川崎宗則 入団会見とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ソフトバンク復帰の川崎宗則が入団会見 「不思議な感じ」 (西日本スポーツ)
米メジャーのカブスから古巣の福岡ソフトバンクに6年ぶりに復帰した川崎宗則内野手( 35)が1日、本拠地ヤフオクドームで入団会見に臨んだ。工藤公康監督(53)と並び、黒 のスーツ姿で「おはようございます。川崎宗則です。鹿児島出身です」 ...
川崎宗則が笑顔でソフトバンク入団会見「投手もやります」 - ライブドア ...
ムネリン「一番に声を掛けてくれた」 6年ぶりソフトB復帰会見

■2018年4月07日
【速報中】ヤクルト・青木が先制打 巨人・田口を相手に一回4点の猛攻
(セ・リーグ、ヤクルト-巨人、2回戦、7日、神宮)ヤクルトは一回、一挙4点を奪った。相手先発・田口から3者連続で四球を選び無死満塁。4番・青木が遊撃内野安打を放ち、1点を先制した。続く畠山は左翼線2点

■2018年4月07日
決勝は大阪桐蔭-桐蔭学園 ともに2度目の優勝を目指す/高校選抜
第19回全国高校選抜ラグビー第6日は7日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で準決勝を行い、昨季の花園準優勝の大阪桐蔭(大阪)が天理(奈良)を36-21で破り、3年ぶりの決勝進出。2連覇を狙う桐蔭学

■2018年4月07日
ソフトB・千賀、右肘に張りで登録抹消 17日以降の復帰を目指す
ソフトバンク・千賀滉大投手(25)が7日、出場選手登録を抹消された。6日の楽天戦(楽天生命パーク)で四回途中6失点KO。右肘周辺の張りを訴えていたが、一夜明けて次週の先発を見送ることが決定。工藤監督は

■2018年4月07日
張本、世界27位の韓国選手に完敗「緊張感の中で勝てなかった」/卓球
卓球のアジア杯は7日、横浜文化体育館で第2日を行い、男子で世界ランキング13位の張本智和(14)=JOCエリートアカデミー=は、準々決勝で同27位の丁祥恩(28)=韓国=に1-4で敗れ、5-8位決定予

■2018年4月07日
川崎・斎藤学、古巣・横浜M戦で今季初めてベンチ入りへ「勝ちに貢献したい」
J1川崎は7日、川崎市内で横浜M戦(8日、日産スタジアム)に向けて調整し、横浜Mから1月に加入した元日本代表MF斎藤学(28)が今季初めてベンチ入りする可能性が高まった。昨年9月に右膝前十字靱帯(じん

■2018年4月07日
いしだ壱成「今度こそはしっかりしなければ…」ブログで結婚&妻妊娠を改めて報告
6日に交際中の女優、飯村貴子(19)との結婚&おめでたを発表した俳優、いしだ壱成(43)が7日、自身のブログを更新。3度目となる結婚生活への決意をつづった。「私いしだ壱成は、この度飯村貴子と結婚する運

■2018年4月07日
稲村亜美「ヌードなんて、考えてもいない」「もともと裸に抵抗がある」 ネット記事に不快感
タレント、稲村亜美(22)が、6日に放送されたインターネットテレビ局AbemaTV「必殺!バカリズム地獄」(金曜後9・0)に出演。自身に関するネットニュースについて不快感をあらわにした。番組MCを務め

■2018年4月07日
伊藤友里アナ、4月1日の結婚理由は「愛が嘘じゃないと毎年確かめるため」
TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)でサブキャスターを務めるフリーアナウンサー、伊藤友里(30)が7日、自身のブログとラジオで1日に一般男性と結婚したことを発表した。「4月1日に入籍いたしま

■2018年4月07日
村田修一がBC栃木デビュー 第1打席は三振 本塁打競争では大きな一発
BCプロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグ栃木に入団した前巨人の村田修一内野手(37)が7日、群馬との開幕戦(上毛新聞敷島)に出場した。第1打席は一回。四球で出塁した飯原(前ヤクルト)が二盗成功し、

■2018年4月07日
日本ハムD1・清宮が10日のイースタン西武戦で公式戦デビューへ
限局性腹膜炎からの復帰を目指す日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が、10日のイースタン・リーグ、西武戦(メットライフ)で公式戦デビューすることが7日、決まった。栗山英樹監督(5

【全文】川崎宗則、強い覚悟と爆笑の入団会見「ストレスが僕 ... - Full-count
米大リーグのカブスから契約解除され、ソフトバンクに6年ぶり復帰する川崎宗則内野手(35)が1日、福岡市のヤフオクドームで入団会見を行った。川崎は「一番最初に声を掛けてくれたのがホークスだった。入りた...- スポニチアネックス- 2時間前
川崎宗則選手、ソフトバンク復帰で入団会見 - エキサイトニュース - Excite
【ソフトバンク】カブスから復帰の川崎「ピッチャーを...- スポーツ報知- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも川崎宗則 入団会見に関連のある画像ばかりではありません。
川崎宗則 入団会見の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

川﨑 宗則(かわさき むねのり、1981年6月3日 - )は、鹿児島県姶良市出身の元プロ野球選手(内野手)。
右投左打。
2018年3月現在、無所属の状態が続いている(後述。
ただし、保有権は2017年に所属した福岡ソフトバンクホークスが引き続き持っている)。
ニックネームは「ムネリン」、MLBでは「ムーニー/Moony」、「リトル・パピ/Little Papi」など。
また、日本人では初となるMLB公認表彰(Munenori Kawasaki Award)に冠された(後述)。
好きな言葉は薩摩示現流の掛け声『チェスト』。
子供の頃から父親に「ムネ、チェスト行けよ!」と声をかけられていたという『週刊プロ野球データファイル』2011年7号、ベースボール・マガジン社、雑誌27741-6/1、9-10頁。

子供の頃からホークスファンで、当時の好きな選手は内之倉隆志。
ホークス時代には月刊ホークスなどで彼の自動車運転技術の酷さが度々自虐ネタにされていた。
例えば、同期や後輩を車庫入れ係にする為に(そのことを伏せて)食事に連れて行く、右折ではなく左折が苦手、といったものであった。
ちなみに最初の愛車は赤いチェロキーだった。
イチローの大ファンとして知られており、イチロー本人から「(川崎は)イチローマニアですね」と言われるほど。
「イチロー(51)の一つ後の番号」という思い入れから、背番号52には強いこだわりを持っており、ホークス時代は背番号変更を打診されても断り続け、日本代表でも52を付けた。
2011年オフに海外FA権を行使してのメジャー挑戦を表明した際にも「イチロー選手と同じチームを希望しています」と語り日刊スポーツ、2011年12月2日。
、念願かなってマリナーズと契約した。
背番号52は既にジョージ・シェリルが使用していたため61をつけることになったが、「逆から読めばイチロー。
素晴らしい番号をいただいた」とコメントしたSANSPO.COM、2012年2月13日。
2012年7月23日にイチローがニューヨーク・ヤンキースに移籍した際には、当日こそコメントを避けたサンスポ、2012年7月24日。
が、翌日に「ショックではないです。
イチローさんが元気にプレーしているのが一番うれしい。
イチローさんが覚悟を決めてのこと。
すごく応援したい。
この6カ月間は貴重な経験ができました」とコメントスポニチ、2012年7月25日日刊スポーツ、2012年7月25日。
一方のイチローは移籍についての会見で、川崎を始めとしたマリナーズの選手たちについて「そのことも迷った中の要素です。
ただ、ムネ(川崎)とはスプリングトレーニングからずっと一緒にやってきて、いい時間を共有できたと認識している。
一緒の場所にいることが必ずしも一緒にやっているということではない。
違う場所にいても一緒にやることはできる」と語った。
イチローがNPB/MLB通算4000安打を達成した際には対戦相手として二塁手で出場しており、川崎のもとに左翼から記念ボールが返球され「ボールを盗もうと思ったんですよね。
隠そうとしたけど、審判にダメだといわれた。
僕は『アイ・キャント・スピーク・イングリッシュ』といってごまかそうとしたんですけど、やっぱりダメでしたね」と語っているzakzak、2013年10月16日。
また、ダルビッシュ有とはプライベートでも親交がありサンケイスポーツ、2012年4月10日。
、川崎の主催するホークス選手が中心の軟式野球チーム『宗rinズ』に緊急参戦したこともある『週刊プロ野球データファイル』2012年46号、ベースボール・マガジン社、雑誌27741-3/7、5-6頁。

MLB移籍後2年を経ても英語はあまり話せないが、「彼には語学の壁はない。
なぜなら笑いとジェスチャーと片言でコミュニケーションをとるから」と評され、旺盛なサービス精神もあってチームメイトや現地のファンから愛されている SI.com 2013年5月18日。
特に2年目のシーズンとなったトロントの地では高い人気を得ており、地元総合ウェブサイト「The Score」には『川崎が愛される7つの理由』というコラム記事が掲載され、ヒーローインタビューでの立ち居振る舞いが「Greatest postgame interview ever?(史上最高のポストゲームインタビューか)」とMLB公式サイトを含む複数のスポーツニュースで取り上げられ、3A降格後の8月13日にも、出場試合で「川崎Tシャツデー」というプロモーションが行われた。
2015年末のMLB公式動画サイト「CUT4」では、「2015年シーズンに最もファンやリーグを盛り上げた選手」として川崎がトリで紹介され、記事中で「最高の賞として、川崎宗則賞を贈る」という賛辞が綴られた。
また「CUT4」は同時に、所属するブルージェイズがア・リーグの優勝決定戦進出直後に川崎が受けたインタビュー動画を「歴史に残るインタビュー」と紹介している。
ホセ・バティスタは「いきなり日本語で話しかけてきた時には驚いたけど、今はもう慣れたよ(笑)。
ムネ(川崎)は英語やスペイン語がうまくしゃべれなくてもボディランゲージを交え、一生懸命に話すから何を伝えようとしているかが大体分かる。
とてもユニークで、みんなを笑わせるムードメーカーでもあるし、最高のチームメートさ。
メジャーリーガーの中にはヘンなプライドが邪魔をして周りに溶け込もうとしないヤツがいるけれど、彼はそうじゃない。
ああいう姿勢はわれわれも見習う必要性がある」と話した。

引用:Wikipedia:データベース

川崎宗則 入団会見に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも川崎宗則 入団会見に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング