梅毒患者 増加原因とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
梅毒の患者急増高リスクは20代女性|医療ニュース トピックス|時事 ...
2018年10月21日 - ここ数年、性感染症(STD)である梅毒の患者数が急増し、国や自治体が警戒を強めている。 ... 健康安全部感染症対策課は「患者急増の原因は調査中だが、患者の大半は感染2期までで、症状が進行した患者は少ない。 ... 同課は「梅毒の患者が増加している、という認識はある程度高まったとしても、エイズやクラミジア、淋病などに比べると、 患者はもちろん、専門外の医師の間でも梅毒に対する具体的な症状や ...
日本で爆増する梅毒患者と「出会い系アプリ」のヤバい関係(山本 佳奈 ...
日本国内で、性感染症の患者が急増している。2015年から2016年にかけては約1.7倍の増加だ。 ... 昨年1年間で報告された梅毒患者は県全体で67名だったが、今年は6月10日の時点ですでに45名が感染したと報告されている。 ... 原因は出会い系アプリ?

■2019年1月20日
縄文人の「遅さ」と「ゆるやかさ」で、現代が生きやすくなる
日々、より速く、他人よりももっと上手く。そう考えて生きている私たち現代人に、柔らかな思想を提示してくれる縄文人。しかも、それは現代にも、ひっそりと生き続けている。

■2019年1月20日
奨学金は今後、学生の負担をさらに増やす「苦しい制度」になる可能性
大学生の奨学金返済問題に対し、財務省と文部科学省が構造改革に着手する。だが結論から言えば、問題の根本的解決には至らなそうだ。2020年春、日本学生支援機構が貸与型奨学金の仕組みを見直す。長期の延滞が増

■2019年1月20日
「世界一成り上がった男」がマウンティングしたかったもの
なぜ自分より経営者のほうが給与が高いか、考えたことはあるだろうか。そんなの当たり前だと、なぜあなたは思うのだろうか。実はこれは現代資本主義を支える虚構なのだ。ただの紙切れを紙幣とするのが虚構なのと同じ

■2019年1月20日
1月20日 ウィークボソンの発見(1983年)
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2019年1月20日
銀行が開示して判明! 投資信託「儲かる商品、損する商品」全実名
銀行で投資信託を購入した顧客の4割が運用損失を抱えている――。昨夏、金融庁が公表したデータは衝撃的だった。とはいえ、銀行側からは、「金融庁のデータには利益確定して売却したケースや分配金を受け取っている

■2019年1月20日
マンガで教えます「ブロックチェーンはどこまで『使える』のか?」
参加者が誰もお互いを信用し合っていないからこそ、正確な計算結果が未来永劫保存される──。暗号資産(仮想通貨)ビットコインを支える仕組みとして登場したブロックチェーンは、かつてのインターネットのように新

■2019年1月20日
戦争の悲しみ、五輪の歓喜…天皇皇后両陛下「平成の歌」に込めた想い
1月15日に行われた新年恒例の「歌会始の儀」は、平成最後として注目を集めた。両陛下の歌は温かく繊細で、何よりも率直な想いを表しており、心動かされるものばかりだ。平成最後の歌会始にあわせ、雑誌「短歌研究

■2019年1月20日
まもなく1ヵ月…米政府機関閉鎖が「フェイク・クライシス」な理由
もし、読者の皆さんがお住まいの地域にある市役所や区役所が、ある日突然機能しなくなったら――日々の暮らしにも、企業・団体の活動にも、大きな影響が出ることは間違いありません。しかし米国ではいま、そのような

■2019年1月20日
講談師たちの「特権要求」に屈するか…?野間清治の「決断」
ノンフィクション作家・魚住昭氏が極秘資料をひもとき、講談社創業者・野間清治の波乱の人生と、日本の出版業界の黎明を描き出す大河連載「大衆は神である」。創刊から部数が伸び悩み、じり貧だった「講談倶楽部」。

■2019年1月20日
メガネは「ある理由」から、人が恐れる「悪魔の道具」だった
メガネが日本に伝来したのは16世紀。イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルが来日し、大名・大内義隆に贈ったものが広まって、全国でも使われはじめた。そもそもメガネは、13世紀後半のイタリアで発明された

■2019年1月20日
英語入試改革に小学校英語…なぜ成果が見込めないのに断行されるのか
センター試験の改革、小学校での英語の「教科化」…様々な分野で、日本の英語教育改革が進んでいる。しかし、それらはどれも実効性の薄いものばかりだとわかってきている。では、なぜそうなってしまうのか。専門家が

■2019年1月20日
JKビジネスに蔓延する、「裏オプ」という闇の闇


■2019年1月20日
中国の勃興に頭を悩ますプーチン、恐るべき「次なる一手」
産経新聞の遠藤良介記者の『プーチンとロシア革命』より、プーチン大統領統治下のロシアの国家戦略についてを佐藤優氏が深く掘り下げる。

■2019年1月20日
2年後、センター試験廃止で大学入試は「カオスな世界」になる


■2019年1月19日
安倍政権を揺るがす「データ改ざん」と「永田町のある火種」
1月28日、第198回通常国会が召集される。昨年暮れ段階では、政府・与党の間で次期通常国会は「無風国会」との見方が支配的だった。ところが、年明け早々に厚生労働省の「毎月勤労統計」で不適切な調査が200

■2019年1月19日
そして「生命2.0」への道(中編)~コップも椅子も生命になる
生命はどこから生命なのか? 生命1.0の条件とは何か? 生命0.1や生命0.5は存在するか? こうした問いを追いかけてきた連載の最終章は、「では、生命2.0がいる?」最前線の研究者から返ってくる答えは

■2019年1月19日
1月19日 探査機「ニュー・ホライズンズ」打ち上げ(2006年)
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2019年1月19日
トランプの「FRB叩き」で日本が最大の迷惑を被る理由
米国の中央銀行、連邦準備制度理事会が利上げモードに入っているが、景気に対してマイナスの影響を恐れて、政治家であるトランプ大統領が圧力をかけた。株式の下落もあり、パウエル議長も「利上げの停止」を示唆して

■2019年1月19日
「井上尚弥はすべてが理想形」敗れた元世界王者が語る怪物の実像
世界3階級制覇王者の井上尚弥(大橋ジム)と元WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平(ワタナベジム)は対極のボクシング人生を歩んできた。

■2019年1月19日
高校も大学も頭を抱える「センター試験改革」あまりに多すぎる問題点
2021年1月、センター試験に変わって「大学入学共通テスト」が始まる。しかし、この改革には数えきれないほどの問題点が指摘されている。

東京の若い女性の梅毒患者、なぜ5年で25倍の激増?中国人観光客の「夜 ...
この梅毒の感染者が近年、日本国内で急激に増加し、大きな問題になっている。国立感染症研究所は今年1月、昨年1年間の梅毒患者数が4518人に上ったと発表した。 梅毒の ... 次のページ 梅毒流行は中国人観光客の“夜の爆買い”が原因?

■2019年1月20日
JRA「年度代表馬」史上最大のねじれ決着!? スペシャルウィーク白井元調教師らが"怒りの声"を上げたJRA賞の舞台裏
 年度代表馬を始め、一年を通じて各部門で活躍した馬や競馬関係者を表彰するJRA賞。単純に栄誉というだけでなく、引退後に種牡馬や繁殖牝馬としての馬生が残っている競走馬にとっては、さらに重要な勲章でも..

■2019年1月20日
JRA藤田菜七子騎手あわや「八百長」被害者!? レース中「おめでとう!藤田菜七子騎手 今年初勝利」表示にファン騒然......
 19日に中山競馬場で行われた若竹賞(500万下)はF.ミナリク騎乗のヒシイグアス(牡3歳、美浦・堀厩舎)が1番人気に応えて勝利。一昨年に優勝したウインブライトが、そのまま3月のスプリングS(G2..

■2019年1月20日
法科大学院制度が失敗、国が抜本的見直しを検討か…「旧司法試験」復活論も
「Gettyimages」より 司法試験を法科大学院在学中に受験できるようにする、という話が出ている。10月5日付読売新聞で報じられたのを機に、弁護士などがツイッター上でこのことについて議論してい..

■2019年1月20日
電力“余剰”問題が深刻化…国、原発再稼動で太陽光発電事業者の退場を推進
原子力発電所(「Getty Images」より) 九州一円が好天に恵まれた1月3日。九州電力は午前9時から午後4時にかけて、太陽光発電の再生可能エネルギー事業者に一時的な発電停止を指示する出力制限..

■2019年1月20日
旗艦店閉店のH&MやFOREVER 21は、なぜユニクロとGUに惨敗したのか?
H&Mの店舗(「Wikipedia」より/Horiuchi73) ここ数年、外資系ファストファッションの失速が著しい。アメリカ発のFOREVER 21は2017年10月、日本での初出店となった原宿..

■2019年1月20日
パチスロ「王者」にも新たな動き!?「話題作」を連続リリースの超ヒットメーカー「完全制覇」へ!!
『ルパン三世』(平和)や『牙狼』(サンセイR&D)といったビッグコンテンツのパチンコ最新作が登場。デビューから好稼働を見せている。 早い段階より取り上げられていた両機は「2400発」搭載パチン...

■2019年1月20日
AJCC(G2)フィエールマン「押さえ」まで!「現場ネタ」から強気な「穴馬券」狙い!!
 今週「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑むレースは、20日に中山競馬場で開催されるAJCC(G2)。今後の古馬中距離戦線に影響を与える注目の1戦を的中させるべく、入手した現場ネタから導き出した「勝

■2019年1月20日
東海S(G2)武豊インティ「問答無用軸」でOK!? 砂王決定戦へ関係者情報でホクホク?
インティ(JBISサーチ公式サイトより) 春のダート王決定戦フェブラリーS(G1)の前哨戦である東海S(G2)。今年もダート界で躍進を誓う有力馬たちが、こぞって出走を予定している。このレースに「現..

■2019年1月19日
パチンコ「激甘」対決が勃発!「覇者」VS「人気シリーズ」が話題!!......【必見! 新台特集1月21日週】
 年明けから平和の看板機種『ルパン三世』シリーズ最新作や、6段階「設定」搭載タイプなど話題作が続々とデビューを果たしたパチンコ。 1月後半も見逃せない新台が導入予定。最も大きな注目を浴びている...

■2019年1月19日
百田尚樹『日本国紀』は世紀の名作かトンデモ本か
『日本国紀』(百田尚樹/幻冬舎)『日本国紀』(百田尚樹/幻冬舎)は、歴史書として空前のベストセラーといわれているので、今後、日本人の歴史観にも大きな影響を与えるだろう。私も読んでみたが、戦後史観で..

■2019年1月19日
テレポーテーション(瞬間移動)、世界で事例報告相次ぐ
 世の中には、時として科学では説明できない不思議な出来事が起こる。そんな現象を我々は超常現象と呼ぶが、科学の発展とともに解明されてきたものもあれば、なおも解明されぬままのものも多い。そんな超常現象のひ

■2019年1月19日
NGT山口暴行を生んだAKB商法の構造的危険性…“直接接触”を売りにファンの多額出費を助長
山口真帆(公式ツイッターアカウントより) 新潟に拠点を置くアイドルグループ・NGT48の山口真帆さんが、男性2人から暴行被害を受けたことをSNSで告発し、波紋を広げている。AKBグループ運営元は謝..

■2019年1月19日
木村拓哉が工藤静香と娘のリアルな親子喧嘩を暴露 “木村家崩壊”報道の真実味は
【正解のないWEBマガジン~wezzyより】「ぴあ Movie Special 2019 Winter」(ぴあMOOK) 今月18日から、主演映画『マスカレード・ホテル』が公開されている木村拓...

■2019年1月19日
パチスロ新台「覚醒メーカー」渾身の最新作が登場!! 「合算1/100以下」「限界出玉」を実現!!【人気メーカー―1月新台―】
 昨年はパチンコ年間販売台数「上位」にランクインした覚醒メーカー・京楽産業.。その勢いは今年も続き、8年振りの甘デジスペック『必殺仕事人』最新作や期待値1500発オーバーの小当りRUSHを実現した..

■2019年1月19日
六代目山口組・司組長の初詣に今年は異変!?……2019年、3つの山口組の静かなる始動
初詣に訪れた六代目山口組・司組長 平成最後の年の幕開けとなった1月1日。時刻が0時を刻むと同時に、神戸市灘区にある護国神社では、太鼓を打ちつける音が鳴り響いていた。その中を最高幹部を伴った六代目山..

梅毒 近年の患者報告数が急増中 要注意 - 感染症・予防接種ナビ
2018年6月21日 - 特に20代前半の女性を中心とした患者数増加が新たな問題となっています。妊娠している人が梅毒 ... 原因は梅毒トレポネーマという病原菌で、病名は症状にみられる赤い発疹が楊梅(ヤマモモ)に似ていることに由来します。感染すると全身に ...
増加しつつある梅毒―感染症発生動向調査から見た梅毒の動向―
厚生労働省・感染症サーベランス事業により、全国約5,000のインフルエンザ定点医療機関を受診した患者数が週ごとに把握されています。 過去の患者発生状況をもとに設けられた基準値から、保健所ごとにその基準値を超えた場合に、注意報レベルや警報 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも梅毒患者 増加原因に関連のある画像ばかりではありません。
梅毒患者 増加原因の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

梅毒患者 増加原因に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも梅毒患者 増加原因に関連のある動画ばかりではありません。

梅毒患者 増加原因に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング