横浜線 運転再開とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
横浜線の運行情報 - Yahoo!路線情報
Yahoo!路線情報:横浜線の運行情報。全国の路線の運行状況・遅延情報や、事故・ 運休・工事情報などをご提供しています。
JR横浜線 運転再開 - NHKオンライン
3日未明、横浜市のJR横浜線の線路で架線を張り替える工事中に架線をつなぐ電柱が 折れるトラブルが起きました。JR横浜線は、一部の区間で始発から5時間にわたり運転 を見合わせ、およそ11万人の通勤客などに影響が出ました。
JR横浜線 運転再開 - NHK 首都圏 NEWS WEB - NHKオンライン
JR横浜線は、横浜市内で架線を張り替える作業中に電柱が折れた影響で、始発から 横浜市内の小机駅と東京の町田駅の間の上下線で、運転を見合わせていま…
関東エリアの運行情報:JR東日本
横浜線は、鴨居~中山駅間での夜間工事による電化柱損傷の影響で、上下線に遅れと 運休がでています。 伊東線 ... 埼京線は、北赤羽~赤羽駅間での車両点検の影響で、 下り線の一部列車に遅れがでています。川越線への直通運転を再開しました。 川越線  ...
横浜線|運行情報|鉄道運行情報
横浜線は、鴨居~中山駅間での夜間工事による電化柱損傷の影響で、小机~町田駅 間の上下線で運転を見合わせています。運転再開見込は10時00分頃に変更になりまし た。小机~東神奈川駅間・町田~八王子駅間の上下線で大幅な運休となっています。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも横浜線 運転再開に関連のある画像ばかりではありません。
横浜線 運転再開の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

横浜線(よこはません)は、神奈川県横浜市神奈川区の東神奈川駅 と東京都八王子市の八王子駅 を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』電気車研究会・鉄道図書刊行会(幹線)である。
地元沿線地域での愛称は「ハマ線」 昭和の残像 鉄道懐古写真 マイナビニュース 2011年10月5日。
駅ナンバリングで使われる路線記号はJH。
全ての快速電車と一部の各駅停車は、京浜東北線(東海道本線電車線)横浜駅を経由して根岸線桜木町駅または同駅以遠へ乗り入れる。
なお、本記事では根岸線 - 横浜駅 - 東神奈川駅 - 八王子駅間について、実際に運行されている列車番号に合わせて、桜木町方面行を「上り」、桜木町方面発を「下り」と記述する。
横浜線は東京地区の電車特定区間(E電)の路線のひとつでありJR東日本 旅客営業規則 第78条、横浜市から町田市および相模原市を経由し、八王子市に至る全長42.6 km の路線である。
起点の東神奈川駅で京浜東北線(『鉄道要覧』などの書類に記されている正式な路線名称は東海道本線)、終点の八王子駅で中央本線と八高線に接続する。
路線名は「横浜線」だが、路線の起点は東神奈川駅であり横浜駅は含まれず、日中の多くの電車と、朝夕の一部の電車が東神奈川駅から京浜東北線に乗り入れて横浜駅および根岸線方面に直通運転している(詳細は後述)。
なお、東神奈川駅 - 横浜駅間では京浜東北線の線路を走行するものの、列車内や駅構内での案内では「京浜東北線直通」とは一貫して案内されず、横浜線内では「根岸線直通」、横浜駅および根岸線内では「横浜線直通」と案内されている。
横浜線は、横浜市の北部から同市中心部へのアクセス路線として機能するとともに、東京都心から郊外に延びる複数の放射状路線と交差し、いわゆる環状路線としての機能も有している。
したがって、郊外路線でありながら、割高な初乗り運賃の乗客も多いため、JRの前身である日本国有鉄道(国鉄)が運営していた時代から数少ない黒字路線であった『週刊東洋経済』臨時増刊2011年7月8日号82ページ。
1908年(明治41年)に「横浜鉄道」という私鉄として開業したのが横浜線の始まりであり、当時は八王子や甲信地方で生産されていた生糸を横浜へと運搬することを目的としていた宮脇俊三・原田勝正『全線全駅鉄道の旅4 関東JR私鉄2100キロ』小学館、1991年、p.80。
その後、1917年(大正6年)に国有化されたが、標準軌化試験や電化試験が行われたこともある。
その後、1932年(昭和7年)には横浜駅・桜木町駅への乗り入れが開始されたほか、1964年(昭和39年)の東海道新幹線の開業によって新幹線と横浜線との交差箇所に新横浜駅が開業すると、横浜線は横浜市内と新幹線のフィーダー路線としても機能することとなる。
さらに1960年代後半からは沿線開発の進行や大学の設置などにより乗客が増加したことから、1967年(昭和42年)より輸送力増強のため複線化工事が順次行われ、1988年(昭和63年)までに全線が複線化された。
なお1987年(昭和62年)には国鉄分割民営化が行われ、横浜線はJR東日本に継承されている。
国鉄末期に計画中だった横浜高速鉄道みなとみらい線との直通運転計画が浮上していたが、国鉄の財政状況などが原因で中止となった後に東急東横線と直通運転を行う形態に変更の上、2004年2月1日に開業した。

運営がJR東日本に変わった以降も、首都圏の通勤路線として利用者が増加し、1994年(平成6年)からは混雑対策のために電車は片側6扉を有する車両を連結した上で8両編成が組まれた。
臨時列車を除き特急・急行列車は設定されず、列車種別は快速と各駅停車の2種が運行される。
線内折り返し運転の列車のほか、一部の列車は根岸線に直通するほか、朝夕は橋本駅 - 八王子駅間で相模線の列車が乗り入れる。
なお、1998年からの10年間は土曜・休日に根岸線経由で横須賀線逗子駅までの直通列車が運行されていたが、根岸線経由では遠回りであることや湘南新宿ライン増発の影響により、2008年3月15日のダイヤ改正で廃止された。
2008年3月31日に発表されたJR東日本の「グループ経営ビジョン2020-挑む-」において、横浜線は南武線・武蔵野線・京葉線とともに「東京メガループ」に指定された。
私鉄との接続で重要な役割を担っているとして、今後利便性・快適性を輸送サービス・駅設備・生活サービスのそれぞれの面から向上させ、乗り換えの利便性を含めて今までより脚光を当てるとしている -東日本旅客鉄道 2008年4月1日。
2007年の国土交通省調査によるピーク時最混雑区間の1時間平均混雑率は小机駅→新横浜駅間で193%となっている。
また、2014年度の平均通過人員は224,687人であり、JR東日本の路線の中では4番目に多い。

引用:Wikipedia:データベース

横浜線 運転再開のツイート

横浜線 運転再開に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも横浜線 運転再開に関連のある動画ばかりではありません。

横浜線 運転再開に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング