服部桜 連敗ストップとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
547 服部桜、連敗ストップの通算2勝目 : 大相撲データアナリストの大相撲 ...
1番相撲を終えたとき、厳しい論評をさせて頂いた。常々、たとえ弱くても続けることの素晴らしさというのを、服部桜に限らず、多くの序ノ口を定位置とするような「息の長い力士」を評価してきたが、それでも、89連敗。その89連敗に「惜しい相撲」 ...

■2019年1月13日
■678 私の心の中では稀勢の里はすでに引退しているはずなのだが。17時50分頃、稀勢の里は土俵の上にあがっているはず。
もう、心の準備は出来ている。既にリミットは超えている。先場所4連敗をした時点で「辞めてほしい」と思った。それは「横綱だから」だ。横綱という観点で見れば。稀勢の里が現役を続けるということは、それまでの成

■2019年1月12日
■677 1月は「大関」と「将来の大関」の初優勝が多い?
1月場所の優勝予想は、白鵬と予想する方が半数を超え、次いで高安、鶴竜と続いた。この中で、高安を推す理由に「平成年間の1月場所は大関経験者の初優勝が多いから」というものがあった。確かに振り返ってみると、

■2019年1月11日
■676 本年もよろしくお願いいたします
さて、すでに2019年も1月11日になりましたが、本年1本目の記事となります。年末から年始にかけて本業が多忙で、こちらまでなかなか手が回らず、本年1本目がやっと手に付けられる状況となりました。遅くなり

■2018年12月31日
■675 今年も1年ありがとうございました
さて、あと数時間で平成30年が終わります。今年の大相撲、良いことも悪いこともなんでもあった1年だったのではないでしょうか。そんな平成30年ですが、私個人としては、このブログもかなり軌道に乗り、「幕下相

■2018年12月22日
■674 西幕下筆頭での4勝力士
11月場所、西幕下筆頭の大成道が4勝3敗と勝ち越したが、1月場所の十両昇進は見送られた。おそらく、1月場所の地位は東幕下筆頭だろう。西幕下筆頭の勝ち越しで東に回るだけのケースというのは時折見られる。番

■2018年12月20日
■673 稀勢の里、どうしよう。数字から見る、稀勢の里の現状。
先場所全休した鶴竜と途中休場した豪栄道が巡業に合流した。だが、稀勢の里はすでに巡業の全休が発表されている。稀勢の里はどうなるのか。現時点での報道ベースだと、1月は出場を求められそう。出場したところで、

■2018年12月14日
■672 「若ナントカ」という力士
若隆景。言うまでもなく、現役十両力士である。そんな十両力士に「託したい」ことがある。平成27年7月場所。十両下位で若の里が大きく負け越した。翌場所、若の里は幕下の番付に載ったものの幕下では土俵に上がら

■2018年12月10日
■671 関脇が残す成績とその翌場所は
大相撲の番付。大原則は「勝ち越せば上がる」「負け越せば下がる」だろう。だが、大関・横綱になるためには勝ち越すだけでは上がれない。逆に大関・横綱は1場所負け越しただけでは番付が下がることはない。これがこ

■2018年12月09日
■670 年間3回以上「12勝以上」を記録した大関以下の力士
今年の高安はどう評価すればいいのか。今年の高安は1月場所から12勝・12勝・全休・9勝・11勝・12勝。今年は大関2年目にもなり、初めて1年間通して大関として過ごした。とはいえ、1場所全休があったこと

■2018年12月08日
■669 平成31年1月場所幕下以下予想番付
今更感はありますが、幕下以下の予想番付を作成してみました。もともと幕下まではやっていたのですが、三段目以下は気分次第。そもそも序二段以下は、数えるほどしかやったことがなかった番付作成ですが、今回は序の

序ノ口・服部桜が89連敗でストップ 783日ぶり通算2勝目に ... - AU one
服部桜(2017年撮影) 「大相撲名古屋場所・3日目」(10日、ドルフィンズアリーナ) 東序ノ口34枚目の服部桜(19)=式秀=が颯雅(15)=二子山=に勝ち、連敗を89で止めた。勝負結果は腰砕け.
序の口・服部桜が89連敗でストップ 通算2勝目にネットも祝福 - グノシー
服部桜(2017年撮影). 「大相撲名古屋場所・3日目」(10日、ドルフィンズアリーナ). 式秀部屋の序の口34枚目の服部桜が、颯雅相手に勝利し、連敗を89でストップさせた。 服部桜は15年九州場所で序の口デビュー。16年夏場所6日目に初 ...
序ノ口・服部桜、89連敗でストップ | mixiユーザー(id:2399973)の日記
2年ぶりの白星、きまり手はなんと“相手腰くだけ”だと。相撲ファンのあいだではずっと話題になっていたこの服部桜(神奈川出身・式秀部屋・この16日に20歳)だけど、 ちょうど連敗が始まったばかりのころ、彼が見せた無気力相撲があまりにも ...
序の口・服部桜が89連敗でストップ 通算2勝目にネットも祝福(デイリー ...
式秀部屋の序の口34枚目の服部桜が、颯雅相手に勝利し、連敗を89でストップさせた。 服部桜は15年九州場所で序の口デビュー。16年夏場所6日目に初白星を挙げたが、 それ以来連敗が続いていた。日本相撲協会の公式HPでは、 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも服部桜 連敗ストップに関連のある画像ばかりではありません。
服部桜 連敗ストップの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

服部桜 太志(はっとりざくら ふとし、1998年7月16日 - )は、神奈川県茅ヶ崎市出身で式秀部屋所属の現役大相撲力士。
本名は服部 祥多(はっとり しょうた)。
身長176cm、体重80.3kgベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2016年5月号(夏場所展望号)別冊付録 平成28年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑 27頁。
最高位は東序ノ口18枚目(2016年7月場所)。
* 入門当初のBMIは20.67で、力士でありながら標準体重を下回っていたが、2018年1月の初場所で23.15となり、標準体重を上回った。
同3月場所では身長が4cm減じたこともあり、BMIが自己最高の25.92に達した。
* 同部屋の兄弟子である宇瑠虎によると、服部桜はオリックス・バファローズのファンであるという タウンニュース茅ヶ崎版 2016年1月1日付。
* 四股名のファーストネームは入門当初は本名と同じ「祥多」だったが、2016年11月場所の番付以降、現在の「太志」とした2016年11月1日スポーツ報知。
これは「身体も精神も図太くなってほしい」とする式秀の意向に基づいたものとされる。
* 式秀部屋のTwitterで所属力士の2018年の書初めがアップされており、服部桜は「年間十勝」と書いた。
なお、2017年は「とにかく勝つ」であった。
* 好物は魚、寿司ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年10月号(秋場所総決算号) 109頁で、好きな学科は保健体育。
* 目標の力士は旭天鵬。
* 血液型はAB型。
*式秀部屋で毎場所後に行われる打ち上げ会では、2016年3月場所以降、勝ち越しを決めた所属力士が1人ずつカラオケで歌唱することが慣例化されているが、上述の2勝目を挙げた2018年7月場所の打ち上げ会では、負け越したにもかかわらず式秀の計らいで壇上に立ち、加山雄三の「海 その愛」を歌唱した。

引用:Wikipedia:データベース

服部桜 連敗ストップに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも服部桜 連敗ストップに関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング