常陽新聞 休刊とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
茨城の地方紙 常陽新聞が休刊 | 2017/3/1(水) 13:03 - Yahoo!ニュース
茨城県の地方紙「常陽新聞」が3月末日付で新聞と電子版の発行を休止。2013年廃刊 の旧「常陽新聞」を引き継いでいた。
常陽新聞について | 常陽新聞
<茨城・地方紙>「常陽新聞」が休刊 3月末日付で電子版も
茨城・地方紙:「常陽新聞」が休刊 3月末日付で電子版も - 毎日新聞
茨城県の南部地域を対象に日刊紙を発行してきた常陽新聞(同県つくば市)は1日、今月末で同紙と電子版を休刊すると発表した。購読者数が伸び悩むなどして、月間数百万円の営業損失が続いているため。従業員18人...- 毎日新聞- 1時間前
茨城県の地方紙「常陽新聞」、休刊 購読者伸び悩み - ITmedia ビジネス ...
日刊発行の朝刊紙と電子版(スマートフォンとパソコン対応). 月額購読料(宅配・電子版 セット)2,080円(税込み2,246円). 本紙宅配1,500円(税込み1,620円). 電子版980円( 税込み1,058円). 一部売り 税込み100円. 休刊日 原則毎週日曜日. 新聞休刊日( ...

■2017年9月06日
ローチケのキャンセル問題、申告者は「未入金」
「ローチケHMV」運営元のローソンHMVエンタテイメントが、チケットのキャンセルを巡るツイートの真偽を調査。発信者はチケット代金を入金しておらず、ローチケによるキャンセルは存在しなかったことが判明した

■2017年9月06日
Amazon、八王子に新たな物流拠点 11月から稼働
アマゾンジャパンが八王子市に「アマゾン八王子FC」を開業。11月に稼働を予定する。

■2017年9月06日
リンガーハット、冷凍チャーハン3万個を自主回収
リンガーハットが、冷凍食品「リンガーハットのチャーハン」3万68個を自主回収する。アレルギー物質の任意表示欄に誤表記があったため。

■2017年9月06日
日産、新型「リーフ」発表 航続距離400キロに
日産自動車は電気自動車(EV)「リーフ」の新型を10月2日に発売する。

■2017年9月06日
スシロー、「ペコちゃん」コラボデザート 期間限定で
デザートに力を入れる回転すしチェーン「スシロー」が不二家の「ペコちゃん」とコラボ。「ミルキーロール」を9月8日から期間限定販売する。

■2017年9月06日
京王電鉄、新型車両5000系の「導入記念乗車券」発売
京王電鉄が、新型車両「5000系」の導入を記念した乗車券を発売する。4枚1組で、2017年12月31日まで使用可能。新宿駅や調布駅など、京王線の一部の駅で販売する。

■2017年9月06日
デビットカードの需要広がる ジャパンネット銀行の戦略
ジャパンネット銀行はデビットカードの利用拡大に取り組んでいる。発行枚数は累計140万枚を突破。デビットカードの普及状況やジャパンネット銀行の取り組みについて、担当者に聞いた。

■2017年9月05日
タイトーが新クレーンゲーム 遠隔で操作、景品を配送
タイトーが、インターネット経由でクレーンゲームを遠隔操作できる新サービス「タイトーオンラインクレーン」を今秋から展開すると発表。

■2017年9月05日
日本郵便、「ゆうパック」平均12%の値上げ発表
日本郵便が、宅配便「ゆうパック」の基本運賃を2018年3月1日から改定すると発表。値上げ幅は平均12%程度。

■2017年9月05日
タカラトミーアーツ、「究極のTKG」発売
タカラトミーアーツがふわふわ食感の卵かけごはんを作ることができる商品「究極のTKG」を発売。「いつもよりプチぜいたくな朝食を手軽に楽しめる」という。

■2017年9月05日
「マックなら、大丈夫」マクドナルド、主婦の採用強化
日本マクドナルドが「マックなら、大丈夫。」キャンペーンを実施。主婦やシニア層が安心して働ける環境をアピールし、店舗アルバイトスタッフの採用を強化する。

■2017年9月05日
残業197時間の大宝運輸、厚労省の指導受け改善策を発表
長時間労働の常態化により、厚生労働省 愛知労働局から是正指導を受けた大宝運輸が、「プロジェクトチームを発足して改善を進める」と発表した。

■2017年9月05日
従業員の満足を妨げる「働き方改革」の矛盾点とは?
「働き方改革」を実施する企業は増えているものの、成果につながらないケースもみられる。それはなぜか――デロイト トーマツ コンサルティング調べ。

■2017年9月05日
シリア空中戦、米操縦士が語る「一触即発の危険性」
米空軍のF15Eパイロットは、地上の米軍が支援する部隊とその顧問らを殺害しようとしたイラン製ドローンを撃墜した。遠くからロシア軍の戦闘機が偵察する中で起きた。

■2017年9月05日
北朝鮮の「水爆」実験、ゲームチェンジャーになるか
北朝鮮が水爆実験に成功したと発表したことは、米国を射程圏に入れる核ミサイルを開発するという最終目標に向けた大きな前進だ、と複数の専門家が話している。

■2017年9月05日
痴漢冤罪、スマホアプリで“潔白”証明
電車内での痴漢は許されざる犯罪だが、痴漢に間違われたらとの不安は電車を利用する多くの会社員らに共通する悩みだ。

■2017年9月05日
ドコモ、鹿島……NHK「サラメシ」の社長特集が話題に
NHKが8月23日に総合テレビで放送した「サラメシ」の特番が話題になっている。

■2017年9月05日
胎児期にダウン症改善 化合物「アルジャーノン」発見
ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京大の萩原教授らのグループが発表した。

■2017年9月05日
「ウィルキンソン」がバカ売れしている本当の理由
「ウィルキンソン」が売れている。躍進のきっかけはハイボールブーム。割り材としての需要が増えたことでブランド認知が上がったそうだが、大事な要素が欠けているのではないだろうか。どういうことかというと……。

■2017年9月05日
オリックスGが箱根に初の新築旅館を開業した背景
ホテルや旅館などを運営するオリックス不動産が初の新築旅館となる「箱根・芦ノ湖 はなをり」をオープンした。これまでの旅館ビジネスで培ったノウハウやアイデアが詰まっているという。

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも常陽新聞 休刊に関連のある画像ばかりではありません。
常陽新聞 休刊の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

常陽新聞』(じょうようしんぶん)は、茨城県つくば市吾妻3丁目の常陽新聞株式会社が発行していた地域新聞である。
株式会社常陽新聞社および株式会社常陽新聞新社が発行していた旧常陽新聞時代には日本新聞協会、全国郷土紙連合に加盟していた。
本項目では旧常陽新聞についても述べる。
旧常陽新聞廃刊後の2013年(平成25年)11月、ソフトバンク出身でユナイテッドベンチャーズ株式会社を経営する楜澤悟が、地域密着メディアへの経営参画をめざしてつくば市に「常陽新聞株式会社」を設立した『週刊東洋経済』、2014年3月1日号。
常陽新聞株式会社は旧常陽新聞新社が保有していた題号『常陽新聞』を買い取り、判型をタブロイド判として第1号を2014年(平成26年)2月1日に発刊した。
旧常陽新聞時代の号数(紙齢)は承継していない。
日曜休刊で当初の発行部数は3000部だった『毎日新聞』、2013年12月13日。
楜澤はこれまで、CS放送会社JスカイB(現スカパーJSAT)などの事業立ち上げやファンドを通じたIT企業への出資に取り組んだ経験があり、常陽新聞の発行エリアの人口が約103万人と多いことから、地域密着メディアであれば部数増の可能性が大きいと判断したという。
目標発行部数は日本新聞協会再加盟の条件となる1万部以上『週刊東洋経済』、2014年3月1日号で、将来的には長野県松本市の地域紙『市民タイムス』を参考に2つの地域版体制に移行することを目指すとしていた。
発刊にあたって常陽新聞株式会社は、印刷を毎日新聞社系列の東日印刷に委託するとともに、販売を東日印刷から直送できる毎日新聞の販売店網に一本化することで、印刷・輸送の全外注化を実現して発行コストを大幅に削減したほか、購読契約者を対象にタブレット端末やスマートフォンでも紙面を購読できる「電子版」サービスも開始した。
復刊後は、当初は通常12頁のタブロイド判とし、宅配は原則として電子版とのセットのみ(電子版のみの購読も可であるが、宅配のみは不可)、また前述のように毎週日曜日と年末年始、新聞休刊日の翌日を休刊としていた。
2015年(平成27年)12月から一部紙面の変更を行い、前述のようにこれまで通常12頁としていたのを8頁に削減。
1面と最終面に地域密着型の記事を掲載し、番組表の全国テレビ(NHK総合・Eテレ、在京キー局など)の掲載を終了(以降はNHK水戸総合(独自編成番組のみ掲載)、茨城放送、地元ケーブルテレビ局ACCSとJ:COM茨城のコミュニティチャンネル、コミュニティFMのラヂオつくば、県庁運営のインターネットテレビ「いばキラTV」といった地元メディア・放送のみの掲載となった)し、またこれまでは基本的に宅配購読者は宅配+電子版のセットのみとしていたのを、宅配版のみのサービスも開始(電子版のみの購読も引き続き可)するようになった(公式サイト、2015年11月25日、同年12月8日閲覧)。
しかし、購読者数が伸び悩み、月数百万円の損失を計上しており、2017年(平成29年)3月31日付をもって新聞・電子版ともに休刊(廃刊)となった。
従業員は全員退職するが『毎日新聞』、2017年3月1日、会社自体は当分は存続させ、営業譲渡による事業継続の可能性を探るとしている(公式サイト、2017年3月1日)。

引用:Wikipedia:データベース

常陽新聞 休刊に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも常陽新聞 休刊に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング