日高晤郎 欠席とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
“北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年 ... - au Webポータル
「北海道のやしきたかじん」の異名を取るほど地元で圧倒的な人気を誇るタレントの日高 晤郎(73)が3日、パーソナリティーを務める札幌・STVラジオの9時間生番組「 ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」
“北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年で初「来週必ず ...
“北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年で初「...
入院したためラジオを欠席した日高晤郎 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
「北海道のやしきたかじん」の異名を取るほど地元で圧倒的な人気を誇るタレントの日高晤郎(73)が3日、パーソナリティーを務める札幌・STVラジオの9時間生番組「ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー...- スポニチアネックス- 2時間前
“北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年で初「来週必ず ...
北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年で初「来週必ず元気に戻る」. 「 北海道のやしきたかじん」の異名を持つほど地元で圧倒的な人気を誇るタレント・日高 晤郎(73)が3日、パーソナリティーを務める札幌・STVラジオの9時間生番組「 ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」(土曜前8・00〜後5・00)を欠席した。冒頭、 代役の吉川典雄アナウンサー(43)が「晤郎さん、きょうお休みさせていただきます。 急きょ入院をすることになりまして」と報告した。 続けて「入院の詳細については、またの  ...

■2018年10月27日
ZOZO前沢社長、安田さん解放に「良かった」身代金巡って維新議員と“舌戦”
女優の剛力彩芽(26)との交際も注目されるネット通販ZOZOの前沢友作社長(42)が26日に自身のツイッターを更新。内戦下のシリアで拘束され3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44

■2018年10月27日
天仰ぐ名手・菊池…広島がまさかの形で追いつかれる
◇SMBC日本シリーズ第1戦広島―ソフトバンク(2018年10月27日マツダ)初回に菊池の左越え先制1号ソロと松山の右前適時打で2点先取と幸先のいいスタートを切った広島だったが、まさかの展開で5回に追

■2018年10月27日
広島・大瀬良 4回までノーヒット投球も…5回に追いつかれ降板
◇SMBC日本シリーズ第1戦広島―ソフトバンク(2018年10月27日マツダ)プロ野球の日本一チームを決めるSMBC日本シリーズ(7試合制)は27日、マツダスタジアムで開幕。球団史上初のセ・リーグ3連

■2018年10月27日
ソフトBデスパ 捕球ミス誘う同点打 工藤監督早めの代打策的中!
◇SMBC日本シリーズ第1戦ソフトバンク―広島(2018年10月27日マツダ)ソフトバンクは2点を追う5回、代打・デスパイネの二塁への適時内野安打に敵失が絡んで同点に追いついた。この回先頭の中村晃がチ

■2018年10月27日
中日・松坂、広島の強さを語る 「上手く攻めてくる嫌らしさを感じた」
◇SMBC日本シリーズ第1戦広島―ソフトバンク(2018年10月27日マツダ)中日の松坂大輔投手(38)が27日の日本シリーズ第1戦(マツダ)でテレビのゲスト解説として出演し、今シーズンの広島の強さに

■2018年10月27日
山本彩 卒業コンサートで目ウルウル…渡辺美優紀と2トップ復活 3万人ファンに感謝
NMB48の山本彩(25)が27日、大阪・吹田市の万博記念公園で卒業コンサートを開催した。絶対エースの門出を祝うNMB最大規模となる初の野外公演にファン約3万人、渡辺美優紀(25)ら卒業した同期生も集

■2018年10月27日
【スワンS】戦い終えて
◆2着=モズアスコット(ルメール)少し太かったし、直線ではもたれた。トップコンディションじゃなかったね。◆3着=グァンチャーレ(古川)やったと思ったけどね。道中も手応え十分。最後は決め手の差かな。◆4

■2018年10月27日
【スワンS】ロードクエスト復活V ミルコ4カ月ぶり重賞勝利
第61回スワンSは、2番人気のロードクエストが大外から伸び、ゴール寸前で1番人気モズアスコットを鼻差かわして優勝。3度目の重賞制覇を果たした。ロードクエストは後方追走から直線で外に進路を取るとグングン

■2018年10月27日
鯉党・くるり岸田繁 日本シリーズで国歌独唱「いいゲームになるよう気持ちを入れた」
「SMBC日本シリーズ」第1戦(マツダスタジアム)の国歌独唱をロックバンド「くるり」の岸田繁(42)が務めた。「緊張はしましたけど、何よりこのシリーズを楽しみにきている。いいゲームになるように気持ちを

■2018年10月27日
広島が初回に2点先取!菊池先制ソロ&松山タイムリー 日本シリーズ始まる
◇SMBC日本シリーズ第1戦広島―ソフトバンク(2018年10月27日マツダ)プロ野球の日本一チームを決めるSMBC日本シリーズ(7試合制)は27日、マツダスタジアムで開幕し、球団史上初のセ・リーグ3

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも日高晤郎 欠席に関連のある画像ばかりではありません。
日高晤郎 欠席の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

日高 晤郎(ひだか ごろう、1944年2月28日 - 2018年4月3日)は、日本の芸人、ラジオ パーソナリティ、歌手、俳優。
生前は東京都杉並区荻窪に居住していた。
* 自身の意思転換や善し悪しの判断を曖昧にせず明確にし、貫徹するため「激しい気性」とも誤解される。
しばしば鋭い舌鋒で、相手が何(誰)であれ「良い物は絶賛し、駄目なものは駄目」と良くも悪くも躊躇なく批評し、「筋を通す」ことを徹底している。
本人はそれを承知の上で「8割の人に嫌われてもいい。
残りの2割の人を大事にしていきたい」と度々『日高晤郎ショー』の番組内で語っている。
人気俳優・タレントにも対しても「芸があること、実力があることと人気があるとは違う」と再三、発言した。
* 活動拠点の北海道に対しても例外ではなく、「北海道は新しい物に対して、何にでも飛びつくが育てる事が出来ない」。
「YOSAKOI ソーランはダンス コンクールのようなもので、『祭』ではない」と発言した。
(2013年3月6日閲覧)* 「芸人とお客様の間は一線を引くべき」との考えを強く持ち、北海道の仕事だけになっても自宅を北海道に移すことはなく、東京の自宅から毎週飛行機で通っていた。
また配偶者など家族のことを明かすことは少なかった。
* 自身は大の野球ファンであり、大阪出身ながら、巨人ファンであった。
* 水道橋博士からは「北海道のたかじん」と呼ばれ、小倉智昭からは『情報プレゼンター とくダネ!』で、やしきたかじんとともに紹介されたが、日高は「私を、たかじんと一緒にしないでください」と述べている。
大阪市阿倍野区山王町(現在は西成区)出身。
出生後、父親は「新吾」という名前だけを付けて出奔し、以後行方不明となった。
極貧の母子家庭に私生児として生まれた(家族は母親のほか、妹が1人いた)ため、出生届が提出されていなかった。
貧乏で栄養失調で、このままでは生きることが難しいと案じた母親の考えにより、細谷家へ養子に出された9歳の時に、戸籍訂正審判を経て初めて戸籍が作られ「1944(昭和19)年2月28日生まれ」となった。
内田新吾として生まれ、その後「田中」に姓が変わり、そして存命中の本名である「細谷新吾」となった。
養子先も決して裕福ではない、万年筆の下請け工場だったため、あくまで「人手」「働き手」として生活を送ることとなった。
小学校から高校までは学費が払えず、小学校の時は当時の担任のポケットマネーで通った。
この担任は、日高が卑屈にならないように学芸会で主役をやらせたり、大勢の生徒の前で歌を歌わせるなどをしたが、これがきっかけで歌や芝居の楽しさに気づくことになった。
1960年、コックの見習いをしながら高校に通っていた時、スポーツ新聞で見た、大映主催の「第1回ミス・ミスターフレッシュフェイスコンテスト」に応募。
中学校で演劇部だった経歴を活かし、優勝を飾る。
大映京都撮影所演技研究所に入所(第2期生)。
1961年、新人俳優「細谷新吾」を名乗り、八代目 市川雷蔵(以下、雷蔵と記載)の相手役として、映画『江戸へ百七十里』でデビュー。
雷蔵に才能を認められ、もっと学びたい真吾のために、彼の推薦で一時期は劇団くるみ座の毛利菊枝の下で、「特待生」として座員と共に演技や台詞の基礎を学んでいるその際の「レッスン料」を陰で負担していたのは雷蔵だった。
一時期さぼりがちになった際、毛利の口からこの事実を聞かされ、雷蔵からの書状を見せられた真吾は、自分の心根を大いに恥じたという。
日高晤郎追悼特番〜よく笑えた日は佳い一日だ〜 市川雷蔵伝(1991年語りの再録) 2018年4月7日放送。
その後、勝新太郎にも目をかけられ、二人の師匠の下で、数々の映画に出演。
1965年、「もっと活動の場を広げて修行したい」との志で、勝とのつてがある人を見つけ出し、上京を決意。
大映を退社。
活動の場を既に斜陽となっていた映画界から、テレビドラマに移す。
芸名を「飛鷹 一」(ひだか はじめ)に改名。
勝は日高の固い意志を理解し、上京に猛反対する日高の養父に自ら土下座し、説得した。
自らの出自と重なる部分に同情したり笑顔を欠かさない真吾を気に入り、レッスン料を負担するなど面倒を見ていた雷蔵も、自分の映画に準主役級の役を用意していたところでの報せで、残念がる一方「確かに、お前にここは狭すぎる」と理解を示した。
こうして上京を果たすが、当然、満足に仕事にはありつけず、この頃から弾き語りやクラブのボーイなどで日銭を稼ぎ、食い繋ぐ生活となる。
後年ディナーショーなどで披露していたフラメンコギターはこの頃に学んだものである。
雷蔵の「売れてないと思うと売れてない顔になる。
まだ売り出してないと言え」の言葉を胸に、雷蔵を安心させようと「某局のプロデューサーから目をかけてもらった」などと嘘の手紙を書いていたが、当の雷蔵は周囲の後輩俳優に「新吾は偉いやっちゃなぁ。
毎月、こうして手紙をくれるが、喰えていない事くらい俺にもわかる、しかし喰えない時に、こうして見栄を張れるというのは立派なもんや。
見栄があるから保っていられるんや」と話し、しっかり見抜きながらその姿勢を褒め、撮影で上京する度に真吾に会いに行った。
1967年、クラウンレコードから『流れ者小唄 (B面:東京阿呆鳥)』で、歌手デビュー。
「飛鷹だと読みにくい」との理由で付けられた芸名が「日高吾郎」で、現在の芸名となる(のちに晤郎と改名)。
以後、3年間で、LPを含め、10枚のレコードを発売。
1969年7月17日、役者としての日高を認め、支えた師匠である市川雷蔵が亡くなる。
日高はその訃報を、仕事で疲れて帰宅した新宿の自宅に配達された夕刊で知り、その夕刊を抱き締め涙を流した。
「役者」でなく「歌手」として、師匠の死を知ることとなった事に大きな衝撃を受け、これを契機にレコード歌手から挫折。
その後は俳優として、テレビドラマの出演、ワイドショーのレポーター、声優として洋画の吹き替え、ラジオドラマの出演などの活動を続ける1974年4月7日、NETテレビ(現・テレビ朝日)の「日曜洋画劇場」で、映画『007シリーズ』がテレビ初放映された際(作品は『007 ゴールドフィンガー』)、主演のショーン・コネリーの吹き替えを担当したのは日高である。
翌年4月、TBSの「月曜ロードショー」で初放映となった『007 ロシアより愛をこめて』でも吹き替えを担当した(翌年以降は若山弦蔵に替わっている)。

テレビ ドラマは、NHK大河ドラマ『元禄太平記』(1975年)の片岡源五右衛門役。
『特別機動捜査隊』(NETテレビ)の日高刑事(高倉班)・田代刑事(日高班)役などのレギュラー出演で知られた。
1977年、かつての役者仲間が、北海道札幌市琴似のキャバレーで「箱入屋」はこいれや。
ショーステージのための出演契約など、ブッキング担当者をしており、「1週間でも、3日間でもいいから……」と懇願され、ステージを務める。
その話芸の巧みさ、誠実な仕事ぶり、人柄が、キャバレーのオーナーに気に入られ、3日間のステージを務め上げたあとは「オーナーの遊興仲間」として、1ヶ月間滞在。
オーナーからは「すっかり長居をさせて申し訳なかった。
来月も来い」と再び、札幌に呼ばれたものの、仕事のあてもない日々を過ごしていた。
そんな時「本当のところ、何をやりたいのか」と問われ、「今までやったことが無い、自分のラジオ番組がやってみたい」と話したところ、紹介されたのが、札幌テレビ放送ラジオ局(STVラジオ)のディレクター(当時)、岩本芳修その後、STVラジオのプロデューサーとなり、日高の番組を担当。
定年退職後は、フリーで活動する一方、日高の主宰する語り手、表現者養成のための私塾「志塾 日高塾」の運営に携わった。
だった。
これをきっかけにSTVラジオへの継続的な出演があった以上、「日々幸せ感じ上手 - 日高晤郎のトーク・グラフィティ」(1987年、中西出版) から抜粋の上、参照。

1983年4月、『ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』がスタート。
ユーモア、ウイットに富み、知性や暖かみを感じさせる一方、シニカルで、歯に衣着せぬ毒舌は時として、STVテレビやキー局である日本テレビの番組自体にも向けられるが、リスナーの支持を集め、翌年、放送時間を3時間から8時間に拡大。
4年目の1987年には、9時間に拡大するなどした。
その後、日高が死去する2018年まで放送開始から35年間、メインパーソナリティを務めた。
舞台やショーに限らず、テレビやラジオの視聴者を「お客様」と表現し、自らを「話芸人(わげいにん)」と称した。
「ひとり語り」公演、ディナーショーディナーショーについて、「毎年、命を削るような思いで、『今年で最後』というつもりでやっている」とコメントしている。
、テレビ・ラジオのCMなど、STVを主な舞台として北海道内で精力的に活動、独り語りでは「峠道」にて昭和60年 日本民間放送連盟賞 番組部門 ラジオ娯楽番組 最優秀を受賞している。
2018年1月、札幌市内の病院に検査入院した際に悪性腫瘍と判明し、手術のため2月3日の番組を休演。
2月10日に復帰した。
3月23日には札幌市教育文化会館で行われた『日高晤郎ショー特別公演 明日への贈り物 Part3.』(昼・夜の部)に司会として参加。
翌日の3月24日に放送された『日高晤郎ショー』が最後の番組出演となった翌週3月31日の放送は欠席し、STVアナウンサーの吉川典雄が代理のパーソナリティを務めた。

2018年4月3日10時48分、悪性腫瘍(脂肪肉腫)のため札幌市内の病院で死去。

4月5日に北海道で葬儀が行われた後、4月7日には追悼番組(STVラジオ「日高晤郎追悼特番〜良く笑えた日は佳い一日だ〜」・STVテレビ「追悼 日高晤郎さん 良く笑えた日は佳い一日だ」)が放送された。
5月23日には札幌パークホテルで関係者向けの「お別れの会」が、7月29日には札幌プリンスホテルで、一般向けの「お別れの会」が行われた。

引用:Wikipedia:データベース

日高晤郎 欠席に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも日高晤郎 欠席に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング