早田ひな 完全優勝とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ひな祭り!早田ひなが全試合ストレートで完全優勝!<ジャパントップ12 ...
2時間前 - 今をときめく日本卓球界のトップ選手が一堂に会す夢の競演「LIONカップ 第22回ジャパントップ12卓球大会」が3月3日、駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で開催された。 【動画】世界卓球2018 日本代表最終選考会 伊藤美誠vs早田ひな 出場する男女各12人は原則として、1月に行われた全日本選手権の男女シングルスベスト8 と日本卓球協会選考による男女4人。試合方式は男女とも3人ずつ4グループ(A~D)に分かれて予選リーグを行い、各グループ1位通過の選手4人で決勝トーナメント ...
早田ひなが全試合ストレート勝ちで完全優勝 女子卓球 ... - au Webポータル
ひな祭り!早田ひなが全試合ストレートで完全優勝!<ジャパント...
優勝候補は早田ひなもトップ3選手が欠場で女子は混戦必至<卓球 ...
今をときめく日本卓球界のトップ選手が一堂に会す夢の競演「LIONカップ 第22回ジャパントップ12卓球大会」が3月3日、駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で開催された。 出場する男女各12人...- テレビ東京スポーツ- 1時間前
早田ひな 3月3日にV「ひな祭りに優勝できればいいと」卓球次世代の ...
1時間前 - ... のエース候補. 「卓球 ジャパン・トップ12」(3日、東京・駒沢屋内球技場) 女子決勝は、早田ひな(17)=日本生命=が、橋本帆乃香(19)=ミキハウス=に4−0(11−7、11 −7、11−5、11−6)で勝利し、初優勝を果たした。 早田は1次リーグ2試合、準決勝、 決勝と、計4試合を全てストレート勝ちで圧倒し、完全優勝を決めた。 全日本優勝経験のある石川佳純(全農)、平野美宇(エリートアカデミー)、伊藤美誠(スターツ)らが出場していない中で、次代のエース候補が存在感を示した。 03/03 18:04. デイリースポーツ. 卓球 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも早田ひな 完全優勝に関連のある画像ばかりではありません。
早田ひな 完全優勝の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

(はやた ひな、2000年7月7日 - )は、日本の卓球選手。
福岡県北九州市出身。
ITTF世界ランキング最高位は11位。
段級位は4段。
日本生命所属。
同年生まれの平野美宇、伊藤美誠らと共に日本の「女子卓球黄金世代」の一人産経ニュース 2017年4月16日閲覧。
左利き生かしたダブルスで好成績を残している。
福岡県北九州市生まれ。
両親とも卓球とは無縁(祖母は経験者)、4歳の時に姉が通っていた地元の名門石田卓球クラブに付いて行ったことで一緒に始める。
中間市立中間東中学校在学時には全国中学校卓球大会で2年連続優勝(2013年、2014年)、2014年4月ITTFワールドツアーチリオープンで平野美宇の記録を更新する当時史上最年少で決勝に進出した 卓球王国。
フィリピンオープンでは準々決勝では格上のユ・モンユに勝利、9月に行われた第20回アジアジュニア卓球選手権大会(・ムンバイ)のカデット女子団体に平野美宇、伊藤美誠のトリオで出場し、決勝で中国に勝利して優勝を果たした 日本卓球協会。
2015年、全日本卓球選手権大会(ジュニアの部)で準優勝。
2016年、希望が丘高等学校に進学し、卓球部に在籍する。
同年の全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(インターハイ)の女子シングルスでは優勝し、高校の先輩である前田美優以来4年ぶりの高校1年生での優勝を飾った - 卓球レポート、2017年8月28日閲覧。
同年のITTFワールドツアークウェートオープン(U-21)でツアー初優勝、ITTFワールドツアーオーストラリアオープンでツアー初優勝。
さらに12月に行われた世界ジュニア選手権大会(・ケープタウン)には伊藤、平野、加藤美優らと共に日本代表として出場し団体で優勝。
直後12月ドーハで行われたITTFワールドツアーグランドファイナルではU-21で優勝、ダブルスでも浜本由惟とのペアで優勝し2冠を達成 - YOMURI ONLINE、2016年12月13日閲覧。
U-21の優勝は2011年の石川佳純以来の優勝でダブルスの優勝は2014年の伊藤、平野以来の優勝であった、また日本人の2冠達成は初。
2017年、4月の第23回アジア選手権(・無錫)では女子団体で銀メダルを獲得し、伊藤美誠と組んだ女子ダブルスで銅メダルを獲得した。
世界選手権デュッセルドルフ大会(・デュッセルドルフ)には選考会などで結果は出せずシングルには選出されず、伊藤美誠とのダブルスで出場し準決勝で丁寧・劉詩雯組に敗れたものの銅メダルを獲得、日本勢の同種目メダル獲得は2001年大阪大会の武田明子・川越真由ペア以来16年ぶりであり、また16歳ペアの銅メダル獲得は同種目史上最年少であった、同月、マレーシアでスタートしたプロリーグ「アジア太平洋リーグ」に参戦。
11月、ワールドツアー・スウェーデンオープンでは伊藤美誠とのダブルスで世界ランク1位の朱雨玲、同2位の陳夢ペアに勝利して優勝した。

引用:Wikipedia:データベース

早田ひな 完全優勝に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも早田ひな 完全優勝に関連のある動画ばかりではありません。

早田ひな 完全優勝に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング