山陽新幹線 事故とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
山陽新幹線の先端破損、人と接触か TBS NEWS
3時間前 - 新幹線が人と接触し、先端が壊れる事故です。 車両の先頭部分が大きく破損した新幹線。これは、山陽新幹線「のぞみ176号」の写真です。 14日午後2時すぎ、北九州市内で反対方向から走ってきた新幹線の運転士が、「のぞみ176号」の ...
山陽新幹線の先端破損、人と接触か|BIGLOBEニュース
のぞみのボンネット割れる 山陽新幹線、人身事故か
【列車情報】山陽新幹線で遅れ 「ボンネットに亀裂」、車両を確認: 山陽新聞 ...
14日午後2時10分ごろ、JR小倉駅(福岡県北九州市)で、山陽新幹線博多発東京行きのぞみ176号(16両編成)のボンネットが割れていると、反対車線の運転士から総合指令所に連絡があった。新下関駅で車両...- 朝日新聞デジタル- 1時間前
山陽新幹線(のぞみ)のトンネルでの人身事故はなんで?線路へ侵入の理由 ...
のぞみのボンネットに血、人と接触か…一部不通- 読売新聞- 24分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山陽新幹線 事故に関連のある画像ばかりではありません。
山陽新幹線 事故の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

山陽新幹線(さんようしんかんせん)は、新大阪駅から博多駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。
東海道新幹線を延長する形で建設され、多くの列車が直通運転を行っていることから、総称して「(とうかいどう・さんようしんかんせん)」とも呼ばれる場合もある。
また、2011年3月12日から九州新幹線とも直通運転を行っており、総称して「山陽・九州新幹線(さんよう・きゅうしゅうしんかんせん)」という標記や、さらにこれらの3路線を総称して「東海道・山陽・九州新幹線(とうかいどう・さんよう・きゅうしゅうしんかんせん)」という標記もみられるJR西日本が定期的に自社の主要駅で配布している新幹線時刻表では「東海道・山陽・九州新幹線」と表記されている。

1972年(昭和47年)3月15日に新大阪駅 - 岡山駅間が開業、1975年(昭和50年)3月10日に岡山駅 - 博多駅間が開業した。
この全線開業は、当初の予定よりも3か月遅れとなった - 畑村創造工学研究所(科学技術振興機構)失敗知識データベース。
開業以来日本国有鉄道(国鉄)によって運営されていたが、1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化に伴い、以後の運営はJR西日本が継承している。
ただし車両運用の都合上、この区間にはJR西日本所有車両のほか、東海道新幹線へ乗り入れる列車(一部の列車を除く)を中心に東海旅客鉄道(JR東海)所有の車両でも運行されている。
同様に九州新幹線へ乗り入れる列車を中心に九州旅客鉄道(JR九州)所有の車両でも運行されている。
山陽新幹線の範囲は、JR発足時に当時の運輸省に提出された事業基本計画や国土交通省監修の『鉄道要覧』では新大阪駅 - 博多駅間としているが、国鉄時代に制定された「線路名称」上では並行在来線の無名枝線(1982年までは線増)という扱いで、新大阪駅 - 新神戸駅間が東海道本線、新神戸駅 - 小倉駅間が山陽本線、小倉駅 - 博多駅間が鹿児島本線となっている。
国鉄分割民営化で鹿児島本線の在来線区間および山陽本線の下関駅 - 門司駅間はJR九州に移管され、同社は1996年(平成8年)の運賃改定によりJR西日本と違う運賃体系を導入したため、小倉駅 - 博多駅間では運賃が新幹線1140円、在来線1290円(2014年4月1日改定時点)と異なることになった。
新下関駅 - 小倉駅間でも同様の差異が生じる。
乗車券購入時には予めどちらかの経路指定が必要となり、「新幹線は在来線の線増」という国鉄時代の取扱とは大きく変化した。
2011年(平成23年)に九州新幹線と接続し、山陽新幹線との直通運転を開始した。
◯は全「のぞみ」の停車駅
引用:Wikipedia:データベース

山陽新幹線 事故に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山陽新幹線 事故に関連のある動画ばかりではありません。

山陽新幹線 事故に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング