布袋寅泰とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
HOTEI.com
HOTEI.COM + TOMOYASU HOTEI OFFICIAL WEBSITE.
HOTEI Officialさん(@hotei_official) • Instagram写真と動画
フォロワー61千人、フォロー中184人、投稿1374件 ― HOTEI Officialさん(@ hotei_official)のInstagramの写真と動画をチェックしよう.
布袋寅泰『HOTEI Live In Japan 2017 ~Paradox Tour~』 | チケット ...
布袋寅泰 | 市川市文化会館 大ホール NHKホール よこすか芸術劇場 長野市芸術館 メインホール 名古屋国際会議場 センチュリーホール 滋賀県立文化産業交流会館 イベントホール オリックス劇場 荒尾総合文化センター 大ホール 鹿児島市民文化ホール 第1 ...
布袋寅泰ニューアルバム『Paradox』10月25日発売|布袋寅泰 3年振り ...
布袋寅泰ニューアルバム『Paradox』10月25日発売|布袋寅泰 3年振りとなる待望の オリジナルアルバム|ローチケHMV 2500円(税込)以上のご注文で送料無料! Ponta ポイント使えます! 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも布袋寅泰に関連のある画像ばかりではありません。
布袋寅泰の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

布袋 寅泰(ほてい ともやす、1962年2月1日 - )は、日本のロックミュージシャン、ギタリスト。
身長187cm、血液型はB型。

群馬県高崎市江木町出身。
ロンドン在住。
BOØWY時代のビーイング、Ø-con' nectionBOØWYメンバーとマネージャーの土屋浩の5人で立ち上げた個人事務所。
、ユイ音楽工房、ソロ活動後のIRc2 CORPORATIONを経て、渡英後はDADA MUSICに所属IRc2、DADA MUSIC共に自身設立の個人事務所。

同事務所の代表取締役社長も務める。
自身の著書『秘密』によると、父親は韓国人で、韓国にも家庭があり、母は日本での妻という立場だったとのこと。
貿易商であり1年の大半を国外で過ごしていたため、日本に戻ることはほとんどなく母子家庭同然だったという。
紳士かつ厳格な人物で、父親が帰国すると家族全員が正装して夕食のテーブルにつき、テーブルマナーにも厳しかったという。
映画「新・仁義なき戦い」に、昌龍の役で出演を決めた理由について、「彼の生い立ちと同じく、僕も父親が韓国人で、アウトサイダーとして生きざるを得なかった」と語っている。
母親は余市生まれ、ロシア(樺太)育ちの日本人とロシア人とのハーフで、日本国籍とのこと。

かつて高崎駅前にてクラブを経営していた。
父親とは対照的に天真爛漫な人物で、BOØWY初期は布袋の音楽活動に対し否定的だったが、1986年に初の日本武道館ワンマンライブに招いた際には終演後「あなたならやると信じていたわ」と言われたというエピソードがある。
妹はかつてガラパゴスのヴォーカルとして活動していた狩野環。
ガラパゴスは1991年から1992年に行われた布袋のGUITARHYTHM ACTIVEツアーで前座を務めたり、布袋が同バンドの楽曲『月の流す涙』をラジオ内でカヴァーしたりと、音楽上でも交流があった。
1994年のガラパゴス解散後は、新たにSUPER EGOを結成。
後に同バンドのドラマーと結婚した。
姪はシンガーソングライターのタグチハナ。
狩野環の長女であり、2015年にメジャーデビューしている。
なお布袋は「ハナ」という名前を盟友であるジーザス・ジョーンズのマイク・エドワーズの女児にセカンドネームとして贈った。
幼少時代にピアノを始める。
母親がハリウッド映画のサウンドトラックやアルゼンチン・タンゴを好んで聴いており、彼女からのリクエストでこれらの楽曲を弾くことも多かったという。
14歳の頃、マーク・ボランのポスターを見て感銘を受け、ギターを始める『布袋寅泰 ビッグストーリー』 J-ROCK研究会 (1999年 飛天出版)ISBN 4894401584このポスターのカメラマンである鋤田正義は『SCORPIO RISING』のアートワークも手掛けている。

初めて買ったギターはストラトキャスタータイプで、この時の資金は母親の財布から失敬した1万円だった『BOØWY STORY 大きなビートの木の下で』 紺待人 (1986年 ソニー出版)ISBN 4789702669。
幼少時代から服装には拘りを持っており、カブスカウトの制服に憧れたり、小学校高学年になると長髪にしてベルボトムのジーンズを履くような少年だった。
本人曰く、当時の群馬県では中学生になると頭髪を坊主刈りにしなければならなかったと語っており『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』(2005年2月28日放送分、フジテレビ系列)、これを避けるために私服登校が可能な中高一貫制の私立校へ進学している。
高校時代は真っ赤なスーツで登校したり、デヴィッド・ボウイの『アラジン・セイン』のジャケットを真似て眉毛を剃り落としたりもしていた。
後に独特のギタースタイル、ビジュアルを確立した大きな要因として、自身の「人と同じことが大嫌い」という性格を挙げている。
前述の通り風変わりな服装で登校したり、クラスメートがレッド・ツェッペリンやディープ・パープルなどに夢中になっているのをよそに、ロキシー・ミュージックやブリジット・フォンテーヌなどいわゆる王道とは一線を画す音楽を聴き込んでいたのもその性格の現れである。
プロテスタント系キリスト教主義学校の新島学園高校中退。
在籍した場合、その氏名などを掲載するという方針のため、「同窓会名簿」には名前が載っている。
中退したのは卒業直前の時期であり、学校側から髪型を指摘されたことが原因である。
その際、教師に向けて「イエス様の方が僕より長い」と言い放ったとされ『BOØWY STORY 大きなビートの木の下で』 紺待人 (1986年 ソニー出版)ISBN 4789702669、このエピソードについて『クイズダービー』第748回(1990年7月14日放送分)の最終問題で出題された。
実際には長髪にそれほど拘りがあったわけではなく、敢えて中退した翌日に髪を切ってしまった。
一方、新島学園にも「生徒の個性を尊重すべきだ」と布袋を擁護した人物がいた。
その人物は氷室京介や松井恒松、山田かまちの小学校時代の担任であり、後にかまちの作品を世に送り出す人である(当時、新島学園高校の美術科非常勤講師だった竹内俊雄)。
群馬時代には"BLUE FILM"というバンドを組み活動していた。
メンバーには後にBOØWYのマネージャーとなる土屋浩、BOØWYのメンバーとなる深沢和明がいた。
BOØWY時代から現在に至るまで愛用されている、白黒の幾何学模様のフェルナンデス(後に、ネックや金属パーツなどをゾディアック・ワークス製に交換している)・テレキャスター(TEJ-HT)は、市販の数あるシグネイチャー・モデルのギターの中でも特に有名である。
この模様は、布袋のトレードマークとして、BOØWY時代のステージ衣装や、ソロ活動以降の「ギタリズム・マーク」書籍『よい夢を、おやすみ。
』P69のモチーフ、公式グッズの意匠「GUITARHYTHM柄(G柄)」にも使われている。
模様は、当時ESP製の一本しか持っていなかったテレキャスターをかっこよくしたいと考え、酒を呑んで酔っ払った勢いで「あっみだくじぃ〜」と口ずさみながらトイレで描いたとされている(当初は白いボディに黒ライン)。
左肩に宙を羽ばたく鳥とHEAVENという文字のタトゥーがある。
これは1987年にベルリンで入れたもので、当時BOØWY解散が決定し一時は音楽業界からの引退も考えたが、最終的に「自分は天国に行くまでギターを弾き続ける」と決意した際の誓いの証とのこと。
1986年1月に、歌手の山下久美子と結婚したが、1997年11月に離婚した。
1999年6月に女優・歌手の今井美樹と再婚し、一人娘がいる。
その後2004年、フライデー (雑誌)に、当時、保坂尚輝の妻であった高岡早紀との関係を写真付きで報じられマスコミを賑わせたが、今井美樹との関係が壊れることはなかった。
2007年10月、パンクロック歌手で芥川賞作家の町田康に暴行し軽傷を負わせたとして、木更津簡易裁判所より傷害罪で罰金30万円の略式命令を受けた。
なお、暴行事件を起こした布袋を「布袋寅泰」ではなく「布袋寅泰氏」または「布袋ギタリスト」と呼称した一部マスコミも存在した。
本人は自分が全面的に悪いと非を認めている。
2011年に東日本大震災で被災した宮城県南三陸町にボランティアとして訪れたことを明らかにしている - J-CASTテレビウォッチ(2011年4月14日) - 2011年4月23日閲覧。
2012年8月、ロンドンへと移住。
移住前にはブログ上で、長年の夢だったロックの発祥の地であるロンドンで腕試しをする旨を明かしていた。
1981年、BOØWYのギタリストとしてデビュー。
BOØWY解散後はソロ活動の他、吉川晃司とのユニット・COMPLEX、他ミュージシャンへの楽曲提供など幅広く活動している。
またレコーディングではギターだけでなく、ベース、ドラムス、キーボードなども演奏する。
また、世界では『HOTEI』名義で、イギリス、ドイツなど欧州でアルバムをリリースしている。
イギリスのロックバンド、ジーザス・ジョーンズと親交があり、ジョイントツアーも行った。
映画やCMへの出演など、俳優・タレントとしての活動も行っており、テレビ出演も元メンバーの中では一番積極的に行っている。
「最新のHOTEIが最高のHOTEI」がモットー(ポルシェ社のキャッチコピーから)。
現在の愛車はトヨタのアルファード、AMGのE63T、シボレーのエクスプレスバン、アストンマーティンのV8ヴァンテージ。
A-ROCK本選会にてアイデア賞を受賞し、17歳(高校3年時に中退後)の時に上京。
1981年に氷室京介らと共に暴威(後に「BOØWY」と改名)を結成。
翌1982年にリリースしたアルバム『MORAL』でデビューする。
BOØWYは1987年12月24日渋谷公会堂で解散を発表し、翌1988年4月に行われた東京ドームでのライブ『LAST GIGS』をもって活動を終えた。
BOØWY初期には、演劇型アプローチのロックバンド、AUTO-MOD(他に、高橋まこと、PERSONZの渡邉貢らが在籍)やPETSというバンドにも参加していたり、ギタリストとして知られるようになってからは、鈴木雅之のソロデビュー曲『ガラス越しに消えた夏』をはじめ、吉川晃司・中島みゆき(後藤次利プロデュース)、アニメ『ストップ!! ひばりくん!』ED、『風の谷のナウシカ』サウンドトラック、山下久美子(吉田建プロデュース)などのアルバムに参加している。
1985年6月から8月にかけては泉谷しげるのバックバンドのメンバーとして、1986年以降は当時の妻だった山下久美子のバックバンドのメンバーとしても活動していた。
BOØWYでの活動を終えて、氷室京介が1988年7月21日にソロデビューしたのに続き、半年後の同年10月にソロ1stアルバム『GUITARHYTHM』をリリースし、ソロ活動を開始。
藤井丈司・ホッピー神山とのコラボレーションによるギターとコンピュータの融合で歴史に残る斬新なアルバムとして注目された。
イギリスにおいてシングルを発表するも注目されることはなく、同年12月に吉川晃司とCOMPLEXを結成し、シングル「BE MY BABY」でデビュー。
2枚のアルバムを発表したが、音楽性の違いで吉川と対立し、1990年11月8日に行われた東京ドームでのライブをもって無期限活動休止に入る。
COMPLEX休止後は一貫してソロ活動に専念する。
音楽プロデューサーとして今井美樹、相川七瀬、TOKIO、藤井フミヤ、JILL(PERSONZ)や江角マキコなどのアーティストに楽曲を提供したり、『新・仁義なき戦い』や『KT』などの映画音楽も手掛ける。
また『新・仁義なき戦い』や『サムライ・フィクション』などでは俳優としても活躍。
その長身と強面を生かし、永瀬正敏とのコマーシャルにも出演。
1990年-1993年、NHK-FM『ミュージック・スクエア』木曜日分のパーソナリティを務める。
1994年、東大寺にて行われたUNESCO主催の『GME '94 〜21世紀への音楽遺産をめざして〜 AONIYOSHI』に日本を代表するアーティストのひとりとして出演。
マイケル・ケイメン、ジョニ・ミッチェル、INXS、ロジャー・テイラー、ライ・クーダー、レイ・クーパー、レナード衛藤らと共演した。
1996年、上記イベント『AONIYOSHI』をきっかけに交流を深めたマイケル・ケイメンからのオファーでアトランタオリンピックの閉会式に出演。
1998年にはケイメンとギターとオーケストラとの融合作品『GUITAR CONCERTO』に参加したり、シングル「THANK YOU & GOOD BYE」のプロデュースをケイメンに依頼したこともあった。
2003年、クエンティン・タランティーノからのオファーにより、『新・仁義なき戦いのテーマ』が『BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY』として映画『キル・ビル』のメインテーマに採用される。
これによりイギリスのiTunes Storeの音楽部門で1位を獲得したり、欧州サッカー連盟の入場テーマにも使用されたりと、同曲の知名度は飛躍的に上昇した。
2007年、 『HOTEI presents "SUPER SOUL SESSIONS" BRIAN SETZER vs HOTEI vs CHAR』と冠したライブにおいて、Charとブライアン・セッツァーとの競演を果たし、翌2008年にはKREVA、亀田誠治との単発ユニット『The THREE』にて、映画『隠し砦の三悪人THE LAST PRINCESS』の主題歌をリリースしている。
長らくソロ・ミュージシャンとして活動していたが、2011年4月28日に公式サイト上にて、東日本大震災の復興支援ライブとして21年ぶりに東京ドームにてCOMPLEXの一夜限りの復活を発表。
当初は7月30日のみの予定だったが、5月末には7月31日の追加公演も発表された。
『日本一心』と銘打ったこのライブの動員数は2日間で10万人以上、収益は6億5431万8473円に上った。
収益金は震災の復興、復旧に全額寄付された。
同じく2011年には、映画『ミッション:インポッシブル』シリーズのメインテーマを布袋がアレンジするという形で、12月に公開された同シリーズの第4作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の日本国内向け宣伝用楽曲を手掛けている。
2012年夏、長らく住み慣れた日本を離れロンドンへと移住。
音楽面をはじめ自身に多大な影響を及ぼした同地にて新たな夢を叶える旨を表明した。
2014年3月6日、ローリングストーンズの『14 ON FIRE JAPAN TOUR』東京ドーム公演に、バンド側からオファーを受けゲストとして出演。
「RESPECTABLE」で共演を果たした。
2015年4月、イギリス現地のレーベル『スパインファーム・レコード』と契約。
同年10月にはアルバム『STRANGERS』をイギリス、欧州、日本にて同時リリースした。

引用:Wikipedia:データベース

布袋寅泰に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも布袋寅泰に関連のある動画ばかりではありません。

布袋寅泰に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング