張本智和 優勝とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
卓球の張本智和が今季ワールドツアー初優勝 | 共同通信 - nor.
【卓球】張本智和 今季ワールドツアー初優勝!「本当にメンタル...
15歳張本智和が史上最年少優勝、世界4位林を圧倒 - 卓球 : 日刊スポーツ
ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン<8月13日~18日/パナギュリシテ> 大会最終日の8月18日、男子シングルス決勝で張本智和(木下グループ/世界ランク5位)が、中国の国内大会で頭角を現す新鋭...- テレビ東京スポーツ- 5時間前
卓球・張本、今季初優勝 ブルガリアOP :日本経済新聞
水谷、伊藤組が混合複V=卓球- 時事通信- 21時間前
卓球・張本智和、地元仙台で初優勝 威力抜群のフォアで水谷隼圧倒 - 産経 ...
【卓球】張本智和、中国気鋭のサウスポーに完勝して2...- テレビ東京スポーツ- 8月15日
張本智和 優勝の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

(はりもと ともかず、2003年6月27日 タマス 2016年10月12日 公益財団法人日本卓球協会 2016年10月12日 - )は、宮城県仙台市出身の卓球選手。
木下マイスター東京所属。
身長は175cm(2018年7月時点)、体重は64kg(2018年7月時点)、靴のサイズ28cm(2017年9月時点)。
ITTF世界ランキング最高位は3位(2019年1月時点)。
段級位は7段日本卓球協会。
血液型はO型。
両親ともに中国の元卓球選手であり、2014年春に日本に父、妹とともに帰化し、2017年にはITTFワールドツアー男子シングルスを世界史上最年少の14歳61日で優勝した。
また2018年のITTFワールドツアーグランドファイナル男子シングルスでも世界史上最年少となる15歳172日での優勝を果たした。
両親は中国四川省出身(レコードチャイナ 2017年6月8日)(日刊スポーツ 2014年6月18日)の卓球選手で、父は男子ジュニア日本代表コーチの張本宇、母は1995年の天津市で行われた第43回世界卓球選手権の元代表選手のである。
2005年(平成17年)、2歳でラケットを握り スポーツ報知 2016年10月12日、仙台市立東宮城野小学校、東京都北区立稲付中学校を卒業し、現在は日本大学高等学校在学中 サンケイスポーツ 2019年3月20日。
5歳下の妹・も卓球選手である。
2010年(平成22年)、小学一年生の時に全日本卓球選手権大会(バンビの部)で優勝し、バンビ・カブ・ホープスで無敗の6連覇を達成して以降世代別で優勝した。
2014年(平成26年)春に、父の張宇、妹の美和とともに日本国籍を取得して帰化し、張姓から張本姓になった(母は中国籍のまま)。
2015年(平成27年)、フランスで開催された世界ジュニア選手権に男子で日本史上最年少となる小学6年で代表に選出されたが、パリ同時多発テロの影響で派遣中止となったため出場できなかった。
2016年(平成28年)4月にJOCエリートアカデミーに入校し、12歳で臨んだ6月のITTFワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯(U-21)で当時世界ランキング28位の何釣傑(ホー・クァンキ/香港)、同62位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)ら格上の選手を次々と破り、U21種目の世界史上最年少優勝を達成。
190位だった世界ランキングをひと月で63位へと急上昇させた。
10月にはJSCから2020年東京五輪に向けた若手強化選手として卓球界から平野美宇と共に選出された日本経済新聞。
12月に南アフリカ開催の世界ジュニア卓球選手権で団体とシングルスで金メダルを獲得し、ダブルスでは龍崎東寅とのペアで銀メダルを獲得した。
世界ジュニアのシングルスでは大会史上世界最年少13歳163日での優勝だった。
2017年(平成29年)2月、ITTFワールドツアー・インドオープンの準々決勝でロベルト・ガルドシュ(オーストリア)、準決勝で地元の(インド)を破り、決勝でドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)にストレート負けてワールドツアー世界史上最年少での決勝進出は果たしたものの優勝はお預けとなった。
5月開催の第54回世界卓球選手権個人戦に推薦枠で、男女通じて日本史上最年少の13歳6ヶ月で世界選手権代表に選出され、「夢にも思わなかった」と語っている。
5月30日に木下グループと契約を発表する。
第54回世界卓球選手権個人戦は2回戦でリオデジャネイロオリンピック銅メダリストで当時世界ランキング6位の水谷隼を破り3回戦に進む。
4回戦はリュボミル・ピシュテイ(スロバキア)を破り準々決勝に進出した。
世界選手権に於ける13歳でのベスト8入りは世界史上初である。
6月にITTFワールドツアー・中国オープンのシングルスで当時世界ランキング12位のブラディミル・サムソノフ(ベラルーシ)、同9位の丹羽孝希らを破り準決勝へ進出し、準決勝で元世界ランキング1位で当時8位のティモ・ボル(ドイツ)に敗れたものの3位となる。
木造勇人と組んだダブルスは準決勝で第54回世界卓球選手権個人戦の金メダルペア樊振東(ファン・ジェンドン/中国)、許昕(シュー・シン/中国)を破る大金星を挙げるが、決勝で上田仁、吉村真晴に敗れ準優勝となる。
5月・6月の活躍により69位だった世界ランキングをふた月で18位まで上昇させた。
同6月にマレーシアでスタートしたプロリーグ「アジア太平洋リーグ」に参戦する。
8月のチェコオープンでは当時世界ランク7位のティモ・ボル(ドイツ)らを破り14歳61日で優勝し、男子の(ユー・ツーヤン/中国)の16歳30日(14年ジャパンOP)、女子では伊藤美誠の14歳152日(15年ドイツOP)だったワールドツアー最年少優勝記録を更新した卓球王国2017年11月号 p.30 - nikkansports.com、2017年8月28日閲覧。
2018年(平成30年)1月に行われた全日本卓球選手権大会の男子シングルス・ジュニアの部において中学2年で初優勝を飾る。
このジュニアの部において張本は1セットも失わずに優勝し、同世代を寄せ付けない圧巻のプレーを見せた。
男子シングルス一般の部においては、準々決勝で大島祐哉を4-1で破り、続く準決勝においても森薗政崇を4-0と圧倒。
決勝では、全日本卓球選手権大会で9回の優勝を誇る水谷隼を4-2で勝利し、男子シングルス・一般の部において、史上最年少記録となる14歳208日で優勝するとともに、それまでの最年少記録17歳226日(水谷隼/2007年/平成19年大会/当時高校2年)を約3歳も更新した。
また、同年2月にイギリスのロンドンで行われたITTF主催のチームワールドカップでは丹羽孝希、上田仁、大島祐哉と共に戦い、決勝で中国に負けたものの、銀メダルを獲得した。
この決勝において張本は中国の次世代エースであり世界ランキング1位の樊振東(ファン・ジェンドン/中国)と対戦したが、0-3で敗れている。
4月に横浜で開催されたアジアカップでは第1ステージで再び樊振東と対戦し3-1で勝利する金星を挙げ、3試合目の元世界ランキング3位の荘智淵(チュアン・チーユエン/台湾)にも勝利し1位通過したが、準々決勝で前年のアジア選手権シングルス銀メダリストの(ジョン・サンウン/韓国)に敗れ順位決定戦に回ったものの、当時世界ランキング7位の黄鎮廷(ウォン・チュンティン/香港)に4‐0と完勝、9位の丹羽孝希にはフルゲームで勝利し、最終結果の5位に繋げた。
この結果、翌5月には世界史上最年少記録となる14歳10カ月での世界ランクトップ10入りを果たす。
同年6月のITTF卓球ジャパン・オープン荻村杯(荻村杯国際卓球選手権大会)にて、準々決勝でリオデジャネイロオリンピックシングルスの金メダリストで当時世界ランク2位の馬龍(マー・ロン/中国)、準決勝で第54回世界卓球選手権個人戦シングルスの銅メダリスト、世界ランク8位の李尚洙(イ・サンス/韓国)、決勝でロンドンオリンピックシングルス金メダル、リオデジャネイロオリンピック銀メダルの張継科(ジャン・ジーク/中国)を下しワールドツアー2度目の優勝を果たした - 朝日新聞、2018年6月11日閲覧。
12月には早くも世界ランキングトップ5入りを達成。
これも世界史上最年少記録(15歳5カ月)である。
同12月のITTFワールドツアーグランドファイナルでは準決勝で世界ランキング1位の樊振東(ファン・ジェンドン/中国)を破って勝ち上がってきた世界ランク6位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)を4‐0ストレート、決勝では世界ランク4位の林高遠(リン・ガオユエン/中国)を4‐1で下し、大会史上世界最年少15歳172日という若さで優勝を勝ち獲った。
それまでの大会最年少優勝記録であった20歳と13日(2003年大会/王皓/ワン・ハオ/中国)を15年ぶりに一気に約5歳も更新した。
この活躍により翌1月には世界ランキングを3位にまで上げ、世界史上最年少(15歳6カ月)でのトップ3入りを記録するとともに、日本男子の過去最高世界ランキング(4位/水谷隼)をも塗り替えた。
2019年(平成31年)3月にJOCエリートアカデミーを修了。
同年12月のワールドカップ では準優勝した - 産経ニュース、2019年12月1日閲覧。

引用:Wikipedia:データベース

張本智和 優勝に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング