵後藤象二郎』(1914年 富山房)という伝記がございます。 後藤象二郎(1838年~189

■2019年10月28日
名将は水を制す~武将に学ぶ内政と戦術
人間のみならず、命ある者全てにとって水は欠かせません。 しかし、時として水は私達人間の生活や命を、一瞬で奪い去っていくこともあるのです。 文明や技術が発展した時代に暮らす現代人から見れば、ここ数十年の

■2019年10月25日
仁徳天皇 善政で名高き記紀神話の聖帝
今年2019年は今上天皇(現・上皇陛下)の退位礼、新天皇の即位礼正殿の儀、大嘗祭と皇室に関する事柄が多い年でした。 また、ユネスコによって2019年7月9日に、仁徳天皇陵を含む百舌鳥・古市古墳群が世界

■2019年10月15日
相合元綱 今義経と謳われた毛利元就の異母弟
謀神と称された毛利元就には武勇に優れた弟がいました。 名前は相合元綱(あいおう-もとつな)といい、「今義経」の異名を持っていました。 源平合戦で名を馳せた源義経と並び立つ存在であるにも関わらず、あまり

■2019年10月04日
内ヶ島氏理 土砂に埋もれた悲劇の武将 飛騨の一大勢力
日本は地震大国です。今も地震によって大幅な被害を受けることがありますが、それは戦国時代も同じでした。 驚くことに地震によって滅亡した一族もいました。その一族は内ヶ島家です。 今回は内ヶ島家の最後の当主

■2019年9月30日
本多忠勝 猛将伝 徳川四天王
「戦国最強は誰か」戦国時代好きが四人、五人と集まれば、必ずと言っても良いほどこの話題が持ち上がるのではないだろうか。 数多いる強者の中で、著者には強く推したい人物が一人居る。 徳川家康に仕え、生涯57

■2019年9月19日
加藤忠広とは 薄幸の時代に生を受けた加藤清正の嫡男
加藤忠広(かとう-ただひろ、加藤忠廣とも)は、慶長6年(1601年)に肥後熊本藩主・加藤清正と玉目氏出身の側室である正応院の間に三男として生まれました。 ただし『丸岡城ものがたり』加藤忠廣略年表による

■2019年9月18日
結城秀康 なぜ2代将軍になれなかった?
徳川家康の次男・結城秀康(ゆうき-ひでやす)は関ケ原の戦いの時、西軍上杉景勝の関東進出や味方の東軍ではあっても信用をしきれない伊達政宗や最上義光を牽制する等大役を担いました。 関ケ原の主戦場ばかりに目

■2019年9月15日
毛受勝照とは 毛受兄弟の墓 柴田勝家の身代わりとして討死する
毛受勝照(めんじゅ-かつてる)は、1558年8月に毛受照昌の子と生まれ、12歳の頃から、柴田勝家の小姓として仕えました。 名前が色々とありまして、毛受照景、毛受家照、毛受吉親、毛受庄助、毛受荘助、毛受

■2019年9月09日
和田惟政 織田信長とルイス・フロイスを繋げた幕臣
日本にキリスト教が伝来したのは戦国時代のことです。 宗教観の全く違うキリスト教を厚く保護したのは織田信長なのは有名なことです。 そしてルイス・フロイスに布教を近畿での布教を認めたのも信長です。 そこで

■2019年8月30日
戦国随一の名将「武田信玄」が苦杯を舐めた経済的不利とは?
日本戦国期の魅力の1つは、何と言っても日本全国に数多な戦国武将たちが割拠し、互いに政略や外交、そして合戦に鎬を削って、(時代小説やゲームなどの媒体の大きな存在に影響されているのも否めませんが)、我々現

■2019年8月28日
遠山直廉 苗木城を築城した苗木・遠山氏
遠山直廉(とおやま-なおかど)は生年不詳ですが、遠山左近佐直廉、遠山正廉とも、遠山勘太郎とも称します。 天文年間(1532年~1555年)に苗木城(なえぎじょう)を築城したのが遠山直廉と言う事になりま

■2019年8月27日
赤井直正 明智光秀に死を覚悟させた丹波の赤鬼
赤井直正(あかい-なおまさ)は、丹波の赤鬼として恐れられた猛将です。 明智光秀が織田信長の命令で丹波を攻めたのは天正年のことでした。 数々の戦を経験した光秀でさえも丹波攻めは難航したらしいです。 その

■2019年8月24日
赤松則村~不撓不屈の生き様を貫いた播磨の雄②
~赤松則村~不撓不屈の生き様を貫いた播磨の雄①~の続き 赤松則村は護良親王の令旨を受けて配下に加わり、後醍醐帝の悲願であった鎌倉幕府の打倒に成功し、建武の新政(建武中興)の論功行賞で播磨守護を賜り、栄

■2019年8月13日
歴戦の戦士を法で破った徳川秀忠
武家諸法度といえば、大坂の役の後徳川家康が徳川秀忠の命令という形式で発布した、諸大名統制のための全13ヶ条の法律。 この法律が、戦国時代の終わりを示すような事態を起こします。 今回は、武家諸法度の示し

■2019年8月08日
可児吉長 (可児才蔵) 笹の才蔵と呼ばれた猛将
戦国最強の武将と言えばと聞かれると多くの方が本多忠勝や島左近と答える方が多いかと思います。 しかし、この2人の他にも戦国最強といっても過言ではない人物がおりました。その者の名前は可児吉長(かに‐よしな

■2019年7月31日
赤松則村~不撓不屈の生き様を貫いた播磨の雄①~
その時代の政情・社会情勢によって評価が全く異なる武将は多く存在しますが、本項で紹介する南北朝の武人・赤松則村(あかまつ-のりむら)もまた、そうした武将の一人とも言える人物です。 赤松則村は建治3年(1

■2019年7月30日
織田信長が優れた経済感覚を持てた理由
戦国一、というより日本史上の英雄というべき人物は、『織田信長(1534年~1582年)』であることは皆様よくご存知の通りでございます。 我々現代人が、その信長に惹かれる理由として挙げられるのは、それま

■2019年7月28日
新井白石 閑院宮家創設に尽力するなど 今だから知っておきたい白石の「正徳の治」を解説
新井白石(あらい-はくせき)は、明歴3年(1657年)2月10日に新井正済の子として江戸に生まれた、江戸時代中期の政治家・朱子学者である。 学者としての才能を見いだされ、無役でありながら幕政を担うまで

■2019年7月21日
明智光慶 謎が多いが存在が認められている明智光秀の息子
明智光慶(あけちみつよし)に焦点を当ててみたいと思います。 言わずと知れた明智光秀にはあまり知られていない息子がいました。 親ばかり注目がいく中で今回は嫡男とされているのが、明智光慶です。 きっと大河

■2019年7月18日
湯浅宗福(湯浅宗正) 湯浅宗貞 細川藤孝(細川幽斎)には側室がいたのか?
湯浅宗貞(ゆあさ-むねさだ)は、戦国時代の武将で、丹波・世木城(世木林城)主である湯浅宗福(湯浅宗正)の子となります。 丹波国船井郡にある五箇荘の地に「世木郷」という地名が古くからありますが、戦国時代

■2019年7月13日
令和元年開催「明智光秀公顕彰会フォーラム」参加レポート
2019年6月14日に、滋賀県大津市の西教寺にて行われた「明智光秀公顕彰会フォーラム」へ、今年も明智光秀公顕彰会会員として参列させていただきました。 12時半より本堂にて、明智光秀公追善法要が行われ、

■2019年7月13日
徳川頼宣 戦国武将を彷彿させる覇気の持ち主で紀州徳川家の祖
徳川頼宣(とくがわ-よりのぶ)、徳川御三家の一つ、紀州徳川家。 紀州徳川家は徳川家の由緒ある分家の他に徳川吉宗や徳川家茂という危機的な状況にあった江戸幕府を立て直すことに尽力した傑物たちが排出される名

■2019年7月09日
虎哉宗乙とは~伊達政宗を教え導いた臨済宗の僧~
虎哉宗乙(こさい-そういつ)は、享禄3年(1530年)に美濃国(岐阜県)で誕生しました。 虎哉(以下より虎哉と記述する)は姓を福地氏、幼名を虎千代と言い、後に博覧強記の名僧となる片鱗を伺わせるエピソー

■2019年6月27日
三河の硬骨な教育者 安藤直次
誰かを教育するにはまず自分からだと思います。 それを行わないと教育を受ける側には示しがつかず、教育の意味がないですよね。 戦国時代でも人を教育するにはまず自分からを体現した人がいます。 その者の名は安

■2019年6月19日
細川頼之とは 室町三代の将軍を支え続けた忠臣
細川頼之(ほそかわ-よりゆき)は元徳元年(1329年)、三川国額田郡細川郷(現・愛知県岡崎市細川町)に、細川頼春と黒沢禅尼の息子として生まれ、幼名を弥九郎と言いました。 この頼之は名門として名高い細川

■2019年6月06日
神官+武士=金刺盛澄 (諏訪盛澄)
神官という言葉で連想するのは神のために信仰を行う戦いとは縁遠い者たちだと一般では認識してしまいがちです。 しかし、平安時代末期の源平合戦時には神官の身分でありながらも武装して戦った神官がいました。 そ

■2019年5月18日
平宗盛とは~暗愚の汚名を着た平家最後の当主~
平宗盛(たいらの-むねもり)は、久安3年(1147年)に平家の当主だった平清盛と正室・平時子の三男として生まれました。 異母兄に平重盛と基盛、同母弟に平知盛らがいます。 彼は正室の子として重く扱われて

■2019年5月14日
妙印尼輝子 老いて最強の女性戦国武将 赤井輝子
近年では戦国無双や信長の野望などのゲームや大河ドラマで女性の戦国武将がいることが世間一般に知れ渡ってきました。 有名所でいうと井伊直虎や立花誾千代などが上げられますが、実は非常に異彩を放った女性の戦国

■2019年5月13日
島津氏強気の外交…外交で勝利した歴史
関ケ原の戦いと言えば説明不要、日本列島中の大名が利害関係等で東西軍に二分して戦い、勝った東軍が徳川家康をトップに日本列島の秩序の礎を築いた戦いです。 よって、基本は東軍優位の秩序であって、西軍の大名た

■2019年5月05日
山鹿素行 江戸時代の武士道「山鹿流」を確立した儒学者 赤穂浪士との関係は?
山鹿素行(やまが-そこう)は、元和8年8月16日(1622年)に浪人・山鹿貞以の子として陸奥の会津に生まれた、江戸時代前期の軍学者・儒学者である。 戦国時代からの武士の存在意義が崩れ始め、それを模索す

■2019年4月30日
宇都宮広綱 何度も下克上を受けた不遇な武将
栃木県宇都宮市にある宇都宮城址公園。 その宇都宮城にゆかりある一族宇都宮家は戦国時代中期から安土桃山時代にかけて前途多難な道筋を歩んできました 今回は戦国時代中期に宇都宮家の舵を握った宇都宮広綱(うつ

■2019年4月14日
楠木正行 楠木正時 ~南北朝の乱世を駆け抜けた小楠公兄弟~
楠木正行(くすのき-まさつら)は鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した楠木正成の長男で、楠木正時(くすのき-まさとき)は次男として生まれました。 母は南江久子、父方の叔父に楠木正季、末弟には南北朝

■2019年4月08日
武田信勝 織田信長と武田信玄を祖父に持つ御曹司 
甲斐武田家の最後の当主は?と聞かれると誰もが一番初めに武田勝頼を思い浮かべると思います。 しかし、甲斐武田家滅亡直前に勝頼は当主を降りており、息子の武田信勝(たけだのぶかつ)に家督を譲っていました。

■2019年3月30日
明智光秀が愛し、また愛された城、福知山城
2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」主人公、明智光秀公。 光秀公を語る際に「福知山城」というワードを耳にされる方も多いかと思います。 光秀公と福知山城には、どのような縁があるのでしょうか? 此度は明智

■2019年3月17日
伊達政道とは 独眼竜・伊達政宗と骨肉相食んだ実弟
伊達政道(だて-まさみち)は、伊達輝宗と義姫(保春院)の次男として生まれました。 長兄に伊達政宗、姉妹に千子姫ら2名(3名とも同母)、腹違いの兄弟として秀雄と言う男子が記録されています。 幼名を竺丸(

■2019年3月17日
品川の歴史と成り立ち 通り過ぎてはいけない街・坂本竜馬や高杉晋作奔走の地
品川の成り立ち 品川は、中世から品川湊が物流の拠点を担い、物流が経済活動を支え、発展した歴史があった。 徳川家康は、慶長6年(1601年)八ッ山から鈴ヶ森にかけてを整備し、品川宿の設置にあたった。 江

■2019年3月11日
武田信廉 武田信玄の影武者 画家としての才能も
武田信廉(たけだ-のぶかど)と言う武田信玄の弟がいますが、戦国時代では名が知れば知るほど暗殺のリスクが高まってしまいます。 戦国武将たちはそのリスクを回避するためにあるものを用意しました。 それは影武

■2019年3月08日
土岐頼芸 美濃を乗っ取られるも鷹の絵がうまい美濃守護
土岐頼芸(とき-よりのり)は、土岐政房の次男として1502年に生まれました。 土岐氏は美濃守護であり、その補佐として美濃守護代の斎藤氏、美濃小守護代の長井氏がいました。 しかし、守護代・斎藤利国(斎藤

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも武田信玄 織田信長に関連のある画像ばかりではありません。
武田信玄 織田信長の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

武田 信玄(たけだ しんげん) / 武田 晴信(たけだ はるのぶ)は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。
甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。
諱は晴信、通称は太郎(たろう)。
「信玄」とは(出家後の)法名で、正式には徳栄軒信玄。
1915年(大正4年)11月10日に従三位を贈られる『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。

甲斐の守護を務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。
先代・信虎期に武田氏は守護大名から戦国大名化して国内統一を達成し、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。
その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と五次にわたると言われる川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ領国化し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野および遠江、三河、美濃、飛騨などの一部を領した。
次代の勝頼期にかけて領国をさらに拡大する基盤を築いたものの、西上作戦の途上に三河で病を発し、信濃への帰還中に病没した。
thumb|200px|right|『川中島百勇将戦之内』「明将 武田晴信入道信玄」
引用:Wikipedia:データベース

武田信玄 織田信長に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも武田信玄 織田信長に関連のある動画ばかりではありません。

武田信玄 織田信長に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング