本庶佑 ノーベル賞受賞とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ノーベル賞:医学生理学賞に本庶佑氏 京都大名誉教授 - 毎日新聞
2時間前 - スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、今年のノーベル医学生理学賞に京都大名誉教授の本庶佑氏(76)ら2人を選んだと発表した。免疫チェックポイント分子「PD-1」を ... 日本の受賞は2年ぶり。米国籍の2人を含めて計26人となった。
ノーベル医学生理学賞 本庶氏 | 2018/10/1(月) 18:37 - Yahoo!ニュース
ノーベル医学生理学賞に本庶氏 神戸医療産業都市推進機構理事長
本庶佑 高等研究院副院長・特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞 ...
スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を、免疫抑制物質を発見し、がん免疫療法に貢献した神戸医療産業都市推進機構(神戸市中央区)の本庶佑理事長(76)に授与すると発表...- 神戸新聞NEXT- 4分前
ノーベル賞予想、バイオ分野は本庶氏、坂口氏、石野氏の受賞に期待:日経 ...
ノーベル医学生理学賞に本庶佑・京都大特別教授- 朝日新聞デジタル- 4分前

■2018年10月08日
2018年10月8日号 目次


■2018年10月08日
主要バイオ特許の登録情報、大日本印刷など、「腸構造体を分化誘導する方法」ほか
主要バイオ特許の登録情報を掲載します。

■2018年10月08日
主要バイオ特許の公開情報、味の素とSpiber、「フィブロイン様タンパク質の製造法」ほか
主要バイオ特許の公開情報を掲載します。

■2018年10月08日
キーワード、プロファイリング検査(癌ゲノム医療)
 患者から採取した腫瘍組織検体から、次世代シーケンサー(NGS)で癌関連遺伝子を網羅的に解析する検査。解析で見いだされた臨床的意義のある変異などに基づき、治療方針を決定する癌クリニカルシーケンス(癌ゲ

■2018年10月08日
キーワード、バイオセーフティ
 一般的には実験室における感染であるバイオハザード対策、という意味合いがある。一方、2000年に採択された「カルタヘナ議定書」(生物の多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書)では

■2018年10月08日
キーワード、骨格幹細胞
 骨格幹細胞(Skeletal Stem Cells:SSCs)は骨髄の間質中に含まれる。自己複製能力と骨格系統(軟骨、骨、骨髄脂肪細胞、線維芽細胞)への分化能力を併せ持つ。骨の形成や代謝に関与するこ

■2018年10月08日
In The Market、そーせいグループが連日のストップ安に
 日経BP・バイオINDEXは9月半ばから上昇基調に転じ、10月1日は491.32と、500台が視野に入ってきた。

■2018年10月08日
業界こぼれ話、ベンチャーの割増退職金の「相場」は?
 製薬業界でリストラの嵐が吹き荒れる中、バイオベンチャーも無縁ではいられない。医学生物学研究所(MBL)は9月28日、同社として初めて希望退職者の募集を始めた。満40歳以上の従業員を対象に30人程度を

■2018年10月08日
業界こぼれ話、本庶氏の“銅像設置構想”が浮上
 2018年のノーベル生理学・医学賞受賞が決まった京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏。T細胞上にprogrammed cell death 1(PD1)を発見し、その機能を解析した同氏の研究成果が、

■2018年10月08日
World Trend米国、ncRNAを標的とするベンチャーが続々登場、大型資金調達も
 2018年9月上旬、我々MPM Capital社は、ノンコーディングRNA (ncRNA)を標的とした創薬を目指す米Twentyeight-Seven Therapeutics社(以下28-7社)の

■2018年10月08日
ベンチャー探訪、グランドグリーン(GRA&GREEN)
 世界四大文明の初期から定着し農業では最も古い手法とされる“接ぎ木(graft)”の技術革新を推進している研究開発型のアグリバイオベンチャー。名古屋大学大学院生命農学研究科の野田口理孝助教が、科学技術

■2018年10月08日
機能性食材研究(第58回)、ニホンナシ(日本梨)
 「機能性食材研究」連載の第58回では、夏から秋が旬のニホンナシを取り上げる。ニホンナシの日本市場(農産物産出額、統計最新の2016年)は年786億円だ。40を超える府県で産出され、産出額の都道府県別

■2018年10月08日
パイプライン研究、疼痛治療薬
 疼痛は、痛みの持続期間によって、「急性」「慢性」「間欠性」に分類することができる。また、原因によっては「侵害受容性疼痛」「神経因性疼痛」「慢性疼痛」の3つのタイプに大別される。侵害受容性疼痛は、骨折

■2018年10月08日
研究室探訪(第23回)、ポストゲノム時代ならではの次代に残るデータベース作製
 「全く研究をしたことがない医師・歯科医師の方、大歓迎」「一生携えられる学位論文を一緒に完成させよう」。東京医科歯科大学システム発生・再生医学分野の浅原研究室のホームページには、こんなメッセージがあふ

■2018年10月08日
リポート、静岡がんセンター「Project HOPE」の全容
 富士山麓、静岡県長泉町にある静岡県立静岡がんセンターは、国立がん研究センター、がん研究会有明病院と並ぶ、国内有数の癌医療の拠点として知られる。2014年1月、同センターはエス・アール・エル(SRL)

■2018年10月08日
特集、腸内細菌と癌治療
 2018年1月、欧米の3つの研究グループによる、抗PD1抗体の感受性の高い患者と低い患者の間で、腸内細菌叢に大きな違いが見られるとするそれぞれの論文がScience誌に掲載された。免疫チェックポイン

■2018年10月08日
オンライン閲覧TOP15、2018年9月15日から2018年10月1日まで
2018年9月15日から2018年10月1日までの閲覧数に基づき作成した(本誌に掲載しているオンライン閲覧TOP15を掲載しました)。

■2018年10月08日
編集長の目、オプジーボは「産学連携の成功例」か
 2018年のノーベル生理学・医学賞の受賞者は、京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏(写真)と米MD Anderson Cancer CenterのJames Patrick Allison氏の2人に

■2018年10月05日
【機能性食品 Vol.354】、サントリー「大人ダカラ」、ノーベル賞とラスカー賞/エピジェネティクスは奥が深い/クロマチンの仕組みの一部解明


■2018年10月05日
飯島歩の特許の部屋(第25回)、特許と特許権と特許無効のダブルトラック
 特許と特許権。よく似た用語だが、実は意味が異なる。特許とは、特許庁が行う行政処分で、特許権とは、特許によって出願人に発生する権利である。つまり、特許庁が「特許」という「行為」を行うことで、特許権者に

■2018年10月05日
ナノキャリアが米国でNC-6004のフェーズII開始へ、「キイトルーダ」と併用
 ナノキャリアは2018年10月4日、NC-6004と免疫チェックポイント阻害剤「キイトルーダ」(抗PD1抗体、ペムブロズマブ)の併用による頭頸部癌を対象にしたフェーズII試験について、米食品医薬品局

■2018年10月05日
【日経バイオテクONLINE Vol.3019】、ノーベル賞受賞会見の舞台裏&12月のセミナー告知
 おはようございます。副編集長の久保田です。皆さんが予想した通り、今年のノーベル生理学・医学賞は、京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏らが受章することになりました。

■2018年10月05日
東京大、癌遺伝子パネル検査「Todai OncoPanel」を先進医療Bで開始
 東京大学は2018年10月4日、独自に開発してきた癌遺伝子パネル検査「Todai OncoPanel」の臨床性能試験を先進医療B(注1)で開始したと発表した。全国16の病院と連携し、幅広い癌腫で適切

■2018年10月05日
米Morphic社、経口インテグリン阻害薬の臨床試験を開始へ
 インテグリンを標的とする経口の低分子化合物を開発している米Morphic Therapeutic社は、2018年9月25日、8000万ドル(約91億円)を調達してシリーズBラウンドの資金調達を完了し

■2018年10月05日
東京女子医大、他家歯根膜由来MSCの細胞シートの医師主導治験を開始
 東京女子医科大学先端生命医科学研究所医学部歯科口腔外科学講座の岩田隆紀准教授、安藤智博教授らの研究グループは、2018年10月2日、他家の歯根膜由来間葉系幹細胞(MSC)シートの医師主導治験を開始す

■2018年10月05日
特集連動◎低分子薬で核酸を標的に、富山大甲斐田氏、「スプライシング下流の機構解明による創薬へ期待」
 mRNAが転写され、スプライシング、リボソームで翻訳されるまでの過程に作用する低分子化合物の中には、核酸ではなく蛋白質に結合するものも少なくない。研究レベルで、スプライシングを阻害すると明らかになっ

■2018年10月05日
東大と理研、RNAポリメラーゼが染色体DNAを読み取る仕組みを解明
 真核生物の染色体ゲノムDNAがRNAポリメラーゼIIによって読み取られる仕組みを、東京大学と理化学研究所がクライオ電子顕微鏡を用いて解明し、Science誌にて2018年10月5日に論文発表した。染

■2018年10月04日
【日経バイオテクONLINE Vol.3018】、Mmの憂鬱、ゲノム編集と誤認していたSPTは、ゲノム編集規制の前例となるか?
 今回は恥を忍んで、今までの思い込みの訂正をあえて行わせていただきます。日経バイオテクの記事にはなっておりませんでしたが、講演などで皆さんにお伝えしていた「2013年から米DuPont社・米Pione

■2018年10月04日
日経デジタルヘルスより、GEヘルスケアと大和ハウス、再生医療実用化で協業
GEヘルスケア・ジャパンと大和ハウス工業は、再生医療の商用化に向けて協業する。ライフサイエンス分野のオープンイノベーション拠点である神奈川県川崎市殿町のキングスカイフロント「A地区」において、再生医療

■2018年10月04日
武田薬品の将来を考える会、Weber社長に公開質問状を送付
 「武田薬品の将来を考える会」は2018年10月1日、武田薬品工業のChristophe Weber社長宛てに「シャイアー社買収案件に関する:臨時株主総会へ向けての公開質問状」を送付した。主要な報道機

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも本庶佑 ノーベル賞受賞に関連のある画像ばかりではありません。
本庶佑 ノーベル賞受賞の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

本庶 佑(ほんじょ たすく、1942年1月27日 - )は、日本の医師、医学者(医化学・分子免疫学)。
勲等は文化勲章。
学位は医学博士(京都大学・1975年)。
京都大学名誉教授・高等研究院特別教授、公益財団法人先端医療振興財団理事長、ふじのくに地域医療支援センター理事長、静岡県公立大学法人顧問、日本学士院会員、文化功労者、2018年ノーベル医学生理学賞。
京都大学医学部副手、東京大学医学部助手、大阪大学医学部教授、京都大学医学部教授、京都大学大学院医学研究科教授、京都大学大学院医学研究科研究科長、京都大学医学部学部長、内閣府総合科学技術会議議員、静岡県公立大学法人理事長(第3代)などを歴任した。
2018年ノーベル生理学・医学賞受賞。
*1971年**京都大学医学部副手**カーネギー研究所発生学部門客員研究員*1973年 - 国立小児保健発達研究所分子遺伝学研究室客員研究員*1974年 - 東京大学医学部助手*1975年 - 「アミノアシルトランスフェラーゼ2のADPリボシル化とジフテリア毒素による蛋白質合成の阻害」にて博士号取得(京都大学)*1977年 - 国立小児保健発達研究所分子遺伝学研究室客員研究員*1979年 - 大阪大学医学部教授*1982年 - 京都大学医学部教授*1988年 - 京都大学遺伝子実験施設施設長*1989年 - 弘前大学医学部教授*1995年**京都大学大学院医学研究科教授**京都大学大学院医学研究科研究科長**京都大学医学部学部長*1999年 - 文部省高等教育局科学官*2002年**京都大学大学院医学研究科研究科長**京都大学医学部学部長*2004年 - 日本学術振興会学術システム研究センター所長*2005年 - 京都大学大学院医学研究科特任教授*2006年**京都大学大学院医学研究科客員教授**内閣府総合科学技術会議議員*2012年 - 静岡県公立大学法人理事長*2015年 - 公益財団法人先端医療振興財団理事長
引用:Wikipedia:データベース

本庶佑 ノーベル賞受賞に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも本庶佑 ノーベル賞受賞に関連のある動画ばかりではありません。

本庶佑 ノーベル賞受賞に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング