日高晤郎 欠席とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
“北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年 ... - au Webポータル
「北海道のやしきたかじん」の異名を取るほど地元で圧倒的な人気を誇るタレントの日高 晤郎(73)が3日、パーソナリティーを務める札幌・STVラジオの9時間生番組「 ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」
“北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年で初「来週必ず ...
“北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年で初「...
入院したためラジオを欠席した日高晤郎 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
「北海道のやしきたかじん」の異名を取るほど地元で圧倒的な人気を誇るタレントの日高晤郎(73)が3日、パーソナリティーを務める札幌・STVラジオの9時間生番組「ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー...- スポニチアネックス- 2時間前
“北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年で初「来週必ず ...
北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年で初「来週必ず元気に戻る」. 「 北海道のやしきたかじん」の異名を持つほど地元で圧倒的な人気を誇るタレント・日高 晤郎(73)が3日、パーソナリティーを務める札幌・STVラジオの9時間生番組「 ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」(土曜前8・00〜後5・00)を欠席した。冒頭、 代役の吉川典雄アナウンサー(43)が「晤郎さん、きょうお休みさせていただきます。 急きょ入院をすることになりまして」と報告した。 続けて「入院の詳細については、またの  ...

■2018年4月30日
マエケン 6回4失点で2敗目 序盤に崩れチームはジャイアンツ戦負け越し
◇ナ・リーグドジャース2―4ジャイアンツ(2018年4月29日サンフランシスコ)ドジャースの前田健太投手(30)が29日(日本時間30日)のジャイアンツ戦で今季5度目の先発。6回を投げて5安打4失点の

■2018年4月30日
バレ残念…飛び過ぎ“看板越え”弾で賞金100万獲得ならず
◇セ・リーグヤクルト8―11巨人(2018年4月29日東京D)ヤクルトは初回にバレンティンの5号3ランで先制し、5回は山田哲が7―3とする6号3ラン。2人のアベック弾は今季2度目だったが、中継ぎ陣が崩

■2018年4月30日
「西郷どん」安政の大獄に視聴者「佐野さんが…恐ろしい」
俳優の鈴木亮平(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第16話が29日に放送された。第16話の副題は「斉彬の遺言」。薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)が突然、病で世を去

■2018年4月30日
マリナーズ インディアンス4連戦勝ち越し ベンチスタートのイチローは出番なし
◇ア・リーグマリナーズ10―4インディアンス(2018年4月29日クリーブランド)マリナーズは29日(日本時間30日)のインディアンス戦に10―4と快勝。これで26日からの同カード4連戦を勝ち越した。

■2018年4月30日
ロケッツが準決勝初戦で先勝 ハーデン41得点 ジャズを寄せつけず白星
NBA西地区全体1位のロケッツは29日、地元ヒューストンで5位のジャズを110―96(前半64―39)で退けて準決勝初戦は白星。今季の得点王、ジェームズ・ハーデン(28)がフィールドゴールを26本中1

■2018年4月30日
キャバリアーズが最終戦でペイサーズに辛勝 ジェームズ45得点 通算スティールは新記録
NBA東地区4位のキャバリアーズは地元クリーブランドで5位ペイサーズを105―101(前半54―43)で振り切って4勝3敗。4年連続でプレーオフ1回戦を突破した。レブロン・ジェームズ(33)は43分出

■2018年4月30日
国分太一「山口と向き合っていくことを考えたい」ビビットで連日の謝罪
TOKIOの国分太一(43)が30日、MCを務めるTBS「ビビット」(月~金曜前8・00)で、女子高生を自宅に招き、無理やりキスをしようとしたことで書類送検され、無期限謹慎処分となったメンバーの山口達

■2018年4月30日
【追球】あれは高校時代…DeNA嶺井 苦い経験が生んだ「6―2―5」併殺
◇セ・リーグDeNA4―2中日(2018年4月29日ナゴヤD)DeNA・嶺井は、瞬時の判断で珍しい「6―2―5」の併殺を完成させた。6回に1点を先制され、なおも無死満塁。平田の遊ゴロを捕球した大和は捕

■2018年4月30日
「半分、青い。」北川悦吏子氏の朝ドラ初脚本 斬新かつ実は王道 家族愛丹念に ホームドラマの復権
フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれる

■2018年4月30日
パチューカPO進出逃し9位で終戦 本田、メキシコでの挑戦終了
メキシコ1部リーグ、パチューカは上位8チームによるプレーオフ(PO)に進むことができず、今季の公式戦が終了。日本代表FW本田圭佑(31)のメキシコでの戦いが終了した。パチューカは28日(日本時間29日

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも日高晤郎 欠席に関連のある画像ばかりではありません。
日高晤郎 欠席の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

日高 晤郎(ひだか ごろう、1944年2月28日 - )は、日本の芸人、ラジオ パーソナリティ、歌手、俳優。
東京都杉並区荻窪在住。
* 自身の意思転換や善し悪しの判断を曖昧にせず明確にし、貫徹するため「激しい気性」とも誤解される。
しばしば鋭い舌鋒で、相手が何(誰)であれ「良い物は絶賛し、駄目なものは駄目」と良くも悪くも躊躇なく批評し、「筋を通す」ことを徹底している。
本人はそれを承知の上で「8割の人に嫌われてもいい。
残りの2割の人を大事にしていきたい」と度々『日高晤郎ショー』の番組内で語っている。
人気俳優・タレントにも対しても「芸があること、実力があることと人気があるとは違う」と再三、発言している。
* 活動拠点の北海道に対しても例外ではなく、「北海道は新しい物に対して、何にでも飛びつくが育てる事が出来ない」。
「YOSAKOI ソーランはダンス コンクールのようなもので、『祭』ではない」と発言している。
(2013年3月6日閲覧)* 「芸人とお客様の間は一線を引くべき」との考えを強く持ち、プライベートを明かすことは少ない。
自身は大の野球ファンであり、大阪出身ながら、巨人ファンである。
* 水道橋博士からは「北海道のたかじん」と呼ばれ、小倉智昭からは『情報プレゼンター とくダネ!』で、やしきたかじんともに紹介されたが、日高は「私を、たかじんと一緒にしないでください」と述べている。
大阪市東成郡天王寺村山王出身。
極貧の家庭に私生児として生まれたため、出生届も提出されていなかった。
10歳で、細谷家へ養子に出された際に初めて戸籍が作られ「1944(昭和19)年2月28日生まれ」となった。
養子先も決して裕福ではない、万年筆の下請け工場だったため、あくまで「人手」「働き手」として生活を送ることとなり、中学生当時から自ら働き、学費を工面していた。
1960年、コックの見習いをしながら高校に通っていた時、スポーツ新聞で見た、大映主催の「第1回ミス・ミスターフレッシュフェイスコンテスト」に応募。
中学校で演劇部だった経歴を活かし、優勝を飾る。
大映京都撮影所演技研究所に入所(第2期生)。
1961年、新人俳優「細谷新吾」を名乗り、市川雷蔵(以下、雷蔵と記載)の相手役として、映画『江戸へ百七十里』でデビュー。
雷蔵に才能を認められ、彼の推薦で、一時期は劇団くるみ座の毛利菊枝の下で、「特待生」として、座員と共に演技や台詞の基礎を学んでいるその際の「レッスン料」を陰で負担していたのは雷蔵だった。
一時期、さぼりがちになった際、毛利の口からこの事実を聞かされ、自分の心根を大いに恥じたという。

その後、勝新太郎にも目をかけられ、二人の師匠の下で、数々の映画に出演。
1965年、「もっと活動の場を広げて修行したい」との志で、大映を退社。
上京を決意。
活動の場を既に斜陽となっていた映画界から、テレビドラマに移す。
芸名を「飛鷹 一」(ひだか はじめ)に改名。
日高の固い意志を理解し、上京に猛反対する日高の養父に土下座し、説得したのは他でもない勝だった。
雷蔵も、自分の映画に準主役級の役を用意していたところでの報せで、残念がる一方、「確かに、お前にここは狭すぎる」と理解を示した。
こうして上京を果たすが、当然、満足に仕事にはありつけず、この頃から弾き語りやクラブのボーイなどで日銭を稼ぎ、食い繋ぐ生活となる。
後年、現在でもディナーショーなどで披露しているフラメンコ ギターはこの頃に学んだものである。
雷蔵を安心させようと「某局のプロデューサーから目をかけてもらった」などと嘘の手紙を書いていたが、当の雷蔵は周囲の後輩俳優に「新吾は偉いやっちゃなぁ。
毎月、こうして手紙をくれるが、喰えていない事くらい俺にもわかる、しかし喰えない時に、こうして見栄を貼れるというのは立派なもんや。
見栄があるから保っていられるんや」と話し、しっかり見抜きながら、その姿勢を褒めていたという。
1967年、クラウンレコードから『流れ者小唄 (B面:東京阿呆鳥)』で、歌手デビュー。
「飛鷹だと読みにくい」との理由で付けられた芸名が「日高吾郎」で、現在の芸名となる(のちに晤郎と改名)。
以後、3年間で、LPを含め、10枚のレコードを発売。
1969年7月17日、役者としての日高を認め、支えた師匠 市川雷蔵が死去。
その訃報を「歌手」として、地方のキャンペーン先で知らされる。
「役者」でなく「歌手」として、師匠の死を知ることとなった事に大きな衝撃を受け、これを契機に、レコード歌手から挫折。
その後は俳優として、テレビドラマの出演。
ワイドショーのレポーター。
声優として、洋画の吹き替え。
ラジオ ドラマの出演などの活動を続ける1974年4月7日、NETテレビ(現・テレビ朝日)の「日曜洋画劇場」で、映画『007シリーズ』がテレビ初放映された際(作品は『007 ゴールドフィンガー』)、主演のショーン・コネリーの吹き替えを担当したのは日高である。
翌年4月、TBSの「月曜ロードショー」で初放映となった『007 ロシアより愛をこめて』でも吹き替えを担当した(翌年以降は若山弦蔵に替わっている)。

テレビ ドラマは、NHK大河ドラマ『元禄太平記』(1975年)の片岡源五右衛門役。
『特別機動捜査隊』(NETテレビ)の日高刑事(高倉班)・田代刑事(日高班)役などのレギュラー出演で知られる。
1977年、かつての役者仲間が、琴似のキャバレーで「箱入屋」はこいれや。
ショーステージのための出演契約など、ブッキング担当者をしており、「1週間でも、3日間でもいいから・・・」と懇願され、ステージを務める。
その話芸の巧みさ、誠実な仕事ぶり、人柄が、キャバレーのオーナーに気に入られ、3日間のステージを務め上げたあとは「オーナーの遊興仲間」として、1ヶ月間滞在。
オーナーからは「すっかり長居をさせて申し訳なかった。
来月も来い」と再び、札幌に呼ばれたものの、仕事のあてもない日々を過ごしていた。
そんな時「本当のところ、何をやりたいのか」と問われ、「今までやったことが無い、自分のラジオ番組がやってみたい」と話したところ、紹介されたのが、STVラジオのディレクター(当時)、岩本芳修その後、STVラジオのプロデューサーとなり、日高の番組を担当。
定年退職後は、フリーで活動する一方、日高の主宰する語り手、表現者養成のための私塾「志塾 日高塾」の運営に携わっている。
だった。
これをきっかけにSTVへの出演が始まる。
以上、「日々幸せ感じ上手 - 日高晤郎のトーク・グラフィティ」(1987年、中西出版) から抜粋の上、参照。

1983年4月、『ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』がスタート。
ユーモア、ウイットに富み、知性や暖かみを感じさせる一方、シニカルで、歯に衣着せぬ毒舌は時として、STV、日本テレビの番組自体にも向けられるが、リスナーの支持を集め、翌年、放送時間を3時間から8時間に拡大。
4年目の1987年には、9時間に拡大。
放送開始から30年以上経つ現在でも、北海道内で高い聴取率を獲得している。
舞台やショーに限らず、テレビやラジオの視聴者を「お客様」と表現し、自らを「話芸人(わげいにん)」と称している。
「ひとり語り」公演、ディナーショーディナーショーについて、「毎年、命を削るような思いで、『今年で最後』というつもりでやっている」とコメントしている。
、テレビ・ラジオのCMなど、北海道内で、精力的に活動している。

引用:Wikipedia:データベース

日高晤郎 欠席に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも日高晤郎 欠席に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング