明石商業監督 注意とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ガッツポーズ連発の明石商・狭間監督に本部が注意 - 高校野球夏の甲子園 ...
1時間前 - 明石商(兵庫)が接戦を制して初の4強に進んだ。センバツに続く準決勝進出だが、快進撃ならではのハプニング? があった。今大会、スクイズや本塁へのヒットエンドラン… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・ ...
4強進出の明石商・狭間監督 ガッツポーズ連発で大会本部から注意された ...
1時間前 - 接戦を制した明石商・狭間監督が、ガッツポーズ連発で大会本部から注意されたことを明らかにした。 得点のたび、また好守のときに見せるポーズが、オーバーアクションではないかと話題になっているが「おとといも注意されたし、準々決勝の ...
2年生エースを投げさせない明石商。狭間監督の情熱と冷静な逆算。 - 高校 ...
1時間前 - 情熱と冷静の「汽水域」にいるような監督だ。明石商の狭間 ... ベンチ前での身振り手振りが印象的な明石商・狭間監督。冷静な投手起用で ... 今日の試合前も(大会本部から)前へ出過ぎですよ、って注意されてたんですけどね」. 一方で、投手 ...

■2019年8月25日
イニング平均球数わずか「12.39」。奥川恭伸の賢さは甲子園史に残る。
101回目の夏の甲子園が終わった。今季はいろいろと変化の見られた大会だった。投手成績を中心に振り返ろう。

■2019年8月24日
スポーツ紙で見る奥川恭伸の熱投。感動を呼んだ美談の説教と真相。
夏の高校野球をスポーツ紙はどう伝えたか。まずは決勝戦前日の履正社の練習について。『奥川剛球イメトレ完璧 履正社 攻略へ巨大スクリーン投影』(日刊スポーツ8月22日)

■2019年8月23日
オリジナル曲、独自の選曲が急増!2019夏の甲子園、ブラバンBEST10。
星稜を破り、履正社が初の日本一に輝いた101回目の夏の甲子園。今大会も、数々の名勝負と熱い演奏をアルプススタンドで観戦。全出場校49校の応援は、どれも素晴らしいものばかりでしたが、なかでも特に心に残っ

■2019年8月22日
強打・履正社が最後に見せた緻密さ。奥川恭伸を崩した「大事なバント」。
これが併殺打になるのか。2点リードの9回裏、1死一、二塁。星稜の3番・知田爽汰のセカンドゴロは併殺打になった。履正社が初優勝を決めたクライマックスは、芸術的なコンビプレーだった。緻密に洗練されたプレー

■2019年8月22日
投手ほどテレビには映らずとも……。甲子園で驚いた5人の野手の才能。
「投手」は5分、10分と投げてくれるから驚けるが、「野手」のプレーというのは、打つにしろ、守るにしろ、走るにしろ“一瞬”である。しかし、そのたったの一瞬の間に、こちらを「オオッ」と驚かせてくれる野手た

■2019年8月22日
全力投球“しない”奥川恭伸の技術。彼の1球は他の投手の1球とは違う。
この夏の甲子園、大会を代表する投手として1人挙げるとすれば、星稜高・奥川恭伸投手で決まりであろう。150キロを、試合終盤でも捕手が構えたミットにきめられるパワーと技術。そしてスライダー、フォーク、カー

■2019年8月21日
履正社を強くした奥川恭伸の衝撃。春は17三振、夏決勝で運命の再会。
怖い、怖い。怖いくらいにシナリオができている。夏の大会では初めてとなる決勝の舞台に挑む履正社のことだ。「今年のセンバツで対戦した時に、奥川(恭伸)くんのことを『高校生のレベルを超えている』と言いました

■2019年8月21日
奥川恭伸以外もぜひ覚えておきたい、非エリートから選ぶ「私だけの逸材」。
次の「100回」のスタートとなる「第101回全国高校野球選手権大会」も、いよいよ大詰めを迎えた。 始まる前、2週間は長いなぁ……と思うのだが、始まってみると、あっという間に日にちが経ってしまうのが「甲

■2019年8月21日
甲子園以外の球場が使われた甲子園。堀内恒夫は3回戦まで全て西宮球場。
夏の甲子園もいよいよ終盤戦。クライマックスの熱戦を楽しみにしているファンも多いだろう。 一方で近年の高校野球は、猛暑化する日本の夏の影響もあいまって、球数問題や過密日程など、選手・チームのコンディショ

■2019年8月20日
高校野球の控え投手の価値を上げた。中京学院大中京がなしとげた革命。
止まらなかった。 あの手この手で状況を打開してきた中京学院大中京・橋本哲也監督だったが、この日は効力を欠いた。 準決勝第2試合、中京学院大中京は準々決勝戦で17得点を挙げて勢いに乗る星稜打線を相手に次

■2019年8月20日
明石商・狭間監督、精一杯のジョーク。「言われたのに風呂入ってしもうた」
試合前、記者に囲まれた明石商の監督、狭間善徳の表情は疲れ切っていた。 「(深夜)2時ぐらいに起きてから、寝てないんで……。選手を勝たせてやるためにも、できることはやらないかんので」 朝まで準決勝の対戦

■2019年8月20日
<北の指揮官たちが語る>駒大苫小牧「まさかのVが遺したもの」
2004年夏、駒大苫小牧により深紅大旗が初めて北の大地に渡ると、地元は大喝采に包まれた。不可能と思われていた北海道勢の甲子園制覇が、何をもたらしたか。同じ北の名将たちに問う――。

■2019年8月20日
智弁和歌山の神懸りに勝る奥川恭伸。本当にドラフト候補は不作なのか?
大会8日目の第3試合、智弁和歌山対明徳義塾戦を見て心に残ったシーンがある。 前評判は智弁和歌山のほうが高かったが、6回が終わってスコアは明徳義塾の1-0。さらに明徳義塾を率いるのは百戦錬磨の馬淵史郎監

■2019年8月19日
明石商・狭間善徳監督の“馬淵愛”。喋りも熱さも飾らなさも瓜ふたつ。
歯に衣着せぬ物言いと、膨大な野球知識に裏付けされた解説がおもしろく、明石商の監督、狭間善徳の囲み取材はいつも笑いが絶えない。 注目のスラッガー、1番・来田涼斗の話になったときのことだ。

■2019年8月19日
<怪物デビューの熱狂>1年生、清宮幸太郎の夏。
高校野球100周年。節目の年に高校生となったスーパールーキーが、聖地を熱狂の渦に巻き込んだ。1年生の清宮幸太郎とはどんな存在だったのか。恩師や対戦相手らが怪物の登場を回想した。

■2019年8月19日
奥川恭伸の準決勝回避を提案する。「万全の中4日で決勝」という理想。
「休んどけ、休んどけ」 ベンチでは、そんな声がエースには向けられたという。 3回戦の智弁和歌山戦で165球を投げてチームをベスト8に導いた星稜エース・奥川恭伸が準々決勝の仙台育英戦の登板を回避した。

■2019年8月19日
甲子園の「現場」が本当に最適か。スカウトが本当に見たい能力とは。
今年の夏の「甲子園」も盛況である。佐々木朗希がいなくても、「高校BIG4」の内の3人が負けてしまっても、横浜や大阪桐蔭が出てこなくても、連日5時6時の早朝から、チケットを求める人の列で甲子園の周辺はと

■2019年8月19日
夏の甲子園・史上最強校はどこか?歴代優勝校をデータで比較する。
甲子園史上の最強のチームはどのチームか。これは野球ファンなら一度は考えたことのあるテーマではないだろうか。このようなテーマは、正解のない問いかけだからこそ、ファンの1人1人に独自の答が あって面白くな

■2019年8月18日
作新学院・捕手、配球に悔いなし。小林誠司のように、満塁被弾を糧に。
あの日と似た空気が甲子園を包んでいた。準々決勝第2試合・作新学院vs.中京学院大中京の8回裏のことだった。作新学院のエース・林勇成が先頭打者を四球で出すと、スタンドは1点を追う中京学院大中京の反撃ムー

■2019年8月18日
2年生エースを投げさせない明石商。狭間監督の情熱と冷静な逆算。
情熱と冷静の「汽水域」にいるような監督だ。明石商の狭間善徳のことである。準々決勝の八戸学院光星戦は終盤までもつれる展開になった。狭間は終盤、ピンチを脱するたびに、両足ジャンプでベンチから飛び出し、着地

■2019年8月18日
<熱狂誕生の秘密>甲子園スターが選ぶ旋風ベスト3~荒木大輔編~
高校1年の夏に甲子園の舞台を踏み、初戦から5試合に先発して4完封。自身も「大ちゃんフィーバー」を巻き起こしたレジェンドが、憧れと驚愕の旋風たちを回想する。

■2019年8月18日
北照高・上林弘樹監督の甲子園。2カ月前の春の大会では塁審姿。
北海道の高校野球は、現職の監督さんや部長先生が「審判」になって、公式戦のジャッジを行う。なんでも、ほかの地区では見られない北海道独特の手法なのだそうだ。

■2019年8月17日
死闘のなか星稜・奥川に活を入れた「ジョックロック」と漢方薬。
 普段から温厚そのもので、試合中も「あんまり吠えたりしないので」と語っていた星稜の大エース・奥川恭伸が終盤、吠えまくった。「だいぶ熱くなってましたね」そう照れ笑いを浮かべながら振り返った。

■2019年8月17日
スーパープレーの高岡商2年生が、4人の先輩に学んだ「意思」の力。
万雷の拍手を2度浴びた。3回裏、3点を先制された直後、2死三塁の場面で飛んできたハーフライナーの打球を拾い上げ、2度目は7回裏、2死満塁のピンチで、左中間の真ん中の打球をダイビングキャッチした。

■2019年8月17日
<熱狂誕生の秘密>甲子園スターが選ぶ旋風ベスト3~水野雄仁編~
鳴り止まぬ快音で「やまびこ打線」と呼ばれ、'82・'83年の甲子園を席巻した池田のエースは、「勝ち続けてこその旋風」と切り出した。自身を“並の”スーパースターと称した元・怪童が認める、夏の最強高校の熱

■2019年8月17日
大阪桐蔭、たった1人の優勝旗返還。届かなかった甲子園と、最後の意地。
昨年8月21日。甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭高校の中川卓也主将は、新調されたばかりの深紅の大優勝旗を誇らしげに握りしめた。それから1年。今年も夏の甲子園が開催されているが、開会式の入場行進の先頭で

■2019年8月17日
成績優秀、品行方正――。智弁和歌山の応援団ができるまで。
智弁和歌山のアルプススタンドを眺めていると、巨大な「C」の人文字に、「いけいけ根来! おせおせ智弁!」「打って 打って 打ちまくれー!」など、見事な光景が目に飛び込んでくる。全校生徒の大声援によるテン

■2019年8月16日
甲子園では珍しい戦略的な継投策。中京学院大中京の4人の投手たち。
指揮官の言葉がこの日の勝因を物語っていた。「それくらいのことをしないと、東海大相模さんには勝てませんからね」優勝候補の一角と目されていた東海大相模が敗れた。金星を挙げた中京学院大中京は、指揮官・橋本哲

■2019年8月16日
左頬骨骨折の岡山学芸館・丹羽淳平。執念の左前安打で見せた人間の強さ。
 すっかり左右対称な顔に戻っていた。「まだ折れてますけど、痛みはないです」そう振り返ったのは、作新学院戦で先発し、3回5失点でマウンドを降りた岡山学芸館の丹羽淳平だ。

■2019年8月15日
高校野球史上最高の投手なのか……。佐々木朗希を江川卓と比較してみた。
熱戦が続く令和初の夏の甲子園。そこに高校野球史上最速投手、大船渡・佐々木朗希の姿は見られない。甲子園まであと1勝と迫った岩手大会の決勝で、登板はおろか、打者としても出場させなかった国保陽平監督の采配に

■2019年8月15日
甲子園にも“コールドゲーム”がある。井端弘和が「負けた」相手は……。
101回目の夏は、甲子園常連校の八戸学院光星(青森)と激戦区・愛知を勝ち上がり、直前に行われた開会式で選手宣誓を務めた初出場の誉の対戦で始まった。

■2019年8月14日
習志野には「人間の教科書」がある。小林監督が敗れても悔やまない理由。
他の人とはまったく違う「野球の教科書」を持っているようだった。試合前、習志野の監督である小林徹は、対戦相手の鶴岡東の先発投手はあえて読んでいないと語った。

■2019年8月14日
仙台育英に漂う悲願達成の気配。7、8、9回の強さが支える安定感。
圧勝の展開からミスを皮切りに1点差まで迫られたというのに、やけに落ち着いて戦っていたのが印象的だった。

■2019年8月14日
甲子園取材では声より表情を見る。球児の“ほんとの顔”が知りたいのだ。
監督さんや選手たちとの「囲み取材」は甲子園大会の場合、試合前と試合の後、必ず2回ずつ行われる。試合後の囲み取材は、記事を作るのに直接的な材料になるので、ピンと張り詰めた緊張感が漂う。

■2019年8月13日
信用できる男は秘密を守る――。星稜2年生投手の尋常ならざる肝っ玉。
大エース奥川恭伸の代役は、口の堅い男だった。星稜は2回戦の立命館宇治戦、先発に2年生の荻原吟哉を立てた。試合前の取材で、監督の林和成は先発投手を聞かれ、きっぱり言った。「荻原(吟哉)です。(背番号は)

■2019年8月13日
ダルビッシュならどう見る?履正社に敗れた津田学園の投手采配。
果たして、これは美談なのか。敗者の壇上に上がったエースが、それまで我慢していた感情を思わず溢れさせたのを見て、ふとそう思った。「降井が粘ってくれて、最後の最後に監督がマウンドに戻してくれた。高校人生で

■2019年8月12日
海星の「たまたま超攻撃的2番」、大串祐貴の変身を監督は信じるか。
「流行」ではなく「たまたま」。「バントしない」のではなく「バントできない」。それが海星の「超攻撃的2番」、大串祐貴だ。

■2019年8月12日
1番打者の2番手投手でエース温存。宇部鴻城・岡田佑斗がHRに完投勝利。
この起用法が普通に思える時代が来るかもしれない。

■2019年8月12日
1998年夏、横浜は4連戦だった。1つ下の後輩が見た松坂大輔の苦悩。
ちょうど20年前、1999年の夏。横浜高校のキャプテン松本勉は小倉清一郎部長とともに、甲子園駅へと向かう阪神電鉄の1両目に乗り、電車に揺られていた。前年、2年生だった松本は1つ上の松坂大輔らとともに甲

■2019年8月11日
“決勝登板回避”は海を越えて。先駆者たちからあふれた思い。~ダルや菊池雄星が声をあげる訳~
日本の高校球界で育ててもらったからこそ、メジャーリーガーの口からも、先輩としての思いがあふれ出た。大船渡・佐々木朗希が地方大会決勝戦の登板を回避したことは太平洋を隔てた米国でも話題を集めた。

■2019年8月11日
甲子園で欠かせぬ定番ブラバン曲、『アフリカン・シンフォニー』秘話。
連日熱戦が繰り広げられている、101回目の夏。吹奏楽部によるブラバン応援も注目されるなか、毎日のようにアルプススタンドから聴こえてくる『アフリカン・シンフォニー』は、外せない曲のひとつ。テレビ番組など

■2019年8月10日
甲子園史上最強の応援となるか!?大阪桐蔭による東邦の応援は必見。【2019年上半期 野球部門5位】
2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。野球部門の第5位はこちら!

■2019年8月10日
<交錯する宿命>佐々木朗希と大船渡旋風1984「港町の2人のエース」
2019年、大船渡の町は剛球投手の出現に沸いた。高校生史上最速、163kmの直球を携え、35年ぶりの甲子園へ。風は確かに吹いていた。その姿を見つめる、かつてを知る人々の瞼に浮かぶのは、あの春のセンバツ

■2019年8月10日
甲子園の観客は本当に増えてる?実はイチローがいた年が夏の1位。
行った人は良く知っていると思うが、春夏の甲子園で高校野球を観戦するのは結構大変だ。朝8時からの試合の場合、7時には開場になるが、そのタイミングで入場するためには、夜明けくらいから入場券売り場に並ばなく

■2019年8月09日
仙台育英流の「最後まで全力」。コールドのない甲子園で19点差勝利。
ポテンヒットすら二塁打になってしまう。大会4日目の第2試合に登場した仙台育英(宮城)の攻撃には感嘆させられた。

■2019年8月09日
「3人が甲子園に集まることはない」あの夏の佐賀北OBが語ったこと。
高校野球好きは、年を聞いただけで優勝校をすぐ言える。2007年は、すなわち佐賀北の年だ。高校野球好きの間でもおそらくはノーマークだった県立高校は、開幕試合での甲子園初勝利、延長引き分け再試合、私立強豪

■2019年8月09日
「考える野球」で甲子園初勝利。国学院久我山の強さは日常にある。
28年ぶりの夏。国学院久我山が初戦を突破した。同校が初めて甲子園に出場した1979年春から数えて6度目となる今大会。強豪・前橋育英に7−5で競り勝ち、記念すべき甲子園初勝利となった。

■2019年8月08日
ブラバンの名門取材で見えてきた、高校野球応援に傾ける愛情と熱量。
Number編集部から「甲子園特集でブラバン応援を取り上げたい」と連絡があったのは7月初めのこと。「さて、どこの学校に取材すればいいだろう?」と考えた時、頭に浮かんだのは「顧問の先生が野球好きで、応援

■2019年8月08日
明徳・馬淵節が甲子園に帰ってきた。「パンツびっちゃんこやったわ」
「野球はわからんのですよ。うまいことやったら」初戦を6-4で逃げ切った明徳義塾の監督、馬淵史郎は試合後、ベテラン講釈師のような味わい深い語り口で、そう言った。

■2019年8月08日
進学校が甲子園で見せた分業制。米子東の席巻が、もう待ち遠しい。
米子東の捕手・長尾駿弥は、先発した森下祐樹が1球を投げ終わる度に自軍ベンチを覗き込んでいた。

■2019年8月08日
奥川恭伸に敗れて浴びた大歓声。甲子園は、旭川大高・能登の始発点。
星稜の校歌斉唱を終えると、甲子園球場全体が大きな拍手に包まれた。それは勝利を祝う一塁側だけでなく、三塁側のアルプススタンドに一礼する敗れた旭川大高の選手たちにも向けられたものだった。

■2019年8月08日
佐々木朗希“登板回避”を予感していたある人物と、35年前のエースの記憶。
8月6日、夏の甲子園が開幕した。今や100万人を動員するようになったモンスター・トーナメント。ただ、今年は令和元年、101回大会ということもあるのかもしれないが、この大会について、球数や日程、そもそも

■2019年8月08日
<熱狂誕生の秘密>吉田輝星「僕はこうして旋風になった」
並み居る強豪校を次々と撃破し、甲子園100回大会の主役に躍り出たのは秋田の農業高校を牽引したエースだった。1年前、自ら起こした熱狂を振り返る。

■2019年8月08日
甲子園の1日を記者はどう過ごすか。試合、練習、囲み……常に取捨選択。
今年の夏も「甲子園」にやって来た。甲子園のネット裏のちょうど中段あたり……「第2記者席」と書かれたシートのかかった席がおよそ40席。その中の一席に位置して、今年も球児たちの熱闘をこの目で取材できる幸せ

■2019年8月07日
智弁和歌山を変えた中谷仁監督。捕手・東妻と投手陣で「守る」。
今年の智弁和歌山は一味違う。春夏合わせて36回甲子園に出場し、3度の全国制覇を果たした智弁和歌山といえば、“打”のチームの代名詞のような存在だ。

■2019年8月07日
津田学園エース前佑囲斗が完投勝利。「誤魔化し」の出来でも大物の予感。
身長182センチ、体重87キロ。のエース、本格派右腕の前佑囲斗(まえ・ゆいと)のまるで格闘家のようながっしりとした体つきは、それだけで十分迫力があった。

■2019年8月07日
1度も打席に立てず交代した1年生。霞ヶ浦・宮崎莉汰の成長を祈る。
一時は8点差がついた試合展開から猛追をみせた霞ヶ浦だったが、9回表にこの日5本目の本塁打を浴びて力尽きた。

■2019年8月07日
甲子園で勝つには打線の力が大事。地方大会のOPSで優勝候補を占うと?
8月6日に開幕した第101回全国高等学校野球選手権大会。毎年楽しみにしているのが、代表49校の戦力データが掲載されている週刊朝日増刊号『甲子園』だ。これを見ながら、「この学校はよく打つな」とか「盗塁が

■2019年8月06日
佐賀北・久保貴大監督は変わらない。選手の不信感を信頼に変えた2年間。
ベンチでの姿と、12年前のマウンドでの姿が重なった。神村学園と対戦した佐賀北は初回、ミスが重なりいきなり3失点。一塁へ送球ミスを犯した三塁手の宮崎翔大は、監督の久保貴大のそのときのベンチ内での様子をこ

■2019年8月06日
誉バッテリーを襲った甲子園の魔物。2つのデッドボールで崩れた生命線。
本来は生命線となるはずのボールがこの日は命取りになった。2019年夏の甲子園開幕戦。県大会で愛工大名電、中京大中京などを破って初出場を果たした愛知県代表の誉だったが、八戸学院光星の強力打線の前に、完膚

■2019年8月06日
ラップ、演歌、怪人、魔曲……。夏の甲子園、注目のブラバン応援は?
いよいよ始まる101回目の夏。全国の野球部の頂点を目指す球児たちとともに、アルプススタンドで闘う吹奏楽部による応援にも、年々注目が集まっている。

■2019年8月05日
地方大会の投球回数が甲子園に影響?最多は1人で60回を投げた投手も。
かつて神奈川の名門・横浜の部長を務め、主に技術・戦術面の指導を行っていた小倉清一郎氏は、夏の甲子園で上を目指す戦略の1つとして「神奈川大会でエースが投げるイニングを合計36回以内に抑えないと甲子園でバ

■2019年8月05日
注目校が分散した甲子園組み合わせ。星稜や期待の東北勢初戦を大展望!
第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせが決まった。今大会の出場校では関東と近畿に有力校が出揃った。「東」は霞ヶ浦(茨城)、作新学院(栃木)、前橋育英(群馬)、習志野(千葉)、花咲徳栄(埼玉)、東

■2019年8月05日
<甲子園に出られなくても>東海大相模・菅野智之「遠回りは、意外と近道」
果てなき努力は報われず、夢は叶わなかった。しかし、球界屈指の右腕が高校3年間を振り返った時、あのレジェンドが残した言葉に共感を抱いていた。

■2019年8月05日
平成甲子園最強校を番付にすると。東西横綱はあの2校、公立校は……。
第101回全国高校野球選手権大会は、令和最初の甲子園だ。今春の選抜の時点ではまだ「平成の御代」だったのだ。

■2019年8月04日
今年の甲子園に漂う打撃戦の予感。地方予選で見た本物の注目野手たち。
今年の夏の甲子園は「第101回」。高校野球の「次の100年」のスタートとなる記念の大会と考えたい。「100回記念」だった昨年夏の甲子園にも優る記憶に残る大会となることを願いたい。月が替わって、8月にな

■2019年8月04日
甲子園でエースを中6日は可能か。阪神「死のロード」も同時に解決!?
大船渡高校の佐々木朗希投手が、全国高校野球選手権の岩手大会の決勝戦で登板しないまま敗退したことが、いろいろと話題になっている。 同校の國保陽平監督が「今大会の疲労が大きく、故障を防ぐための判断だった」

■2019年8月04日
<沖縄出身初のホームラン王>中部商業・山川穂高「日本最強スラッガーのかけがえなき原風景」
今年もすでに本塁打量産体制。オールスターで最多53万票を集めた埼玉西武ライオンズの4番は、出生地・沖縄でいかなる高校時代を過ごしたのか。当時の野球部監督と同期の3番打者を訪ねた。

■2019年8月03日
智弁和歌山主将・黒川史陽の葛藤。激怒、トンネル、5度目の甲子園。
「甲子園に5季連続出場して、日本一になる」3年連続24回目の夏の甲子園出場を決めた智弁和歌山高校の主将・黒川史陽は、高校に入学した時、野球ノートの最初のページにそう書き込んだ。

■2019年8月01日
佐々木朗希から考える「年間日程」。センバツがエース依存の根本原因?
もはや、甲子園は1つに絞るべきなのではないだろうか。 夏の甲子園切符をかけた戦いが終了した。 49代表をめぐる争いは今年も熾烈で、白熱した試合が繰り広げられた。決勝戦に接戦が多く、4地区の決勝すべてが

■2019年8月01日
<届かなかった甲子園>“悲願校”からプロへの道。
強豪に阻まれ、あと一歩のところで甲子園に届いていない“悲願校”。甲子園のステージに立たずともプロを輩出してきた高校を調べてみた。

■2019年8月01日
聖光学院が戦後最長13年連続甲子園。「弱いチームが弱さを認めて勝った」
壁は高く、そして強かった。 7月28日。令和元年の夏、聖光学院が日大東北を2-0で退け、福島県の頂点に立った。戦後最長記録を更新する13年連続甲子園出場。今年もまた、多くの者が辟易するように嘆息を漏ら

■2019年8月01日
佐々木朗希登板回避に、闇営業騒動。「危機管理」に必要なのは想像力だ。
イチローよりはるか前に、国民栄誉賞を辞退した男がいる。「ああ、あの話? ホンマやで。そこだけ取り上げられてるのはあるけど、言うたか言うてへんか言うたら、言うた(笑)」

■2019年7月31日
ドラフト候補を育てた広島の無名校。「育てることと夏に勝つことは違う」
悪夢でも見ているかのような展開だった。高校野球広島大会3回戦。武田高校は沼田高校に4点リードした8回のピンチで最速152キロのエース右腕・谷岡楓太を投入する。しかし、この回に押し出し四球で1点を返され

■2019年7月30日
慶應高校野球部の独自システム。大学生が高校生を教え、後に監督に。
1990年8月のある日、横浜市内の日吉台球場。ヒグラシが鳴く夕方に、慶應義塾高校の野球部員が数名で会議をしていた。彼らは就任したばかりの上田誠監督から「二塁牽制がワンパターンで相手にバレてるから、自分

■2019年7月30日
佐々木朗希は「秋」に伸びる。彼の器に、甲子園なんて小さい話だ。
準決勝の一関工業戦に佐々木朗希投手が先発したと聞いて、えっ! と思った。延長12回で194球を投げ抜いた盛岡四高との4回戦から中2日。佐々木朗希が投げるのは、中3日になる「決勝戦」だろう……勝手にそう

■2019年7月30日
報道が過熱する「佐々木朗希」問題。各スポーツ紙はどこに注目したのか。
『苦情殺到 何で出さなかった パトカー大船渡に』(スポーツ報知・7月27日)スポーツ紙の一面に大々的に「パトカー」「警察」の文字が……。

■2019年7月29日
国学院久我山を導いた29歳青年監督。“短い練習”を武器にした文武両道。
7月28日に行われた高校野球西東京大会決勝で、国学院久我山が創価を4対2で破り28年ぶり3回目となる夏の甲子園出場を決めた。就任6年目を迎える29歳尾崎直輝監督の「部員たちとともに考え、行動する姿勢」

■2019年7月29日
「佐々木朗希のグラブ」は価値大。スター球児と用具メーカーの関係性。
「平成の怪物」と呼ばれた松坂大輔(中日)が今シーズン初登板した7月16日、名古屋から遠く離れた岩手県花巻球場では「令和の怪物」が最後の夏の初戦を迎えていた。

■2019年7月27日
斎藤佑樹が語った佐々木朗希。「大事なのは球数よりも登板間隔」
「佐々木くんの腕の振り、素晴らしいですよね」北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹がかつて、大船渡高校の佐々木朗希の映像を見ながら、こう話していました。

■2019年7月26日
佐々木朗希の登板回避が示すこと。球数制限と日程変更は絶対に必要。
岩手大会決勝戦。今夏の注目の投手の1人、大船渡・佐々木朗希投手はベンチスタートで最後まで出場もなく、チームは2対12で花巻東に敗れた。登板回避はこの日の朝に国保陽平監督が決断したという。

■2019年7月26日
佐々木朗希のいない決勝戦。選手たちは納得していたのか。
大差のついた最終回、仲間たちがみんな立ち上がり、身を乗り出して声をからしている中で、佐々木朗希はひとりベンチ奥に腰を下ろしたままじっとグラウンドを見つめていた。

■2019年7月26日
<覚悟の夏を語る>花巻東・菊池雄星「監督を男にしたかった」
東北勢に初の日本一をもたらすところまであと一歩に迫りながら、涙を飲んだ高校時代。メジャーを目指して過ごした濃密な時間を夢が叶った今、アメリカの地で振り返る。

■2019年7月25日
PL学園から大阪桐蔭へ――。高校野球の勢力と文化の変化。
スポーツが描き出す時代のコントラストは鮮明だ。今回、Number高校野球特集で、PL学園と大阪桐蔭という強豪校で3年間を過ごした選手たちを巡った。長い歴史の中で覇権を握り合った2つの名門がどこで転換期

■2019年7月25日
<自律の3年間を語る>花巻東・大谷翔平「『楽しい』より『正しい』を。
高校時代から夢見ていたメジャーリーグの舞台で、よもやバッターとして活躍するとは自分でも思っていなかった。すべての道に通じていた、花巻東での学びを語った。

■2019年7月24日
佐々木朗希の「160キロ」を見た。“大谷流”を擁する花巻東にも期待。
岩手県大会4回戦、盛岡四対大船渡の一戦でとんでもないストレートを見た。盛岡四は春の岩手県大会準優勝の強豪校、対する大船渡は1回戦負け。それでも大船渡のほうの下馬評が高かったのは“令和の怪物”の異名を取

■2019年7月19日
新星扱いに苦しんだ甲子園経験者。スーパー1年生という表現の危険さ。
そのフレーズは活躍した1年生すべてに付けられているようだ。全国高校野球選手権大会の地区大会が熱気を帯びてきたここ数日、活躍した選手たちが見出しを賑わせる。特にそれが1年生だと、たちまち彼からはこう呼ば

■2019年7月12日
清原和博の返信、大切な戦友たちへ。忘れない13本のホームランとバット。
僕が皆さんのメッセージを目にしたのは、2016年の夏でした。その年の2月に覚醒剤で逮捕され、留置場で取り調べを受けて、保釈されたあとのことでした。

■2019年7月11日
高校の野球部員が減少する一因?「選手が主役」を取り戻すために。
「高校球児が進む大学に、高校から制約が加えられる」話を前回紹介したが、これには“続き”がある。 ご両親とお兄ちゃんの切実なやりとりを傍らで聞いていた弟・小学6年生が、「それなら、僕は中学で野球やるの止

■2019年7月10日
プロも育てた新潟の70歳監督の夢。「野球場をつくれば球児は来る」
「それをつくれば彼は来る」 とは名作野球映画『フィールド・オブ・ドリームス』の一節。その「天の声」を聞いた主人公は、自身のトウモロコシ畑をつぶして“それ”、野球場をつくる。すると、その小さな野球場に、

■2019年7月09日
高校球児のスポーツ推薦に潜む危険。自分の進路を決められない選手たち。
もし、こんなことがあったら、どうしますか? そう問われて、思わずうーんと唸ってしまった。難しい質問を投げてきたのは、現職の中学軟式野球部の先生。問われたのは、その中学の卒業生で現在高校3年になる球児の

■2019年7月05日
高校野球の「最高の負け方」って?努力の全てを出した姿勢に拍手を。
今年も、夏の甲子園予選が始まっている。北海道の各支部予選と沖縄県予選から始まった「第101回全国高校野球選手権大会」の全国予選は、7月に入ってそのなかばともなると、全国のいたる所で連日熱戦が展開されて

■2019年6月24日
甲子園の応援がコンサートになった!?「ブラバン!甲子園ライブ」誕生秘話。
6月22日(土)の南北海道と沖縄を皮切りに、全国高校野球選手権大会の49代表を決める地方大会が幕を開けた。

■2019年6月22日
高校野球で壊れた選手が絞り出した、「楽しめたのは、高校1年が最後」。
いかにも好青年のピッチャーが、答えに窮していた。この春に大学を卒業したばかりの22歳。3月には海を渡ってMLB傘下マイナーのトライアウトを受けた元甲子園球児だ。高校時代に痛めた右肘が芳しくなく、結果は

■2019年6月15日
現在の野球界の民度を信じてみたい。球数制限の方針を学校が宣言しては?
「全日本大学野球選手権大会」が神宮球場と東京ドームを会場にして行われている。この大会には、全国からさまざまな野球人たちがそれぞれの目的と思いを抱いて、球場にやって来る。

■2019年6月11日
『あと一歩!逃し続けた甲子園』出られそうで出られない。甲子園「悲願校」の涙。
「優勝できなければ準優勝も初戦敗退も同じ。敗者であることに変わりはない」スポーツの世界でよく耳にするこの言葉を高校野球に当てはめれば、「優勝」を「甲子園出場」に置き換えることもできるだろう。

■2019年5月29日
高2の佐々木朗希の速球とフォーク。監督にも恵まれた“運”が嬉しい。
今春のセンバツ大会準々決勝が行われた3月31日。多くの速球派ピッチャーが甲子園の大観衆を沸かせていた。習志野の飯塚脩人(3年)が145キロ、明豊の大畑蓮(3年)が143キロ、寺迫涼生(3年)が142キ

■2019年5月27日
<大器を育てる指導哲学>球界の港を開く。花巻東・佐々木洋の挑戦。
菊池雄星、大谷翔平と二人の現役メジャーリーガーを育てたのは岩手県で高校野球に革命を起こした一人の指導者だった。スケールの大きな選手を育てるための決して曲げない信念と、それ故の苦悩を、ロングインタビュー

■2019年5月24日
スカウトからは「根尾以上」の声が。桐蔭学園・森敬斗にやきもきする。
今年のドラフト候補の中で、プロ野球球団のスカウトたちを“やきもき”させる存在がいる。「試合に行っても投げるのか、投げないのか分からない」とは、最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希のこと。指揮する国保

■2019年5月14日
がんばれ、キャッチャー及川恵介。佐々木朗希の夏は君にかかっている。
大船渡高・佐々木朗希投手の周辺が“過熱”しているようだ。岩手県の春季大会の地区予選の初戦から球場にファンが詰めかけて、その様子がスポーツ新聞の1面で伝えられる。この春、大船渡高が地方予選を戦った球場は

ガッツポーズ連発の明石商・狭間監督に本部が注意(2019年8月18日 ...
1時間前 - 全国高校野球選手権:明石商7-6八戸学院光星>◇18日◇準々決勝明石商(兵庫) が接戦を制して初の4強に進んだ。センバツに続く準決勝進出だが、快進撃ならではのハ…(2019年8月18日 15時22分55秒)
兵庫・明石商監督に聞いた データ分析とチーム強化の労苦|野球|日刊 ...
2019年8月15日 - 明石商(兵庫)の狭間善徳監督(55)は明石南、日体大で内野手としてプレーし、明徳義塾中・高のコーチ、明徳中監督などを経験。06 ... 明石商業・狭間善徳監督(C)日刊ゲンダイ ... 八村のリップサービスは災い招く W杯レフェリーには要注意.
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも明石商業監督 注意に関連のある画像ばかりではありません。
明石商業監督 注意の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

明石商業監督 注意に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも明石商業監督 注意に関連のある動画ばかりではありません。

明石商業監督 注意に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング