川崎宗則 入団会見とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ソフトバンク復帰の川崎宗則が入団会見 「不思議な感じ」 (西日本スポーツ)
米メジャーのカブスから古巣の福岡ソフトバンクに6年ぶりに復帰した川崎宗則内野手( 35)が1日、本拠地ヤフオクドームで入団会見に臨んだ。工藤公康監督(53)と並び、黒 のスーツ姿で「おはようございます。川崎宗則です。鹿児島出身です」 ...
川崎宗則が笑顔でソフトバンク入団会見「投手もやります」 - ライブドア ...
ムネリン「一番に声を掛けてくれた」 6年ぶりソフトB復帰会見

■2018年5月04日
伊藤美誠が第1試合で完勝 日本女子、決勝進出懸け「コリア」と対戦/卓球
世界選手権団体戦第6日(4日、スウェーデン・ハルムスタード)2年に1度行われる大会。3大会連続の決勝進出を目指す日本女子が、決勝トーナメント(T)準決勝で南北合同チーム「コリア」と対戦した。第1試合で

■2018年5月04日
ロバート秋山、子供の夢に驚いた「ユーチューバーって現代っぽい…」
お笑いトリオ、ロバートが4日、東京都内で行われた「こどもの日はカプリコ!」スペシャルイベントに出席した。5日のこどもの日を前に、秋山竜次(39)が人気菓子「カプリコ」にちなんだ架空の“こどもカプ式会社

■2018年5月04日
巨人・上原、イチローとの対戦「全てが思い出」
米大リーグ、マリナーズの球団特別アドバイザーに就任したイチロー外野手(44)について、日米で対戦経験のある巨人・上原浩治投手(43)が4日、思い出を口にした。「(日本の)オールスターのとき、1年目でホ

■2018年5月04日
DeNA・山崎がスターナイトユニお披露目「鮮やかでスパンコールがついているみたい」 
DeNAは4日、7月31-8月2日の巨人3連戦に合わせて行うイベント『YOKOHAMASTAR☆NIGHT2018』に着用するスペシャルユニホームのデザインを発表した。同イベントは球団創設初年度の20

■2018年5月04日
巨人・田口が5日の「こどもの日」先発に向け「いろいろな人の頭に残るピッチングを」
5月5日「こどもの日」のDeNA戦(横浜)に先発予定の巨人・田口麗斗投手(22)は4日、キャッチボールなどで調整。今季2勝目に向け、意気込みを口にした。「常にレベルアップをする気持ちで、そこは変わらず

■2018年5月04日
イチローの親友・DeNAの坪井コーチは「これからも応援」
マリナーズの球団特別アドバイザーに就任したイチロー外野手(44)について、親交の深いDeNA・坪井智哉打撃コーチ(44)は4日、「僕はプレーヤーとしての彼を見ていたいので、応援するというスタンスに変わ

■2018年5月04日
大橋未歩アナ「まさか自分が」脳梗塞発症を振り返る
フリーアナウンサー、大橋未歩(39)が4日、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)にVTR出演。過去に患った脳梗塞について振り返り、「『まさか自分が』という感じでした」と語った。番組で

■2018年5月04日
「ありがとう、イチロー」MLB公式ツイッターが動画公開
米大リーグの公式ツイッターは3日(日本時間4日)、マリナーズの特別アドバイザーに就任したイチロー外野手(44)についての動画を投稿をした。1分間の動画は「ありがとう、イチロー」の日本語から始まり、好守

■2018年5月04日
ザギトワ、マサルお披露目にインスタで“絶叫”/フィギュア
平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ(15)が4日、自身のインスタグラムを更新。秋田犬の子犬「マサル」の写真を手に笑顔を浮かべた。ザギトワに贈られる秋田犬の子

■2018年5月04日
活動休止の欅坂・志田愛佳が吐露「誤解されてるなと感じること多い」
人気アイドルグループ、欅坂46の志田愛佳(19)が、体調不良を理由にグループ活動を当面の間休止することが3日、グループの公式サイトで発表された。志田は同日に自身のブログを更新し、「多くの方にご心配をお

【全文】川崎宗則、強い覚悟と爆笑の入団会見「ストレスが僕 ... - Full-count
米大リーグのカブスから契約解除され、ソフトバンクに6年ぶり復帰する川崎宗則内野手(35)が1日、福岡市のヤフオクドームで入団会見を行った。川崎は「一番最初に声を掛けてくれたのがホークスだった。入りた...- スポニチアネックス- 2時間前
川崎宗則選手、ソフトバンク復帰で入団会見 - エキサイトニュース - Excite
【ソフトバンク】カブスから復帰の川崎「ピッチャーを...- スポーツ報知- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも川崎宗則 入団会見に関連のある画像ばかりではありません。
川崎宗則 入団会見の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

川﨑 宗則「﨑」/ 数値文字参照:[﨑](かわさき むねのり、1981年6月3日 - )は、鹿児島県姶良市出身のプロ野球選手(内野手)。
右投左打。
元メジャーリーガーである。
福岡ソフトバンクホークスやトロント・ブルージェイズなどでプレーし、2018年現在はソフトバンクを一旦自由契約になり無所属となっている(詳細は後述)。
ニックネームは「ムネリン」、MLBでは「ムーニー/Moony」、「リトル・パピ/Little Papi」など。
また、日本人では初となるMLB公認表彰(Munenori Kawasaki Award)に冠された(後述)。
好きな言葉は薩摩示現流の掛け声『チェスト』。
子供の頃から父親に「ムネ、チェスト行けよ!」と声をかけられていたという『週刊プロ野球データファイル』2011年7号、ベースボール・マガジン社、雑誌27741-6/1、9-10頁。

子供の頃からホークスファンで、当時の好きな選手は内之倉隆志。
ホークス時代には月刊ホークスなどで彼の自動車運転技術の酷さが度々自虐ネタにされていた。
例えば、同期や後輩を車庫入れ係にする為に(そのことを伏せて)食事に連れて行く、右折ではなく左折が苦手、といったものであった。
ちなみに最初の愛車は赤いチェロキーだった。
イチローの大ファンとして知られており、イチロー本人から「(川﨑は)イチローマニアですね」と言われるほど。
「イチロー(51)の一つ後の番号」という思い入れから、背番号52には強いこだわりを持っており、ホークス時代は背番号変更を打診されても断り続け、日本代表でも52を付けた。
2011年オフに海外FA権を行使してのメジャー挑戦を表明した際にも「イチロー選手と同じチームを希望しています」と語り日刊スポーツ、2011年12月2日。
、念願かなってマリナーズと契約した。
背番号52は既にジョージ・シェリルが使用していたため61をつけることになったが、「逆から読めばイチロー。
素晴らしい番号をいただいた」とコメントしたSANSPO.COM、2012年2月13日。
2012年7月23日にイチローがニューヨーク・ヤンキースに移籍した際には、当日こそコメントを避けたサンスポ、2012年7月24日。
が、翌日に「ショックではないです。
イチローさんが元気にプレーしているのが一番うれしい。
イチローさんが覚悟を決めてのこと。
すごく応援したい。
この6カ月間は貴重な経験ができました」とコメントスポニチ、2012年7月25日日刊スポーツ、2012年7月25日。
一方のイチローは移籍についての会見で、川﨑を始めとしたマリナーズの選手たちについて「そのことも迷った中の要素です。
ただ、ムネ(川﨑)とはスプリングトレーニングからずっと一緒にやってきて、いい時間を共有できたと認識している。
一緒の場所にいることが必ずしも一緒にやっているということではない。
違う場所にいても一緒にやることはできる」と語った。
イチローがNPB/MLB通算4000安打を達成した際には対戦相手として二塁手で出場しており、川﨑のもとに左翼から記念ボールが返球され「ボールを盗もうと思ったんですよね。
隠そうとしたけど、審判にダメだといわれた。
僕は『アイ・キャント・スピーク・イングリッシュ』といってごまかそうとしたんですけど、やっぱりダメでしたね」と語っているzakzak、2013年10月16日。
また、ダルビッシュ有とはプライベートでも親交がありサンケイスポーツ、2012年4月10日。
、川﨑の主催するホークス選手が中心の軟式野球チーム『宗rinズ』に緊急参戦したこともある『週刊プロ野球データファイル』2012年46号、ベースボール・マガジン社、雑誌27741-3/7、5-6頁。

MLB移籍後2年を経ても英語はあまり話せないが、「彼には語学の壁はない。
なぜなら笑いとジェスチャーと片言でコミュニケーションをとるから」と評され、旺盛なサービス精神もあってチームメイトや現地のファンから愛されている SI.com 2013年5月18日。
特に2年目のシーズンとなったトロントの地では高い人気を得ており、地元総合ウェブサイト「The Score」には『川﨑が愛される7つの理由』というコラム記事が掲載され、ヒーローインタビューでの立ち居振る舞いが「Greatest postgame interview ever?(史上最高のポストゲームインタビューか)」とMLB公式サイトを含む複数のスポーツニュースで取り上げられ、3A降格後の8月13日にも、出場試合で「川﨑Tシャツデー」というプロモーションが行われた。
2015年末のMLB公式動画サイト「CUT4」では、「2015年シーズンに最もファンやリーグを盛り上げた選手」として川崎がトリで紹介され、記事中で「最高の賞として、川﨑宗則賞を贈る」という賛辞が綴られた。
また「CUT4」は同時に、所属するブルージェイズがア・リーグの優勝決定戦進出直後に川崎が受けたインタビュー動画を「歴史に残るインタビュー」と紹介している。
ホセ・バティスタは「いきなり日本語で話しかけてきた時には驚いたけど、今はもう慣れたよ(笑)。
ムネ(川﨑)は英語やスペイン語がうまくしゃべれなくてもボディランゲージを交え、一生懸命に話すから何を伝えようとしているかが大体分かる。
とてもユニークで、みんなを笑わせるムードメーカーでもあるし、最高のチームメートさ。
メジャーリーガーの中にはヘンなプライドが邪魔をして周りに溶け込もうとしないヤツがいるけれど、彼はそうじゃない。
ああいう姿勢はわれわれも見習う必要性がある」と話した。

引用:Wikipedia:データベース

川崎宗則 入団会見に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも川崎宗則 入団会見に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング