森崎和幸 現役引退とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
J1広島 森崎和幸が現役引退 | 2018/10/27(土) 11:16 - Yahoo!ニュース
サンフレッチェ広島は、MF森崎和幸が今季限りで現役を引退することを発表した。森崎は、慢性疲労症候群を患いながらも、これまでJ1通算427試合で19得点を記録。
森崎和幸選手、現役引退のお知らせ - サンフレNEWS | サンフレッチェ広島 ...
森崎ツインズの兄・和幸が現役引退…“強いこだわり”を実現して...
サンフレッチェ広島MF森崎和幸が今季限りで現役引退 双子の弟・森崎浩司 ...
サンフレッチェ広島は27日、MF森崎和幸(37)が今季限りで現役を引退することを発表した。 森崎は広島の下部組織から2000年にトップ昇格。優れた戦術眼を生かし、ゲームメイカーとしてクラブを支えてき...- ゲキサカ- 2時間前
森崎ツインズの兄・和幸が現役引退…“強いこだわり”を実現して「幸せ ...
広島、MF森崎和幸が今季限りで現役引退「最後まで共...- SOCCER KING- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも森崎和幸 現役引退に関連のある画像ばかりではありません。
森崎和幸 現役引退の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

森﨑 和幸(もりさき かずゆき、1981年5月9日 - )は、日本のプロサッカー選手。
広島県広島市安芸区矢野出身。
Jリーグのサンフレッチェ広島所属。
ポジションはミッドフィールダー。
広島県立吉田高等学校卒業。
;CFS患者:慢性疲労症候群(CFS)患者でありながら、現役でサッカーを続けているプロサッカー選手である。
;プレースタイル:高い戦術理解度を武器にパスで試合を作る右利きのゲームメイカー。
ボランチをメインに、トップ下やリベロもこなす。
エディ・トムソンは「リトル・ナカタ」、ミハイロ・ペトロヴィッチは「ドクトル(ドイツ語で「博士」)」と称した。
;双子:元サッカー選手で、同じチームだった森﨑浩司は「二卵性双生児」の弟 であり、佐藤勇人/佐藤寿人兄弟と共に、Jリーグ史上初の双子選手。
* 2004年5月5日J1・1st第8節対セレッソ大阪戦(長居スタジアム)にて初アベックゴール(48分和幸、89分浩司)を達成。
Jリーグにおいて同じチームに所属する兄弟が、同一試合でアベックゴールを達成した例は森﨑兄弟と山瀬功治/山瀬幸宏兄弟(2007年に達成)、高木俊幸/高木善朗兄弟(2010年に達成)の三組のみ。
* 2007年から公式用ユニフォーム背番号の下に「KAZU」と下の名前が入るようになった。
弟の浩司のほうは「KOJI」。
世代別の代表の公式戦では、名前のイニシャルが和幸、浩司ともに「K」のため、ユニフォームには「MORISAKI」とだけ記されていた。
地元矢野小学校で弟浩司と共に小学2年からサッカーをはじめる。
山出久男から指導を受け、攻撃的なMFとして活躍、小学6年時に浩司と共に全日本少年サッカー大会に出場している。
佐藤康之・皆本勝弘は矢野中学校の先輩。
矢野中学校からサンフレッチェ広島ユースへ入団。
同級生は、浩司、駒野友一、久保田学。
木村孝洋から指導を受けた。
高校2年時よりボランチにコンバートされる。
1999年高校3年時には2種登録選手となり、Jサテライトリーグでのパフォーマンスがエディ・トムソン監督に認められ、同年11月20日にガンバ大阪戦に広島チーム史上初「高校生Jリーガー」として初出場した。
トムソンにも気にいられ、その年はその後の公式戦に全試合出場し、天皇杯決勝進出の立役者の一人となった。
2000年にサンフレッチェ広島に入団、同期入団は、浩司、駒野、八田康介、松下裕樹、山形恭平、中山元気。
リーグ2戦目には、森保一に代わり先発出場。
その後も主力として出場し、Jリーグ新人王および日本プロスポーツ大賞新人賞 を受賞した。
また、年代別代表では、2001年に浩司や駒野とともに、ワールドユース代表に選出されて出場、翌2002年には釜山アジア大会にU-21サッカー日本代表として出場した。
控えが中心だった浩司に対し、和幸はキャプテンを任される事もあるほど中心選手として起用されていたが、ボランチのポジションに阿部や今野、鈴木啓らが台頭しはじめると出番を失い、アテネオリンピックを目指すU-22代表ではアジア一次予選には出場するも最終予選以降召集されることはなく、チームは本大会出場を果たすがその本大会メンバーにも選ばれなかった。
一方、広島では2001年にヴァレリー・ニポムニシに監督が替わるとボランチに固定、それ以降ボランチとしてチームの中心となり活躍、両サイドの駒野や服部公太を操り、第2ステージ3位となる原動力となった。
その後2004年にはチーム事情からトップ下へ、2005年にはキャプテンに就任、1ボランチとして全試合に出場し、持ち前のパスさばきでチームを支えた。
2006年にはオーバートレーニング症候群(公式発表)により数ヶ月間休んでいる。
同2006年、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督に代わってからは右センターバックにコンバートされたが、翌2007年にJ2降格。
その冬の天皇杯からボランチに戻り準優勝に貢献。
現在は主力ボランチとして活躍している。
2009年、慢性疲労症候群により同年5月12日より離脱(同年6月16日クラブ公式発表)、完全休養後同年9月18日に実戦復帰した。
以降、シーズン中に休みを取りながらも現役を続けている。

引用:Wikipedia:データベース

森崎和幸 現役引退に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも森崎和幸 現役引退に関連のある動画ばかりではありません。

森崎和幸 現役引退に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング