常陽新聞 休刊とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
茨城の地方紙 常陽新聞が休刊 | 2017/3/1(水) 13:03 - Yahoo!ニュース
茨城県の地方紙「常陽新聞」が3月末日付で新聞と電子版の発行を休止。2013年廃刊 の旧「常陽新聞」を引き継いでいた。
常陽新聞について | 常陽新聞
<茨城・地方紙>「常陽新聞」が休刊 3月末日付で電子版も
茨城・地方紙:「常陽新聞」が休刊 3月末日付で電子版も - 毎日新聞
茨城県の南部地域を対象に日刊紙を発行してきた常陽新聞(同県つくば市)は1日、今月末で同紙と電子版を休刊すると発表した。購読者数が伸び悩むなどして、月間数百万円の営業損失が続いているため。従業員18人...- 毎日新聞- 1時間前
茨城県の地方紙「常陽新聞」、休刊 購読者伸び悩み - ITmedia ビジネス ...
日刊発行の朝刊紙と電子版(スマートフォンとパソコン対応). 月額購読料(宅配・電子版 セット)2,080円(税込み2,246円). 本紙宅配1,500円(税込み1,620円). 電子版980円( 税込み1,058円). 一部売り 税込み100円. 休刊日 原則毎週日曜日. 新聞休刊日( ...

■2018年5月01日
ネコのドラえもんが、ネズミのミッキーに絶対勝てない理由
一般的にネコはネズミより強いが、コンテンツの世界では、ネズミがネコを圧倒している。最新作の『映画ドラえもん のび太の宝島』は興行収入が44億円を超えているが、ディズニー映画に比べると20分の1ほど。な

■2018年5月01日
ヤフー、21期連続で増収 18年度も積極投資
ヤフーは4月27日、2017年度通期(18年3月期)の連結決算を発表した。売上収益が8971億円(前年度比5.1%増)で21期連続の増収となった一方で、営業利益は前年度比3.2%減となる1858億円の

■2018年5月01日
オフィス系文具が人気 「働き方改革」で売り上げ2倍に
「働き方改革」で「オフィス系文具」が注目を集めている。残業時間を減らしながら生産性を上げる取り組みが官民で進むのに合わせて、デザインや機能が“進化”。売れ行きも飛躍的に伸びているという。

■2018年5月01日
タコの価格がうなぎ上り 「庶民の味」が「高根の花」に!?
スーパーなどで売られる刺し身用蒸しダコの原料となるアフリカ産冷凍タコ(主にマダコ)の輸入価格が過去最高値(円換算)を更新し、業界や食卓を揺るがしている。

■2018年5月01日
1センチ単位で指定できる家具サービスの舞台裏
「デザインは好きだけどサイズが大きすぎて諦めた」「ちょうどいいサイズだけど色が気にくわない」――家具を買うときに、こんな経験をした人も多いだろう。そんな不満を解消するサービスが2018年3月に誕生した

■2018年4月30日
【訂正版】タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。

■2018年4月28日
マイナス5度の「三ツ矢サイダー」 自販機で味わう“シャリシャリ感”
アサヒ飲料は、マイナス5度に冷やした「三ツ矢サイダー」を販売する自販機の展開を開始。5月末までに、全国で約150台を設置する。

■2018年4月28日
出世するオジサンが、孤独の迷宮に入りやすいワケ
世界的に「孤独」が問題になっている。人の心や体に影響を与えると言われているのに、なぜ日本人は無関心なのか。孤独オジサンにならないために、どうすればいいのかというと……。

■2018年4月27日
ドコモ、17年度は増収増益 「dポイント会員」強化でさらなる成長へ
NTTドコモの2018年3月期(17年4月〜18年3月)の連結業績は増収増益だった。通信事業、スマートライフ事業がともに好調だった。今期は会員基盤の強化を進め、さらなる成長を目指す。

■2018年4月27日
朝鮮半島の「完全な非核化」を共通目標として確認=南北首脳
北朝鮮の金正恩 朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領は、「朝鮮半島の完全な非核化」を共通目標として取り組んでいくことを確認する共同宣言に署名した。

■2018年4月27日
かっぱ寿司、最終黒字 “崖っぷち”のかっぱはよみがえるか
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトが18年3月期の連結業績を発表。減収なるも最終黒字に転換した。「食べ放題」などの施策はどのような結果を生んだのか。

■2018年4月27日
ソニーが今期減益計画、半導体が利益圧迫 前期は20年ぶり最高益
ソニーの19年3月期営業利益は前年比8.8%減の6700億円を見込む。

■2018年4月27日
ドコモが4段階定額「ベーシックパック」導入 狙いは?
NTTドコモが、データ使用量に応じて自動的に4段階の料金が適用される定額プランを5月25日から提供する。「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」の2種類。会見で吉澤和弘社長が狙いを語った。

■2018年4月27日
ホンダ、今期営業利益は16%減の見通し 為替想定は1ドル105円
ホンダの19年3月期連結営業利益は前期比16%減の7000億円になる見通しだ。

■2018年4月27日
マツダ、今期営業益予想28%減、米国販売網や環境対応への投資増
マツダの19年3月期連結営業利益は前期比28.3%減の1050億円となる見通しだ。

■2018年4月27日
ドコモ吉澤社長、海賊版サイトに強気の姿勢 「見過ごすわけにはいかない」
ブロッキングの実施を決めたNTTドコモの吉澤和弘社長が、海賊版サイトに対してコメント。「コンテンツやインターネットのビジネスの発展を妨げている。見過ごすわけにはいかない」と強気の姿勢を示した。開始時期

■2018年4月27日
クールビズの影響でネクタイ需要激減 業者が破産
東京商工リサーチによると、ネクタイやかばんなどの企画販売を主力事業として展開してきた「&・BLUE」(大阪市)が4月17日、大阪地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は1億2000万円。

■2018年4月27日
サービス残業、2000年比で「70時間」減る 人手不足で待遇改善
2017年に行われたサービス残業は平均1人当たり195.7時間で、00年の266.1時間から70.4時間減った――大和総研がこんな調査結果を明らかにした。同社の廣野洋太研究員に、その要因を聞いた。

■2018年4月27日
南北首脳会談10年超ぶり開催、金委員長「新たな歴史の始まり」
北朝鮮の金正恩 朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領による南北首脳会談が板門店で始まった。

■2018年4月27日
18年度新卒入社の初任給、東証1部企業で引き上げ傾向
東証1部に上場する239社の約4割が初任給を全学歴で引き上げている――労務行政研究所がまとめた新卒4月入社の初任給に関する調査でこうした結果が分かった。

常陽新聞 休刊の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

常陽新聞』(じょうようしんぶん)は、茨城県つくば市吾妻3丁目の常陽新聞株式会社が発行していた地域新聞である。
株式会社常陽新聞社および株式会社常陽新聞新社が発行していた旧常陽新聞時代には日本新聞協会、全国郷土紙連合に加盟していた。
本項目では旧常陽新聞についても述べる。
旧常陽新聞廃刊後の2013年(平成25年)11月、ソフトバンク出身でユナイテッドベンチャーズ株式会社を経営する楜澤悟が、地域密着メディアへの経営参画をめざしてつくば市に「常陽新聞株式会社」を設立した『週刊東洋経済』、2014年3月1日号。
常陽新聞株式会社は旧常陽新聞新社が保有していた題号『常陽新聞』を買い取り、判型をタブロイド判として第1号を2014年(平成26年)2月1日に発刊した。
旧常陽新聞時代の号数(紙齢)は承継していない。
日曜休刊で当初の発行部数は3000部だった『毎日新聞』、2013年12月13日。
楜澤はこれまで、CS放送会社JスカイB(現スカパーJSAT)などの事業立ち上げやファンドを通じたIT企業への出資に取り組んだ経験があり、常陽新聞の発行エリアの人口が約103万人と多いことから、地域密着メディアであれば部数増の可能性が大きいと判断したという。
目標発行部数は日本新聞協会再加盟の条件となる1万部以上『週刊東洋経済』、2014年3月1日号で、将来的には長野県松本市の地域紙『市民タイムス』を参考に2つの地域版体制に移行することを目指すとしていた。
発刊にあたって常陽新聞株式会社は、印刷を毎日新聞社系列の東日印刷に委託するとともに、販売を東日印刷から直送できる毎日新聞の販売店網に一本化することで、印刷・輸送の全外注化を実現して発行コストを大幅に削減したほか、購読契約者を対象にタブレット端末やスマートフォンでも紙面を購読できる「電子版」サービスも開始した。
復刊後は、当初は通常12頁のタブロイド判とし、宅配は原則として電子版とのセットのみ(電子版のみの購読も可であるが、宅配のみは不可)、また前述のように毎週日曜日と年末年始、新聞休刊日の翌日を休刊 - ウェイバックマシン(2017年6月22日アーカイブ分)としていた。
2015年(平成27年)12月から一部紙面の変更を行い、前述のようにこれまで通常12頁としていたのを8頁に削減。
1面と最終面に地域密着型の記事を掲載し、番組表の全国テレビ(NHK総合・Eテレ、在京キー局など)の掲載を終了(以降はNHK水戸総合(独自編成番組のみ掲載)、茨城放送、地元ケーブルテレビ局ACCSとJ:COM茨城のコミュニティチャンネル、コミュニティFMのラヂオつくば、県庁運営のインターネットテレビ『いばキラTV』といった地元メディア・放送のみの掲載となった)し、またこれまでは基本的に宅配購読者は宅配+電子版のセットのみとしていたのを、宅配版のみのサービスも開始(電子版のみの購読も引き続き可)するようになった(公式サイト、2015年11月25日、同年12月8日閲覧)。
しかし、購読者数が伸び悩み、月数百万円の損失を計上しており、2017年(平成29年)3月31日付をもって新聞・電子版ともに休刊(廃刊)となった。
従業員は全員退職するが『毎日新聞』、2017年3月1日、会社自体は当分は存続させ、営業譲渡による事業継続の可能性を探るとしている(公式サイト、2017年3月1日)。

引用:Wikipedia:データベース

常陽新聞 休刊に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも常陽新聞 休刊に関連のある動画ばかりではありません。

常陽新聞 休刊に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング