松本人志 真意とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
松本人志、意味深ツイートの真意は「何やら勘違いされ ... - Yahoo!ニュース
2018年2月14日 - ダウンタウンの松本人志(54)が13日夜、自身のツイッターを更新。11日の投稿.
松本人志 ツイートの真意説明 三浦瑠麗氏は無関係「誤解って怖いな ...
ダウンタウンの松本人志(54)が18日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・ 00)に出演。今月11日夜の.
松本人志、話題の意味深ツイート真意を説明 72時間ホンネテレビにも ...
2017年11月12日 - 松本人志/モデルプレス=11月12日】ダウンタウンの松本人志が12日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(あさ10時)にて、先日話題となった意味深なTwitter投稿について説明した。
「バラエティはいよいよ大変」松本人志、意味深ツイートの真意語る
18日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で松本人志(54)が11日に自身のツイッターで「たとえばオレの番組にゲストで出たタレントさんが叩かれてたりするとツライです。きっとサービス...- スポーツ報知- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも松本人志 真意に関連のある画像ばかりではありません。
松本人志 真意の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

松本 人志(まつもと ひとし、1963年9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、映画監督、作家であり、ダウンタウンのボケ担当である。
愛称は松ちゃん(まっちゃん)。
相方は浜田雅功。
妻は伊原凛。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)所属。
好きな歴史上の人物としてゴッホ松本人志、高須光聖「放送室1」第4回、株式会社よしもとアール・アンド・シー、2008年。
、アンネ・フランク松本人志、高須光聖「放送室3」第29回、株式会社よしもとアール・アンド・シー、2008年。
、黒田官兵衛松本人志、千原ジュニア「人志松本の○○な話 誕生編~前期~」DISC1、株式会社よしもとアール・アンド・シー、2011年。
など。
1998年7月より、髪型を左分けから坊主頭に変える。
2014年の秋以降は白髪を隠す目的で髪の毛をグレーに染めていたが、すぐ色が落ちてしまうという理由で冬頃からは金色に染めている(ゆうパックのCMのみ黒に戻している)。
左利きの芸能人として有名であるが、スポーツ系は右利きで箸やペンを持つ場合は左利きである。
CMの中ではレフティギターを弾いている。
リンカーン「融通が利く体No.1決定戦」。
一回のトレーニング時間は2時間弱でトレーニング後にはDNSのPro X(プロテイン)を飲む。
ベンチプレス(スミスマシン)は最高130kgを上げる。
目標は自分の体重の2倍である138kgである。
マッチョを芸風にしないことも特徴の一つである。
AVIREXが好きで、いつもワンサイズ小さいサイズのTシャツを着用。
多方面の人物やメディアなどで、「天才」と称され、特に若手から中堅芸人のほとんどにリスペクトされている兵庫県尼崎市出身[ 吉本興業株式会社 芸人プロフィールダウンタウン](吉本興業公式プロフィールより)。
小学校・中学校の同級生に浜田雅功と高須光聖がいる。
浜田と共に吉本総合芸能学院(NSC)に入学(同校の1期生)。
入学当初から浜田とコンビを結成。
コンビ名は何度も変わったが、最終的にはダウンタウンとして舞台やテレビ番組に出演。
1987年4月に開始した初の看板番組『4時ですよーだ』を皮切りに、翌年には深夜のコント番組『夢で逢えたら』で東京進出。
『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』、『ダウンタウンのごっつええ感じ』等では出演のほか番組の企画・構成も担当。
1993年から1995年にかけて、『週刊朝日』に連載していた自身のエッセイ(「オフオフダウンタウン」)が『遺書』及び『松本』として単行本化される。
それぞれ250万部、200万部を売り上げる。
1990年代後半より、『一人ごっつ』シリーズ(フジテレビ系)、入場料1万円のコントライブ「寸止め海峡(仮題)」、料金後払い制ライブ「松風'95」、コントビデオ『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』など、個人での活動も行うようになる。
2000年、自身の原案で『伝説の教師』に主演。
2001年10月4日より、ラジオ番組『放送室』を高須光聖と共に開始し、2009年3月28日の番組終了まで約7年半に渡り放送。
2007年、企画、脚本、監督、出演の四役を務めた映画『大日本人』を発表し映画監督デビュー。
日本での公開に先立ってカンヌ国際映画祭の「監督週間」に招待された。
これに伴い、2008年の東京スポーツ新聞社主催・「第8回ビートたけしのエンターテインメント賞」で話題賞を受賞。
2004年から『人志松本のすべらない話』(通称:すべらない話)のホスト及び企画、2009年からは大喜利の祭典『IPPON グランプリ』の大会チェアマンとして出演し(いずれもフジテレビ制作)、あまり知名度の無いお笑い芸人の才能の発掘や若手芸人の育成にあたる役割も担っている。
『すべらない話』では、関西での活動を中心としていた小籔千豊や、矢野・兵動の兵動大樹がMVSを受賞し全国区へとブレークするきっかけを作り、『IPPON グランプリ』では、『R-1ぐらんぷり』『爆笑レッドカーペット』等をきっかけにブレイクしたバカリズムの大喜利能力の圧倒的な高さを発掘した。
2010年6月、左股関節に股関節唇損傷を患い、股関節の手術を受けるため1 - 2ヶ月程度の休養を発表した。
その後、8月18日収録の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で仕事復帰。
同年10月15日にNHK総合でテレビでは実質的に9年振りとなるコント番組『松本人志のコント MHK』が放送、翌10月16日に同局のドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』で「松本人志スペシャル」が放送された。
2015年12月、第18回みうらじゅん賞を受賞 デイリースポーツ online 2015年12月9日閲覧。
2017年12月24日、ワイドナショーで安倍晋三首相との食事会を振り返り、「雑談でたわいもない話して、割り勘で帰っただけ」と説明。
政治家への転身は否定した。
しかしこの会食をきっかけに首相との関係は大きく変わり、首相から「ヨッ!」と気さくに声をかけられたと明かし、共演者たちを驚かせた日刊スポーツ、2017年3月19日閲覧LITERA、2017年3月19日閲覧。

引用:Wikipedia:データベース

松本人志 真意のツイート

松本人志 真意に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング