森功至 事務所破産とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
「ガンダム」ガルマ役・森功至氏の声優事務所が破産 - ITmedia ビジネス ...
東京商工リサーチによると、テレビアニメ「マッハGOGOGO」の主人公・三船剛などで知られる声優、森功至氏が経営する声優事務所「オフィスもり」(東京都中野区)が、6月27 日に東京地裁より破産開始決定を受けた。

■2019年1月08日
仕事に「やりがい」求める上司、「休みやすさ」求める部下――調査で分かった“世代間ギャップ”
30代以上の管理職と20代の若手では、仕事に求めるものはどう違うのか。人材会社アデコが調査結果を発表した。管理職はやりがいや社会貢献、若手は休みやすさや残業の少なさなどを重視していることが分かった。

■2019年1月08日
国交省、トラック隊列走行の「後続車無人システム」を公道実証へ 先頭車両に自動追従
国交省と経産省が、新東名高速道路でトラック隊列走行の実証実験を行う。日程は1月22日~2月28日。先頭トラックのみドライバーが操縦するが、後続1~2台は先頭車両と通信し、自動で追従する仕組みを採用する

■2019年1月08日
このお正月、子どもに「お年玉」をあげた? 何歳まであげるべき? 親世代500人に聞いた結果は……
2019年のお正月に、自身の子どもにお年玉をあげた親はどの程度存在したのか。わが子にはいつまでお年玉をあげ続けるべきなのか。個別指導塾「明光義塾」運営会社が調査結果を発表した。

■2019年1月08日
若者の7割が「20歳の成人式」を希望 18歳だと「受験に重なる」
成人年齢が2022年から18歳に引き下げられる。日本財団の調査では若者の7割が依然として20歳の成人式を希望。18歳時は受験などで楽しめないため。

■2019年1月08日
「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう、3つの理由
ドラマ「下町ロケット」の特別編が放映され、14.0%という高視聴率を叩き出した。多くの人がこのドラマを見て胸が熱くなったかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。ドラマの内容を考えると

■2019年1月08日
大阪・ミナミ「半グレ」ぼったくりバー
西日本最大級の繁華街、大阪・ミナミで、大阪府警が、多数のガールズバーを経営する不良集団「半グレ」を一斉摘発した。半グレのメンバーは客を脅し、時には暴力を振るって法外な料金請求を繰り返し、毎月5千万円以

■2019年1月08日
中国、インドが月面着陸 今年注目の宇宙ニュース展望
2019年の宇宙開発は月探査をめぐる動きが注目を集めそうだ。中国やインドなどの無人探査機が相次ぎ着陸する一方、将来の有人探査を目指す国際的な議論も活発化する。米アポロ宇宙船で人類が初めて月面に降り立っ

■2019年1月08日
英、中、豪の主要都市で不動産バブル崩壊の予兆
さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、久々となる「景気と不動産」に関するお話でございます。

■2019年1月08日
「欧米に立ち遅れている」という認識は幻想 日本的雇用の“絶対的長所”にも目を向けよ
日本企業の働き方は欧米に比べて遅れているとよく言われている。労働政策研究・研修機構 主任調査員の山崎憲さんに、政府が進める「働き方改革」の焦点を聞いた。

■2019年1月07日
トヨタ「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」に個性際立つ特別仕様車
トヨタ自動車が「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」の内外装を変更した特別仕様車を発売。個性が際立つ仕様にした。各車の通常モデルも一部改良して安全性を高め、同時発売した。

■2019年1月07日
恵方巻の廃棄率は? イオンの担当者に聞いてみた
コンビニやスーパーで恵方巻商戦が本格化している。イオンリテールでは恵方巻の販売量が右肩上がりで増えている。近年、食品ロスの観点から批判されている恵方巻の廃棄率はどのくらいなのだろうか。

■2019年1月07日
2019年上半期に「求人数が増える職種」は……?
パーソルキャリアが2019年上半期(1~6月)に求人件数が伸びそうな職種の予測を発表。採用の活発化が見込まれるのは営業、人事、経理、法務の4種だという。中でも法務部門は、未経験者にもチャンスがあるとし

■2019年1月07日
管理部門の年収ランキング、トヨタやEY新日本監査法人を抑えて1位になったのは……
日本企業の管理部門の中で年収が高いのはどこ……? 企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」がランキングを発表した。

■2019年1月07日
厚労省“ブラック企業リスト”更新 1000万円規模の賃金未払いで「大学発ベンチャー」など追加
厚生労働省が17年5月から公表している“ブラック企業リスト”を更新。大学発ベンチャーを中心に、大規模な賃金未払いが発覚した企業や、危険な環境下で労働者を働かせた企業が追加された。

■2019年1月07日
見違えるほどのクラウン、吠える豊田章男自工会会長
2018年の「週刊モータージャーナル」の記事本数は62本。アクセスランキングトップ10になったのは何か? さらにトップ3を抜粋して解説を加える。

■2019年1月06日
東京と大阪の“抗争”が激化 今年も高級食パン戦争から目が離せない
2018年には高級食パン専門店が大ブレイクした。これまでは関西で生まれた専門店が続々と東京に“殴り込み”をかけていたが、東京勢がここにきて関西に進出しはじめた。19年の高級食パン戦争の行方はどうなるの

■2019年1月05日
たった8年で4万人を集める祭典に成長 神田カレーグランプリの舞台裏
2011年から開催されている「神田カレーグランプリ」はたった8年で4万人以上を集める祭典に成長した。イベントの“素人集団”はなぜここまで成功できたのか。

■2019年1月04日
「ひかり」を再評価、ロマンスカーの心地よさ…… 2018年に乗ったイチオシ列車と、2019年期待の鉄道
2018年も全国各地の列車に乗った。観光列車には「つくる手間」をかけることの価値を感じ、新幹線では「ひかり」の良さをあらためて実感、新型の特急列車には期待感を持った。19年も乗りたい列車がめじろ押し。

■2019年1月04日
森永乳業が「冬のかき氷」を仕掛ける深い理由
森永乳業がシャリシャリした氷菓タイプのアイスを冬に打ち出す。濃厚さとさっぱりした味を両立させ、専門店のかき氷のようにプチ高級スイーツ路線を取る。

■2019年1月03日
「パンが好き」とみんなが言い始めた 平成のパンブームの正体
「パンブーム」と言われて久しい。パンイベントには行列ができ、多種多様なパン屋が次々と注目を浴びるようになった。近年のブームとは何なのか。パンライターの池田浩明さんは「パンが好き、とみんなが言い始めたこ

声優・ナレーターとして著名な森功至氏が経営していた(有)オフィスもりが破産
有)オフィスもり(TSR企業コード:330452282、法人番号:4011302016654、中野区東中野4-5-20、設立平成14年6月13日、資本金600万円、森功至社長)は6月27 日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には江森史麻子 ...
「ガンダム」ガルマ役・森功至氏の声優事務所が破産- 記事詳細|Infoseek ...
東京商工リサーチによると、テレビアニメ「マッハGOGOGO」の主人公・三船剛などで知られる声優、森功至氏が経営する. ... 森功至氏が経営する声優事務所「オフィスもり」( 東京都中野区)が、6月27日に東京地裁より破産開始決定を受けた。
「森功至」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebookを ...
出演依頼が減少:「ガンダム」ガルマ役・森功至氏の声優事務所が破産 - ITmedia ビジネスオンライン itmedia.co.jp/business/artic… Twitter Sophia_Useful (宝くじ極小アタリおじさん). 返信 リツイート いいね 2分前 ...
声優・ナレーターとして著名な森功至氏が経営していた(有)オフィスもりが破産
有)オフィスもり(TSR企業コード:330452282、法人番号:4011302016654、中野区東中野4−5−20、設立平成14年6月13日、資本金600万円、森功至社長)は6月27日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には江森史麻子弁護士(大洋綜合 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも森功至 事務所破産に関連のある画像ばかりではありません。
森功至 事務所破産の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

森 功至(もり かつじ、本名同じ(旧名:森 深雪〈もり みゆき〉)、1945年7月10日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーターである。
所属事務所はプラスワンカンパニー。
かつては、俳協、劇団河、青二プロダクション、自らが代表を務めていたオフィスもりに所属していた。
東京都生まれ。
血液型はB型。
『マッハGoGoGo』出演当時、軽自動車免許が16歳で取得可能なお軽自動車免許は1968年9月1日に普通自動車免許に統合され、現在は廃止されている。
だったため、免許取得当日に購入した軽自動車をディーラーから受け取り、そのまま東京まで仕事に行った事がある。
1985年には未だ黎明期で非常にマイナーな時期のパソコン通信「アスキーネットacs実験システム」に「Makonosuke」のハンドル名で参加。
ネットワーク活動を開始している。
この彼の進取性は特筆に値する。
やや遅れて参加した古谷徹ハンドル名は「PEGASUS」が、当初からカリスマ的存在だったのに対し、彼はその気取らない親しみのあるキャラクターで「気さくなオヤジ」的存在として、参加者の大きなウエイトを占める技術集団からの信望も厚かった。
森が『美少女戦士セーラームーン』で演じたネフライトは敵役ではあるが、物語の中で月野うさぎの親友・大阪なるとの間に恋が芽生えるというアニメオリジナルのストーリーが展開される。
しかし、ネフライトはアニメの第24話で、ゾイサイトの配下の攻撃からなるを庇ったために致命傷を負い、なるに嘘をつき続けたことを詫びながら絶命してしまう(原作のネフライトはセーラージュピターに倒されている)。
このシーンでは、なるを演じた柿沼紫乃が役に入り込みすぎたために号泣してしまい、何度もNGを出してしまうという出来事があった。
柿沼は後に「森さんとスタッフの方々に大変迷惑をかけてしまった」と語ったが、森はこの一件に対して、「役者冥利に尽きる感じです」と高く評価しているWebアニメ版『美少女戦士セーラームーンCrystal』では、森に代わって鳥海浩輔がネフライト役を担当している。

2008年4月6日放送の『大胆MAP』(顔を見てみたいアニメキャラクター30人全部見せちゃうよ! 春の撮れたて新作SP)に『機動戦士ガンダム』のガルマ・ザビ役、『科学忍者隊ガッチャマン』の大鷲の健役として紹介されたが、調査員の品川祐の「カメラの前で顔出しをして欲しい」との交渉に対して森本人が顔を出すことに難色を示し、横顔を出した状態で顔出しを行った。
同日に更新されたによると、「一家団欒の中で見るテレビではあのアニメの役をやっている森功至は出るべきではない。
それが私の考え方であり拘りなのである」と述べていることから、森本人の「(テレビに顔を出すことによって)子供の夢を壊したくない」という考え方が垣間見える。
ただし、ナレーターを務めていた『マジカル頭脳パワー!!』で顔出しをしたことがあった。
1999年4月22日に放送されたコーナー「いじわる実験室」において「私は赤い眼鏡と黄色い眼鏡と青い眼鏡をしています。
さて私は誰でしょう?」という問題が出題された。
「信号機」と言いそうな問題だが実際の答えは赤・黄・青の眼鏡をかけた森本人であり収録スタジオである日本テレビ麹町Gスタジオ(現:日本テレビ麹町分室Gスタジオ)内で実際に回答者から見える位置からナレーションしていた、ほとんどの回答者が誤答を連発しなかなか正解が出ないため森が説明した。
また1999年9月16日に放送された最終回にも、総合演出の五味一男と談笑しているシーンが一瞬ながら公開された。
2001年12月29日に放送された復活スペシャルの1週間前の12月22日に放送された『スーパースペシャル2001・総制作費30億!!日テレ年末年始スペシャルのオイシイ所ジョージが全て見せますペシャル』でも所ジョージ打倒の鉢巻きをしながら問題を出題している様子が流された。
2011年1月11日放送のフジテレビ『FNNスーパーニュース』やテレビ朝日「スーパーJチャンネル」などのニュース番組で、「全国の児童養護施設等に“伊達直人”名義でランドセルや現金等の寄付が送られているニュース」に関連し、「伊達直人の声を担当した事もある声優」との紹介でインタビュー形式で顔出しでコメントをしている姿が放映された。
また、1月13日のフジテレビ『とくダネ!』にはスタジオに生出演。
各地の寄付品に添えられていた「伊達直人からの手紙」の一部を朗読した。
この騒動で、本来の担当声優である富山敬が既に故人で代役を担当した自分にコメントを求める取材が集中したことに対して恐縮し困惑したとの心境がブログで語られた。
悩みに悩んだ結果、取材を受けたが、東京キー局すべてから取材を受けたことに対して「思ってもみなかったこと」との感想や、改めて「声のドリームセーラーマンだから今後もバラエティ番組に顔出ししないつもり」との心境を語った。
日本大学豊山高等学校出身。
10歳の時にラジオドラマ『少年猿飛佐助』の主役の一般公募に親が応募するが、面接通知が届いたのが面接翌日で、ひどく落胆した。
それを見た親に連れられて児童劇団の入団試験を受け、児童劇団こじかに所属。
子役として活動した。
3年後、俳協の前身である太平洋テレビジョンに移る。
15-6歳のころにNHKの時代劇にレギュラー出演から俳優活動を始めるが、大人に言われるがままスタジオに行って演技の繰り返しから「この世界にいてもいいんだろうか」と不安になり、壁にぶち当たったりした。
それが原因で、何回か役者を辞めた時期があり、俳協でデスクやマネージャーをやっていた経験がある。
顔出しの仕事も並行しながら『マッハGoGoGo』で主人公・三船剛を演じる。
共演した大宮悌二、富山敬、愛川欽也らに影響を受け、「声の仕事を優先的にやりたい」と思い、富山が所属していて愛川が移籍した事もあって所属事務所を河の会に移す。
1970年 - 80年代のヒーローものに多数出演している。
元々は、当時の本名である森 深雪(もり みゆき)で活動していた。
その後、田中 深雪、田中 雪弥(たなか せつや)の芸名も用いた。
森深雪という名が「森の中で深い雪に閉ざされ、一生陽の目を見ない名前」と姓名判断で言われ、本名自体を森功至に改名した神谷明「森功至 CHARACTER VOICE Q&A」『みんな声優になりたかった 神谷明と25人の声優たち』主婦の友社、1994年1月6日、ISBN 4-07-214333-2、165頁。

40歳を過ぎてナレーターとしての活動も開始。
どうやって自分を生かしていけばいいんだろうかと考えていたが、企業プロモーションビデオのナレーションから、当時ワイドショーなどが放映され始めた時期で、生ナレーションをやらせてもらうようになった。
初めて生ナレーションしたときには強いプレッシャーを感じ、全身の筋肉が硬直して原稿を持つ手が震えからペーパーノイズがマイクに乗るんじゃないかと思うような状態で、何を読んだのかまったく記憶に無いという。
2013年の第7回声優アワードで、タツノコプロ50周年としてシナジー賞を受賞。
50歳後半になって、所属していた青二プロダクションを退所し自らが代表を務めるオフィスもりを設立。
オフィスもりの声優研究所であるVoice-1 アカデミーで講師を努め、後進の指導にあたっていたが、オフィスもりは2018年6月27日に東京地方裁判所から破産手続開始決定を受けた。
若い頃は『マッハGoGoGo』の三船剛、『サイボーグ009』の009/島村ジョー、『科学忍者隊ガッチャマン』の大鷲の健、『宇宙の騎士テッカマン』の南城二、『柔道讃歌』の巴突進太といったヒーロー役が多かったが、『アタックNo.1』の湯島二郎、『キューティーハニー』の早見青児、『エースをねらえ!』の藤堂貴之、『機動戦士ガンダム』のガルマ・ザビ、『J9シリーズ』、『美少女戦士セーラームーン』のネフライト、『銀河英雄伝説』のウォルフガング・ミッターマイヤーなど、善悪問わず優しい美形キャラを担当する事が多い。
2008年放送の『RD 潜脳調査室』では、60代にして主人公・波留真理役に登板。
同キャラクターの老年期のみならず青年期も演じた。
2013年の『THE UNLIMITED 兵部京介』においても、同様に早乙女英治の青年期と老年期を演じている。

引用:Wikipedia:データベース

森功至 事務所破産のツイート

森功至 事務所破産に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも森功至 事務所破産に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング