広瀬香美 反論とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
広瀬香美 事務所の発表に反論 | 2018/6/1(金) 0:28 - Yahoo!ニュース
15時間前 - 広瀬香美が新事務所に移籍したと発表した件で、契約を終了したとされた事務所が芸名使用の禁止を求めている件で、広瀬香美が反論。「活動は今まで通り続けていきます」と宣言。
広瀬香美「今まで通り続けていく」活動休止報道に反論 - ライブドアニュース
広瀬香美は「今まで通り」と反論 事務所移籍問題 前事務所が芸...

■2018年12月05日
貴ノ岩が付け人に暴力 冬巡業中に…昨年は暴行被害も
日本相撲協会は5日、幕内の貴ノ岩(28=千賀ノ浦部屋)が4日夜、巡業先の福岡県内で付け人の力士に暴力を振るったことを明らかにした。貴ノ岩は昨年10月には鳥取市内の飲食店で元横綱の日馬富士からカラオケの

■2018年12月05日
「笑ってはいけない」松ちゃん暴露!今年も「蝶野ビンタ凄かったですよ」に方正困惑
ダウンタウンが5日、日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の大みそか特番「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」(午後6・30~)の会見を都内で行い、今年の見どころやロケ現場

■2018年12月05日
ユーミン、紅白は名曲メドレー!“歌ってほしい曲”視聴者から募集
大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15~同11・45)に7年ぶりに出演するシンガー・ソングライターの松任谷由実(64)が名曲メドレーを披露することが5日、分かった。NHKは同日、番組公式サ

■2018年12月05日
飯豊まりえ 今年の漢字は「食」 「一年中ご飯のことを考えている」
女優の飯豊まりえ(20)が5日、都内で「FOODEX美食女子Award2019」のアンバサダー就任イベントに出席した。今年大忙しだった飯豊は2018年を振り返り「まばたきしてたら1年過ぎちゃいました。

■2018年12月05日
DeNAの新人王・東“バナナ17万本分UP”5550万円!来季は「開幕投手やってみたい」
DeNAの新人左腕・東が5日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、270%増の5550万円でサインした。1年目から開幕ローテーションに入り、11勝を挙げて防御率もリーグ2・45。セ・リーグの新人

■2018年12月05日
日米大学野球は7・16開幕 学生野球、来年の日程発表
日本学生野球協会、全日本大学野球連盟の理事会が5日、都内で行われ、来年度の事業日程が発表された。第43回日米大学野球選手権は7月16日に開幕。16日に愛媛・松山坊ちゃんスタジアム、17日に今治市営、1

■2018年12月05日
ラミレス氏、石井氏、前田氏ら野球殿堂入り候補に エキスパート表彰は掛布氏ら
野球殿堂博物館(東京都文京区後楽)は5日、来年の野球殿堂入りの競技者表彰候補者を発表した。新たに候補者入りしたのは以下の各氏。【プレーヤー表彰】A・ラミレス(DeNA監督)石井一久(楽天ゼネラルマネジ

■2018年12月05日
M-1王者・霜降り明星「THE MANZAI」緊急参戦!M―1と違うネタ披露へ
2日の「M-1グランプリ2018」で第14代王者に輝いたお笑いコンビ「霜降り明星」が、9日にフジテレビで放送される「THEMANZAI2018マスターズ」(後7・00)に緊急参戦することが決まった。人

■2018年12月05日
ヤクルト・岩橋、初の1軍登板なしでダウン更改「来年はケガなく」
ヤクルトの岩橋慶侍投手(27)が5日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、200万円減の年俸800万円(金額は推定)でサインした。今季はプロ入り5年目で初めて1軍登板なしに終わり、2軍戦でも17試合

■2018年12月05日
AbemaTV 今度は初のフェンシング生中継!12・9「全日本選手権」太田雄貴会長の“改革”の一環
インターネットテレビ局「AbemaTV」は5日、今月9日に東京グローブ座で行われる「第71回全日本フェンシング選手権大会」を午後1時から5時間半にわたって生中継すると発表した。フェンシング界初となる大

「広瀬香美 反論」の話題・最新情報|BIGLOBEニュース
広瀬香美の独立発表、前事務所が怒り 芸名使用に「断...- デイリースポーツ- 1時間前
広瀬香美の独立発表、前事務所が怒り 芸名使用に ... - au Webポータル
広瀬香美「活動は今まで通り続けていきます」と反論- 日刊スポーツ- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも広瀬香美 反論に関連のある画像ばかりではありません。
広瀬香美 反論の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

広瀬 香美(ひろせ こうみ、本名:石井 麻美(いしい まみ)、1966年4月12日 - ) 日本の女性シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ボイストレーナー。
福岡県出身。
Muse Endeavor inc.所属で、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントと契約。
歌手活動に留まらず、作曲家・作詞家・音楽監督としても多彩なプロデュース・ワークを行い、国内外の各方面から高く賞賛されている。
現在、ロサンゼルスに拠点を置き幅広く活動中。
ロサンゼルスで発行されている在留邦人向けのフリーペーパー「QOLA」では、レギュラー寄稿者として執筆中。
ロサンゼルス在住の邦人として、また、国際人として、多方面で創作活動に励んでいる。
さらに、ロサンゼルス在住の邦人向けのラジオでレギュラー出演番組も現在準備している。
最新のアルバム・レコーディングもロサンゼルスで行うなど、日本のポップス音楽のパフォーマーでありながら、世界各地における制作活動を展開、海外における定期的な演奏活動も計画中である。
また、日米の文化的交流の担い手となるべく、日本とアメリカの双方を音楽や文化のレベルで、深く繋げていくために活動している。
精力的に音楽活動を展開しており、ドラマ・映画・ミュージカルの音楽監督、多くのアーティストへの作品提供及びプロデュース等を手がける。
またヴォイストレーナーとしても、1999年10月に設立し自らが校長を務める「広瀬香美音楽学校(旧称Do Dream・2010年7月22日付で改称)」において、生徒の指導にあたっている。
「冬の女王」の異名を持っており、そのきっかけとなる「アルペン」とのタイアップを、1993年〜2002年、2007年〜現在まで毎年行っている。
私生活においては、1999年に俳優の大沢たかおと結婚したが、2006年に協議離婚。
2008年10月12日にロサンゼルス在住の1歳上の米国人男性と再婚。
米国滞在中に制作した自作のデモ音源が、レコード会社の耳に留まり、各レコード会社争奪のなか、ビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)より1992年にデビュー。
1stシングル『愛があれば大丈夫』を発表後、『ロマンスの神様』(175万枚)、ベストアルバム『広瀬香美 THE BEST "Love Winters"』(240万枚)などが次々と大ヒットを記録する。
2002年、初の全国ツアーにて日本武道館公演を成功させ、国内屈指のスーパー・ヴォーカリストとしての地位を築く。
日本の国立音楽大学作曲学科に通いながら、ロサンゼルスにて、マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロス、ホイットニー・ヒューストンのヴォイス・トレーナーであるセス・リッグスに師事。
国立音楽大学作曲学科卒業後も、ロサンゼルスでトレーニングしながら、作曲家を目指す。

引用:Wikipedia:データベース

広瀬香美 反論のツイート

広瀬香美 反論に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも広瀬香美 反論に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング