森山未來 独立とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
森山未來 所属事務所から独立 | 2016/11/2(水) 1:17 - Yahoo!ニュース
俳優の森山未來が、所属事務所から独立することを自身の公式サイトで発表。「愚直に 表現の世界を放浪できれば」。
森山未來、事務所からの独立発表 - goo ニュース
俳優の森山未來(32)が1日、所属事務所から同日付で独立することを自身の公式 サイトで発表した。森山は故・松田優作さんの妻である松田美由紀(55)が社長を務める 「オフィス作」に所属していた。 森山は「社長である松田美由紀さんを始め、オフィス作の  ...
森山未來が所属事務所から独立「愚直に表現の世界を ... - スポーツ報知
俳優の森山未來(32)が1日、所属事務所から同日付で独立することを自身の公式 サイトで発表した。森山は故・松田優作さんの妻である松田美由紀(55)が社長を務める 「オフィス作」に所属していた。 森山は「社長である松田美由紀【芸能】
森山未來 所属事務所から独立 - さはらチャンネル
森山未來が所属事務所から独立「愚直に表現の世界を放浪できれば...

■2018年4月30日
(朝鮮日報日本語版) 結婚パク・ウンジ、ハワイから「アロハ!」
タレントのパク・ウンジ(34)が、結婚後の近況を伝えた。 パク・ウンジは26日午後、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」に、「夏の国に、前もっ ... Copyr

■2018年4月30日
愛之助&優香の喜劇舞台に紀香と青木崇高が号泣?
優香(37)が26日、東京・池袋芸術劇場プレイハウスで明日27日から始まる喜劇舞台「酒と涙とジキルとハイド」(三谷幸喜氏演出、5月26日まで)のプレスコールを行った。14年の初演か ... Copyr

■2018年4月30日
広瀬すずヒロイン、19年朝ドラ「なつぞら」岡田将生らの出演決定!
NHKは26日、女優の広瀬すず(19)がヒロインは務める19年度前期の連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の出演者発表会見を行い、岡田将生(28)が朝ドラに初出演するこ ... Copyr

■2018年4月30日
松岡昌宏、山口の強制わいせつ事件でコメント「TOKIO一同、申し訳ない気持ちでいっぱいです」
今年2月、自宅マンションで女子高生に無理やりキスをするなどしたとして、強制わいせつ容疑で警視庁から書類送検されていたことが分かったアイドルグループ・TOKIOの山口達也(46)が2 ... Copyr

■2018年4月30日
渡辺謙、南果歩との離婚協議決着で「一文無し寸前」も
プロ野球が開幕して間もなく1か月。4月20日、今年最初の甲子園球場での阪神タイガース対読売ジャイアンツの伝統の一戦を、スタンドから大の虎党の渡辺謙(58才)が観戦していた。試合は残 ... Copyr

■2018年4月30日
広瀬すずヒロインの朝ドラ『なつぞら』追加出演者14人発表 岡田将生、草刈正雄ら
NHKは26日、女優・広瀬すずがヒロインを務める、2019年春から放送の連続テレビ小説第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)の新たな出演者として、俳優の岡田将生、草刈正雄、松嶋菜 ... Copyr

■2018年4月30日
指原莉乃「酔うとセミになる父親」恥ずかしくて嫌だった
HKT48の指原莉乃が、4月18日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、父親が酔っ払った際の謎の行動を明かした。 各出演者の父親の話になり、指原は「私のお父さんは酔っ払 ... Copyr

■2018年4月30日
<なつぞら>19年前期朝ドラに岡田将生、松嶋菜々子、草刈正雄 “おしん”小林綾子も
女優の広瀬すずさんが主演を務める2019年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の「北海道十勝編」の出演者が、東京・渋谷の同局で26日に発表され、岡田将生さんが朝ドラ初 ... Copyr

■2018年4月30日
『まちぶせ』で歌手デビューした三木聖子いまは銀座でママ
仙台・国分町のクラブで三木聖子(61)がママをしている、との情報を得て店に電話をすると「ママは東京ですよ」。なんと、銀座のど真ん中で新店をオープンしていた。 「仙台と同じで、店名は ... Copyr

■2018年4月30日
長澤まさみ、月9の救世主か 「コンフィデンスマンJP」は実に不思議なドラマ
【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】 朝ドラ以外ぱっとしない、春ドラマ戦線と思っていたら、頑張っている作品もちらりほらり。特に往年の金看板「フジの月9」の、救世主になりそう ... Copyr

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも森山未來 独立に関連のある画像ばかりではありません。
森山未來 独立の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

森山 未來(もりやま みらい、1984年8月20日 - )は、日本の俳優、ダンサー。
本名同じ。
兵庫県神戸市東灘区出身。
文化庁からの任命を受け、2013年10月から2014年10月までの1年間は文化交流使として、主にイスラエルのダンスカンパニー(インバル・ピント&アブシャロム・ポラックカンパニー)等を拠点に滞在・活動した。
* 名前の漢字は元々「未来」の予定だったが祖母が画数を見て「未來」になった。
* 幼少のころから周囲の影響により、ハリウッドミュージカルの映像作品に慣れ親しんでいた。
* 家族揃ってマイケル・ジャクソンの熱心なファンであり、幼い頃にツアーで来日中だったマイケルとホテルのトイレで遭遇したことがある(しかし幼児だったため、本人に記憶はない)。
熱心なファンであることから、『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』のマイケル特集にゲスト出演したこともある。
* 母が神戸でダンススタジオ「モダンミリイ」を経営しており、本人もダンスライブ等を通して現在も関わりがある。
* 好きな映画に『情婦』・『雨に唄えば』・『永遠のモータウン』等をあげることが多く、フレッド・アステア、ジーン・ケリーやボブ・フォッシー、監督ビリー・ワイルダー・俳優ジャック・レモン、ドナルド・オコナーや女優マレーネ・ディートリヒ、オードリー・ヘプバーン、レネー・ゼルウィガー等が好きとも答えている。
* 読書においては、日本の作家では特に宮沢賢治・太宰治・寺山修司が好きである。
また外国人作家の作品ではパウロ・コエーリョの『アルケミスト』を愛読書としているほか、アゴタ・クリストフ三部作の文体に強く影響を受けている「FIGARO japon」より。

読書の範囲は小説に留まらず漫画作品も好み、手塚治虫・水木しげる・横山光輝のファンとしても知られており、他にも浅野いにおなどをお気に入りとしてあげている。
* 音楽では、マイケル・ジャクソンはもとより、ジャズ全般の知識も深く、その他にも新旧・和洋問わず多岐に渡るジャンルを聴いていることを公言している(中でもキリンジはずっと聴き続けているという)。
また自身も、中学時代に神戸・三宮で、友人とともにギターで弾き語り(※曲は山崎まさよし・スガシカオ・斉藤和義等のもの)をしていたことがある。
現在の推しは東京女子流で、楽曲のクオリティが高いことや“AKB48”や“ももクロ”の“たたき上げ感”も好きだが、女子流の“ハコ入り娘感”が好きらしい。
* 一人旅が好きで、国内外問わずよく旅行に出かける。
しかし、ハプニングに見舞われることも少なくなく、その模様をトーク番組などで話すことがある。
* アクリル絵具を直接手にとって絵を描くことにはまっている。
* 生まれ変わったらなりたいくらい、猫が好き。
* 2級小型船舶操縦士免許、スキューバダイビングのライセンスを持っている。
潜水もできドラマ「僕たちの戦争」、「リミット -刑事の現場2-」など。
等で活かされることがある。
* 愛煙家だが、最近は父に「匂いがいいよ」と勧められて煙管(キセル)も嗜んでいる。
* 日本酒好きが高じて、地元兵庫の地酒「龍力」とコラボしたワンカップ酒を作った。

* 好きな妖怪は「すねこすり」・「しろうねり」。
妖怪は好きだが、おばけは怖い。
*2013年上期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の大ファン脚本家の宮藤官九郎や演出の井上剛など過去に仕事をしたスタッフキャストが多い。

5歳からジャズダンス、6歳からタップダンス、8歳からクラシックバレエとヒップホップを始める。
夙川プリスクール。
→神戸大学附属住吉小学校→神戸大学附属住吉中学校→報徳学園高等学校卒業、拓殖大学外国語学部スペイン語学科中退。
1995年:10歳の時に阪神・淡路大震災が発生し神戸の自宅で被災幸いにも家族や周囲は無事だったものの、その時から持ち続けてきた複雑な想いがあり、のちにNHK大阪が制作したセミドキュメンタリー『未来は今』(2009年)、ドラマ『その街のこども』(2010年)にも反映されている。

1999年:15歳の時に舞台『BOYS TIME』で本格デビュー。
ただし、これ以前にも舞台経験小学生時代に劇団ひまわりに所属していた。
がある。
2001年:16歳の時に単発ドラマ『TEAM 2』でドラマ初出演、『さよなら、小津先生』で連続ドラマ初出演。
2003年:連続ドラマ『WATER BOYS』にメインキャストとして出演し、一気に知名度と人気が高まる。
2004年:映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の主人公・松本朔太郎(サク)の高校生時代を演じ、映画各賞を受賞。
2005年:伊東美咲と姉弟役で主演した月9ドラマ『危険なアネキ』が平均視聴率18.8%とヒット作に。
2006年:一人二役で主演したドラマ『僕たちの戦争』がアジア・テレビジョン・アワードのシングルドラマ部門で最優秀賞を受賞。
2007年 - 2008年:デビュー以来所属していたアトリエ・ダンカンからオフィス作(松田優作事務所)へ移籍。
2008年 - 2010年:NHK大阪放送局制作の阪神・淡路大震災関連番組プレミアム10『絆・被災地に生まれたこころの歌』(2008年)、セミドキュメンタリー『未来は今』(2009年)、放送文化基金賞本賞を受賞したドラマ『その街のこども』(2010年)に出演。
2008年にはチャリティロック・フェスティバル「GOING KOBE '08」にも出演している。
2010年:3月に一般女性と入籍したと発表。
同月、映画『フィッシュストーリー』で高崎映画祭最優秀助演男優賞を受賞。
7月に主演ドラマ『その街のこども』が放送文化基金賞本賞を受賞。
10月に第一子の誕生発表(性別名前は非公表)。
2011年:主演映画『モテキ』が興行収入22億円を超える大ヒットになり、また前年放送の同ドラマ版も数々の賞を受賞。
2012年:2月に映画『モテキ』にて毎日映画コンクール男優主演賞などを受賞した。
同月シディ・ラルビ・シェルカウイ 演出振り付けの舞台「テヅカ TeZukA」にて初の海外公演出演を果たし、ローマを皮切りに香港・ニュージーランド・ルクセンブルク・フランス/ドイツ各都市などを回った。
7月、初のラジオ冠番組となる「森山未來のオールナイトニッポンGOLD」にてパーソナリティを務めた。
11月に『北のカナリアたち』などで報知映画賞・日刊スポーツ映画大賞両賞で助演男優賞を受賞。
2013年:1月『苦役列車』でキネマ旬報ベスト・テン主演男優賞を受賞、同月エランドール賞新人賞を受賞。
日本アカデミー賞では『苦役列車』『北のカナリアたち』で優秀主演男優賞・優秀助演男優賞をダブル受賞。
5月、声優に初挑戦したアニメ映画『聖☆おにいさん』が公開。
10月から2014年10月までの1年間文化庁から文化交流使の任命されイスラエルのダンスカンパニーを拠点に滞在し通訳なしで活動していた。
11月、主演ドラマ『夫婦善哉』がギャラクシー賞9月度月間賞・第51回奨励賞を受賞。
2014年:1月、ミュージカル『100万回生きたねこ』で第21回読売演劇大賞 優秀男優賞を受賞。
2016年:11月1日付で所属していたオフィス作からの独立を発表。

引用:Wikipedia:データベース

森山未來 独立に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも森山未來 独立に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング