抜毛症とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
髪を抜いてしまう。。。抜毛症とのつきあい方・治し方 - NAVER まとめ
<医療>自ら髪を抜く病気 長期化すれば命の危険も
髪抜く「抜毛症」命の危険も - Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN
自分で自分の髪の毛を抜くのは、「抜毛症(ばつもうしょう)」という、ストレスが根本にあって発症する、心の問題が絡んだ病気です。本人の癖や性格の問題と言われたり、見た目は円形脱毛症と似ていたりしますが、...- 毎日新聞- 7時間前
毛を抜く癖がやめられない…抜毛症の原因と治療法は? | いしゃまち
2017年7月27日 - 自分(男)も抜毛症で悩んでいます。髪なんか抜いたらだめだと分かってはいるんです けどね。

■2018年10月29日
大人ニキビはなぜできる?生理やストレスとの関係も
思春期を終えるまでにニキビができた経験のある方は90%以上と言われ(沖縄県医師会より)、ほとんどの人が経験する皮膚疾患です。ニキビは思春期にできやすいですが、大人になってできる大人ニキビは頑固な上に、

■2018年10月26日
妊娠中のマイナートラブルにはどんなものがある?
妊娠中に起きる不快な症状をマイナートラブルと言います。その症状は多彩で個人差が大きいため、症状の辛さを共有しづらいこともあります。ここでは、マイナートラブルの症状や、見逃してはいけない症状についてお話

■2018年10月26日
スポーツ歯科医師に聞く:歯を怪我から守るマウスガードの効果やタイプとは
歯を失う原因の一つに、歯が割れたり欠けたりする破折、歯が抜け落ちしまう脱臼といった歯の外傷が挙げられます。むし歯や歯周病と比べるとその頻度は決して多くありませんが、スポーツの現場では注意する必要があり

■2018年10月25日
専門医に聞くスポーツと脳振盪②:脳振盪の管理、そして向き合い方
スポーツの現場で起こりうる脳振盪(のうしんとう)ですが、選手は脳振盪を起こしたことすら認識できないケースがあります。そこで重要となるのは、指導者や保護者といった周囲の方々のサポートです。脳振盪のリスク

■2018年10月25日
専門医に聞くスポーツと脳振盪①:スポーツ現場における脳振盪のリスクは
スポーツに取り組む上で、怪我はつきものです。頭部外傷の中でも、頭を打った後に起こりうる脳振盪(のうしんとう)を発症することは、決して珍しくありません。では脳振盪について、どういったイメージを思い浮かべ

■2018年10月24日
耳の先天異常の一つ「埋没耳」。問題や治療法は?
赤ちゃんがお腹の中にいる段階で発生する先天異常は、様々な器官で起こり得ます。耳の先天異常もいくつかありますが、埋没耳もその一つです。埋没耳とは一体どのような状態なのか、どのような治療法があるのか、紹介

■2018年10月24日
運動する時間がない人へ!生活の中でできるエクササイズ「NEAT」ってなに?
「身体活動」と聞くとみなさんは何を思い浮かべますか?きっと多くの方が、余暇に楽しむスポーツや健康(あるいはトレーニング!)のために行う定期的な活動など、いわゆる「運動」とよばれるものを頭に浮かべると思

■2018年10月23日
子供にも緑内障は起こりえます!小児緑内障の分類・治療について
18歳以上で新たに視覚障害認定を受けた人の疾患の原因で1位になっている緑内障(※)。失明の危険もある疾患ですが、先天的な眼の器官の異常や眼の外傷などによって子供でも発症する場合があります。子供の緑内障

■2018年10月23日
高齢者の健康維持に!65歳以上の「身体活動」のすすめ
若い頃は運動を楽しんでいたけれど、年齢とともに運動から遠ざかってしまう方は少なくありません。身体のあちこちに不調が生じてくると、積極的に身体を動かそうというモチベーションも保ちづらいですよね。本記事で

■2018年10月22日
禁煙すること:あなたとそばにいる家族の健康ための「愛」
神奈川県(2010年)・兵庫県(2012年)をはじめ、全国の都道府県で「受動喫煙防止条例」が施行されています。東京都でも2018年に、東京都受動喫煙防止条例が制定されました(全面施行は2020年の予定

抜毛症(抜毛癖)(こころの病気のはなし/専門編) - ハートクリニック
1時間前 - ストレスが根本にあって発症する、自分で自分の髪の毛を抜く「抜毛症」の特徴や解決策 について医師に聞いた。食べてしまった髪の毛が、石のように硬い固形物になってしまう ことも。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも抜毛症に関連のある画像ばかりではありません。
抜毛症の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

抜毛症(ばつもうしょう、Trichotillomania、トリコチロマニア)とは、正常な毛を引き抜いてしまう性癖によって脱毛斑が出現する精神障害。
抜毛癖(ばつもうへき)嵯峨賢次 『家庭医学大全科-ビッグ・ドクター-最新版』「抜毛癖」 法研、2004年。
とも呼ばれ、また主に頭髪を引き抜く症例が目立つことから禿頭病(とくとうびょう)とも呼ばれる。
DSM-IVやICD-10では、衝動制御の障害に含まれる。
本人が全く自覚せずに、無意識のうちに抜いている場合もある小林太刀夫監修 『最新家庭の医学』 第12次改訂版、時事通信社、2001年。

人によっては症状が5、6年経っても治らない人もいる。

引用:Wikipedia:データベース

抜毛症のツイート

抜毛症に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも抜毛症に関連のある動画ばかりではありません。

抜毛症に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング