斉藤由貴 7カ月ぶりとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
斉藤由貴7カ月ぶりドラマ、三谷氏の「黒井戸殺し」 (日刊スポーツ ...
14時間前 - 不倫騒動で「西郷どん」出演を辞退した女優斉藤由貴(51)が、フジテレビ系スペシ.
斉藤由貴7カ月ぶりドラマ、三谷氏の「黒井戸殺し」 (日刊スポーツ)の ...
斉藤由貴7カ月ぶりドラマ、三谷氏の「黒井戸殺し」
斉藤由貴7カ月ぶりドラマ、三谷氏の「黒井戸殺し」|ニフティニュース
不倫騒動で「西郷どん」出演を辞退した女優斉藤由貴(51)が、フジテレビ系スペシャルドラマ「黒井戸殺し」(4月放送)でドラマ復帰することが14日、分かった。 昨年7月期のTBS系連続ドラマ「カンナさー...- 日刊スポーツ- 32分前
斉藤由貴7カ月ぶりドラマ、三谷氏の「黒井戸殺し」(日刊スポーツ) - goo ...
14時間前 - 斉藤由貴7カ月ぶりドラマ、三谷氏の「黒井戸殺し」 (日刊スポーツ)のコメント一覧。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも斉藤由貴 7カ月ぶりに関連のある画像ばかりではありません。
斉藤由貴 7カ月ぶりの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

斉藤 由貴(さいとう ゆき、1966年9月10日 - )は、日本の女優、歌手、ナレーター。
80年代アイドル。
本名、小井 由貴(いさらい ゆき)。
旧姓、斉藤。
神奈川県横浜市出身。
東宝芸能所属。
所属レコード会社はヤマハミュージックコミュニケーションズ。
神奈川県立清水ヶ丘高等学校(現・神奈川県立横浜清陵総合高等学校)卒業(1985年)。
若手時代はセーラー服の似合う清楚な少女として支持を集めた。
元俳優の斉藤隆治は実弟。
i☆Risの芹澤優は姪にあたる。
母方の祖父は日本聾唖協会横浜部会の創立に奔走した水島吉男で、妻が経営する帯の仕立てを手伝い、夫婦共に聴覚障害者の職人として皇后美智子の婚礼に用いられる帯の仕立てを受注した。
母方の叔母はNHKの手話キャスターも務める手話通訳者の田中清ファミリーヒストリー 11月10日放送分。
趣味・特技は作詞・イラスト・読書・詩を書くことなど。
左利き。
血液型はB型。
信仰している宗教はモルモン教であることが報道によって明らかにされている。
『別冊宝島』の調査によると、1980年代の年間ベスト50位以内ランクイン曲数4曲と当時の女性アイドル中8位であった『別冊宝島』2611『80年代アイドルcollection』p.39.。
1984年、母が応募した第1回東宝シンデレラオーディションにおいて、最終選考まで残ったことで芸能界入り。
優勝者は沢口靖子。
また同年、『少年マガジン』(講談社)第3回ミスマガジンでグランプリを獲得。
10月、明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」のCMでテレビ初登場。
1985年2月、「時代だって、由貴に染まる。
」というキャッチフレーズのもと、キャニオンレコードより「卒業」で歌手デビュー。
同曲はオリコンで最高6位を記録し、約35万枚のヒットとなる。
同年4月放送開始のフジテレビ系『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演。
これにより「卒業」で見せた可憐なイメージとのギャップで瞬く間にトップアイドルへと上り詰める別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.16.。
また同年12月には初の主演映画『雪の断章 -情熱-』が公開された。
1986年、4月からNHK連続テレビ小説『はね駒』のヒロインを演じた。
3月に発売した「悲しみよこんにちは」がヒットし約30万の売上を果たしこの曲で、12月に『第37回NHK紅白歌合戦』へ初出場、紅組キャプテンも務めた。
同曲は、テレビアニメ『めぞん一刻』の主題歌に起用された。
同月公開された出演作『恋する女たち』では主題歌も担当。
女優としてキャリアを重ねた背景には作品に恵まれた面もある。
1989年4月、主演テレビドラマ『湘南物語』の主題歌で、井上陽水のカバー曲「夢の中へ」をリリース。
自身最大のヒット曲となった。
1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台に出演、詩作活動やナレーターなど幅広く活躍。
作詞家としてミュージカルの作詞や、同世代の女性歌手にも作品を提供している。
2008年3月8日、PARCO劇場にて単独では結婚以来13年ぶりのコンサートを開催、翌日に追加公演を行った。
2011年2月には、デビュー25周年を機に制作されたニューアルバム『何もかも変わるとしても』をリリース(先行販売は2010年)。
これに合わせ5日連続のコンサートをPARCO劇場で開催した。
同年5月10日には福岡 Yahoo! JAPAN ドームで行われた、パ・リーグ公式戦福岡ソフトバンクホークス対オリックス・バファローズの試合前セレモニーで、「国歌独唱」を行った。
私生活では、1994年12月に会社員の一般男性と結婚、現在は3児の母となっている。
夫との縁を結んだのは信仰(モルモン教)だとも言われている。
1990年代には尾崎豊や川崎麻世との密会不倫が報じられたが、この2人とは結ばれなかった(東京スポーツ 2017年08月04日11時00分配信)配信日に閲覧。
2017年には50代の男性医師とのダブル不倫が報じられ、本人は不倫の事実を認めている。
この影響で2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の出演を辞退担当する予定だった幾島役は、南野陽子が務める。
、契約中であったauとエミネットの2社に関しても契約更新辞退に追い込まれた。
さらに32年間続いた東宝カレンダーのラインナップからも2018年度からは除外される憂き目にあった 2017年9月22日6時0分、スポーツ報知(報知新聞社、2017年10月20日閲覧) 2017年10月20日4時0分 スポーツ報知 (報知新聞社、2017年10月20日閲覧)。

引用:Wikipedia:データベース

斉藤由貴 7カ月ぶりに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも斉藤由貴 7カ月ぶりに関連のある動画ばかりではありません。

斉藤由貴 7カ月ぶりに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング