服部桜 連敗ストップとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
547 服部桜、連敗ストップの通算2勝目 : 大相撲データアナリストの大相撲 ...
1番相撲を終えたとき、厳しい論評をさせて頂いた。常々、たとえ弱くても続けることの素晴らしさというのを、服部桜に限らず、多くの序ノ口を定位置とするような「息の長い力士」を評価してきたが、それでも、89連敗。その89連敗に「惜しい相撲」 ...

■2018年7月16日
■554 平成30年7月場所中日雑感
さて、本題に入る前に。今場所は関取の取り組みをざっと見る程度で、しっかりと見られていない状況ではあるのですが、いろいろなコメントを頂き、また皆様のコメントから話が進展していくこともあり、コメントをくだ

■2018年7月15日
■553 平成30年7月場所7日目雑感
新大関栃ノ心がこの日から休場。さすがに「途中休場」という予測は出来なかったものの、栃ノ心の相撲がバタついているような印象は少なからずあったので、こうもなってしまったかという印象は拭えない。そんな中、残

■2018年7月14日
■552 平成30年7月場所6日目雑感
それにしても、荒れ出したということになるのだろうか。鶴竜が休場で横綱が不在に。こうなれば、誰がどうなるのか。やはり栃ノ心になってくるのだろうか、御嶽海はどうなんだろう。そういう思いが芽生えてくるわけだ

■2018年7月13日
■551 平成30年7月場所5日目雑感
また、鶴竜、引いてしまった。これで連敗。3勝2敗。一言でいうのなら、我慢できなかったということになるのだろうが、鶴竜が攻めきれなくなってきているように見えるのだが、どうだろう。ちょっとしたリズムなのか

■2018年7月12日
■550 貴源治と貴公俊~勝敗は連鎖するのだろうか~
貴乃花部屋の双子力士。4日目、弟の貴源治が初の幕内の土俵で白星を挙げた。この日は「謹慎明けの場所」となった兄の貴公俊も勝利しており、貴公俊復帰後、初めて2人そろって勝利した日ということにもなった。双子

■2018年7月12日
■549 平成30年7月場所4日目雑感
これは荒れてくるんじゃないか。そう思わずにはいられなかった4日目だった。突然、14時ころに飛び込んできた白鵬休場の報。幕下上位の取組の頃だろうか。調子を上げつつあると見ていた白鵬に何が起こったのだとい

■2018年7月11日
■548 平成30年7月場所3日目雑感
さて、3日目は高安に土。これでカド番大関2人はそろって2勝1敗という結果になりました。そんな高安ですが、7月10日生まれ、納豆の日の生まれの、千代の国の粘りに屈したというところなのでしょうか。勝負が決

■2018年7月10日
■547 服部桜、連敗ストップの通算2勝目
1番相撲を終えたとき、厳しい論評をさせて頂いた。常々、たとえ弱くても続けることの素晴らしさというのを、服部桜に限らず、多くの序ノ口を定位置とするような「息の長い力士」を評価してきたが、それでも、89連

■2018年7月10日
■546 平成30年7月場所2日目雑感
さて2日目。私の中での2日目のイメージというのは、初日勝った人が本当に調子が良いのか。初日負けた人が本当に調子が悪いのか。そういうのを見極める2日目。2日目とはそういう印象です。そんな中、気になったの

■2018年7月09日
■545 平成30年7月場所初日雑感
さて、早いもので、というか、何なのか。個人的には、もう1週間待ってくれよ、とも言いたくなる7月8日の初日。一昔前の名古屋場所だったら、さらに1週間早かったのか? とも思える、この名古屋場所到来の速さ。

序ノ口・服部桜が89連敗でストップ 783日ぶり通算2勝目に ... - AU one
服部桜(2017年撮影) 「大相撲名古屋場所・3日目」(10日、ドルフィンズアリーナ) 東序ノ口34枚目の服部桜(19)=式秀=が颯雅(15)=二子山=に勝ち、連敗を89で止めた。勝負結果は腰砕け.
序の口・服部桜が89連敗でストップ 通算2勝目にネットも祝福 - グノシー
服部桜(2017年撮影). 「大相撲名古屋場所・3日目」(10日、ドルフィンズアリーナ). 式秀部屋の序の口34枚目の服部桜が、颯雅相手に勝利し、連敗を89でストップさせた。 服部桜は15年九州場所で序の口デビュー。16年夏場所6日目に初 ...
序ノ口・服部桜、89連敗でストップ | mixiユーザー(id:2399973)の日記
2年ぶりの白星、きまり手はなんと“相手腰くだけ”だと。相撲ファンのあいだではずっと話題になっていたこの服部桜(神奈川出身・式秀部屋・この16日に20歳)だけど、 ちょうど連敗が始まったばかりのころ、彼が見せた無気力相撲があまりにも ...
序の口・服部桜が89連敗でストップ 通算2勝目にネットも祝福(デイリー ...
式秀部屋の序の口34枚目の服部桜が、颯雅相手に勝利し、連敗を89でストップさせた。 服部桜は15年九州場所で序の口デビュー。16年夏場所6日目に初白星を挙げたが、 それ以来連敗が続いていた。日本相撲協会の公式HPでは、 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも服部桜 連敗ストップに関連のある画像ばかりではありません。
服部桜 連敗ストップの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

服部桜 太志(はっとりざくら ふとし、1998年7月16日 - )は、神奈川県茅ヶ崎市出身で式秀部屋所属の現役大相撲力士。
本名は服部 祥多(はっとり しょうた)。
身長176cm、体重80.3kg、血液型はAB型ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2016年5月号(夏場所展望号)別冊付録 平成28年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑 27頁。
最高位は東序ノ口18枚目(2016年7月場所)。
好物は魚、寿司ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年10月号(秋場所総決算号) 109頁で、好きな学科は保健体育、目標の力士は旭天鵬である。
* 入門当初のBMIは20.67で、力士でありながら標準体重を下回っていたが、2018年1月の初場所で23.15となり、標準体重を上回った。
同3月場所では身長が4cm減じたこともあり、BMIが自己最高の25.92に達した。
* 同部屋の兄弟子である宇瑠虎によると、服部桜はオリックスのファンであるという タウンニュース茅ヶ崎版 2016年1月1日付。
* 四股名のファーストネームは入門当初は本名と同じ「祥多」だったが、2016年11月場所の番付以降、現在の「太志」とした2016年11月1日スポーツ報知。
これは「身体も精神も図太くなってほしい」とする式秀の意向に基づいたものとされる。
* 式秀部屋のTwitterで所属力士の2018年の書初めがアップされており、服部桜は「年間十勝」と書いた。
なお、2017年は「とにかく勝つ」であった。

引用:Wikipedia:データベース

服部桜 連敗ストップに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも服部桜 連敗ストップに関連のある動画ばかりではありません。

服部桜 連敗ストップに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング