新鍋理沙 MVPとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
新鍋 理沙 | 久光製薬スプリングス
新鍋 理沙選手. 久光製薬スプリングスのウイングスパイカー、新鍋選手のプロフィール です。主な大会出場歴などを紹介している ... 2013/14V・プレミアリーグ MVP・ベスト6・ サーブレシーブ賞 ... 以下は、新鍋 理沙選手によって書かれたコートサイドレポートです 。
新鍋理沙 MVP -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
バレーボールのアジア女子選手権大会決勝で、中田久美監督率いる日本がタイに逆転 勝利し、金メダルを獲得。MVPには新鍋理沙が選ばれた。
女子バレー 10年ぶりアジア金 | 2017/8/18(金) 8:31 - Yahoo!ニュース
10時間前 - 新鍋理沙がMVPに. 8/17(木) 22:26配信. バレーボールマガジン · 【バレー】アジア 選手権 全日本女子、タイをフルセットで制し、 · 金メダルを獲得した全日本女子 バレーボールチーム. 第19回アジア女子選手権大会は17日、フィリピンのマニラで決勝 戦が行われ、 ...
新鍋理沙 MVP -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comに関するニュース
【バレー】アジア選手権 全日本女子、タイをフルセットで制し、...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも新鍋理沙 MVPに関連のある画像ばかりではありません。
新鍋理沙 MVPの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

(しんなべ りさ、女性、1990年7月11日 - )は、日本のバレーボール選手。
ニックネームはリサ。
プレミアリーグ・久光製薬スプリングスに所属。
鹿児島県霧島市出身 広報きりしまNo.146(7月号)参照 。
両親がバレーボールをしていた影響で、小学校1年生からバレーボールを始める。
鹿屋中央高等学校では2006年インターハイ優勝、2007年春高バレーベスト4などを経験し、2008年11月久光製薬スプリングスの内定選手となる 久光製薬スプリングス トピックス 2008年11月12日付。
2009年、高卒1年目のプレミアリーグ2009-2010シーズンは、わずか2セットの出場に終わった公式記録では31試合出場(ベンチ入りも試合数に数えるため)。

2010年、オフシーズンにチームの主力選手の引退や退団が重なったこともあり、2年目の2010-2011シーズンは開幕からスタメンで出場。
開幕戦のトヨタ車体戦では両チーム最多の31得点を挙げチームの勝利に貢献するなど 2010/11/27 プレミアリーグ試合速報、このシーズンは大きく若返ったチームで、同期の岩坂名奈らと共にレギュラーとして活躍。
チームも前シーズンを上回る3位の成績を残し、プレミアリーグ「最優秀新人賞」に選ばれた。
2011年3月、全日本女子チームにメンバー登録され、6月のモントルーバレーマスターズで国際試合デビューを飾った。
同年11月に行われたワールドカップバレーではセッター対角全日本では当時、山口舞が同じポジションで起用された。
として起用され、ミドルブロッカーで同じく久光所属の岩坂と共に「最年少コンビ」として注目を集める。
第3戦、フルセットの末敗れた中国 - FIVB 2011年ワールドカップバレーボールとの試合後には悔し涙を流すなど、大会途中からは世界の壁にぶち当たる試合が続いたが、最終ラウンドのドイツ戦で途中出場すると、これまでの悔しさを吹っ切るような大活躍を見せ、この試合逆転勝利の立役者となった。
2012年のロンドン五輪世界最終予選にも出場。
眞鍋政義監督にはサーブレシーブ力が評価されている。
日本の五輪出場が決まった最終試合第3セットの最後は、4回目のセットポイントが新鍋のスパイクだった。
2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された。
安定したサーブとレシーブでチームを支え、全日本女子28年ぶりの銅メダル獲得に貢献した。
2012/13Vプレミアリーグでは、チームの6年ぶり優勝に貢献。
2013年5月の第62回黒鷲旗大会でも優勝にも貢献した。
2013/14Vプレミアリーグにおいては、チーム二連覇に大きく貢献し、自らもMVP・ベスト6・サーブレシーブ賞の栄に浴した。
2014年のワールドグランプリ 日本バレーボール協会や世界選手権 日本バレーボール協会では眞鍋監督の戦術変更により、レフトのウイングスパイカーとして起用された。
2015年の全日本チームには、新鍋から怪我のための辞退の申し出があり、エントリーされず 2015年4月15日、2016年リオデジャネイロオリンピックの代表にも選出されなかった。
Vプレミアリーグにおける個人賞受賞回数が8回に達したことから、規定により2016/17シーズン終了後にVリーグ栄誉賞(傑出した個人記録)を受賞した。
2017年からは、中田久美監督のもと代表メンバーに再び登録され、同年8月に開催されたアジア選手権では10年ぶり優勝の原動力となり、自らもMVPを獲得した。

引用:Wikipedia:データベース

新鍋理沙 MVPに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも新鍋理沙 MVPに関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング