木梨憲武とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
テレビから消えた木梨憲武、「超多忙なのに悠々自適」な芸術家人生とは ...
2018年6月4日 - とんねるず・木梨憲武の第2の人生は、やはり「芸術家」だった。 3月22日にレギュラー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が終了したとんねるず。 石橋貴明は4月から単独で新番組「石… | アサ芸プラス.
木梨憲武、レギュラー0で芸術家へ転身か!? 別荘売却の “身辺整理” と妻の ...
2018年4月11日 - 静岡・伊東の高台に建てられた豪奢なマンションは、木梨憲武にとってかけがえのない財産だった。建材には大理石がふんだんに使われ、温泉大浴場にプールまでも完備。 そこは紛れもなく、彼の成功の象徴だったのだが…
カンニング竹山、木梨憲武への憧れ 芸人としての矜持「常に道化師でいたい ...
2018年7月4日 - フジテレビ『ノンストップ』と『直撃LIVE!グッディ!』、そしてTBS『ビビット』。この3番組にレギュラー出演するなど、カンニング竹山(47)は今や情報番組でもおなじみの顔となった。世の中で起きているさまざまな出来事に対して、舌鋒鋭く迫る ...
木梨憲武:ニュースまとめ【7/29更新】 - ライブドアニュース
木梨憲武に関するニュース記事一覧。トピックスで扱われた注目ニュースを掲載しています。
木梨憲武のニュースまとめ(837件) - エキサイトニュース
自身初の単行本刊行した「とんねるず」の木梨氏自身初の単行本『木梨憲武って!?』 を上梓した"ノリさん"を直撃!あふれる"サッカー愛"、そして"男の教科書"のような著書に込められた思いを語ってもらったぞ!!* * *□"ペレのサイン"はこうして…
木梨憲武の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

木梨 憲武(きなし のりたけ、1962年(昭和37年)3月9日 - ) は、日本のお笑いタレント・歌手・アーティスト・俳優・司会者である。
お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。
相方は石橋貴明。
コッカ所属。
身長178 cm。
妻は女優の安田成美で、間に2男1女。
自由民主党所属の前杉並区議会議員の木梨盛祥は従兄にあたる。
趣味・嗜好 世田谷区千歳台の自転車店(その後祖師ヶ谷大蔵に移転)「木梨サイクル」を経営する父の長男として生まれる。
世田谷区立千歳中学校卒業。
1977年に帝京高校へ入学し、サッカー部に入部。
部内ではムードメーカーで、当時同校の野球部にいた同級生の石橋とよくコンビを組んでネタをやっていた。
高校時代、日本テレビ系のバラエティ番組『TVジョッキー』の一般参加コーナー「ザ・チャレンジ」に出場。
木梨は正司歌江(かしまし娘)・和田アキ子・ルパン三世等のものまねを披露し、5代目チャンピオンとなる。
当時、石橋も同番組の常連参加者であり、木梨が同番組のグランドチャンピオン大会に出場した際に石橋が友情出演したのがテレビでの初共演となる。
高校卒業後の1980年、東京都内の東京ダイハツ販売の杉並営業所に就職。
同時期、所ジョージ司会のバラエティ番組『ドバドバ大爆弾』(テレビ東京系)にも出場。
あと一息のところで賞金100万円を獲り逃がす。
1980年7月、『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)に石橋とのコンビ「貴明&憲武」として出場する。
1981年、『お笑いスター誕生!!』の勝ち抜き6週目から現在のコンビ名「とんねるず」に改名。
公式サイトでは、とんねるずの結成時期は「1980年」と記載されている。
1982年4月、ついに『お笑いスター誕生!!』で10週勝ち抜きグランプリを獲得。
プロデビュー後2〜3年は下積みの日々を過ごしたが1984年にブレイク。
『オールナイトフジ』、『夕やけニャンニャン』(共にフジテレビ)の出演などで若者のカリスマ的存在となり、一気にスターの階段をかけ上っていった。
1984年 - 1986年に深夜ドラマの草分け『トライアングル・ブルー』(テレビ朝日)に可愛かずみ・川上麻衣子・柄沢次郎・前田耕陽等と共演する。
1994年、映画『そろばんずく』(1986年)で共演した安田成美と結婚。
1996年、大晦日の『第47回NHK紅白歌合戦』に「憲三郎&ジョージ山本」として出場。
2004年-2007年、2012年、単独ライブ『NORITAKE GUIDE LIVE』を開催。
2010年、コンビ結成30周年を迎える。
2014年-2016年、創作活動20周年を記念した個展『木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心』を全国8カ所で開き、43万人を動員。
2017年5月、5年ぶりの単独ライブ『木梨憲武と感じだしまショー』を開催。
2018年4月、16年ぶり主演映画『いぬやしき』全国公開。
2018年7月、2020年まで続く個展『木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-』の巡回がスタート。
2019年10月、『木梨憲武』として完全なソロ歌手としての音楽活動を開始。
自主レーベル「木梨レコード」を立ち上げた。
2020年9月、ハイヒールのリンゴと新たなお笑いコンビ「梨とりんご」を結成。
2020年12月、音楽フェス「TBSラジオ presents 木梨の大音楽会。
フェスってゆ-!!」をパシフィコ横浜・国立大ホールで開催する。
その他コンビとしての略歴はを参照。

引用:Wikipedia:データベース

木梨憲武のツイート

木梨憲武に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング