槇原敬之 SMAPとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
槇原敬之 SMAP名曲は20-30分で (デイリースポーツ) - auヘッドライン
歌手の槇原敬之が3日、TBS系「ビビット」で、SMAPに提供した「世界で一つだけの花」 に込めた思いを語った。 番組ではヒットソング平成30年史として、街の声などで構成したトップ10を発表。堂々の1位が.
槇原敬之、SMAP「世界に一つ…」誕生秘話 別曲提供もボツ「家でふて寝」し ...
槇原敬之「世界で一つだけの花」は「神様がSMAP通して伝えた...
SMAPが歌ったからこその“価値” 槇原敬之「世界に一つだけの花」語る ...
歌手の槇原敬之が3日、TBS系「ビビット」で、SMAPに提供した「世界で一つだけの花」に込めた思いを語った。 番組ではヒットソング平成30年史として、街の声などで構成したトップ10を発表。堂々の1位...- デイリースポーツ- 1時間前
槇原敬之 世界に一つだけの花の秘話告白にSMAPファンが逆感謝 (2018 ...
2018年4月30日 - 槇原敬之・SMAP/モデルプレス=4月30日】30日に放送されたフジテレビ系「ノンストップ!」(毎週月~金 9:50~)では、1年後の2019年4月30日に「平成」が幕を下ろすことから「平成の名シーン」を振り返る企画を実施。歌手の槇原敬之 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも槇原敬之 SMAPに関連のある画像ばかりではありません。
槇原敬之 SMAPの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

槇原 敬之(まきはら のりゆき、1969年5月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。
現在の所属レコード会社(レコードレーベル)はBuppuレーベル。
公式ファンクラブは「Smile Dog」。
身長176cm。
独身。
血液型はO型。
オリジナル曲に関しては、ほぼ全曲の作詞、作曲、編曲を自身がこなす。
楽曲制作については、「詞先」と呼ばれる、詞を先に作る方法を多用する別冊宝島1186号 『音楽誌が書かないJポップ批評38~槇原敬之 マジカル・ヒストリー探検!』(宝島社 2005年8月26日) ISBN 978-4796647861。
作詞の題材は、主に日常の生活に起こる出来事や恋愛模様であり、観念的表現が直接的に用いられることは少ない。
本人が言うところの「ライフソング」を多く発表している。
大阪府立春日丘高等学校卒業、青山学院大学文学部第二部英米文学科中退。
大の愛犬家で、2014年1月現在はフレンチ・ブルドッグを5匹、パグを1匹飼っている。
彼らを元にした短編アニメ『ぶっぷな毎日』ではナレーターとご主人様役でレギュラー出演している。
大阪出身ながら広島カープファン。
愛称は「マッキー」。
;1985年* 高校在学中の16歳時、坂本龍一が当時担当していたNHK-FM放送の番組『サウンドストリート』のデモテープコーナーに、アーティスト名「C・M・C」(コンプレッサーズ・ミュージック・クラブ)として「HALF」という楽曲を応募する。
楽曲を聴いた坂本から「良いバランスで仕上がっている。
言う事なし」と絶賛を得て、番組では異例のフルコーラスが放送された。
同曲は、その後、同企画での優秀作品をまとめたコンピレーション・アルバム『Demo Tape-1』(MIDI)に収録された。
同曲を制作したアーティスト「C・M・C」は実質槇原の1人ユニットであり、『Demo Tape-1』のライナーノーツにも、「作詞・作曲・歌・演奏-槇原敬之」とクレジットされている。
同曲のレコーディングとミキシングエンジニアを担当していた沢田知久は、中学校当時から槇原の親友であり、槇原のメジャーデビュー後にも彼の楽曲制作にエンジニアとして参加している。
;1990年* 3月 - 「AXIA MUSIC AUDITION '89」で、グランプリを獲得。
デモテープを聴いた一般の音楽ファンからの投票で選ばれる「一万人審査員賞」とのダブル受賞であった。
応募曲は後にデビューシングルとなる「NG」で、サポートギタリストは従兄の寺西一雄(ローリー)。
* 10月25日 - シングル「NG」とアルバム『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でWEAミュージック(後にワーナーミュージック・ジャパンに併合)よりデビュー。
;1991年* 4月25日 - 2枚目シングル「ANSWER/北風」をリリース。
* 6月10日 - 3枚目シングル「どんなときも。
」をリリース。
同曲は、映画『就職戦線異状なし』主題歌、ケンタッキーフライドチキンのCMソングに選ばれるなど話題となり 2011年7月2日 スポニチ、シングル、アルバム通じて自身初のミリオンセラーとなった。
これらの活躍により、同年の第42回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。
また、同曲は翌1992年の春の選抜高校野球入場行進曲にも選ばれた。
* 9月 - 初のCONCERT TOUR「〜僕はここにいます。
〜」を大阪・名古屋・東京の3か所で開催。
* 9月25日 - 2ndアルバム『君は誰と幸せなあくびをしますか。
』をリリース。
* 11月10日 - 4枚目シングル「冬がはじまるよ」をリリース。
* 12月31日 - 「日本レコード大賞」「紅白歌合戦」に出場。
;1992年* 5月25日 - 5枚目シングル「もう恋なんてしない」をリリース。
ドラマ主題歌となり、ミリオンを達成。
* 6月25日 - 3rdアルバム『君は僕の宝物』をリリース。
槇原の代表曲となる「遠く遠く」等を収録しており、アルバムで初のミリオンを達成。
;1993年* 9月1日 - 8thシングル「No.1」をリリース。
KDD「ゼロゼロイチバン」のCMソングとなり、オリコン1位達成。
60万枚を売り上げる。
* 10月31日 - 4thアルバム、『SELF PORTRAIT』をリリース。
初登場1位を記録。
ミリオン達成。
;1994年* 8月25日 - 12thシングルTBS系ドラマ「男嫌い」主題歌「SPY」をリリース。
オリコン1位を記録し、80万枚を売り上げる。
* 10月25日 - 5thアルバム、『PHARMACY』をリリース。
ミリオンには届かなかったものの、初登場1位を記録。
* 11月25日 - 翌年4月まで続く自身最大規模のコンサートツアー「WELCOME TO MY PHARMACY」開催。
全国30カ所56公演で、約15万人を動員。
;1995年* 上記のコンサートツアー終了後、喉にポリープが発覚し、入院。
;1996年* 所属レコードレーベルのワーナー内にプライベートレーベル「River Way」を立ち上げる。
* 7月25日 - 同プライベートレーベルより全曲ネイティブ・スピーカーによる英語詞のアルバム『ver.1.0E LOVE LETTER FROM THE DIGITAL COWBOY』発売。
同アルバム発売直前に発売されたシングル「COWBOY」のPVはイギリスのデザイン集団Me Companyが制作、CGを駆使したアニメーション作品が話題を呼ぶ。
* 10月25日 - 約2年ぶりの日本語詞アルバム『UNDERWEAR』をリリース。
* 11月18日 - 16枚目シングル「まだ生きてるよ」をリリース。
;1997年* ソニー・ミュージックエンタテインメントに移籍。
* 5月10日 - 初のベストアルバム『“SMILING” ~THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA~』発売。
オリコン1位を記録し、190万枚のセールスを記録。
* 11月27日 - 8thアルバム『Such a Lovely Place』をリリース。
* 12月 - 『SMILING” ~THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA~』が、日本ゴールドディスク大賞の“ポップス部門”を受賞。
;1998年* 3月 - 『SMILING” ~THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA~』が、98年ゴールドディスク大賞ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。
* 4月15日 - 初のアリーナツアー「GEORGIA PRESENTS 槇原敬之 CONCERT TOUR '98“It's a LOVELY PLACE !”~春だ!桜だ!マキハラ君祭り!!~」開催。
4月30日まで全国5カ所、7公演を行う。
;1999年* 7月7日 - 9thアルバム『Cicada』をリリース。
* 8月26日 - 覚せい剤所持が発覚。
情報を得て内偵中だった警視庁本富士警察署の捜索を受けた際、自宅から発見され、覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で10年来の友人の奥村秀一(のちにワーズアンドミュージック代表取締役社長。
2018年3月12日に役務不履行により解任スポーツニッポン 2018年5月10日)と共に逮捕された『朝日新聞』 2012年4月7日 土曜版『歌の旅人』より。

本人がファンや関係者に向けて「多くの方達に取り返しのつかないご迷惑をかけてしまい、お詫びする気持ちをどう表現して良いかわかりません。
潔く罪を認め、いかなる処分も受けなければならないと思っております」とコメントし、謝罪した。
同年9月3日にはMDMA所持が発覚した。
これらの薬物は槇原・奥村の共通の知人から入手したものだった。
逮捕のため9月から予定されていたコンサートツアーの中止やCDが発売元のレコード会社によって店頭から回収される動きがあり(2007年12月29日時点のアーカイブ)、このときファンが買いに走ったために、過去の作品の売上が伸びるという現象が起こった『産経新聞』 1999年9月9日 東京朝刊 「『槙原ソング』駆け込み人気 覚せい剤で逮捕でCD生産中止に」。
また、この逮捕により一時期は7億円もの借金を抱えた。
* 9月9日 - 300万円の保釈金によって保釈された日刊スポーツ 1999年9月25日 『覚せい剤取締法違反容疑の罪で起訴されている槙原敬之被告 300万円で保釈』。
* 12月8日 - 懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。
同日に本人は「寛大な判決が下りました今も、法を犯すことの重大さを痛感いたしております。
今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします」とコメントし、それ以降スタッフなどと今後についての協議を行った。
;2000年* 以前所属していたワーナーミュージック・ジャパンに復帰移籍する。
* 11月 - 10thアルバム『太陽』で活動再開。
;2001年* 11月21日 - 11thアルバム『Home Sweet Home』をリリース。
;2002年* 11月7日 - 12thアルバム『本日ハ晴天ナリ』をリリース。
;2003年* 自身が作詞・作曲し、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」が売上200万枚以上を記録(その後も伸び続け、2016年のSMAP解散に伴い300万枚を突破した)。
;2004年* レコード会社をEMIミュージック・ジャパンに移籍。
* 同年、前年のヒットを受け、「世界に一つだけの花」が春の選抜高校野球入場行進曲に選ばれる。
* 6月29日・7月1日・2日 - 大阪城ホールと日本武道館でオーケストラを交えたライブ「MAKIHARA NORIYUKI SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT "cELEBRATION"」開催。
* 8月 - 13枚目のオリジナルアルバム『EXPLORER』とベスト・アルバム『Completely Recorded』が発売され、両方とも50万枚を突破。
『EXPLORER』は初登場1位を記録。
『Completely Recorded』は初登場2位だったが、売り上げは『EXPLORER』よりも伸ばした。
* 9月 - アルバム総売上枚数が1,000万枚を突破。
男性ソロ歌手としては井上陽水、長渕剛に次いで3人目であり、初チャートインから13年2ヶ月での達成は史上最速記録となった。
; 2006年* 3月 - 同年2月22日に発売した14thアルバム『LIFE IN DOWNTOWN』の売り上げで、アルバム総売上枚数が井上陽水を抜き、男性ソロ歴代1位となる。
; 2007年* レコード会社をエイベックス(レーベルはJ-more)に移籍。
* 11月7日 - 15thアルバム『悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。
』をリリース。
* 12月31日 - 8月にリリースした36枚目のシングル「GREEN DAYS」」で16年ぶりに第58回NHK紅白歌合戦に出場。
;2008年* 11月19日 - 16thアルバム『Personal Soundtracks』をリリース。
; 2010年* 1月1日 - 20周年記念ベスト・アルバム『Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LOVE』と『Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LIFE』の2枚を同時リリース。
* 6月30日 - 17thアルバム『不安の中に手を突っ込んで』をリリース。
* 7月21日 - SMAPのオリジナルアルバム『We are SMAP!』に「Love & Peace Inside?」を提供。
* 10月 - デビュー20周年記念ライブとなる「NORIYUKI MAKIHARA SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT "cELEBRATION 2010"〜Sing Out Gleefully!〜Supported by BEAMS」を大阪城ホールと日本武道館にて開催。
* 11月29日 - 独自レーベルであるBuppuレーベルを立ち上げ、J-moreからBuppuレーベルへ移籍。
インディーズでの楽曲リリースとなる。
;2011年* 3月11日 - Buppuレーベル第一弾シングル「林檎の花」をリリース。
* 7月27日 - Buppuレーベル第一弾アルバム『Heart to Heart』をリリース。
* 9月24日 - 2012年1月まで行われるコンサートツアー「Makihara Noriyuki Concert Tour 2011-12“Heart to Heart”」が千葉県の市原市市民会館よりスタート。
;2012年* 2月3日 - 毎週金曜更新のインターネットラジオ「槇原敬之の神宮前ヴェランダスタジオ」放送開始。
* 4月25日 - シングル「恋する心達のために」とライブDVD『Makihara Noriyuki Concert Tour 2011-12 "Heart to Heart"』を同時リリース。
* 9月7日 - リクルート「タウンワーク」のCMに出演。
新曲「バイトが君を待っている」を書き下ろす。
* 9月19日 - ワーナー初期のアルバムを集めた7枚組BOX「EARLY 7 ALBUMS」発売。
* 10月24日 - シングル「四つ葉のクローバー」をリリース。
* 11月14日 - コンピレーションアルバム『秋うた、冬うた。
〜もう恋なんてしない』発売。
同時に、ワーナー時代の全オリジナルアルバムがリマスターされ再発。
* 12月19日 - Buppuレーベル第2弾アルバム『Dawn Over the Clover Field』をリリース。
;2013年* 2月23日 - 6月2日の大阪フェスティバルホールまで全51公演行うコンサートツアー「Makihara Noriyuki Concert Tour 2013"Dawn Over the Clover Field"」が埼玉県のさいたま市文化センターからスタート。
* 3月20日 - コンピレーションアルバム『春うた、夏うた。
〜どんなときも。
』発売。
* 10月16日 - ライブDVD『Makihara Noriyuki Concert Tour 2013 "Dawn Over the Clover Field"』をリリース。
* 11月23日 - 関西テレビ放送開局55周年記念「Livejack Special Ⅲ Stories -Songs make you smile-」に出演。
;2014年* 1月22日 - カバーアルバム『Listen To The Music 3』をリリース。
* 2月26日 - シングル「Life Goes On〜like nonstop music〜」をリリース。
* 3月2日 - コンサートツアー「Listen To The Music The Live ~うたのお☆も☆て☆な☆し」が栃木県総合文化センターからスタート。
* 11月19日 - シングル「Fall」をリリース。
;2015年* 2月11日 - 20枚目となるアルバム、『Lovable People』をリリース。
;2016年* 8月24日 - 47枚目となるシングル、「理由」をリリース。
;2017年*「それ行けカープ」をリリース。

引用:Wikipedia:データベース

槇原敬之 SMAPに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも槇原敬之 SMAPに関連のある動画ばかりではありません。

槇原敬之 SMAPに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング