林家木久扇 弔辞とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
歌丸さん告別式 木久扇が弔辞 | 2018/7/11(水) 15:28 - Yahoo!ニュース
2時間前 - 林家木久扇が弔辞、歌丸師匠は先月発声練習していた. 2日に慢性閉塞(へいそく)性肺疾患で亡くなった落語家桂歌丸さん(享年81)の椎名家・落語芸術協会による合同告別式が11日、横浜・妙蓮寺で営まれた。笑福亭鶴瓶、三遊亭円楽、桂 ...
林家木久扇が弔辞、歌丸師匠は先月発声練習していた(日刊スポーツ ...
桂歌丸さん告別式、師匠の米丸、柳亭市馬、木久扇が弔辞
桂歌丸さんの告別式で林家木久扇が弔辞 東南アジア旅行での工作を ...
2日に慢性閉塞性肺疾患のため81歳で亡くなった落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名:椎名巌=しいな・いわお)さんの告別式が11日、神奈川・横浜の妙蓮寺で椎名家・落語芸術協会の合同にてしめやかに営ま...- オリコン- 34分前

■2018年7月19日
菅野美穂が第2子妊娠、年内にも出産 夫・堺雅人も大喜び
女優の菅野美穂(40)が、夫で俳優の堺雅人(44)との間に第2子を妊娠中であることが18日、スポーツ報知の取材で分かった。複数の関係者によると、菅野はすでに妊娠5か月を過ぎて安定期に入っており、年内に

■2018年7月19日
純烈、はやぶさら11人のイケメン演歌男子が執事姿で熱唱
男性歌謡グループ・純烈、はやぶさらが18日、東京・浅草公会堂で「歌謡ポップスチャンネル」主催のライブイベント「演歌男子。LIVE2018」を行った。今年で5回目を迎えた真夏の恒例イベント。2組のほか、

■2018年7月18日
【楽天】後半戦はリーグ唯一の無傷の3連勝…平石監督代行「勝つことしかない」
◆ロッテ2―6楽天(18日・ZOZOマリン)パ・リーグ最下位の楽天が、ロッテに逆転勝ち。今季2度目の同一カード3タテで、球宴後の後半戦ではリーグ唯一の無傷3連勝となった。2回表にアマダーの左翼席に突き

■2018年7月18日
【楽天】アマダー2発で3連勝…平石洋介監督代行のノルマ果たす
◆ロッテ2―6楽天(18日・ZOZOマリン)楽天のジャフェット・アマダー内野手(31)が、2回に先制の14号ソロ、7回に同点の15号ソロを放って、チームを今季最長に並ぶ3連勝に導いた。体重135キロの

■2018年7月18日
【楽天】松井が今季初白星「チームが勝てるようにどこでも準備をしてマウンドに上がりたい」
◆ロッテ2―6楽天(18日・ZOZOマリン)楽天・松井裕樹投手(22)が、同点の7回に3番手で登板し、3者凡退で抑えて今季初白星を挙げた。2イニングを完璧に抑えた前日の17日から2試合連続で登板。加藤

■2018年7月18日
三役で苦戦の松鳳山、“感謝の心”で白星
◆大相撲名古屋場所11日目○松鳳山(上手出し投げ)千代の国●(18日・ドルフィンズアリーナ)小結・松鳳山(34)=二所ノ関=が“感謝の心”で白星を挙げた。前頭2枚目・千代の国(九重)を上手出し投げで下

■2018年7月18日
【C大阪】敵地で3失点…リーグ再開黒星スタートにW杯戦士の山口「相手より走れなかった」
◆明治安田生命J1リーグ第十六節清水3―0C大阪(18日・IAIスタジアム日本平)C大阪が、リーグ再開戦で3失点の惨敗を喫した。前半から相手にペースを握られ、なかなかパスが通らない苦しい展開。前半11

■2018年7月18日
【柏】日本代表GK中村航輔が相手と交錯し負傷し交代「脳しんとうの疑い」
◆J1リーグ第16節柏0―1F東京(18日・三協フロンテア柏スタジアム)ロシアW杯メンバーの柏GK中村航輔がゴール前で相手と交錯した際に負傷し、途中交代した。後半16分、右クロスに合わせてスライディン

■2018年7月18日
“スーパーサイヤ人”長友がゲーム「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」の公式サポーター就任
サッカーの日本代表DF長友佑都(31)=ガラタサライ=がスマートフォン用ブラウザゲーム「ドラゴンボールZブッチギリマッチ」の公式サポーターに就任することが19日、発表された。W杯開幕前、事前合宿地のオ

■2018年7月18日
日テレの新人・元乃木坂46の市來玲奈アナ、社交ダンス披露も「歌が下手すぎて…」
18日に放送された日本テレビ系「今夜くらべてみました」(水曜・後9時)に4月に同局に入社した市來玲奈(22)、岩田絵里奈(22)、篠原光(23)、弘竜太郎(22)の各新人アナウンサーが大先輩の豊田順子

歌丸さん葬儀で木久扇が弔辞 初の海外旅行でまさかの乗り遅れ秘話「2人 ...
歌丸さん告別式 ピン子「もうすぐいくから待っててね...- スポニチアネックス- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも林家木久扇 弔辞に関連のある画像ばかりではありません。
林家木久扇 弔辞の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

林家 木久扇(はやしや きくおう、1937年(昭和12年)10月19日 - )は、落語家・漫画家・画家。
旧名は初代(はやしや きくぞう)。
本名:豊田洋(とよた ひろし)。
血液型A型。
出囃子は「宮さん宮さん」。
定紋は、林家彦六一門の定紋である「光琳の蔭蔦」。
愛称は木久ちゃん。
実家は商売をしており比較的裕福な幼少期を過ごしたが、太平洋戦争による使用人の出征、東京大空襲による店の全焼など被害に巻き込まれ、家族が離散。
小学4年生の時から新聞配達をして家計を支えた。
自分を支える経済、お金の入ってくる道を発見工夫して上昇していくことが大切で、「金はあるに越したことはない」という考えを持つに至る。
そのためか貧乏を嫌い、終生長屋暮らしだった師匠彦六を「清貧に甘んじ人情に厚い人」と評する一方で「噺家は貧乏でもいいという姿勢」を欠点とし、「噺の中に出てくる人物と同色の暮らし向きをして、若手落語家たちにあれが老成大家の未来像なんだと植えつけてしまった(例として、落語会のギャラを自分の分だけでなく、弟子達の分まで半分相手に返してしまう行動など)」と記している。
寄席に登場し一礼すると、「スーパースターの林家木久扇でございます」と挨拶し、観客の笑いを誘い、掴みを取る。
「現在の多くの若い落語家は経済観念が欠落している」とも批判している。
反面、インタビュー依頼電話に「私が喋るのは只じゃござんせん」とプロ意識を持っていた師匠彦六の天敵6代目三遊亭圓生、豪邸を建てた3代目古今亭志ん朝、師匠彦六と同じ長屋住まいだが「横丁の大金持ち」とあだ名されるほど貯金を貯め、脳溢血で倒れた際入院費・治療代を全額貯金を払って亡くなり、一方亡くなる直前まで金のことを考えていた師匠彦六の友人9代目桂文治を賞賛している『バカの中身』より。

木久扇が圓生の考えに賛同する部分は特に経済観念であり、噺家活動の方向性については「落語は古典でなくては、のかたまり」「指導力のある人だが、一方的」と感じていたと『ぼくの人生落語だよ』で記している。
また、志ん朝の父・5代目古今亭志ん生は対極的に“貧乏長屋”の代名詞として、今なお志ん生一門中心に噺家の小咄のネタとなっている。
木久扇のライバルは“先月の売り上げ”である(ラーメンだけでなく、噺家・作家としての売り上げも含む林家たい平『笑点絵日記』より。
)。
多芸多趣味であることもあり、落語界の外に多くの知己を持っている。
大御所になってからも絵の師匠に弟子入りしたりしている。
『笑点』などで脱力的なキャラクターが認知されているが、エッセイや著書からは、キャラクターのイメージとは異なる相当のインテリであることを窺わせる。
時代劇や日本史に造詣が深く、NHKの歴史番組などにゲスト出演する際は、笑点でのキャラクターとは別人の描写である。
木久扇襲名後も、旧名の(初代)木久蔵と間違えることが多々あり、板につくまで時間が掛かった。
私生活では、常に帽子を目深にかぶり、絶対に有名人であることを悟られないように用心深く過ごしている。
弟子もつけないことが多い。
清水崑からは門弟中に「ひとり高く、孤高であれ、お前さん群れなさんなよ」とよく励まされており、その言葉の影響もある模様。
楽屋での人間関係は孤立気味であり、会話はもちろん視線を合わすことも避けられている。
これは嫌われているのではなく、不意に変なもうけ話をメンバーに持ち込むため、他のメンバーが絡みづらいと感じているからだとされる。
6代目三遊亭円楽は東京スポーツからのインタビューで「たまたま目が合ったら、近づいてきて、“いい木材を大量に仕入れたからそれを彫り物にして売ろうよ”と持ちかけられた」と暴露した。
また、過去に象を輸入して観光料で儲けようとしたが、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)に引っかかって大儲けどころか、象が輸入されずに大損したこともある。
この時の象は木久象とまで名前をつけていた。
とはいえ、若い時分には、師匠連にお茶を出すのは大変だ、ということで二口急須を発明して商品化されるなど、成功した事例もある。
本人の著書によれば、1976年に(本に1967年とあるのは誤り)腸閉塞症に罹り、生存率60%といわれる手術を成功させている。
この時臨死体験に近いことを体験した。
「ウチくる!?」出演時2010年8月15日放映分。
には手術後、点滴が外れていない時期に「笑点」の収録に参加、舞台上で痛みを堪えてよじってはいけない体をよじっていたことを告白している。
なお、このお陰で「笑点」の収録は無欠席であるとも述べている。
父親は胃癌で死んだが、2000年に本人も胃癌に罹り、胃を3分の2切除している。
ダブル襲名の口上で、きくお改め木久蔵は、この7年前(2000年)に木久扇がガンを患ったことに触れており、「(木久扇が)元気なうちに真打昇進できて良かった。
これでいつ天国に行ってもらってもいい」と述べている。
赤塚不二夫やタモリとは長く親交があり、彼らの仕事場や宴会にはよく顔を出している。
また横山やすしとは親友の間柄であり、やすしを全国ラーメン党の副会長兼大阪支部長に任命したことがある。
3代目三木助死後、三木助の死後まで残っていた門弟達は、三木助と同じ筋である8代目桂文楽、5代目柳家小さんを前に次の新たな師匠を決めさせられ、木久蔵(当時・木久男)以外の門弟は皆小さんを選択した。
それにもかかわらず8代目林家正蔵一門へ移籍したのは、三木助の病床時に林家正蔵が見舞金を贈ってきたことに対し、「これが一番嬉しい」と三木助夫人が言っていたため。
当時の木久男はまだ前座になりたてで、落語界の人間関係をよく理解していなかったと語る『元祖キクゾー天狗印元気乃素』および『笑芸人』インタビューより。

自身の選定により、* 家が狭いこと(貧乏長屋であり、部屋数も少ない。
掃除が楽)* 師匠の子供が既に成人して、自立していること(子守の仕事をすることがない)ということをメリットに考えた。
しかし、正蔵が道具噺をするということまでは実際その準備にかりだされるまで知らず、道具を部屋から引っ張り出し、運び出し、大道具の演技をしなくてはならず、苦心した(もっとも、これはその日に寄席に出ている前座の仕事であるため、正蔵を師としなくてもやらされたものである。
二つ目・志ん朝も別の一門であったが正蔵の後ろで大道具の演技をやらされて、失敗をしでかしている)。
嘗て師匠彦六と当時の営団地下鉄で共に移動した際、発車間際の電車に木久蔵が先に乗り、閉まりかけたドアを押さえて彦六が乗車出来るようにしていたが、閉まるドアの力が強く、思わず木久蔵が手を離してしまったところに彦六の顔がドアに挟まれてしまった。
その後、木久蔵はしばらく彦六に口をきいてもらえなかったテレビ朝日『徹子の部屋』での発言より。

本人の著書によれば、約1年半、前座として新師匠彦六宅で修行をする。
そのため、彦六の物真似が出来るようになった。
笑点の大喜利など随所で披露する他、現在では「林家彦六伝」という新作落語まで作った。
反面、彦六一門は師匠彦六自身も含めて本寸法であっても極めて地味な芸風で、テレビで売れるタレント落語家たちとは対極の位置にいたことに対し、『笑点』で活躍する木久蔵はまさしく売れっ子タレントの一人であり、また、預かり弟子であることと、テレビでの活躍などでほとんど長屋に顔を出す機会がなかったこともあってか、彦六は彼への強い印象は持っていなかった(破門宣告も木久蔵に対し37回下しているものの、門弟全員が似たような数の宣告を受けている。
林家彦六の性格参照)。
このことについては、『笑点』の鶴亀大喜利で三波伸介が木久蔵について師匠彦六に質問したのに対し「あいつはなんだかわからねえ」と答えており(『笑芸人』でも木久蔵自ら語っている)、弟弟子時代からの付き合いで圓楽一門へ移籍した今もなお、笑点メンバーとして付き合いの長い三遊亭好楽(当時:林家九蔵)においても、入門当初から売れっ子だった兄弟子であり、稽古を共にした記憶が無く(「東京かわら版」インタビュー参照)、笑点のメンバーになるまでほとんど面識がなかった模様(このインタビューでも明示されているが、九蔵を笑点に誘ったのは、5代目圓楽だった)。
弟弟子林家正雀も、著書で師匠彦六の自宅稲荷町に通ってくる兄弟子の記録として、「3代目八光亭春輔、3代目桂藤兵衛、林家時蔵が毎日、九蔵が時おり、5代目はやし家林蔵はよく来た」とだけ記している。
日本橋出身であることを誇りに思い、上を走る首都高速道路を地下に移設してほしいと、時々笑点の挨拶で訴えている。
『クジラ食文化を守る会』の副会長を務めている事でも分かるように、捕鯨文化の維持を主張しており、正論2018年5月号では「食べていい生物といけない生物 決めるのは誰?」というタイトルで、「ビハインド・ザ・コーヴ 〜捕鯨問題の謎に迫る〜」の監督を務めた八木景子との対談が掲載された。
* 1937年(昭和12年)10月19日、東京市日本橋区(現・東京都中央区)生まれ。
* 1944年(昭和19年)青森県八戸市へ疎開。
八戸市立柏崎小学校に在学2012年2月には、東北復興をイメージした絵を、柏崎小学校に贈呈。

* 1945年(昭和20年)3月10日、東京大空襲で実家の雑貨問屋が全焼し、廃業。
* 1947年頃 西荻窪に移るが、両親が離婚著書には、父親の戦争ボケが原因ともある。
、母側に引き取られる。
* 1956年(昭和31年)3月、東京都立中野工業高等学校(食品化学工業課程)を卒業。
** 同年4月、「食べ物に苦労しない」という理由で森永乳業に入社。
** 同年8月、森永乳業を退社、漫画家を目指すため、漫画家清水崑に入門。
* 1958年 漫画が『漫画サンデー』に掲載され、プロの漫画家となる。
* 1960年 師匠清水崑に諭され、落語家への転進を薦められる。
* 1960年(昭和35年)8月15日、落語界入り。
清水崑の紹介で3代目桂三木助に入門。
三木助は弟子には「木久」の字をつけていたので、木久男の名をもらう。
* 1961年(昭和36年)1月16日、師匠三木助死去。
** 同年3月10日、8代目林家正蔵(後の林家彦六)一門へ移籍、「木久蔵」と改名。
* 1965年(昭和40年)9月、二つ目昇進。
* 1967年(昭和42年)5月、当時の本牧亭席亭の妹(武津子夫人)と結婚。
結婚式のダブル・ブッキングをしてしまい、来賓が激怒自分の結婚式と同じ時間に他人の結婚式の司会の営業をしていた。
そのため自分の結婚式には、新郎席に柳家小きん(後の6代目柳家つば女)が代理人として座るという事態となった。
このことは「クイズダービー」の問題(三択問題)になった。

* 1969年(昭和44年)11月9日、『笑点』のレギュラーとなる。
現在のメンバーで一番連続出演期間が長い(桂歌丸は、手術に伴う休演がある)。
* 1973年(昭和48年)9月、真打昇進。
当時としては異例の10人同時昇進で物議を醸し、のちの落語協会分裂騒動の遠因になる。
* 1975年(昭和50年)9月29日、長男・宏寿(後の林家きくお、2代目林家木久蔵)誕生。
** 同年12月、シングル「酔姫エレジー」をリリースし歌手デビュー。
* 1978年(昭和53年)シングル「いやんばか〜ん」をリリース。
* 1979年(昭和54年)シングル「とびだすな!!」をリリース。
* 1981年(昭和56年)12月、日本で初めてラーメンについての単行本を出し、ラーメン・ブームの火付け役となる。
* 1982年(昭和57年)1月29日、師匠林家彦六死去。
* 同年2月7日放送の『笑点』で彦六追悼特集に兄弟子2代目橘家文蔵、林家枝二(現:7代目春風亭栄枝)、弟弟子林家九蔵(現:三遊亭好楽)と出演。
** 同年5月、全国ラーメン党を結成。
会長に就任。
「木久蔵ラーメン」チェーンの展開を始める。
** 同年10月27日、現在の事務所である「有限会社トヨタアート」を設立。
** 同年12月、林家時蔵が、兄弟子の5代目春風亭柳朝門下より二つ目で移籍(時蔵は、元は弟弟子)。
* 1987年 4月、林家きく姫が入門。
* 1989年 林家彦いちが入門。
* 1991年(平成3年)、芸歴30周年。
* 1992年(平成4年)、社団法人日本漫画家協会正会員。
** 同年、社団法人落語協会理事に就任。
** 同年、林家久蔵が入門。
* 1995年、林家きくお(現:2代目林家木久蔵)が入門。
* 1996年、林家きく麿が入門。
* 1998年(平成10年)、大長編ドラえもん『ドラえもん のび太の南海大冒険』に、声優としてゲスト出演。
* 2000年(平成12年)4月、初期の胃がんであることが発覚。
その後、5月に手術を受けた。
* 2001年(平成13年)、芸歴40周年。
* 2002年、林家ひろ木が入門。
* 2005年(平成17年)、JAROのCMキャラクターになる。
* 2006年(平成18年)、野村證券のCMに出演。
** 同年、林家たい木が入門* 2007年9月21日、ダブル襲名(別項)* 2008年(平成20年)10月、林家扇が入門。
* 2009年(平成21年)3月、林家木りんが入門。
* 2012年(平成23年)4月、メガマソのボーカルのインザーギのカバーアルバム「Visualist 〜Precious Hits of V-Rock Cover Song〜」のジャケットにビジュアル系の衣装を身にまとい登場youtube.com CDJournal.com 。
** 同年9月、ももいろクローバーZ扮する桃黒亭一門の曲「ニッポン笑顔百景」に参加。
楽曲中にて小噺を披露する。
* 2014年(平成26年)7月、初期の喉頭癌により約1カ月半に渡って休養することを明らかにした。
** 同年10月19日(自身77歳誕生日)放送(9月27日収録分)で笑点復帰。

引用:Wikipedia:データベース

林家木久扇 弔辞に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも林家木久扇 弔辞に関連のある動画ばかりではありません。

林家木久扇 弔辞に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング