日馬富士 引退意向とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
日馬富士事件で引退勧告前に引退の意向。真相発覚前に ... - サラッと速報
横綱日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行をした日馬富士事件。 日本相撲協会は真相究明 中であり真相が発覚してから日馬富士事件の処分を決める方針であったものの引退 勧告の流れが濃厚でした。 しかし日馬富士は引退勧告をされる前に ...
日馬富士が引退へ 暴行で引責 | 2017/11/29(水) 5:40 - Yahoo!ニュース
日馬富士が引退決意!きょうにも福岡県内で記者会見. 大相撲の横綱日馬富士(33= 伊勢ケ浜)が引退を決意したことが28日、分かった。(日刊スポーツ). [続きを読む]. 詳しく 知る. 貴ノ岩に暴行した問題の責任を取って現役を引退する意向を ...
日馬富士事件で引退勧告前に引退の意向。真相発覚前に自主的に会見へ
12時間前 - 横綱日馬富士が平幕の貴ノ岩に 暴行をした日馬富士事件。 日本相撲協会は真相究明 中であり 真相が発覚してから 日馬富士事件の処分を 決める方針であったものの 引退 勧告の流れが濃厚でした。 しかし日馬富士は 引退勧告をされる前に ...
日馬富士引退 みんなの反応 | まとめまとめ - Matomame.jp
大相撲の横綱 日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行した問題の責任を取って現役を引退 する意向を固めたことがわかりました。日馬富士は29日、日本相撲協会に引退を 届け出たあと、記者会見を開くことにしています 引用元:www3.nhk.or.jp( ...
【速報】日馬富士 引退の意向固める 今日、相撲協会に引退を届けた後 ...
11月29日 4時04分日馬富士 暴行 シェアするhelptwitterfacebookline 大相撲の横綱 日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行した問題の責任を取って現役を引退する意向を固めた ことがわかりました。日馬富士は29日、日本相撲協会に引退を ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも日馬富士 引退意向に関連のある画像ばかりではありません。
日馬富士 引退意向の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

日馬富士 公平(はるまふじ こうへい、1984年4月14日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身で伊勢ヶ濱部屋(入門時は安治川部屋)所属の元大相撲力士、第70代横綱(2012年11月場所 - 2017年11月場所)。
本名はダワーニャミーン・ビャンバドルジ「ダワーニャミーン」(/Davaanyamyn) は「ダワーニャム(=父親名)の」という意味であるが、日本語報道では属格助詞「/yn(-ィーン)」を省略して、単に父親名をカナ転写して「ダワーニャム・―」と表記されてしまうことが多い(他のモンゴル出身力士の本名についても全く同様の傾向がある。
詳細については、モンゴル人の名前#モンゴル国における用例も参照)。
本人の名「ビャンバドルジ」のうち「ビャンバ」はチベット語「チャンパ」(བྱམས་པ།,byams pa)で「弥勒菩薩」「土曜日」の意、「ドルジ」はチベット語「ドルジェ」(རྡོ་རྗེ།, rdo rje)で「金剛石(ダイヤモンド)」の意。
(モンゴル語キリル文字表記:、ラテン文字転写:Davaanyamyn Byambadorj )、愛称はアマ。
2008年11月場所までの四股名は安馬 公平(あま こうへい)。
「公平」の名は、自身が「日本の父」と慕う後援会長の小巻公平にちなんだ。
実際に生まれ育ったところはウランバートル市内であるが、取組前の場内アナウンスでは実父の出身地であるゴビ・アルタイ県を自身の出身地としているモンゴル国では、クビライ帝の時代以前から、自身の名前に「○○ドルジ(朶而只)」等と「○○という父親の息子」という表現を使うことが見られるなど出自には父親の系統が重視され、父の出身地を重視する慣行から、おしなべて多くのモンゴル出身力士は父親の出身地を自分自身の本籍地として表現する傾向がある。

身長186cm、体重137kg、血液型O型。
得意手は突っ張り、右四つ、寄り、押し出し 日本相撲協会。
インタビューの際の口癖は「お客さんを喜ばせる激しい相撲をとりたい」。
好きな言葉は「全身全霊」「なんでやねん」。
2017年十一月場所3日目より休場。
場所後引退。
締め込みの色は、引退時で黒。
* 2001年1月場所 - 初土俵* 2001年3月場所 - 序ノ口優勝* 2002年3月場所 - 三段目優勝* 2004年3月場所 - 新十両* 2004年9月場所 - 十両優勝* 2004年11月場所 - 新入幕* 2005年3月場所 - 技能賞 (1回目)* 2006年1月場所 - 金星 (朝青龍)* 2006年3月場所 - 技能賞 (2回目)* 2006年5月場所 - 新小結* 2006年9月場所 - 優勝次点 (1回目)・敢闘賞(1回目)* 2007年5月場所 - 新関脇* 2007年9月場所 - 殊勲賞 (1回目)* 2007年11月場所 - 殊勲賞 (2回目)* 2008年1月場所 - 殊勲賞 (3回目)* 2008年5月場所 - 技能賞 (3回目)* 2008年7月場所 - 技能賞 (4回目)* 2008年9月場所 - 優勝次点 (2回目)・殊勲賞(4回目)* 2008年11月場所 - 優勝同点・技能賞(5回目)。
* 2008年11月26日 - 大関昇進。
四股名を「安馬」から「日馬富士」へ改名。
* 2009年1月場所 - 新大関* 2009年5月場所 - 幕内最高優勝 (1回目)* 2011年7月場所 - 幕内最高優勝 (2回目)* 2012年7月場所 - 幕内最高優勝(全勝)(3回目)* 2012年9月場所 - 幕内最高優勝(全勝)(4回目) * 2012年11月場所 - 新横綱* 2013年1月場所 - 幕内最高優勝(全勝)(5回目)* 2013年11月場所 - 幕内最高優勝 (6回目)* 2015年11月場所 - 幕内最高優勝 (7回目)* 2016年7月場所 - 幕内最高優勝(8回目)* 2017年9月場所 - 幕内最高優勝(9回目)* 2017年11月場所 - 3日目より途中休場後、引退
引用:Wikipedia:データベース

日馬富士 引退意向に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも日馬富士 引退意向に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング