岩井志麻子 ザギトワとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ザギトワ妖艶エキシビ! 全身トラ柄の衣装に岩井志麻子氏連想の声も ...
2018年2月25日 - 平昌五輪フィギュアスケート・エキシビションが25日に行われ、15歳で金メダルを獲得し、五輪女王となったアリーナ・ザギトワ(OAR)は全身トラ柄の衣装で、妖艶な演技を披露。観客を魅了した。
岩井志麻子さん、ザギトワ衣装と類似騒動で一言「私はヒョウだから ...
岩井志麻子さん、ザギトワ衣装と類似騒動で一言「私はヒョウだか...
15歳のフィギュア女王ザギトワと54歳・岩井志麻子の意外な共通点 ...
作家・岩井志麻子さん(53)が1日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。平昌五輪女子フィギュア金メダリストのアリーナ・ザギトワ(15)=ロシア=との“棲み分け”を訴えた。...- スポーツ報知- 55分前
ザギトワのエキシビションの衣装が、完全に岩井志麻子先生! : Isoニュース
ザギトワ妖艶エキシビ! 全身トラ柄の衣装に岩井志麻...- デイリースポーツ- 2月26日

■2018年3月08日
カーリング吉田知那美「でも…脱いだらスゴイです」
平昌オリンピック女子カーリングチームの5人が5日、『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』(テレビ朝日系)に出演。吉田知那美の無邪気な大胆発言に、スタジオが騒然とする一幕があった。番組には平昌オ

■2018年3月08日
水原希子が国籍を隠す理由
モデルで女優の水原希子(27)が、自身の国籍に関して「恥ずかしいと思っちゃっていた」と語った。7日放送の日本テレビ系「NEWS ZERO」にVTR出演。パルファン・クリスチャン・ディオールのビューティ

■2018年3月08日
美人選手はテレビで使われるので・・・
平昌五輪閉幕から10日。冬季史上最多13個のメダルを獲得し、テレビ各局のお祭り騒ぎが続いている。東京五輪が2年後に控えることも盛り上がりを加速させているが、負担を強いられるのは選手に他ならない。最初に

■2018年3月08日
満島ひかりが芸能界でうまく立ち回っている理由
<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>SMAP、小泉今日子、西内まりあ、真木よう子、満島ひかり…。最近も、著名芸能人が所属事務所を辞めて独立するケースが止まりません。昨年からは公正取引委員会が有

■2018年3月08日
にゃんこスター消えた!なぜそこまで嫌われた?
「にゃんこスター 消えた」――。「キングオブコント2017」の準優勝で大ブレークしたお笑いコンビ「にゃんこスター」。だが、18年3月7日現在、グーグルやツイッターなどでコンビ名を検索すると、予測候補の

■2018年3月07日
小倉智昭「イチローに失礼じゃないか!」
小倉智昭キャスター(70)が7日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)の冒頭でマーリンズからFAになったイチロー外野手(44)が、古巣マリナーズにメジャー契約で復帰することに自身の思いを

■2018年3月07日
misono死に至る病告白!しかし、同情も集まらない
歌手のmisonoが自身のブログで、悪化すると死に至る病を患っていたことを告白した。先月、バラエティ番組からの卒業を宣言したmisono。歌手活動もいまいち振るわない現在、丸々1か月オフがあったといい

■2018年3月07日
Zeebraの器が小さすぎて、関係ない人まで巻き込みファンどん引き
ラッパーのZeea(ジブラ)がファンに名前を間違えられたという理由でツイッターで大暴れしている。事の発端は今月2日。HIP HOP専門ラジオ局『WREP』にてZeeaがMCを務める『Zeea’s LU

■2018年3月07日
濱田祐太郎、やりよった!
ピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり 2018」決勝が6日、東京・台場のフジテレビで行われ、生まれつき全盲に近い弱視という濱田祐太郎(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪)が優勝した。優勝賞金

■2018年3月07日
桂文枝、視聴者から心配されるほどカットされる
ひとり芸ナンバー1決定戦「R-1ぐらんぷり」決勝戦が6日開催され、フジテレビ系で生中継された。2時間の番組前半、審査委員長の桂文枝が、冒頭からコメントする機会が少なかったため、ネット上で「不自然なほど

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも岩井志麻子 ザギトワに関連のある画像ばかりではありません。
岩井志麻子 ザギトワの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

岩井 志麻子(いわい しまこ、1964年12月5日 - )は、日本の作家、タレント、AV監督。
身長160cm。
血液型はA型。
2009年6月よりホリプロ所属。
『5時に夢中!』(東京MXテレビ)の木曜レギュラーコメンテーターを務める。
志麻子という名前の由来は、父親が岩下志麻のファンだったからとのこと。
過去に竹内志麻子名義で執筆活動をしていたことについては「竹内志麻子時代のことに触れることは川島なお美の『お笑いマンガ道場』出演時代のことに触れるようなもの」と語っており、タブー扱いしている。
なお、小説版『花より男子』は名義変更後も再版され、クレジットは旧名のままだが、経歴欄には現在の名義が明記されている。
竹内志麻子名義での活動時に『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の45巻の解説を書いたこともある。
集英社のコバルト文庫レーベルでジュニア小説(今で言うライトノベル)を執筆していたが、全く売れず、ホラー小説を執筆したことでテレビにも出演できる様になったと発言をしている。
その際に「少女よりも妖怪との波長の方が合っていた」、「私の小説はライトノベルではなく、『ヘビーノベル』である」と語っている。
数多くのホラー小説を執筆しているせいか、心霊現象や、奇妙奇天烈な人物と遭遇することが多いが、本人は霊感がまったくないと著書の中で語っている。
なお、自分の作風に最も影響を与えたのは楳図かずおの漫画「洗礼」だと発言している。
離婚後に上京する際、春彦(大藪春彦に由来)と名づけた愛用の散弾銃を携えており、現在でも東京都公安委員会の許可を得て所持している。
同年齢で親友である漫画家の西原理恵子と編集者の中瀬ゆかりと共に「熟女キャッツアイ」を名乗り、トークショーなどの活動を行っている。
西原理恵子の漫画では、「しまん子ちゃん」というフェラ皺を描かれた姿でしばしば登場し、男性に無理やり襲い掛かるキャラクターとして描かれている。
また、『5時に夢中!』を契機に交友が始まった徳光正行らとは、定期的に「オメ☆コボシ」というトークライブを行っている。
『新潮45』連載の『どスケベ三都物語』(『美男の国へ』の題で単行本化)などでも私生活を暴露している。
そのためか娘とは疎遠になっている。
また、各種の座談会、週刊誌の取材において、「日本人よりも韓国人の男性と付き合った数の方が多い」と公言しており、「唐辛子を沢山食べているせいなのか、韓国人男性の精液は辛い」、「韓国は徴兵制があるので常に体位は男性上位の正常位であり、『抗日ピストン運動』をしている。
日本人男性のように騎乗位など女性上位の体位は無い。
」などといった発言をしている例えば、など。
韓国俳優のイ・ジュンギのファンであることを公言。
「オナニーのオカズにしまくった」とも言う。
オナニーは幼稚園児のとき以来毎日欠かさず行っており、「SEXとは別腹」と公言している。
18歳年下の韓国人夫の母親とは同い年である。
一時期韓国人の夫が家に帰らなくなった頃、韓国で出会った「キンちゃん」を愛人にした。
またホー・チ・ミンには小説のモデルにもなった長年の愛人がおり、これを「枕外交」「夜の大東亜共栄圈」、自身も「夜の外交官」と称している。
愛犬の名前は「竹島」で、携帯電話の着信音を君が代に設定しているとのこと。
初体験は中学3年生だった15歳の春。
焼肉屋の息子だった在日韓国人の店舗兼自宅の2階で。
本田医師と対談した後、膣内の壁を盛り上げることで、セックスの際の感度をより高めるG-Shotという施術を行った週刊女性5月28日号(2013年)。
岡山県和気郡和気町生まれ。
2歳下に誕生日が1日違いの妹がいる。
岡山県立和気閑谷高等学校商業科卒業。
1982年、高校在学中に第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。
1986年、少女小説『夢みるうさぎとポリスボーイ』で作家デビュー(この時は本名の竹内志麻子名義)。
1988年、岡山県にて最初の結婚。
相手は熱心なファンだった、代々続く地元企業の社長。
のちに娘と息子を出産。
1999年、岡山桃子名義で投稿した『ぼっけえ、きょうてえ』で第6回日本ホラー小説大賞を受賞。
これを機に離婚し、単身上京する。
離婚届提出時に「名義の書換が面倒くさい」という理由で、旧姓に戻さず、岩井志麻子のままとなる。
2000年、『ぼっけえ、きょうてえ』で第13回山本周五郎賞を受賞。
2002年、『岡山女』で第124回直木賞候補となる。
同年には、『trái cây〔チャイ・コイ〕』で第2回婦人公論文芸賞、『自由戀愛』で第9回島清恋愛文学賞を受賞した。
2000年4月から「KSBスーパーJチャンネル」(瀬戸内海放送)の金曜コメンテーター(番組紹介ではレギュラーゲスト)を務めている。
2005年秋季まで、『2時ワクッ!』(関西テレビ)に木曜レギュラーとして出演。
2005年4月から『5時に夢中』(東京MX)の木曜コメンテーターを中瀬ゆかりと務める。
出演は2017年現在も続いており、レギュラー出演者中最長。
2007年春から、テレビ朝日系クイズバラエティ『すくいず!』「世界ビックリ映像クイズ」(土田晃之MC担当回)の解答者。
同年11月に行われた早稲田祭の人物研究会の企画であった下ネタしばりの講演会に講師として出演した。
2008年3月27日の『5時に夢中!』放送中に、ソウルのカラオケボックスでボーイをしていた18歳年下の韓国人と再婚したことを発表した。
結婚しようと思った理由を「家族が欲しかったから」と目に涙を浮かべながら明かしていた。
同年3月に日本で、4月に韓国で婚姻届を提出。
2010年12月にタイ・バンコクで挙式した。

引用:Wikipedia:データベース

岩井志麻子 ザギトワに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも岩井志麻子 ザギトワに関連のある動画ばかりではありません。

岩井志麻子 ザギトワに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング