山本“KID”徳郁 次女誕生とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
山本KID徳郁、次女誕生を報告「沖縄産まれのウチナンチュです ...
格闘家の山本KID徳郁(40)が4日、自身のインスタグラムを更新し、女児が誕生.
山本KID徳郁、次女誕生を報告「沖縄産まれのウチナンチュです」- 記事 ...
山本KID徳郁、次女誕生を報告「沖縄産まれのウチナンチュです...
山本“KID”徳郁 女児誕生を報告「さっき産まれました」― スポニチ ...
格闘家の山本KID徳郁(40)が4日、自身のインスタグラムを更新し、女児が誕生したことを発表した。 山本は「さっき次女が産まれました」と生まれたばかりの赤ちゃんを抱く写真をアップ。「ご先祖様ありがと...- スポーツ報知- 1時間前
山本KID徳郁、次女誕生を報告「沖縄産まれの ... - goo ニュース
格闘家の山本KID徳郁(40)が4日、自身のインスタグラムを更新し、女児が誕生した ことを発表した。 山本は「さっき.
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山本“KID”徳郁 次女誕生に関連のある画像ばかりではありません。
山本“KID”徳郁 次女誕生の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

山本“KID”徳郁(やまもと“キッド”のりふみ、1977年3月15日 - 2018年9月18日)は、日本の元男性総合格闘家。
神奈川県川崎市出身。
戸籍名:岡部 徳郁(旧姓:山本)。
学歴は桐蔭学園高校中退〜アメリカ留学〜山梨学院大学中退。
血液型B型。
KRAZY BEE主宰。
HERO'S 2005ミドル級世界王者。
ニックネームは「神の子」または「KID」。
ミュンヘンオリンピックレスリング・グレコローマン日本代表だった山本郁榮を父親に持ち、姉・美憂、妹・聖子はレスリング世界選手権を制覇している。
同じくレスリング選手・総合格闘家の山本アーセンは甥。
その他スポーツで著名な活躍をしている親族としてプロ野球選手のダルビッシュ有は義理の弟(聖子の夫)、祖父は水泳のオリンピック選手だったと自身のブログで写真付きで公開している。
好物は和食・韓国料理・タイ料理。
また、トレーニングの集中期間中は食事のレパートリーは三品のみであり、その中の一つである豚キムチと米がお金も掛からなく一番良いと発言している『情熱大陸』(2007年2月4日放送分、TBS)、『格闘王』(2007年12月11日放送分、TBS)。
タトゥーマニアであり全身に多くのタトゥーを彫っている。
生前ワードリーフ株式会社のインターネットニュース『THE PAGE』に寄せたインタビューでは「俺のタトゥーのひとつひとつに意味があるから」と語っている ※2018年10月01日付で『THE PAGE』公式サイトサービス提供終了の為、移転先の『Yahoo!ニュース』のページを出典元とする。

動物好きで知られ、殺処分される予定であった犬を引き取り「カッシー」と名付け、家族の一員として迎えている。
犬の殺処分問題について、「俺がお金持ちになったら無人島を買って、そこで保護犬を放して生きるチャンスをあげたい。
保健所に行ったら死ぬしかないから。
俺がお金持ちになるまで待っていてほしい。
」と語っている。
親の影響から食に対するこだわりは強く、現役時代の食生活の中でヴィーガンを採用していた時期もある。
結果的に、動物好きからベジタリアンになり、晩年はヴィーガンになっており、2018年4月28日に沖縄市で開催された「沖縄ヴィーガンフードフェス」にもゲスト出演している。
また、主宰しているジム「KRAZY BEE」は、沖縄ヴィーガンフードフェスに協賛し、ジムのオリジナルグッズに会場で本人がサインを入れて販売。
売上を動物保護活動を行っている3つの団体(、、)に、沖縄ヴィーガンフードフェス事務局を通して寄付している。
幼い頃よりレスリング(フリースタイル)で活動。
高校時代は単身でアメリカにレスリング修行、アリゾナ州の王者に3度輝いた。
大学では日本に帰国、全日本学生レスリング選手権大会優勝(フリースタイル58kg級)など数多くの実績を残した。
シドニーオリンピック出場を目指していたが、1999年の全日本レスリング選手権大会(同級)で惜しくも準優勝。
オリンピック出場への道が絶望的になったのと同時期に姉・美憂の夫(当時)であるエンセン井上に師事して総合格闘技に転向。
姉から総合格闘技のビデオを見せられたのがきっかけになったという。
2000年に第7回全日本アマチュア修斗選手権大会ライト級(-65kg)で優勝。
翌2001年にプロデビューし修斗で世界ライト級ランク2位まで登り詰めた。
2002年9月16日、プロフェッショナル修斗公式戦で勝田哲夫と対戦。
試合前に勝田がKIDに対して「彼はレスリングの実績があるけど、総合におけるレスリングってものを俺が教えてあげますよ」と挑発したことに対してKIDは不快感を露にしていた。
試合ではKIDがパウンドの連打で勝田をKOしたが、レフェリーストップがかかったにもかかわらずレフェリーの制止を無視して舌を出して笑顔で勝田を殴り続けたため120日間のライセンス停止処分を受けた。
2003年12月14日、修斗世界ライト級(-65kg)チャンピオンシップで王者アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラに挑戦予定であったが、練習中に右手人差指を骨折し、全治2か月となり欠場した。
2004年8月にモデルのMALIAと結婚し、2005年1月には男児、2006年11月には女児をもうけるも、2009年8月に離婚。
子供はMALIAが引き取った。
同年、自身がプロデュースを手掛けるブランドHARDHITを立ち上げる。
2008年から大田区馬込に自身でスポーツジムYSA(ヤマモトスポーツアカデミー)、KRAZY BEEの経営を開始。
2012年5月24日、Twitterを開始したことをブログにて発表。
2014年7月に品川区大井町に、自身がプロデュースするカレー屋「Curry Shower」をオープン。
同年11月に、一般人の婚約者との間に女児をもうけたことをTwitterで発表。
2017年7月に沖縄県糸満市に自身が主催するKRAZY BEE糸満を、11月に埼玉県越谷市にKRAZYBEE越谷を創設。
2018年8月26日、自身のInstagramにてがんの闘病中であることを公表した。
公表時にはがんの種類までは触れられていなかったが、のちに胃がんを起因とするがんの全身転移だったこと明かされている。
交流のあった力士の石浦将勝にはがん公表前に既にステージ4の段階まで進行していたことを打ち明けていたという。
2018年9月18日 所属ジムの公式ツイッターにより同日、41歳で死去したことが発表された。
最期は療養先のホスピスがあるグアムで在宅ターミナルケアを選択し、ホスピスを出てグアム内に契約したマンションにて家族と余生を過ごした末に多臓器不全により息を引き取ったことが姉の美憂から語られている。
がんとの闘病生活については没後、榊原信行が山本の父・山本郁榮から「2016年時点でステージ4まで進行した胃がんが発覚し、2016年7月から療養を兼ねて沖縄に移住するも、2018年年始にはかなり病状が悪くなって、2018年2月時点にはグアムのホスピスを薦められ、2018年5月から本格的な入院を開始。
日本・グアム間を車椅子に乗りながらも往復してファンの為に復帰を目指していた」という内容を告白されたことを19日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」内で語っている。

引用:Wikipedia:データベース

山本“KID”徳郁 次女誕生に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山本“KID”徳郁 次女誕生に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング