村治佳織とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
村治佳織 オフィシャルホームページ| Kaori Muraji official homepage
ギタリスト 村治佳織 オフィシャルホームページ 最新公演スケジュールやアルバム情報、 本人メッセージ付きのオリジナル画像ギャラリーなどがご覧になれます。
村治佳織 | Kaori Muraji - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
来歴- 人物- ディスコグラフィー- アルバム
村治佳織 | Kaori Muraji - トランスフォーメーション - UNIVERSAL ...
村治佳織のユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイト。村治佳織の最新ニュース、 新曲、ライブ・イベントニュース、視聴・試聴、PV・映像コンテンツをご覧いただけます。
村治佳織 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comに関するニュース
村治佳織のユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイト。村治佳織の最新ニュース、 新曲、ライブ・イベントニュース、視聴・試聴、PV・映像コンテンツをご覧いただけます。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも村治佳織に関連のある画像ばかりではありません。
村治佳織の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

村治 佳織(むらじ かおり、1978年4月14日 - )は、日本のギタリスト。
東京都台東区出身。
同じくギタリストの村治奏一は実弟。
* テレビやラジオ番組のレギュラー出演のほか、テレビCMへの出演やイメージキャラクターとしての起用など、本人のメディアへの登場も多い。
* 雑誌でのエッセイ連載や、新聞への書評の寄稿などの執筆活動も行っている。
* 英国の名門クラシックレーベルであるデッカ・レコード(Decca Records)と、日本人としては初めてとなるインターナショナル長期専属契約を結ぶ。
* デッカ移籍後初のアルバム「トランスフォーメーション」は、「レコード芸術」9月号にて特選に選出され、第19回日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー<洋楽部門>を受賞する。
* 日本ではアランフエス協奏曲以外の曲がほとんど演奏されていないことを憂いロドリーゴのほかの曲を紹介するため積極的に演奏するようになる。
* そのカリスマ的人気が後のクラシック・ギターブームを呼び、日本のクラシック音楽界に活況をもたらしたことなど演奏家としての業績は大きい。
* クラシックではないロック系専門誌のギター・マガジン誌やYOUNG GUITAR誌のインタビューを受けることもあり、特にYOUNG GUITAR誌では90年代中期にクラシック・ギターに関する連載コーナーを持っていた。
* 近年、自身で「二足の草鞋をはいている」と言うほどナレーションに力を入れており、CD「音楽を夢見た少年〜ロドリーゴ」日本語版のナレーションや、ラジオ番組「MITSUBISHI JISHO Classy Café」のナビゲータを務めている。
* クラシックギターというジャンルを世の中に知らしめるために、近年の作品ではロックやポップスの曲にもトライしている。
* 趣味は散歩と読書とカラオケ。
読書はエッセイやノンフィクション物を好む。
カラオケのレパートリーは、美空ひばりの「お祭りマンボ」や中島美嘉、椎名林檎、宇多田ヒカルなど。
* 2012年9月4日に出身地の東京都台東区から「たいとう観光大使」として任命された。
3歳頃から父・村治昇にギターの手ほどきを受け、日々厳しい特訓を受ける。
その後、10歳からはクラシックギタリストの福田進一に師事。
1989年、日本ジュニア・ギター教育協会主催:日本ジュニア・ギター・コンクールにて最優秀賞を受賞。
1991年、学生ギター・コンクールにおいて、全部門通じての最優秀賞を受賞。
1992年、ブローウェル国際ギター・コンクール(東京)と東京国際ギター・コンクールで優勝を果たす。
1993年、津田ホールにてデビューリサイタルを開催。
同年、デビューCD「エスプレッシーヴォ」をリリース。
1994年、日本フィルハーモニー交響楽団と共演、協奏曲デビューを果たす。
第5回出光音楽賞(1994年度)を最年少で受賞。
1995年、イタリア国立放送交響楽団の日本ツアーにソリストとして同行。
1996年、村松賞受賞。
同年5月、イタリア国立放送交響楽団の定期演奏会に招待されてトリノにおいて共演し、ヨーロッパでのデビューを飾ったこのコンサートは、ヨーロッパ全土にテレビ放映された。

1997年、女子聖学院中学校・高等学校を卒業すると、フランス・パリのエコールノルマル音楽院へ留学。
アルベルト・ポンセに師事。
1999年、テレビ番組の収録を通じて、ホアキン・ロドリーゴと亡くなる半年前に対面、彼の前でその作品を演奏する機会を得る。
同年、エコール・ノルマル卒業と同時に帰国。
本格的なソロ活動を開始し、NHK交響楽団をはじめとする国内の主要オーケストラとも共演を重ねる。
2000年、ドイツのフォーグラー・カルテットと室内楽の日本ツアーを行う。
同年、韓国のソウル・アート・センターにて初の韓国リサイタルを開催。
2001年、スペインのバレンシアにてロドリーゴ室内管弦楽団と初共演。
同年、初のDVD『Contrastes』をリリース。
2002年、ロドリーゴ生誕100年を記念し、同楽団と日本ツアーを行う。
2003年、フォーグラー・カルテットとの二度目の日本ツアー、韓国、ソウル・アート・センターでのリサイタル、そしてイタリア国立放送交響楽団とのトリノ、フィレンツェでの共演とそれに続く日本ツアーを行う。
同年11月、英デッカ・レコードと、日本人初のインターナショナル長期専属契約を結ぶ。
2004年、ホセ・マリア・ガジャルドとのデュオ・リサイタル・ツアーを行う。
DECCA移籍後第一弾アルバム「トランスフォーメーション」を発売、その記念ツアーを日本全国で展開する。
ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮の読売日本交響楽団とロレンツォ・パロモの「アンダルシアのノクターン」の日本初演を果たす。
2005年、LGアート・センター他2か所を回る韓国ツアーを行う。
上海音楽庁で上海交響楽団と共演し、中国デビュー公演を果たす。
スペインにて、バレンシア・オーケストラとアランフェス協奏曲を演奏。
「トランスフォーメーション」をヨーロッパ、韓国、香港をはじめ世界発売。
同年10月、右手後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)により演奏活動を休止、治療・静養に入る。
2006年1月、復帰してすぐにフランス、ナント音楽祭に参加、レコーディングも再開する。
同年4月、アメリカ西海岸での初リサイタル・ツアーを行い、アメリカデビューを果たす。
2007年4月、大阪国際フェスティバルで、ロドリーゴ作曲による2本のギターの為の「マドリガル協奏曲」を、アンヘル・ロメロと共に演奏。
2008年、第9回ホテルオークラ音楽賞を受賞。
同年4月、ベトナム国立交響楽団の定期演奏会(ハノイ・オペラハウス)に出演。
7月、ケヴァントハウス・バッハ・オーケストラと日本、韓国ツアーを行う。
8月、スペイン・サラゴサ万博のジャパン・デーにて、渡辺貞夫と共演。
10月、トゥールーズ室内合奏団と、現地にて共演した後、日本ツアーを行う。
2009年、稲本響(ピアノ、作曲)、藤原道山(尺八)、三響会(邦楽囃子)、英哲風雲の会(和太鼓)とともに珠響(たまゆら)を結成し、2月にサントリーホールにて第一回公演を行う。
10月、ドイツ人テノールのヤン・コボウとシューベルト「美しき水車屋の娘」を中心としたリサイタル・ツアーを開催。
11月、韓国・ソウル・アート・センターにて、アンサンブルDITTOのリーダーであるヴィオラ奏者、リチャード・ヨンジェ・オニールをゲストに迎え、リサイタルを開催。
2011年11月、再び右手後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)の治療により演奏活動を一時休止。
2012年2月、復帰。
2013年7月22日、舌腫瘍に罹患していることを公表し、治療のために長期休養に入ることを発表した ORICON STYLE 2013年7月22日閲覧。
2014年7月24日、自身のオフィシャルサイトにて以前より交際していた一般男性と結婚した旨を公表した。

引用:Wikipedia:データベース

村治佳織に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも村治佳織に関連のある動画ばかりではありません。

村治佳織に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング