新発田城とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
新発田城 | しばた観光ガイド - 新発田市観光協会
概要-歴史・沿革-近代以前-近現代
132年の時空を超えて 新発田城 - 新発田市ホームページ
新発田城(しばたじょう)は、現在の新潟県新発田市(越後国蒲原郡)にある城郭。別名、 菖蒲城(あやめじょう)。新発田藩の藩庁が置かれていた。新潟県内では唯一、江戸 時代当時の城郭建築が現存する城跡である。
新発田城 埋もれた古城
新発田城は、別名「あやめ城」とも呼ばれ、初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ )侯が慶長3年(1598年)に築城し、3代宣直(のぶなお)侯のときに完成しました。 新発田 城は一般に多くある山城とちがって、政治・経済 ...
新発田城カントリー倶楽部 公式ホームページ
三階櫓・辰巳櫓の史実に基づいた復元工事が平成16年夏(平成16年6月30日)に完成 いたしました。 ☆, 今後も新発田城の復元と城址公園の整備を目指して活動を続けます 。 歴史と概要 新発田城の歴史と 概要について. 星, 新発田重家と 上杉景勝の抗争. 星  ...
新発田城(新潟県新発田市)の情報 - MAPPLE 観光ガイド
慶長二(1597)年に上杉景勝が会津若松城に移ると、春日山城には堀秀治が入城し、 その与力として加賀大聖寺城から溝口伯耆守秀勝が新発田城に任じられ、新たに 縄張りをして城地を拡張した。その後は代々溝口氏の居城となった。寛文八(1668)年、  ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも新発田城に関連のある画像ばかりではありません。
新発田城の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

新発田城(しばたじょう)は、現在の新潟県新発田市(越後国蒲原郡)にあった日本の城。
別名、菖蒲城(あやめじょう)。
新発田藩の藩庁が置かれていた。
城の北部を流れる加治川を外堀に利用した平城であり、本丸を中心に北の古丸と南の二の丸で囲い、その南側に三の丸を配する構造であった。
現在は本丸の一部を除く全域と古丸全域、二の丸の一部が自衛隊駐屯地として利用され、本丸南側の石垣と堀、櫓門の本丸表門と二重櫓の二の丸隅櫓が現存。
三階櫓や二重櫓の復元建築がある。
現存建築がある城跡としては新潟県内では唯一である。
また、石垣は本丸の表門側のみに前面乱積みの石垣がもちいられ、他は腰巻石垣や土居であったと考えられている。
しかし寛文9(1669)年の大地震により、石垣が崩落しその復旧工事で、切込接布積に改められたとされる伊藤 喜代子 他新発田市教育委員会、2008年。


引用:Wikipedia:データベース

新発田城に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも新発田城に関連のある動画ばかりではありません。

新発田城に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング