抜毛症とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
髪を抜いてしまう。。。抜毛症とのつきあい方・治し方 - NAVER まとめ
<医療>自ら髪を抜く病気 長期化すれば命の危険も
髪抜く「抜毛症」命の危険も - Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN
自分で自分の髪の毛を抜くのは、「抜毛症(ばつもうしょう)」という、ストレスが根本にあって発症する、心の問題が絡んだ病気です。本人の癖や性格の問題と言われたり、見た目は円形脱毛症と似ていたりしますが、...- 毎日新聞- 7時間前
毛を抜く癖がやめられない…抜毛症の原因と治療法は? | いしゃまち
2017年7月27日 - 自分(男)も抜毛症で悩んでいます。髪なんか抜いたらだめだと分かってはいるんです けどね。

■2018年4月27日
性器に感染するシラミ「ケジラミ」、ひどいかゆみに要注意!
1990年代ごろから徐々に増えているケジラミ(日本性感染症学会より)。子供の間で大流行するアタマジラミとは別物ですが、ケジラミは女性や子供の頭に寄生することもあります。本記事では、シラミの種類や、ケジ

■2018年4月27日
常在菌による感染症、クロストリジウム・ディフィシル腸炎とは
病院内では病気や薬の服用により免疫が低下することで、様々な感染症発症のリスクが高まります。クロストリジウム・ディフィシル腸炎もそんな病院内で発症しやすい感染症の1つです。クロストリジウム・ディフィシル

■2018年4月26日
「症状まで知ってほしい」。“眼で奏でるミュージックフィルム制作”に取り組むALS患者・武藤将胤さんが日頃の活動に込める思い
「疾患を広く知ってもらう」「治療薬の研究・開発資金を集める」など、様々な理由から行われる疾患啓発。手足のみならず呼吸器など全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病で希少疾患の「筋萎縮性側索硬化症(ALS

■2018年4月26日
まぶたにできものがある…考えられる原因7つを紹介
まぶたはできものや腫瘍ができやすい部位とされています。原因には「ものもらい」と呼ばれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や霰粒腫(さんりゅうしゅ)が知られていますが、他にも良性のものから悪性のものまでいくつか考

■2018年4月25日
乳幼児突然死症候群(SIDS)とは:赤ちゃんを守るため、できること
乳幼児が何かの前兆・既往歴(それまでにかかった病気)がないまま死に至ってしまう原因不明の状態のことを乳幼児突然死症候群(SIDS)と定義します。その前兆はまだはっきりしていませんが、リスクがわかってお

■2018年4月25日
40歳から大腸ドックを受診すべき理由とは?検査の方法についても解説!
厚生労働省の人口動態統計によると、大腸がんによる死亡者は、「結腸の悪性新生物」で3万4,521人、「直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物」で1万5,378人でした(厚生労働省「平成28年 人口動態統

■2018年4月24日
子供の好き嫌いが激しい…どう対処する?
「前は食べてくれていたのに…」「食事を作るのが大変」など、子供の好き嫌いに悩まされている方も多いのではないでしょうか。ちょっとしたきっかけで今まで食べられていた物が苦手になったり、反対に急に食べられる

■2018年4月23日
IgE抗体検査は受けるべき?制度はどうなっているの?
アレルギーをお持ちの方は「IgE抗体検査」という言葉を耳にしたことがあるのではないのでしょうか? IgE抗体検査は自身がどの様なものに対してアレルギーを持っているのかを知るためには、非常に有効な検査法

■2018年4月23日
2型糖尿病、血糖コントロールがうまくいかない原因とは?
日本の糖尿病患者さんは、およそ316万人に達するとされています(平成26年厚生労働省・患者調査より)。そのうちの95%以上が2型糖尿病(生活習慣などが原因となり発症するタイプ)であるといわれています。

■2018年4月20日
アルコール依存で脳に障害が!?ウェルニッケ脳症の症状と治療、予後について
脳の病気は早期発見、早期治療がなされないと後遺症を残しやすい分野です。命をとりとめても80%に後遺症が起こり、脳血管障害のリスクがなくても起こり得る脳の障害、ウェルニッケ脳症をご存知でしょうか?アルコ

抜毛症(抜毛癖)(こころの病気のはなし/専門編) - ハートクリニック
1時間前 - ストレスが根本にあって発症する、自分で自分の髪の毛を抜く「抜毛症」の特徴や解決策 について医師に聞いた。食べてしまった髪の毛が、石のように硬い固形物になってしまう ことも。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも抜毛症に関連のある画像ばかりではありません。
抜毛症の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

抜毛症(ばつもうしょう、Trichotillomania、トリコチロマニア)とは、正常な毛を引き抜いてしまう性癖によって脱毛斑が出現する精神疾患。
抜毛癖(ばつもうへき)嵯峨賢次 『家庭医学大全科-ビッグ・ドクター-最新版』「抜毛癖」 法研、2004年。
とも呼ばれ、また主に頭髪を引き抜く症例が目立つことから禿頭病(とくとうびょう)とも呼ばれる。
DSM-IVやICD-10では、衝動制御の障害に含まれる。
本人が全く自覚せずに、無意識のうちに抜いている場合もある小林太刀夫監修 『最新家庭の医学』 第12次改訂版、時事通信社、2001年。

 人によっては症状が5.6年経っても治らない人もいる。

引用:Wikipedia:データベース

抜毛症のツイート

抜毛症に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも抜毛症に関連のある動画ばかりではありません。

抜毛症に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング