森山京 死去とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
児童文学作家の森山京さん死去 - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w
1時間前 - 『きつねの子』シリーズなど、さまざまな童話を生んだ児童文学作家・森山京さん(もりや ま・みやこ)が7日、横浜市内の自宅で脳出血のため死去した。
森山京さんが死去 児童文学作家 :日本経済新聞
児童文学作家・森山京さん脳出血のため死去 『きつねの子』シリ...
児童文学作家の森山京さんが死去 童話「きつねの子」シリーズ|文化 ...
『きつねの子』シリーズなど、さまざまな童話を生んだ児童文学作家・森山京さん(もりやま・みやこ)が7日、横浜市内の自宅で脳出血のため死去した。88歳(享年90)。10日に講談社が発表した。告別式は13...- オリコン- 1時間前
児童文学作家・森山京さん脳出血のため死去 『きつねの子』シリーズなど ...
<訃報>森山京さん88歳=児童文学作家- 毎日新聞- 18分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも森山京 死去に関連のある画像ばかりではありません。
森山京 死去の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

森山 京(もりやま みやこ、1929年〈昭和4年〉7月10日 - 2018年〈平成30年〉1月7日)は、日本の童話作家。
東京生まれ。
兵庫県立福崎高等女学校卒業、神戸女学院大学中退。
大阪阪急百貨店宣伝部勤務を経てフリーのコピーライターとなり、日本デザインセンターで活動した。
40歳から創作を始める。
1968年「子りすが五ひき」で講談社児童文学新人賞佳作、1989年「きつねのこ」シリーズで路傍の石幼少年文学賞、1990年『あしたもよかった』で小学館文学賞、1996年『まねやのオイラ旅ねこ道中』で野間児童文芸賞、1999年『パンやのくまちゃん』でひろすけ童話賞、2009年『ハナと寺子屋のなかまたち』で赤い鳥文学賞を受賞。
2018年1月7日、脳出血のため、神奈川県横浜市の自宅で死去 ORICON NEWS 2018年1月10日。
88歳没。

引用:Wikipedia:データベース

森山京 死去に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも森山京 死去に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング