岸辺露伴とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
NHK、実写版「岸辺露伴は動かない」8月14日再放送 - AV Watch
23時間前 - 本作は、荒木飛呂彦原作の人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」からスピンオフした同名漫画を映像化した作品。高橋一生演じる主人公の漫画家・岸辺露伴が遭遇 ...
岸辺露伴 (きしべろはん)とは【ピクシブ百科事典】
漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第4部に登場するキャラクター。 だが断る この岸辺露伴が最も好きな事のひとつは…… 自分で強いと思ってるやつに 「NO」 と断ってやる事だ ...
原作:荒木飛呂彦×主演:高橋一生|ドラマ『岸辺露伴は動かない ...
4日前 - 原作:荒木飛呂彦×主演:高橋一生|ドラマ『岸辺露伴は動かない』Blu-ray&DVDが10月22日発売|タワレコ先着特典ブロマイド - タワーレコード.
意外ッ! ドラマ『岸辺露伴は動かない』が8/14に3話一挙放送するだ ...
2021/7/21 - 荒木飛呂彦さんの作品『岸辺露伴は動かない』の実写ドラマ3話の一挙放送が、8月14日22:56から行われます。『電撃オンライン』は、ゲーム、アニメ、 ...

岸辺 露伴(きしべ ろはん、Rohan Kishibe)は、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険第四部 ダイヤモンドは砕けない』に登場する架空の漫画家。
同漫画のスピンオフ作品『岸辺露伴は動かない』の主人公。
血液型はB型。
杜王町に住む人気漫画家。
1979年生まれの20歳(初登場時、1999年時点)。
独身。
B型。
代表作は16歳の時より『週刊少年ジャンプ』にて連載しているデビュー作『ピンクダークの少年』。
以前は東京に住んでいたが、東京はゴチャゴチャしていて清々しい気分で仕事ができないという理由により、故郷の杜王町に戻って来たという。
トレードマークはギザギザした形状のヘアバンド。
両耳たぶにつけペンのペン先を象った耳飾りを着けている。
性格は非常に強引でかつ我侭であり、「自分が一番」で「オレ様」なところがあると評されている。
作品のリアリティを何より重視し、創作のために自ら様々な体験をしなければならないという信念を持つ。
作品への刺激を探求するあまり、奇矯としか表現しようのない振る舞いを数多く見せ、自分のケガすら作品のネタに活かそうとする。
漫画を描く理由についても、ただ一筋に「読んでもらうため」であり、金や地位や名声には興味が無いと公言して憚らない。
下書き無しで直接ペンを入れ、ペン先からインクを飛ばしてはみ出さずにベタを塗り、何本も持ったペンで一気に効果線を描き入れるなど人間離れした描画の技術を持ち、アシスタント無しで毎週19ページの連載を成立させている。
「編集者から軽く見られる」との理由により、原稿の書き溜めはしない。
人間関係が嫌でアシスタントも雇わない。
デビュー作となる漫画『ピンクダークの少年』は、サスペンス・ホラー的な作品であり、その作風は彼のもとに届くファンレターの内容によるとハッキリと好き嫌いが分かれている。
国外でも台湾やヨーロッパでは出版されているが、英訳版は未刊行。
このことに本人は「アメリカ人はセンスがダサイから自分の漫画を理解できない」からとジョセフ・ジョースターに対し発言している。
公称プロフィールでは、尊敬している人物はこせきこうじ、大切なものは家族と友人としている。
だがこれらは読者向けの回答であり、本音では相手が誰であろうと見下しており、自分よりもスゴい人間などいないと考えている。
ただし広瀬康一は例外で、彼に対しては友情と尊敬の念を持っている。
癖の強い人物ではあるが、自らの正義に基づく倫理観は持ち合わせており、身内の危機には自分だけ逃げ出すということはせず、敵スタンド使いとも度々戦っている。
「この岸辺露伴が最も好きな事のひとつは、自分で強いと思ってるやつにNOと断ってやる事だ」と語っており、自身の代わりに東方仗助の命を差し出すよう取引を持ちかけた敵に対しても「だが断る」と突っぱねている。
このように不遜な性格の持ち主ではあるが、「まるで劇画、みたいな根性の持ち主にグッと来る」と称して大柳賢を再起不能にせぬまま見逃したり、自分が窮地に立たされた時に助けに来た広瀬康一に心を打たれ素直に褒めたりと、人物によっては敬意を持って接することもある。
顔を公表しており、外出先で出会ったファンに度々サインを求められ快く応じている。
Part4劇中ではグッチの腕時計を身につけていた。
愛車は日産・300ZX。
『岸辺露伴は動かない -六壁坂-』や『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』では27歳。
一部エピソード以外では、年齢や年代が明言されない。

引用:Wikipedia:データベース

岸辺露伴に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング