東京ラブストーリー 再放送とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
東京ラブストーリー 再放送へ | 2018/9/11(火) 15:33 - Yahoo!ニュース
2018年9月11日 - フジテレビは、織田裕二と鈴木保奈美が共演し、90年代に社会現象を巻き起こしたドラマ「東京ラブストーリー」を再放送すると発表した。再放送は、14年ぶり7回目。
『東京ラブストーリー』14年ぶり7回目の再放送鈴木保奈美&織田裕二で大 ...
1991年に月9枠(フジテレビ系、月曜午後9時~)で放送された鈴木保奈美主演、織田裕二共演の大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」が、本日14日から28日まで、フジテレビ系「メディアミックスα」枠(月...- シネマトゥデイ- 7分前
東京ラブストーリー再放送 視聴率「SUITS」超えの可能性は|日刊ゲンダイ ...
東京ラブストーリー再放送 視聴率「SUITS」超え...- 日刊ゲンダイDIGITAL- 18分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも東京ラブストーリー 再放送に関連のある画像ばかりではありません。
東京ラブストーリー 再放送の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

東京ラブストーリー』(とうきょうラブストーリー)は、柴門ふみによる日本の漫画。
1988年から小学館『ビッグコミックスピリッツ』で連載された。
1991年1月7日から3月18日にフジテレビ系でテレビドラマが放送された。
キャッチコピーは、「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」。
2016年、週刊ビッグコミックスピリッツの創刊35周年記念の一環で、同年9号に『東京ラブストーリー 〜After 25 years〜』のタイトルで、本作の25年後のを描いた続編が読み切りにて掲載。
読み切り作品のその後を描いた同タイトルの連載作品が、11月10日発売の女性セブンで全7回で連載。
タイトルは東京ラブストーリーだが、主要登場人物で都内出身なのは長崎尚子のみ。
当初は地方出身者である完治、三上、さとみが東京で三角関係を繰り広げる「東京トライアングル」というタイトルを想定していたという『漫道コバヤシ』第33回 東京ラブストーリー刊行25周年!柴門ふみSPより。
; 永尾 完治(ながお かんじ): 本作の主人公。
東京の広告代理店「和賀事務所」に勤務する会社員。
地元の愛媛を愛し、地元大学に進学したものの、教授の推薦で上京して和賀の許で働くことになった。
性格は誠実で真面目かつ気配り上手で誰に対しても優しい。
反面、その優しさが災いして優柔不断な面もある。
趣味は伝書鳩の育生。
高校時代は軟式野球部員。
その当時から片思いする関口さとみにはふり向いて貰えないが、田々井アズサや赤名リカといったエキセントリックな女性に何故か好かれてしまう。
三上は猛獣使いの素質があるためだと評している。
東京での生活に馴染めず、コンプレックスを抱く。
愛称カンチ(リカ限定)。
三上とさとみが交際することになり、失恋の痛手からリカと寝てしまい、その後はなし崩しに通い同棲生活を送る。
だが、完治が真剣にリカを愛するようになるや、次第にリカが発作を起こすようになってしまう。
三上とさとみの破局、リカの突然の留学で、さとみに対する未練とリカを持て余していたことを自覚。
さとみと結婚を前提に交際を始める。
帰国したリカ、さとみの間で心揺れるが、最終的にリカが身を引く形でさとみと結ばれた。
さとみと結婚し、第一子をもうける。
; 赤名 リカ(あかな リカ): 本作のヒロイン。
完治の同僚。
商社マンの娘でジンバブエ育ち。
自由奔放に生きる。
劇中当初は和賀と交際しつつ、完治に興味を抱いていた。
和賀が家族を捨ててリカを選んだことで和賀と破局し、さとみに失恋した完治と交際をはじめる。
愛に生きる性格故、様々な男性と浮き名を流し、贅沢を味わい尽くす。
だが、他人から愛されることに慣れておらず、パニック障害を抱える。
また、感情のコントロールが下手で特に「怒り」を制御出来ない。
また愛する男性と上手く行きかけても破滅的で無軌道な行動をとってしまう。
完治を心から愛していたが、突然会社を退社して留学のため渡米し、完治の前から姿を消す。
結局和賀との息子(アフリカ)を身篭る。
結局、和賀とは結婚せず、シングルマザーとして生きるつもりで完治と別れた。
完治にとっては「東京」の象徴とみなされていたが、語学堪能でアフリカ育ちの彼女にとって東京は窮屈なコンクリートジャングルだったようで長期休暇では海外を飛び歩いている。
; 三上 健一(みかみ けんいち): 完治とは高校時代の同級生。
高校時代は水泳部所属。
私立医科大学の学生。
地元の名士の息子で成績優秀。
二枚目で女性にはモテる。
だが、実の父親との仲は最悪で、勘当され従兄弟を養子にされたことで実家とは絶縁に近い状態にあり、実母だけが将来を心配している。
表面的には軽薄で数々の女性と簡単に関係を持つが、根は子供っぽく寂しがり屋で内向的な性格。
趣味はプラモデル作り。
小学生時代にイジメから庇ってくれた完治と、父親の策略で万引き犯の噂を流されたときに唯一人信じてくれたさとみだけを信頼し、故郷の愛媛を憎悪し、そこから逃れるために上京した。
親に嫌われる惨めな幼少期を過ごしたことで愛情に飢え、幸福な幼少期にコンプレックスを持つ。
片思いしていたさとみと結ばれ、同棲するが尚子への関心は尽きず、彼女から手酷くフラれたことでさとみと破綻。
一時期、完治の部屋に居候する。
三上とさとみの復縁を完治がお膳立てするも、さとみの三上に対する絶望感は深く、復縁はならなかった。
一方、尚子との関係は次第に深まり、真剣に彼女と交際するようになる。
尚子の両親の反対もあり、一度は破局したものの、成田離婚した尚子と結ばれる。
医師となった後、仙台に赴任する。
行きずりの女性とも関係するが、「友達の彼女とだけは絶対に寝ない」という確固たるポリシーを持ち、リカに誘惑されたときもサラっと受け流した。
; 関口 さとみ(せきぐち さとみ): 本作のもう一人のヒロイン。
完治、三上の高校時代の同級生。
高校時代はバレー部員。
優等生気質で誰に対しても優しい。
その性格故に完治、三上からそれぞれ片思いを寄せられる。
実家がラブホテルを経営していることでからかいの対象となるが、それをさりげなく庇っていた完治に好意を持っていた。
だが、潔癖で身持ちの堅い性格であり、完治がアズサとキスをしたことを気にしていた。
自身の秘密を知らない土地で生きる決意をして上京。
保育士として就職した東京で、完治、三上と再会する。
当初は完治に心惹かれていたが、実は三上に対して独占欲に近い愛情を持っていたことがわかり、三上に纏わる事情が発覚してからは三上への思いを自覚し、完治にフラれたこともあって三上と同棲するようになる。
だが幸福は長く続かず、さとみの愛に安心しきった三上に何度も裏切られ、「馬鹿になる」と決めて寄り添っていた。
だが、三上が尚子に失恋したことを機に破局した。
三上との交際と別離は潔癖だった彼女を一回り大きく成長させた。
完治とは互いに良き相談相手となっていたが、リカとの関係に憔悴しきった完治の姿を見て、改めて完治の魅力と思慕を確認し、リカと対決して完治を奪い取る決意を固める。
三上と完治を靴に喩え、三上は「誰もが振り返る自慢の靴」だが、完治は「履き心地が良すぎて履いていることを忘れてしまう」と評している。
高校時代は学級委員だったが芯の強い性格故に煙たがられていた。
田々井アズサの突然の自殺で、実家のホテルから男性と出てきたことを教師に告げ口したと誤解から憎まれたまま死なれたことにショックを受けつつ、「死者に振り回されるべきではない」と反論し、クラスメイトたちの不評を買った。
完治との順調な交際を帰国したリカにかき乱されるが、完治を信じて待ち、リカと別れた完治と結婚する。
; 長崎 尚子(ながさき なおこ): 三上と同じ医大生。
大病院の令嬢。
お嬢様育ちで優等生気質。
反面、三上のような不良学生も放っておけない愛情の深さを持つ。
性格的にどことなくさとみと似た部分があるため、さとみとの同棲中も三上から執拗にアプローチされる。
さとみに対しては初対面から敵愾心丸出しだった。
だが、性格的にはさとみよりも強く、自信過剰な三上に痛手を与えるためわざとデートに応じたフリをしてフィアンセを紹介し、三上の自尊心を傷つけた。
このことが三上とさとみが破局する直接要因となる。
さとみとの破局後、立ち直ろうと必死に足掻き、女遊びを控えるようになった三上を勉強面でサポート。
やがて、親の決めた相手との結婚が近付く中、三上への思いを確認するためアパートに赴き、結ばれた。
親の敷いたレールに沿って疑問を抱かなかったことを自覚し、三上と国家試験に合格したら結婚することを約束する。
だが、地方医になりたい三上の意向が尚子の両親に容れられず、興信所を使って過去を調べられるなどされたことで両親と三上の板挟みに苦しみ、そんな尚子の気持ちを裏切るように、元カノのさとみと睦まじげに振る舞ったり、行きずりの女と寝る三上に愛想を尽かし、両親の勧める縁談を受け入れる。
結婚式で尚子を奪いに来た三上を相手にしなかったが、成田離婚の末に三上の許に戻った。
その後、3年を経て両親に仙台住まいと結婚を了承させた。
; 和賀 夏樹(わが なつき): 個人事務所の経営者でリカと完治の上司。
元は大手企業の幹部候補で人脈も広くやり手だったが、一匹狼的な性格が派閥争いなどの企業体質に馴染まず独立した。
リカと不倫関係となり家族と別居するが破綻。
リカを本気で愛していた。
完治の人格や誠実さを認めており、陰ながらリカとの交際も応援する。
資金繰りに詰まった会社を畳んだ際には社員達に再就職先を斡旋した。
完治とリカの関係が煮詰まった際にリカの求めに応じて関係し、子供を成す。
やがて妊娠し帰国したリカと結婚するつもりだったが「愛しているのはカンチ」だと別れを告げられる。
行方をくらませたリカの身を案じて完治と連絡を取りあう。
ある意味、完治以上にリカの魅力と彼女の抱える障害を理解しており支えていた。
妻子を捨てた身だが息子には変わらぬ愛情を注ぐ。
; 田々井 アズサ(たたい アズサ): 完治、健一、さとみの高校時代の同級生で故人。
男関係は派手だったが、本心では完治が好きだったが、さとみを片思いする完治にフラれた。
その後、教室の黒板に「みんな大嫌い」と書き残して投身自殺する。
別の男とラブホに入ろうとしたところを、帰宅したさとみに目撃されたことからトラブルが発生。
さとみを誤解し攻撃していた。
三上とは肉体関係を持っており、本当は完治が好きだという真意もほのめかしていた。
完治、三上、さとみにとってはトラウマであり、リカについてそれぞれアズサに似た雰囲気があるとみなしている。
田舎町では彼女の深く自由な愛を受け止めきれる存在が居なかったことが自殺の要因だと三上は評している。
後に完治はリカにアズサについて話すが、生きることに執着するリカからは違うと評された。
; 青木: 完治の高校時代の親友。
黒縁眼鏡でやや肥満気味。
地元に就職したが、研修を経て東京勤務となる。
さとみをからかったりもしていたが完治がさとみに片思いをしていることを知る人物。
高校時代、完治に頼まれてさとみの真意を確かめた際に、「いい人たけど・・・」という言葉を引き出した。
当時、完治はすべてを聞かなかったがその前段が「永尾くんがアズサさんとキスしたって本当?」だったことを再会後に明かす。
; 北川先生: さとみの同僚。
ロングヘアの美人。
職場柄お互いを「関口先生」、「北川先生」と呼びあうが親友。
三上が紹介したフランス料理店で完治とさとみのデートに同席し、予約人数の変更で気を利かせて現れた三上と軽口を言い合う。
その後、泥酔して「本当は三上くんを誰かに取られるのが嫌なんでしょう」と発言したことが完治とさとみの破局と三上とさとみの交際の契機となる。
翌日、この件を謝罪する。
その後、三上が尚子にフラれ、さとみが部屋を飛び出した際には彼女を受け入れ、しばらく同居していた。
さとみと三上との破局後、間を取り持つ完治と話す機会も増え、さとみから同棲生活中の深い話も聞き出す。
リカの存在があった上で完治と結ばれることを願うさとみを後押しした。
「恋愛は闘い」という考えの持ち主。

引用:Wikipedia:データベース

東京ラブストーリー 再放送に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも東京ラブストーリー 再放送に関連のある動画ばかりではありません。

東京ラブストーリー 再放送に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング