山手線 一部運休とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
あす山手線・京浜東北線が一部運休 高輪ゲートウェイ駅開業に ...
14時間前 - 高輪ゲートウェイ駅の開業に向けて、田町~品川間で線路切替工事が行われます。 期間中はJR山手線と京浜東北線の一部区間が運休。工事により田町~品川間の線路と品川駅の京浜東北線ホームが変わります。
山手線など一部運休 高輪ゲートウェイ駅で工事(テレビ朝日系 ...
山手線など一部運休 高輪ゲートウェイ駅で工事
山手線の運行情報 - Yahoo!路線情報 - 路線 - Yahoo! JAPAN
東京のJR山手線と京浜東北線に来年の春開業予定の「高輪ゲートウェイ駅」の線路の切り替え工事が始まり、山手線と京浜東北線は一部で16日始発から運休しています。 高輪ゲートウェイ駅の線路の切り替え工事は...- テレビ朝日系(ANN)- 1時間前
山手線と京浜東北線、16日始発から一部運休 線路工事:朝日 ...
【報ステ】山手線・京浜東北線 あす工事で一部運休- テレビ朝日系(ANN)- 8時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山手線 一部運休に関連のある画像ばかりではありません。
山手線 一部運休の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

山手線(やまのてせん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が運営する鉄道路線である。
「山手線」には、次の4つの意味合いがある。
旅客案内および運行管理上は2.が多用される。
# 路線名称としての「山手線」:東京都港区の品川駅を起点に、渋谷駅・新宿駅・池袋駅を経由して北区の田端駅を結ぶ全長20.6 kmの鉄道路線(幹線)の名称「山手線 命名100年-38年前に読み統一 「やまのてせん」に」『朝日新聞』2009年3月7日付夕刊、第3版、第14面。

東海道本線の支線。
『鉄道要覧』に記載された山手線の区間でもある。
駒込駅と田端駅間の一部区間を除き、ほぼ全線複々線であるが、このうちの埼京線電車、湘南新宿ライン列車や特急列車、貨物列車の走る線路を通称「」と呼ぶ。
# 運転系統としての「山手線」:上記 1. に東海道本線の一部および東北本線の一部区間を合わせて東京都区内で環状運転を行う近距離電車の運転系統。
実際にはこの運転系統のみが使用する専用の線路があり、それを「山手線」と呼ぶ『山手線のヒミツ70』、イカロスMOOK、p.14・15。
# マルスのシステム上の経路表示における「山手線」:上記1.から、代々木駅 - 新宿駅間を除外し、田端駅 - 日暮里駅間を含む(代々木駅 - 新宿駅間は「中央東線」と表示される)。
# 運賃計算上の「東京山手線内」:東京駅からの営業キロ程が100キロ超200キロ以内の範囲に所在する駅に発着する乗車券(または1キロ超200キロ以内の範囲に所在する駅に発着する一部の特別企画乗車券)に表示されることがある運賃計算上の名称。
上記2.の区間に加え、環状線内側にある中央本線神田駅 - 代々木駅間および総武本線秋葉原駅 - 御茶ノ水駅間を含む。
また、この区間内相互の近距離運賃は区間外よりも低額に設定されている『JTB時刻表』、JTBパブリッシング、2014年3月号、p.966・968・970・973。
以降、本項において特記のない場合は、2. の運転系統としての山手線を指すものとする。
山手線は、日本の首都である東京の都心部で環状運転を行い、多くの駅において、都心から各方面へと伸びるJR(在来線・新幹線)や私鉄各社の放射路線、および都心部を走る地下鉄各線に接続している『鉄道ファン』、交友社、2010年2月号、p.29。
1周の長さは34.5 km、1周の所要時間は内回り、外回りとも標準で59分大崎駅で乗務員交代のため1分停車するため、実際の所要時間は60分である。
、朝ラッシュ時は61分、夕方ラッシュ時は60 - 61分(いずれも大崎駅での停車時間を除く)である『山手線のヒミツ70』、イカロスMOOK、p.82・83。
ラインカラーは1963年登場の103系電車の車体の色に使用されたウグイス色(、国鉄黄緑6号)であり国鉄初めての新性能電車である101系が、中央線急行電車(現・快速)の次の路線として山手線に配置された当時はカナリア色(黄5号)をラインカラーにする予定であった。
その後、経済性を重視した103系に置き換えることとなり、2年間で全車カナリア色の時代は終わり、101系電車は中央・総武緩行線(各駅停車;総武快速線開通までは、内房線木更津駅、成田線成田駅直通の快速電車にも充当)用として転属していった。
そのため、中央線総武線各駅停車のラインカラーがカナリア色になった。
、以降登場したステンレス車両の帯の色や『山手線のヒミツ70』、イカロスMOOK、p.36・37旅客案内(路線図・サインシステムなど)にも使用されている。
駅ナンバリングで使われる路線記号はJY。
山手線は、日本の文明開化期に私鉄の日本鉄道が当時国内有数の貿易港であった横浜港と関東地方内陸部の各地(埼玉県、群馬県、栃木県)さらに東北地方および北陸地方方面を結ぶ貨物線として建設した、赤羽駅 - 品川駅(および大井町駅)間を結ぶ鉄道路線(当初は品川線と呼称)である。
当時の東京の人口密集地域であった下町を避け、街外れだった山手に建設された『山手線のヒミツ70』、イカロスMOOK、p.16・17。
その後、同じく日本鉄道が現在の常磐線方面と横浜港方面間の接続を目的として建設した池袋駅 - 田端駅間(当初は豊島線と呼称)を加え現在の山手線の線路の原型が完成『山手線のヒミツ70』、イカロスMOOK、p.24・25、国有化の後、戦後の高度成長期に池袋駅 - 赤羽駅間を現行の赤羽線として分離した『日本鉄道旅行地図帳』5号「東京」、新潮社、p.29。
開業以来、武蔵野線が開通するまでは、関東北部および東北方面から横浜港方面に向けの輸出品輸送、逆方向の輸入品輸送の大動脈であった。
現在も少数であるが東北本線方面と東海道本線方面を結ぶ貨物列車が毎日運行されているTOYOTA LONGPASS EXPRESSなどがある。
『鉄道ファン』、交友社、2010年2月号、p.40。
旅客輸送については、開業当初は新橋駅 - 品川駅 - 新宿駅 - 赤羽駅間を往復する列車が1日数往復のみ運行され、その後、東京山手の人口増に伴い上野駅を起点として池袋駅、新宿駅、渋谷駅、品川駅、新橋駅を経て東京駅方面に至る環状運転が開始され『鉄道ファン』、交友社、2010年2月号、p.20、その後、上野駅 - 東京駅間の開通により京浜線と東北本線の相互直通運転が開始された時期と同じくして、現在の運行形態へと移行、定着した。
明治後期から昭和期にかけての私鉄各社は、地下鉄道であれば東京地下鉄道や東京高速鉄道のように東京15区内に路線を敷設することができたが、地上線となると東京15区内が東京市電の路線網内だったこともあり敷設が難しく、山手線の各駅に隣接して都心側のターミナル駅を設置することとなった。
戦後も引き続き山手線内に新設する路線は全て地下鉄道であることが条件となったため、私鉄の資本力では山手線内に直通することは実現不可能となった。
山手線の各駅は都内交通への乗り継ぎ・中継地となり、やがて各私鉄が自力で都心延伸するよりもターミナルに自社の商業施設を集中した方が利益になると判断し始め、大手私鉄のターミナル駅周辺にある渋谷、新宿、池袋は副都心として発展を遂げていく。
こうした新都心を相互に連結する山手線は、東京の交通網の基本路線として機能しており、太平洋戦争後、私鉄が営団地下鉄(現在の東京地下鉄〈東京メトロ〉)や都営地下鉄と相互直通運転を開始し、郊外から電車が直接都心に乗り入れるようになっても、依然として東京山手の副都心間を結ぶ路線等として機能している。
朝ラッシュ時の混雑率が250%を越えていた時期もあったが、地下鉄網の発達や並行する山手貨物線の旅客化『鉄道ファン』、交友社、2010年2月号、p.27、山手線自身の6ドア車導入による11両化山手線のヒミツ70、イカロスMOOK、p.122・123、上野東京ラインの開業等、新線開業が相次いだことにより混雑は大幅に緩和された。
2015年度以降の朝ラッシュ時混雑率は外回り、内回りとも170%を下回っている(利用状況の節も参照)。
通勤などビジネスや通学、買い物といった日常生活のほかに、訪日外国人を含めた観光目的での利用も多い。
JR東日本も観光での利用者開拓に力を入れており、2017年に山手線プロジェクトチームを設置。
山手線を「東京感動線」と称して、2018年から沿線の文化や店舗を紹介するフリーマガジン『TOKYO MOVING ROUND』を配布するなどしている山手線、観光へGO!!/JR東 穴場スポット発掘 フリーペーパー発行/新大久保で食文化発信/新駅契機「東京感動線」『日経MJ』2018年12月26日(ライフスタイル面)。
(2019年3月31日閲覧)。

なお、平均駅間距離はJR東日本管内の路線では最も短く、JRグループ全体でも大阪環状線に次いで2番目に短い。

引用:Wikipedia:データベース

山手線 一部運休に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山手線 一部運休に関連のある動画ばかりではありません。

山手線 一部運休に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング