彭帥とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
中国・前副首相と不倫、テニス選手が告白 衝撃広がる - 産経ニュース
4時間前 - 中国の著名女子プロテニス選手、彭帥さん(35)が2日、短文投稿サイト、微博(ウェイボ)に共産党最高指導部メンバーだった張高麗前副首相(75) ...
中国元副首相との不倫を投稿 女子プロテニス選手 - 47NEWS
36分前 - 【北京共同】中国の著名女子プロテニス選手、彭帥さん(35)が2日、短文投稿サイト、微博(ウェイボ)に共産党最高指導部メンバーだった張高麗元副 ...
彭帥 - Wikiwand
彭 帥(ポン・シューアイ、ピン音表記:Peng Shuai, 1986年1月8日 - )は、中国・湖南省出身の女子プロテニス選手。2013年ウィンブルドン選手権と2014年全仏オープン ...
「棄権強要」疑惑の彭帥、相方が被害告白「一日中付きまとわれた」
2018/8/13 - 【8月13日 AFP】女子テニス、中国の彭帥(Peng Shuai、ポン・シュアイ)が昨年のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)で ...
テニス選手、指導者との不倫告白 中国で衝撃広がる - 北海道新聞
3時間前 - 中国の女子プロテニス選手、彭帥さん=2014年9月、ニューヨーク(ロイター=共同)

彭 帥(ポン・シューアイ、ピン音表記:Peng Shuai, 1986年1月8日 - )は、中国・湖南省出身の女子プロテニス選手。
2013年ウィンブルドン選手権と2014年全仏オープン女子ダブルスの優勝者である。
WTAツアーでシングルスで2勝、ダブルスで22勝を挙げている。
自己最高ランキングはシングルス14位、ダブルス1位。
フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ちの選手。
そこから繰り出す強打のショットとタフな体格、強気な性格などから「中国女子テニス界の猛女」と呼ばれることがあるという。
彭帥は父親が警察官という家庭に生まれ、8歳の時からおじの勧めでテニスを始めた。
2000年から中国国内のトーナメントに出場し始め、2001年に15歳で女子テニス国別対抗戦・フェドカップに中国代表選手として初出場する。
2003年にプロ入りし、2004年ウィンブルドンで4大大会本戦にデビューした。
2005年夏、彭はシングルスの自己最高ランキングを「31位」まで上げたが、これは当時の中国女子の最高位であった。
翌2006年1月に同僚選手の鄭潔と晏紫が全豪オープン女子ダブルスで初優勝し、ここから中国女子テニス界の盛り上がりが始まった。
彭もそのひとりとして、シングルス・ダブルスともに実力を上げていき、この年からフェドカップの中国代表選手として起用される機会が増えた。
2006年5月、彭はフランス・ストラスブール大会(全仏オープンの最後の前哨戦)で初めてWTAツアーのシングルス決勝に進み、第2シードのニコル・バイディソバに 6-7, 3-6 で敗れた。
全仏オープンでは2回戦で途中棄権したが、2006年ウィンブルドンで初めて3回戦に勝ち上がり、第16シードのフラビア・ペンネッタと対戦した。
このウィンブルドンで、李娜が中国女子選手として初のシングルス・ベスト8に進出する。
2007年9月末に開かれた中国・広州市の大会で、彭帥は晏紫とのペアで女子ツアーのダブルス初優勝を達成した。
2008年3月初めのインド・バンガロール大会で、彭帥は同じ中国の孫甜甜とペアを組み、決勝で台湾ペアの詹詠然&荘佳容組を破って優勝した。
この年は女子ツアーのダブルス戦で、大半のトーナメントを孫とのコンビで出場し、ダブルスの自己最高ランキングを18位まで上げた。
それから、彭はウィンブルドンで2年ぶり2度目の3回戦に勝ち上がった。
2009年1月、メディバンク国際の女子ダブルスで謝淑薇と組んで優勝。
全豪オープンでは、初進出の3回戦で第2シードのセリーナ・ウィリアムズに 1-6, 4-6 で敗れた。
謝淑薇と組んだダブルスでもベスト8まで進み、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 2-6, 6-4, 3-6 で敗れたため、彭は単複ともS・ウィリアムズに道を阻まれたことになる。
全仏オープンで、彭は初めて女子シングルス「第31シード」を得た。
シングルスは1回戦敗退に終わるが、謝とのダブルスで準決勝まで進み、ビクトリア・アザレンカ&エレーナ・ベスニナ組に 3-6, 5-7 で敗れて決勝進出を逃した。
2010年11月の広州アジア大会ではシングルス準決勝で日本のクルム伊達公子を 7-6, 3-6, 6-2 、決勝でアクグル・アマンムラドワを 7-5, 6-2 で破り金メダルを獲得。
団体でも金メダル、晏紫と組んだダブルスでは銅メダルを獲得した。
2011年1月の全豪オープンでは、2回戦で第7シードのエレナ・ヤンコビッチを 7-6, 3-6 、3回戦では森田あゆみを 6-1, 3-6, 6-3 で破り4大大会初のシングルス4回戦に進出した。
4回戦ではアグニエシュカ・ラドワンスカに 5-7, 6-3, 5-7 で敗れベスト8進出はならなかった。
全仏直前のブリュッセル大会で4度目の決勝に進出したが、世界ランキング1位のキャロライン・ウォズニアッキに 6–2, 3–6, 3–6 で敗れた。
全仏オープンはフランチェスカ・スキアボーネとの3回戦を途中棄権したが、ウィンブルドンと全米オープンでも4回戦に進出し、自己最高のランキング14位を記録している。
2013年ウィンブルドン選手権では謝淑薇とペアを組み初めて4大大会ダブルスの決勝に進出した。
決勝ではアシュリー・バーティ&ケーシー・デラクア組を 7–6(1), 6–1 で破り大会初優勝を果たした。
最終戦のWTAツアー選手権でも決勝でエカテリーナ・マカロワ&エレーナ・ベスニナ組を 6-4, 7-5 で破り優勝した。
2014年全仏オープンでも決勝でサラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組を 6–4, 6–1 で破り4大大会ダブルス2勝目を挙げた。
2014年全米オープンでは2回戦で第4シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ、3回戦で第28シードのロベルタ・ビンチ、4回戦で第14シードのルーシー・サファロバを破りノーシードから初めて4大大会シングルスでベスト8に進出した。
準々決勝ではベリンダ・ベンチッチに 6-2, 6-1 で快勝しベスト4に進出したが、しかしキャロライン・ウォズニアッキとの準決勝を途中棄権した。
2016年10月の天津オープンでシングルス7度目の決勝進出。
決勝でアリソン・リスクに7-6(3), 6-2で勝利し、30歳でシングルス初優勝を果たした。
彭帥はオリンピック中国代表として、2008年北京五輪と2012年ロンドン五輪、2016年リオ五輪の3大会に出場している。
2017年のウィンブルドン選手権において、ダブルスのパートナーを変更するため、相方に棄権を強要しようとしたとして不正防止機関「テニス・インテグリティ・ユニット(TIU)」から6か月の出場停止と1万ドルの罰金処分が課された。
なお彭帥は本大会には出場しなかった。

引用:Wikipedia:データベース

彭帥に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング