栗原勇蔵 引退とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
元日本代表DF栗原が引退 横浜にスタッフで残留へ - J1 : 日刊 ...
J1で首位に立つ横浜F・マリノスの元日本代表DF栗原勇蔵(36)が今季限りで引退することが1日、関係者の話で分かった。15年ぶりのJ1優勝を懸けた2位FC東京… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・ ...
J1の移籍、新加入、戦力外、引退情報一覧 - サッカーライブ速報 ...
【横浜M】チーム一筋18年の栗原が引退 F東京との最終節が現...
元日本代表DF栗原勇蔵が引退 J1横浜M一筋18年、7日に最終 ...
J1で首位に立つ横浜Mの元日本代表DF栗原勇蔵(36)が今季限りで引退することが1日、関係者の話で分かった。 15年ぶりの優勝を懸けた2位・F東京との最終節(7日・日産ス)が現役最終戦となる。下部組...- スポーツ報知- 33分前

■2019年12月10日
チェルシー指揮官、リールとの大一番へ意気込み「ベストを尽くして戦う」
 チェルシーのフランク・ランパード監督は、決勝トーナメント進出を懸けたリール戦に向けて意気込みを語った。

■2019年12月10日
バルサ、メッシ招集外でインテル戦へ バルベルデ監督「彼抜きでも勝利するのが私たちの義務」
 バルセロナは10日にチャンピオンズリーグ・グループF最終節、アウェーでのインテルミラノ戦に臨む。この試合の前日会見に出席したエルネスト・バルベルデ監督は、たとえFWリオネル・メッシ抜きでも、自チーム

■2019年12月10日
松井大輔、J2の真実を語り尽くす!新著「サッカー・J2論」
 来季J1昇格を決めた横浜FCに所属するサッカー元日本代表MF松井大輔(38)の新著「サッカー・J2論」(ワニブックス刊、税別830円)が10日に発売された。

■2019年12月10日
遠藤航がニュルンベルク戦フル出場 3-1で勝利
 サッカーのドイツ2部リーグで9日、シュツットガルトの遠藤航はホームのニュルンベルク戦にフル出場した。チームは3-1で勝った。

■2019年12月10日
マンC・ロドリ、ダービー敗戦に「VARに苛立ってしまった」
 マンチェスターCのロドリは、ダービーでのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定に苛立ってしまったと話した。

■2019年12月10日
アーセナルが敵地でウェスト・ハムに逆転勝利!リーグ戦約2カ月ぶり白星
 現地時間9日、プレミアリーグ第16節ウェスト・ハムvsアーセナルのロンドン・ダービーが行われた。

■2019年12月10日
ソン・フンミンに人種差別、バーンリーサポーターの少年…警察も動き出す事態に
 バーンリーのサポーターがトットナムのソン・フンミンに対して人種差別行為を働いたことがわかった。イギリス『BBC』や『スカイスポーツ』などが報じている。

■2019年12月10日
WADAがロシア代表の2022年W杯出場禁止を発表 EURO2020参戦は問題なし


■2019年12月10日
カズ、15年ぶりJ1開幕スタメンへグアムで鍛えまくる!


■2019年12月10日
東アジアE-1選手権開幕 日本、3大会ぶりVへ10日中国戦


■2019年12月10日
仙台・渡辺監督が今季限りで退任「クラブに心から感謝」


■2019年12月10日
仙台、渡辺監督の退任発表


■2019年12月10日
ドルトムントに痛手、ヴィツェルが自宅でアクシデント…顔面負傷で年内の試合は欠場


■2019年12月10日
バルセロナ、インテル戦に安部裕葵は招集せず メッシら主力温存/欧州CL


■2019年12月09日
アギーレ元日本代表監督に無罪 八百長疑惑で解任、AP通信報じる


■2019年12月09日
トッティ氏が振り返る現役最後「すべてのスケープゴートにされてしまった」


■2019年12月09日
ピョンテク、イブラヒモヴィッチ加入なら歓迎「ミランには偉大な彼のような選手が必要」


■2019年12月09日
バロテッリ、スパル戦でセリエA通算50得点も「俺に重要なのはブレシアを救うこと」


■2019年12月09日
森保監督「タイトル目指したい」 E-1初戦へ意気込み


■2019年12月09日
FWビクトル・イバルボが鳥栖から長崎に完全移籍!今夏から期限付き移籍


■2019年12月09日
イブラヒモヴィッチ氏の去就に代理人が言及「自由の身だしセリエA移籍と限らない」


■2019年12月09日
新記録8連勝!レスター指揮官「この順位を誰かが予想していたとは思えない」


■2019年12月09日
G大阪、スサエタと青山の契約満了を発表 ダビド・コンチャはレンタル終了に


■2019年12月09日
FC東京、永井&D・オリヴェイラとの来季契約に合意!ともに今季ベストイレブン


■2019年12月09日
原因はパンツの取り合い?サポーターが腹部を刺され救急搬送、ボローニャ対ミラン戦で


■2019年12月09日
注目のライプツィヒ指揮官、バルセロナへの憧れ明かす「美しい街で、美しいクラブ」


■2019年12月09日
岐阜、藪内健人と契約せず


■2019年12月09日
イバルボが長崎へ完全移籍


■2019年12月09日
ラキティッチ「バルサは完璧な場所」 一時は退団示唆も出番増加


■2019年12月09日
元バイエルンのコバチがアーセナル指揮官に興味?すでにクラブと接触済み


■2019年12月09日
清水MFヘナトアウグストが左腕骨折 全治3カ月


■2019年12月09日
41歳明神智和が引退会見 W杯は「素晴らしい経験」


■2019年12月09日
リバプール連勝で首位快走 バルサとレアルは競り合う


■2019年12月09日
町田監督にポポヴィッチ氏が復帰!「私のホームに戻ることができて大変幸せ」


■2019年12月09日
マンU指揮官、愛弟子リンガードの復活に喜び ライバル相手の連勝に貢献


■2019年12月09日
安部裕葵、インテル戦で待望のバルサトップチームでの公式戦&CLデビューか


■2019年12月09日
降格の磐田が強化体制を一新…鈴木政一氏が強化本部長に就任


■2019年12月09日
コシールニー「アーセナルで幸せじゃなかった」電撃退団の理由を明かす


■2019年12月09日
ボローニャ冨安、ミラン戦で伊メディアから最低評価「悪夢の夜」


■2019年12月09日
スペインで苦しむ日本人選手たち…先週末は久保以外が先発落ち


■2019年12月09日
バイエルン、2連敗で7位転落の非常事態…キミッヒ「悔しくて仕方がない」


■2019年12月09日
肩負傷の酒井宏樹がフル出場「スローイン以外は痛くない」


■2019年12月09日
J2降格の磐田、川又堅碁と森下俊の契約を満了「ショックと自分の不甲斐なさに…」


■2019年12月09日
食野亮太郎のハーツ、元ハノーバーのドイツ人指揮官を招へい


■2019年12月09日
宮市亮フル出場 ザンクトパウリ0-1で敗れる


■2019年12月09日
浅野拓磨フル出場 パルチザン勝利


■2019年12月09日
酒井宏樹フル出場 マルセイユ3-1で逆転勝利


■2019年12月09日
板倉滉フル出場 フローニンゲン0-1で敗戦


■2019年12月09日
中島翔哉は後半途中出場 ポルト1-1のドロー


■2019年12月09日
吉田麻也は出番なし サウサンプトンは逆転負け


横浜一筋 元日本代表DF栗原が引退― スポニチ Sponichi Annex ...
サッカー元日本代表の栗原が引退 J1横浜M一筋18...- 共同通信- 12分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも栗原勇蔵 引退に関連のある画像ばかりではありません。
栗原勇蔵 引退の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

栗原 勇蔵(くりはら ゆうぞう、1983年9月18日 - )は、神奈川県横浜市瀬谷区出身で横浜F・マリノス所属のプロサッカー選手。
ポジションはディフェンダー。
主にストッパー(右センターバック)としてプレーをする。
元日本代表。
* ユース時代、ゲームセンターで遊んでいるときにボクシングジムの関係者にスカウトされたことがあるスポーツ報知2009年8月2日号。
* 気性が強く、ユースからトップチームの若手時代にいたるまで「街で売られた喧嘩は全て買っていた」という。
このことについて天野貴史が「全体練習の後、決闘に出かけた」と証言している週刊サッカーダイジェスト2009年5月12・19日号。
* 2011年6月26日、モンテディオ山形戦でマリノスのJリーグ通算1000ゴール目となるメモリアルゴールを決めた喧嘩に買って相手を東京湾に沈めたという証言も出ている。
スポーツ報知 2011年6月27日。
* 2013年9月29日、一般女性と入籍した。
*松田直樹に気合を入れてくれと言われ殴り失神させた事がある。
2002年に横浜F・マリノスに加入。
2005年までは日本代表の松田直樹や中澤佑二を擁する横浜FMの厚いディフェンス陣の選手層により控えに甘んじていたが、2006年は開幕戦からCB(センターバック)として出場するなど、レギュラーとして出場する機会が多くなる。
シーズン終盤からは層の薄かった右SB(サイドバック)としても起用されるようになった。
CBで起用されているのには栗原自身の成長もあるが、同じくDFでしばしば攻撃参加もする松田直樹が攻め上がったときに守備のバランスが崩れ失点するのを防ぐためでもある。
松田本人に「若い頃の自分に似ている」等と言われるほどのメンタル面や実力を当時から持っており、「第二の松田直樹」とも呼ばれていた。
2006年8月、オシム監督になっての日本代表でトリニダード・トバゴ戦に向け追加招集され、後半に負傷した坪井慶介に替わり出場。
代表デビューを飾った。
しばらく日本代表に招集されなかったが、2010年4月セルビア戦で再度招集された。
2008年シーズンには過去にサイドバックを務めていた経験もあり、試合中のチームのフォーメーションを変化に伴ってサイドバックとして右サイドを駆け上がることも多かった。
2012年6月8日、2014 FIFAワールドカップ・アジア最終予選の対ヨルダン戦で代表初ゴールを記録した。
同月12日の対オーストラリア戦でも2試合連続ゴールを決めた。
2013年シーズンは、リーグ戦2位と天皇杯優勝に貢献した。
2016年6月11日の川崎フロンターレ戦にてJ1リーグ通算300試合出場を達成。

引用:Wikipedia:データベース

栗原勇蔵 引退に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも栗原勇蔵 引退に関連のある動画ばかりではありません。

栗原勇蔵 引退に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング