桂歌丸 再入院とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
「まだ死ねません」桂歌丸さんが再入院へ原因となった腸閉塞とは ...
5月に50年間出演を続けた笑点を勇退した落語家の桂歌丸(かつらうたまる)が、 腸閉塞(ちょうへいそく、イレウス)治療のため再入院することが27日分かりました。落語 ...
桂歌丸、体調不良で再入院 復帰予定の落語会は休演 - 芸能 : 日刊 ...
桂歌丸、体調不良で再入院 復帰予定の落語会は休演
桂歌丸、腸閉塞の治療のため再入院|日テレNEWS24
3日に相模原市での落語会で高座復帰する予定だった落語家桂歌丸(80)が、前日2日夜に体調不良で再入院したことが3日、分かった。この日の落語会は休演する。 関係者によると、左肺炎慢性呼吸不全急性憎悪と...- 日刊スポーツ- 1時間前
桂歌丸、体調不良で再入院 復帰予定の落語会は休演 (日刊スポーツ ...
復帰高座休演の歌丸、病名は「左肺炎慢性呼吸不全の急...- スポーツ報知- 24分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも桂歌丸 再入院に関連のある画像ばかりではありません。
桂歌丸 再入院の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

桂 歌丸(かつら うたまる、1936年〈昭和11年〉8月14日 - )は、日本の落語家。
本名は椎名 巌(しいな いわお)。
神奈川県横浜市中区真金町(現:南区真金町)の出身・在住。
定紋は『丸に横木瓜』。
血液型はA型。
横浜市立横浜商業高等学校定時制中退。
出囃子は『大漁節』。
公益社団法人落語芸術協会会長(5代目)。
当初は新作落語中心だったが、近年は、廃れた演目の発掘や三遊亭圓朝作品など古典落語に重点を置いて活動している。
地元・横浜においては横浜にぎわい座館長(2代目)、横浜橋通商店街名誉顧問も務めている。
位階勲等は旭日小綬章。
演芸番組『笑点』(日本テレビ)の放送開始から大喜利メンバーとして活躍し2016年に番組を勇退するまでは、『笑点』開始からはもちろん、『金曜夜席』時代からの唯一の出演者であった。
、2006年(平成18年)5月21日から2016年(平成28年)5月22日まで同番組の5代目司会者を務め、同日付で終身名誉司会者となった。
生い立ち * 1951年(昭和26年)11月 - 5代目古今亭今輔に入門。
兄弟子・4代目桂米丸の前名・を名乗る。
* 1954年(昭和29年)11月 - 二つ目昇進。
* 1961年(昭和36年) - 兄弟子・米丸門下に移籍。
桂米坊に改名。
* 1964年(昭和39年)1月 - 桂歌丸に改名。
* 1965年(昭和40年)3月 - 日本テレビ『金曜夜席』の大喜利メンバーとして出演(1966年4月まで)。
* 1966年(昭和41年)5月 - 日本テレビ『笑点』の大喜利メンバーとして出演(1969年4月から11月までを除く)。
* 1968年(昭和43年)3月 - 真打昇進。
* 1974年(昭和49年)1月 - 横浜・三吉演芸場での独演会を開始。
この頃から演目を古典落語にシフトする。
* 1979年(昭和54年)8月 - 4代目三遊亭小圓遊と共に社団法人落語芸術協会理事就任。
* 1989年(平成元年) - 横浜市政100周年にて市民功労賞、同年文化庁芸術祭賞受賞。
* 1991年(平成3年) - 横浜文化賞受賞。
* 1996年(平成8年) - 神奈川文化賞受賞。
* 1999年(平成11年)9月 - 5代目春風亭柳昇の後任で落語芸術協会副会長就任。
* 2004年(平成16年)2月 - 10代目桂文治の後任で落語芸術協会5代目会長就任。
* 2005年(平成17年) - 芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
* 2006年(平成18年)5月 - 5代目三遊亭圓楽の降板に伴い、『笑点』の5代目司会者就任。
また、初の自伝『極上歌丸ばなし』を出版。
* 2007年(平成19年)4月 - 旭日小綬章受章。
* 2010年(平成22年)7月1日 - 玉置宏の逝去に伴い空席となっていた横浜にぎわい座の第2代館長に就任。
* 2011年(平成23年) - 噺家生活60周年を迎える。
* 2016年(平成28年)4月30日 - 「体力の限界」を理由に笑点の司会を引退することを発表。
同年5月22日放送の「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」を最後に勇退。
同年5月25日には文化庁より文部科学大臣表彰されることを発表 共同通信 2016年5月25日 同日閲覧。

引用:Wikipedia:データベース

桂歌丸 再入院に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも桂歌丸 再入院に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング